OB・OGの紹介

河合塾美術研究所出身で、さまざまな領域で活躍されている、先輩方からのメッセージです。
美術・デザインを学び、どのような仕事や活動をしているのか?受験時代の思い出は?
一人ひとりの生き方が“作品”のように魅力的なものです。

平片 仁也 さん

基礎専攻

東京芸術大学 日本画専攻 合格

平片 仁也 さん

先野 ひかり さん

基礎専攻

武蔵野美術大学 油絵学科 現役合格

先野 ひかり さん

中田 愛美里 さん

基礎専攻

東京芸術大学 彫刻科 合格

中田 愛美里 さん

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

まず視野を広げ、大学の求めることも考えて描いた

基礎専攻は各専攻に別れる前ですので、日本画・油画・デザインなどといった様々な専攻ごとの画材・題材を体験することができます。ですので、どこの専攻にいこうか迷っている人はもちろんの事、行きたい専攻が決まっている人でも良い刺激になり視野が広がるきっかけになると思います。
受験において、私が大切だと思っているのは、「大学が一体どのような作品を求めているかを知り考える」という事です。これをやらなければ自分の進むべき目標がわからないまま描くことになり、非常に時間がかかると思います。最初から冷静に自分の方向性を見極め、これは受験絵画なんだと割り切りつつも、「求められている絵」から逸れない程度に自分のこだわりを生かして描いていくというのが必要だと思います。

経歴

東京・都立豊多摩高校出身

閉じる

他学科の先生や友人と話すこと、毎日通って描いたことが支えになった

基礎専攻はひたすら楽しかった記憶があります。私は入塾当時から油絵科に進むと決めていたのですが、他学科の先生や友人と話したり、課題に取り組む機会を頂けたことは後々の制作に多くの可能性をもたらしてくれました。あと、基礎専攻でたくさん描く石膏デッサンは画面作りや量感描写、空間感の出し方など学べることがいっぱい詰まっています。
私は入塾から卒業までとにかく自信のない人間でした。なので、きっといるであろう同じような子に向けて一言、「真面目に通え」。ちゃんと毎日通って描いた!という事実がかつての私の大きな支えであり、合格への最大の一歩でもあったと思っています。

経歴

東京・光塩女子学院高等科出身

閉じる

じっくり考え、基本的なことからきっちりマスターしていく

高校2年の頃から河合塾の基礎専攻で学び始めました。入塾当初はまだどの科で受験するか迷っていたので、基礎専攻で色々な科の実技を試して自分に合っているものを講師の方々と相談しながらじっくり考えられたのがよかったです。
入試は、焦って難しいことを無闇にやるのではなく、基本的なことからきっちりマスターしていく積み重ねが大切です。周りに影響されず、自分のペースをしっかり守り、確実に日々の課題をこなしていくのが東京芸大合格への確実な一歩になると思います。

経歴

東京・女子美術大学付属高校出身

閉じる

萱沼 大喜 さん

基礎専攻

多摩美術大学 グラフィックデザイン学科、武蔵野美術大学 基礎デザイン学科 現役合格

萱沼 大喜 さん

三瓶 玲奈 さん

油絵専攻

画家

三瓶 玲奈 さん

川島 優 さん

日本画専攻

画家

川島 優 さん

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

親密な雰囲気の環境で、時間を有効に使って合格した

基礎専攻では、受験対策にとらわれすぎず、離れすぎず、純粋に描く楽しさを知ることができた。適度な校舎の規模で生徒に対する講師の人数が多く、様々な専攻、視点を持つ講師と密な時間を過ごせたと思う。また親密な雰囲気で顔を知っている講師が増えるので、受験科に進む前に河合塾に通いやすい環境や生活リズムをつくる事もできた。
受験において現役生が浪人生と同じやり方で合格できるはずがない。何せ実技にかけることができる時間が違うんだから。そんな限られた時間の中で現役合格を狙うには、河合塾の外でどのような時間の使い方をするかが重要だ。誰しも苦手、得意はあるし、浪人生と比べて現役生はより多くの時間を勉強に当てることができるのは強みだ。そんな事を考えつつ、限られた時間をどのように割り振って合格ラインに着地するかを考えることが合格への近道だ。

