名古屋校映像

表現の特性を知る。

「映画ならでは」「アニメーションならでは」の演出というものがあります。好きだ、撮りたい、描きたい、と感じたスタートラインから、あなたが惹かれる表現の特性を掘り下げましょう。
アニメーションにしかできないことは何か。CMがめざすべき表現とは?
各分野における“核”をつかみましょう。写真、映画、アニメーション、CM、マンガ、メディアアート。それぞれの志望領域のもと、入試に挑む発想力と伝える力を鍛えます。

  • 日曜専科[高3生・高卒生]・高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00
  • 映像
  • 映像

映像専攻は、映像に関するさまざまな分野のクリエイターをめざす受験生を対象としたクラスです。
映像、映画学科、先端芸術表現科を志望する学生が対象です。発想・表現力の養成を基盤に、小論文・構想表現、ポートフォリオ作成といった入試対策を行います。

  • 主要対応大学は、武蔵野美術大学、京都精華大学、名古屋学芸大学、日本大学芸術学部(映画)です。大阪芸術大学、名古屋造形大学、東京造形大学、京都造形大学、東京工芸大学にも対応しています。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
[基礎表現]
●ドローイング
●クロッキー
●レイアウト
●企画構想
●物語制作
●各志望コース別課題
第2回全統マーク模試

夏期講習

2

保護者会(三者面談)
センター試験出願
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
[AO・推薦対策]
●構想表現
●小論文
●プレゼンテーション
●ディスカッション
●各志望コース別課題

冬期講習

3

大学入試センター試験
修了会
[志望校別対策]
●各志望コース別課題

直前講習(高2日曜専科は除きます)

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
センター試験出願
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[基礎表現]
●ドローイング
●クロッキー
●レイアウト
●企画構想
●物語制作
●各志望コース別課題

夏期講習

【2学期】[AO・推薦対策]
●構想表現
●小論文
●プレゼンテーション
●ディスカッション
●各志望コース別課題

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]
●各志望コース別課題

直前講習(高2日曜専科は除きます)

閉じる

映像専攻の生徒作品

合格者からのメッセージ

江口 伶美奈 さん

江口 伶美奈 さん

現役合格

武蔵野美術大学
映像学科

大成高校出身

私は高校3年生のときから予備校に通い始めましたが、小さい頃から美大をめざす受験生にも負けない基礎力やメンタル面をつくって頂いたように思います。私の場合、高校が進学校だったため、美大をめざす人が周りにいませんでした。そのため、近い目標を持つ仲間、ライバルが近くにいたことは大変よい励みになったと思います。受験生活は辛いことも多々あると思いますが、合格の2文字を勝ち取り、希望した大学に通う喜びは想像以上に大きいです。伸び悩み、自分が信じられなくなることもありましたが、それを乗り越えたとき、きっと自分を少し認められるようになります。

小笹 大介 さん

小笹 大介 さん

現役合格

武蔵野美術大学
映像学科

東邦高校出身

実技の受験対策は楽しんだもの勝ちです。なぜなら、塾でやっている受験対策の延長線上には大学でこれから4年間やっていくことがあります。楽しくなるまでやり込んでみてください。そうすれば自ずと合格は見えてきます。合格の通知が来たときはとても嬉しかったのですが、僕は補欠合格でしかも最後に補欠から繰り上げられた人間でした。つまり、実質最下位だったのです。合格の嬉しさとともに首の皮一枚でつながっているような感覚を覚え、どん底からのスタートだということを自覚しました。僕が補欠になった原因は異常に英