経歴

東京・日本大学豊山高校出身

閉じる

自分を信じて、目の前の絵を完成させていきましょう。

皆さんこんにちは。私は現在、東京都を拠点に画家として活動しています。
いまから、予備校で学んだドローイングを通して起こった出来事について、少し書こうと思います。当時の油絵専科では、一人につきコピー用紙を五百枚とパーティションを一枚与えられて、二週間弱ドローイングをする課題がありました。私はマッチ棒をモチーフに選び、主にアクリル絵の具で制作をしました。ドローイングをすることはほぼ初めての経験でしたが、その二週間、描く手が止まらなかったことを今でも覚えています。描き終わった絵が積み上がっていくたびに、先生はすべてのドローイングに目を通してくださったことも、さらにやる気につながりました。最終的に、その課題で描いたドローイングは五百枚を超えて、それでも描き足りないと感じていました。その感覚は、私にとって初めてのものでした。今思い返してみると、あれは私の人生で初めての「制作」であったのではないかと思います。
大学入学当初は、予備校の同じクラスから一緒に進学した人はおらず、しばらく友達もできないまま、最初に出された『自由制作』という課題に向き合う日々でした。予備校で印象深かったドローイングをやってみようと、紙を大量に用意して、テーマを決めて、アトリエの壁際でひたすら描いていました。数日してそのドローイングを後ろの壁に貼り始めると、同級生が数名、それを見て声をかけてくれました。自分の制作に興味を持ってもらえたことが何より嬉しかったし、当時思った言葉そのままで言うと、「名古屋の予備校は小さな世界などではなくて、大学にも、東京にも、つながっているんだ。」と勇気になりました。そして大学院を修了した今、それは過去も未来も通して、世界ともつながっていると感じます。
受験ではさまざまなプレッシャーに襲われたり、実力が足りなかったり出し切れなかったり、絵を描く歓びを上回る辛さも経験するかもしれません。自分をどう見せたいかということを考えることもあると思います。そんな時こそ、ぜひ目の前にあるモチーフとその絵をよく見て、大切にしてください。大げさかもしれませんが、そのモチーフと対面できるのは人生であと何回あるかを考えてみてください。似たものはあっても、まったく同じものを描けることは何度もあることではありません。私も、皆さんも、いつだって一生に一度の制作をしています。
自分を信じて、目の前の絵を完成させていきましょう。そしていつか皆さんとお互いの作品を通して会えることを、心より楽しみにしています。

作品

  • 1.光の距離(2017年 41.0×31.8cm) 2.Park(2017年 53.0×65.2cm) 3.展示風景 撮影:高橋健治 ©東京オペラシティ アートギャラリー

1.光の距離(2017年 41.0×31.8cm)
2.Park(2017年 53.0×65.2cm)
3.展示風景 撮影:高橋健治 ©東京オペラシティ アートギャラリー

経歴

東京芸術大学大学院 美術研究科絵画専攻油画修了
2008-2009年度 基礎高1・2年専科 / 2010年度 油絵専科
椙山女学園高校出身

閉じる

描くことで成長できる。それが河合塾だと思います。

現代において絵を描くことは、現代に生きる自己を表現することだと考えます。河合塾を出て10 年程経ちますが、現在に至るまでの描く楽しさの火種を与えてくれた場所だと、この場をお借りして改めて実感しています。塾生時代は先生方をはじめ、多くの仲間や作品に影響を受け、自身を模索していました。そうした絵と生活が親密となった環境が、制作に前向きに取り組み、自身も成長していく姿勢を築くことができたのだと思います。また、表現が素直になることで、自分の長所や短所に向き合う時間も増えました。こうした時間も、さまざまな制作のモチベーションを持つ講師陣が居たからこそ乗り越えられたのではないかと考えます。
現在は、作家として日々制作に努めています。ここでもさまざまな不安や困難といった壁にぶつかりますが、根本的な絵を描く楽しさや愚直に突き進む心地よさをはぐくんでくれた河合塾での経験が今では乗り越える力となっています。さらに、そうした内的感情を絵画表現する意思は、能動的に自己対峙できる時期や環境、きっかけがあったからこそ強く持ち続けられるのだと、これからの作品展開を通じて言いたいです。

作品

  • 1.「Qualia」(P80号/2015年制作) 2.「Recipient」(F10号/2016年制作) 3.「Meit」(F100号/2016年制作) 4.「Erosion」(S80号/2016年制作) 5.「appearane」(S100号/2016年制作)

1.「Qualia」(P80号/2015年制作)
2.「Recipient」(F10号/2016年制作)
3.「Meit」(F100号/2016年制作)
4.「Erosion」(S80号/2016年制作)
5.「appearane」(S100号/2016年制作)

経歴

愛知県立芸術大学大学院 博士後期課程日本画領域修了見込
2007-2008年度 日本画本科
浜松学芸高校出身

閉じる

寄田 茜 さん

彫刻専攻

造形作家/金沢美術工芸大学彫刻専攻実習助手

寄田 茜 さん

上町 達也 さん

デザイン・工芸専攻

secca inc.代表取締役

上町 達也 さん

近藤 正之 さん

デザイン・工芸専攻

東北新社企画演出部ディレクター

近藤 正之 さん

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

自分の意志を貫徹できれば納得できるものが仕上がります。

高校3年生の、夏期講習あたりだったと思います。同級のうまい子に追いつきたくて、技法にばかり執着していた私は、ある日、講師から待ったをかけられました。つくるものや、制作中の顔に表れていたのでしょう、いつの間にか受験の緊張にのまれ、表現の動機となるはずの自分の意思が薄れていたことに、はじめて気づきました。
分からないこと、未熟な部分を見られたくない人は多いと思います。また、自分の意思を自覚することも、なかなか難しいものです。止められたことをきっかけに、しぶしぶながら、「いっそのこと、多少変にみられても、思いついたことを出し切る努力をしてみても良いのかも…」と考え直してみることにしました。それ以降、他人の目線の重圧や恥ずかしさが、少しずつ和らいでいったのを覚えています。
自分の足りない部分を認めながら意思を尊重する、というアプローチが少しずつできるようになったのは、考えの根っこまで掘り起こすようなやり取りを講師や仲間と繰り返し、気兼ねなく制作できた環境のおかげでした。
今も制作や企画運営をしていると、さまざまな条件がプレッシャーとなります。状況とすり合わせながら、自分の意思を保つのは難しいこともありますが、貫徹できれば納得できるものへと仕上がります。
みなさんは最近、どんな小さなことでも、何か発見したり、感動したりしましたか。
ものを見るときの発見や感動は、その人が持つ感性のアンテナによって変化します。そのため同じものを見ても出てくる意見はまるで違うし、誰かに自分が感じた魅力を伝えるときは、とても苦労します。ですが、ちょっとふんばって、たとえ受験であっても、ぜひ自分の意思を実現させてください。
そのアプローチをするための努力を、講師の皆さんはサポートしてくれるはずです。

作品

  • 1.カテナリー・ドローイング 2.9層の波 3.柔かなノイズ

1.カテナリー・ドローイング
2.9層の波
3.柔かなノイズ

経歴

金沢美術工芸大学 大学院彫刻専攻修了
2006年度 基礎高1・2年専科 / 2007年度 彫刻専科
桜台高校出身

閉じる

好きなことでしか人を幸せにすることはできません。

金沢美大を卒業後、カメラメーカーで7年デザイナーとして勤務した後、secca inc.を設立しました。seccaは“つくれる”クリエイターが集まり、世に届けたいモノをお互いの技術や解釈を共有し合いながら形にしています。個の考えを尊重し、群でしか到達できない領域まで作品価値を高めることを目標とし、手掛ける作品はアートピースから器や楽器など、活動の領域は年々広がっています。私の信念は「好きなことでしか人を幸せにすることはできない」です。ただし、当然単に好きなだけでは駄目です。相手にとって有意義な価値を提供するプロとしての思考と技能が必要なのです。そのためにはやはり基礎がなくてはなりません。私にとっての基礎は河合塾で学んだ「デッサン力」です。デッサン力を私は「観察力と描写力」と定義しており、すべての対象に適応することができます。今皆さんが頑張っていることは受験に合格するという通過地点の手段としてだけではなく、生涯役に立つ大切な基礎づくりでもあるため、毎日挑戦して、失敗して、自分の感性を磨いてほしいと思います。将来何かの形で一緒に仕事をしましょう。

作品

  • 1.漆器「海波」(CD:柳井友一、塗師:石蔵政嗣) 2.磁器「Landscape Wear」(CD/制作:柳井友一、料理:Restaurant L'aube) 3.漆オブジェ「japan?」(CD:柳井友一、塗師:石蔵政嗣)PD: 上町達也、PH: 森崎和宏、木奥恵三

1.漆器「海波」(CD:柳井友一、塗師:石蔵政嗣)
2.磁器「Landscape Wear」(CD/制作:柳井友一、料理:Restaurant L'aube)
3.漆オブジェ「japan?」(CD:柳井友一、塗師:石蔵政嗣)PD: 上町達也、PH: 森崎和宏、木奥恵三

経歴

金沢美術工芸大学 製品デザイン専攻卒業
2001年度 デザイン・工芸本科
可児高校出身

閉じる

どんなに過酷でも最後に笑えるときがくると思います。

現在、東北新社の企画演出部で中島信也、vivisionの児玉裕一を師事した後、ディレクターとして仕事をしています。主にCM、MVなどの企画や監督などをやっています。芸大は3年まで幅広くデザインを学べますがその中でも映像があります。デザインなのに映像?と思いますが、デザイン志向を持ったディレクターというのも広告やMVの世界ではとても需要があります。最近の芸大では箭内道彦さんのゼミでMVをつくったりする授業などもあり映像を学べる機会も増えてます。受験は辛いです。おそらく、人生で一番泣いた時期だと思います。芸大の一次で落ちた日、Y君が歌った「笑えれば」が毎日、私を励ましてくれました。デッサンで石膏像の印象が似なくても着彩の描写がへたくそでも粘土の角が全然きれいにでなくてもコンクールの点数低くても笑い飛ばせばいいねん。こんなにうまくいかんのならこの先、きっとうまくいく日あるんよ。そう言い聞かせて過ごしていました。どんなに過酷でも最後に笑えるときがくると思います。体調管理だけはしっかりして思う存分やりきってください。悔いのないように。

作品

  • 1.TFC+コーポレートイメージビデオ 2.RöE ロイ「泡と鎖」Teaser 3.自主制作映画「背中」

1.TFC+コーポレートイメージビデオ
2.RöE ロイ「泡と鎖」Teaser
3.自主制作映画「背中」

経歴

東京芸術大学 デザイン科卒業
2006年度 基礎高1・2年専科 / 2007年度 デザイン・工芸専科 / 2008-2009年度 デザイン・工芸本科
天白高校出身

閉じる

藤川 美香 さん

美術総合・京都芸大専攻

クツワ株式会社(商品開発部)

藤川 美香 さん

垣見 悠斗 さん

映像・アニメ・マンガ専攻

テレビ番組編集 株式会社アイネックス

垣見 悠斗 さん

横山 奈美 さん

油絵専攻

画家

横山 奈美 さん

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

同じ美術系をめざす仲間に出会えたことは大きな財産です。

2016年に京都市立芸大プロダクト専攻を卒業し、社会人2年目です。学童文具メーカーでデザイナーとして働いています。新商品の開発に携わったり、商品の柄・色を考えたり、パッケージデザインをしたりと、業務内容は多岐に渡りますが、今まで学んできたことを生かせている仕事です。
美術総合専攻では受験用の授業だけでなく、美術の基礎的な部分から学ぶことができます。絵を描くことや物をつくることが好きではあったものの、具体的に何が向いているのかがまだ分からなかったので、いろいろなことに挑戦できる美術総合専攻は私にとって良い環境でした。河合塾での2年間が私の土台となり、今の仕事にもつながっていると思います。また、同じ美術系をめざす仲間に出会えたことは大きな財産で、今でも河合塾の仲間には良い刺激をもらっています。

作品

  • 1.「デザイン筆入」柄やパッケージを中心に担当したマグネット筆入。 2.「紙が切れる透明定規」商品デザイン、パッケージデザインを中心に担当。

1.「デザイン筆入」柄やパッケージを中心に担当したマグネット筆入。
2.「紙が切れる透明定規」商品デザイン、パッケージデザインを中心に担当。

経歴

京都市立芸術大学 デザイン科プロダクト・デザイン専攻卒業
2009年度 基礎高1・2年専科 / 2010年度 京都芸大専科 / 2011年度 京都芸大本科
菊里高校出身

閉じる

頑張ってきて良かったと思うときが来ます。

小学生のとき、テレビ番組のテロップを見て「自分もつくってみたい!」と、かなりマニアックな理由でテレビ業界に行きたいと思いました。その想いはブレることなく、放送について学べて番組制作の実習ができる大阪芸術大学放送学科に入学しました。
大学3年生の実習ではドキュメンタリーを専攻し、前期はよしもとの芸人さんが母校・大阪芸大で漫才を披露する作品をつくり、後期は原発事故で長期避難を余儀なくされた女性に密着した作品をつくりました。2つとも親友とペアでつくった作品です。行動力のある親友で、彼と組んだから良い作品ができたし、良い経験をさせてもらったなと感謝しています。
大学に入る前からテレビ業界に行きたいと思っていましたが、授業や実習、放送局のアルバイトを通じて、自分は何をやりたいのかが具体的になってきました。最終的に、テレビ番組の編集にたどり着き、今の仕事につながっています。
大学の4年間は長そうだけど、想像している以上にあっという間に終わります。これをやっておけば良かったなと思うことが多々あります。大学受験は苦難の道のりが続くと思います。ですが、それを乗り越えたら充実した学生生活が待っています。ここまで頑張ってきて良かったなと思うときが来るはずです。応援しています。

作品

  • 1.その先の夢に向かって・・・~ミルクボーイ8年ぶりの芸大漫才~(ディレクター担当) 2.ふるさと~東日本大震災のいま~(カメラ担当)〈2017年度「地方の時代」映像祭参加作品〉 3.オリジナル作品「そらもようシリーズ」(企画・テロップ担当) 4.オリジナル作品「プリンセスのきもち」(企画・編集・テロップ担当)

1.その先の夢に向かって・・・~ミルクボーイ8年ぶりの芸大漫才~(ディレクター担当)
2.ふるさと~東日本大震災のいま~(カメラ担当)〈2017年度「地方の時代」映像祭参加作品〉
3.オリジナル作品「そらもようシリーズ」(企画・テロップ担当)
4.オリジナル作品「プリンセスのきもち」(企画・編集・テロップ担当)

経歴

大阪芸術大学 放送学科
2013年度 映像・アニメ・マンガ日曜専科
加納高校出身

閉じる

はじめまして。私は現在、画家として制作活動をしています。時々高校の講師や、大学の非常勤講師の仕事もしています。画家と聞いてもピンとこない人もいると思います。河合塾美術研究所に入る前の私も、画家の道を選ぶとは思ってもいませんでした。
中学・高校ではとても内気で何にも熱中できなかった私に、河合塾美術研究所は少し自信を与えてくれた場所でした。描くごとに手応えがあり、もちろんうまく描けなくて涙を流したこともありましたが、自分が納得できる作品ができたときは高揚感があったことを覚えています。先生方は、頻繁にアドバイスするよりもその生徒が自分で気づくまで待ってくれたり、答えは言わないけれど答えに辿り着けるような一言を仰ってくれました。私にはその答えを自分で探すスタイルがとても合っていて、基礎的なことを学びつつ、自分の好きな色、描き方、質感などこだわりを持つことができました。それが自信につながったのだと思います。
現在は一つのシリーズとして静物画を描いています。それは、大学のときに絵画の技法や描画材など試してみて、予備校で描いた静物画を油彩で描くという私の絵画の原点にもう一度戻ってみようと思ったのがきっかけでした。予備校での作品が原点だと思えたのも、ただ習い事として絵を描いていたのではなく、自主的に作品として取り組めていたからだと思います。河合塾美術研究所で、ぜひ譲れないこだわりを見つけて欲しいです。大学ではそのこだわりがとても大切になってきます。画家になっても同じです。自分で納得できる作品を描けるようお互い頑張りましょう!

作品

  • 作品

Photo by Tetsuo Ito

経歴

愛知県立芸術大学大学院 油画専攻修了
2003年度 基礎高1・2年専科 / 2004年度 油絵専科 / 2005年度 油絵本科
聖マリア女学院高校出身

閉じる

赤尾 真代 さん

日本画専攻

イラストレーター

赤尾 真代 さん

鈴木 一太郎 さん

彫刻専攻

彫刻家/名古屋大学付属中学校非常勤講師/金城学院中学校・高等学校非常勤講師

鈴木 一太郎 さん

山田 だり さん

デザイン・工芸専攻

イラストレーター/東京芸術大学美術学部 デザイン科・教育研究助手

山田 だり さん

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

2007年に東京芸大の日本画専攻を卒業し、会社員を経て今はフリーランスのイラストレーターとして活動しております。
大学の4年間は本当にあっという間で、今は日本画をまったく描いていないせいか当時どんな授業を受けて講評会で何を言われていたか、ほとんど忘れてしまいました。ですが、それよりも短い河合塾時代に言われたこと、学んだことは驚くほど体に染み着いています。毎日ひたすら絵を描いて山ほど指導される日々は、ありそうで無いとても充実した時間でした。
河合塾を卒業してもう10年以上経ちますが、今でも仕事中絵を描いていると
「赤尾~ちょっと下がって」
「ここアリさん歩いていけるかい?」
「自分が教授だったらこの絵合格させるの?」
などと先生の声が聞こえます。あっ引いて見ないと…と我に返り、アリを歩かせ、教授になって審査しています。
イラストレーターは画家と違い、注文主がいてその希望通りに描くという仕事がほとんどです。フリーランスなので「なんでも描きます」とは言うものの、予想もつかない媒体やさまざまなタッチ等あらゆる要求に応えるのはとても大変で、毎回てんやわんやしながら描いています。表現方法をいろいろと変えるには、基礎の土台がしっかりしていることが不可欠です。河合塾で学ぶことは大学入試のための技術と思われがちですが、振り返ってみれば本当に学んでいたものは、大学卒業後も一生使えるこの土台づくりだったなと思います。
そして、土台づくりと共にやればやっただけ身になることを実感できたのも貴重な経験でした。社会に出て、世の中にはなんだか凄い人達が思った以上にたくさんいて途方に暮れてしまいますが、この時叩き込まれて必死でつくった土台の上で、今後も必死にもがこうと思います。いつも親身にサポートしてくださった先生方や周りの環境、両親に改めて感謝しています。

作品

  • 1.映画「トリック劇場版 ラストステージ」/ポスターイラスト ©2014「トリック劇場版 ラストステージ」製作委員会 2.テレビ東京/勇者ヨシヒコ LINEスタンプイラスト ©「勇者ヨシヒコと導かれし七人」製作委員会/TV TOKYO Communications 3.ゆず DVD/Blu-ray「LIVE FILMS TOWA-episode zero-」ジャケットイラスト ©SENHA&Co. 4.講談社/「匿名芸術家」著:青木淳悟 装画

1.映画「トリック劇場版 ラストステージ」/ポスターイラスト ©2014「トリック劇場版 ラストステージ」製作委員会
2.テレビ東京/勇者ヨシヒコ LINEスタンプイラスト ©「勇者ヨシヒコと導かれし七人」製作委員会/TV TOKYO Communications
3.ゆず DVD/Blu-ray「LIVE FILMS TOWA-episode zero-」ジャケットイラスト ©SENHA&Co.
4.講談社/「匿名芸術家」著:青木淳悟 装画

経歴

東京芸術大学 日本画専攻卒業
1999年度 基礎高1・2年専科 / 2000年度 日本画専科 / 2001年度 日本画本科
金城学院高校出身

閉じる

高校を卒業し浪人生活をどうするか考えていたときに、河合塾の先生に誘っていただいたときのことを覚えています。今でも自分には美術の才能がないと思うことがあるのですが、当時は特に思い悩んでいました。
河合塾で学んだことは、作品をつくるうえで重要なことは才能ではなく、自分が何を考えていて何を表現したいのかということを知ることです。一緒に学んだ仲間や、先生たちの個性が強烈で、考え方や感じ方が自分と全然違うことに驚きました。一人ひとりがこんなに違うのなら、他人と才能を競っていても仕方がないと思い、自分自身の中にある本当に表現したい思いを深く見つめることができるようになりました。
そうして自分のやりたいことを追求するために作品をつくるようになると、自然と技術が身についていく実感がありました。そのときに身につけた技術に今でも助けられることがたくさんあり、その重要性を強く感じます。厳しくも親身に、そして温かく見守りながら指導してくださった先生たちに本当に感謝しています。
僕は今でも自信がありません。受験に向けて自分に自信が持てない人もいると思います。しかし、あなたが思っている以上に他人はあなたに興味がありません。他人と比べることをせずに、自分を見つめてみてください。

作品

  • 1.Leo1 2.award 2013 3.卒業作品

1.Leo1
2.award 2013
3.卒業作品

経歴

愛知県立芸術大学 彫刻専攻卒業
2007年度 彫刻本科
加納高校出身

閉じる

小学生の頃から、時間割のすべてが図工の授業だったら良いなと思っていたので芸大に行きました。高校2年のときまで、大学は3年間だと思っていたので、4年間あると知りとても喜んだのを覚えています。結局、大学院まで進み、助手で大学に残って9年目です。
受験生のころ、将来やりたいことが決まっておらず、デザイン科に入学しました。いろいろなことができると思ったからです。入学後は立体、映像、空間作品もつくりましたが、結局今は小さいころから描いていたイラストを仕事にしています(とても幸せです)。美術への門を開いてくれた河合塾にはとても感謝しています。
最近は「何をやりたいか」より「どう生きたいか」という言葉を大切にしています。受験で辛いとき、何かのきっかけになればと思います。ともあれ、周りの大人たちを見ているとこの業界は本当に体力勝負なので、からだを大切に、頑張ってください!

作品

  • 1.星野リゾートの人々・ホームページイラスト(星野リゾート) 2.カレンダーのためのイラスト(自主制作) 3.「帰港」(自主制作) 4.展示パネル用イラスト(花王)

1.星野リゾートの人々・ホームページイラスト(星野リゾート)
2.カレンダーのためのイラスト(自主制作)
3.「帰港」(自主制作)
4.展示パネル用イラスト(花王)

経歴

東京芸術大学大学院 美術研究科デザイン専攻修了
2006年度 デザイン・工芸専科 / 2007年度 デザイン・工芸本科
菊里高校出身

閉じる

樋口 拓 さん

デザイン・工芸専攻

東京芸術大学美術学部 工芸科陶芸研究室 教育研究助手

樋口 拓 さん

小野部 遥 さん

美術総合・京都芸大専攻

パッケージデザイナー

小野部 遥 さん

五十嵐 耕平 さん

映像・アニメ・マンガ専攻

映画監督/映像ディレクター(フリーランス)/東京造形大学 非常勤講師/東放学園 映画専門学校 講師

五十嵐 耕平 さん

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

現在、東京芸術大学工芸科の助手として勤務する傍ら、陶芸の制作、発表を行っています。「陶芸=やきもの」は、うつわといった用途として身近に存在するものから、オブジェなどアートの側面を持つおもしろい素材だと考えています。また、やきものを素材として見たときに、人の手では決してつくることのできない自然の表情を、土や、その表面を覆う釉薬から感じとることができます。僕は、そのやきものの持つ自然の表情にとても魅力を感じており、うつわやオブジェを通して伝えられるよう制作しています。自身の感性や価値観に従って制作するためには、素材に素直に向き合い、自分自身の考えを持つことが必要になります。
芸大がある上野に限らず、東京という街は芸術においても情報量が豊かです。さまざまなものを見て感じとることができると同時に、同じように自分自身の表現を発信して提供することができます。河合塾にいた頃は芸大でやきものを制作しているとは夢にも思いませんでしたが、受験勉強といえども絵を描いたり粘土でつくったりする楽しさは今も忘れることはありません。

作品

  • 1.「婚姻色_貝」 2.「婚姻色」三越×藝大_夏の芸術祭 3.「茶碗」2016銀茶会出品作品

1.「婚姻色_貝」
2.「婚姻色」三越×藝大_夏の芸術祭
3.「茶碗」2016銀茶会出品作品

経歴

東京芸術大学大学院 美術研究科工芸専攻陶芸分野修了
2006年 デザイン・工芸専科 / 2007年 デザイン・工芸本科
長久手高校出身

閉じる

京都芸大を卒業してから、パッケージのデザインなどをする仕事に就きました。パソコンでデザインを組んだり、アナログで絵を描いたりと、今まで学んできたことを生かせる仕事です。
絵やデザインをするうえで基礎となったのが、河合塾での経験です。塾に通うまでは本格的に絵を学んだことがなかったので、学ぶことのすべてが新鮮で、物の見え方が変わっていくような感じがしました。また、同世代の絵がうまい人の中で描くことで自分に足りないところがわかったり、たくさんの刺激をもらいました。河合塾で知り合った人が頑張っているのを見ると、自分もやる気が湧きました。
受験の頃必死でやった学校の勉強はすっかり忘れてしまいましたが、河合塾での日々は、今後ずっと役に立つ一生の財産だと思っています。

作品

  • 1.現在働いている会社で、デザインを担当し販売された商品です。 2.東京装画賞で、審査委員賞を頂いた絵です。会社でのデザインと平行して、イラストレーションも描いています。

1.現在働いている会社で、デザインを担当し販売された商品です。
2.東京装画賞で、審査委員賞を頂いた絵です。会社でのデザインと平行して、イラストレーションも描いています。

経歴

京都市立芸術大学 デザイン科ビジュアル・デザイン専攻卒業
2009年度 基礎高1・2年専科 / 2010年度 京都芸大専科
菊里高校出身

閉じる

高校まではひたすらサッカーだけをしていましたが、卒業する頃になって何か映像に携わるようなことがしたいなと思い何度か浪人をして東京造形大学に入学しました。
授業があって教わったり、勉強したり。たしかに大学ではそういったことが主軸なのかもしれません。でも最も重要だなと思ったのは、当たり前だけれど、いろいろな人がいて、たくさんの時間があるということです。そこで何を考えて、誰と、どんな体験をするのか。こいつ何なんだろうと言う奴と意味のない、バカらしい試みもしましたし、暇でしょうがないからと言って映画も撮りました。振り返ればこういった時間が一番有益なものだったなと思います。
かかわりもしなかったような人たちと無駄にも思える事柄に時間を費やして実践することは、自分がこれからやろうと思っても本当に困難だと思いますし、学生時代にしか訪れないのではないかと思います。

現在はフリーランスで映像のディレクターをしています。ミュージックビデオをつくったり、映画をつくったりしていますが、何か信念があってやりたいことを実践しようとすれば、おのずと新しい人に出会います。そして結局それが一番大切かもなと思ったりしています。

作品

  • 1.長編映画『息を殺して』第67回ロカルノ国際映画祭 新鋭監督コンペティション 出品、第36回カイロ映画祭 批評家週間 出品、劇場公開作品 2.長編オムニバス映画『恋につきもの』(豆腐の家)※オムニバス映画『恋につきもの』の中の一編『豆腐の家』を監督、劇場公開作品 3.MV/ D.A.N.『POOL』 4.MV/ D.A.N.『Native Dancer』 5.MV/ Butaji『EYES』 6.MV/ [Alexandros]『Swan』 7.MV/ 毛玉『バイパス』

1.長編映画『息を殺して』
 第67回ロカルノ国際映画祭 新鋭監督コンペティション 出品
 第36回カイロ映画祭 批評家週間 出品
 劇場公開作品
2.長編オムニバス映画『恋につきもの』(豆腐の家)
 ※オムニバス映画『恋につきもの』の中の一編『豆腐の家』を監督
 劇場公開作品
3.MV/ D.A.N.『POOL』
4.MV/ D.A.N.『Native Dancer』
5.MV/ Butaji『EYES』
6.MV/ [Alexandros]『Swan』
7.MV/ 毛玉『バイパス』

経歴

東京造形大学 デザイン学科映画専攻卒業
東京芸術大学大学院 映像研究科映画専攻監督領域映像専攻修了
2003年度 映像・アニメ・マンガ日曜専科
静岡西高校出身

閉じる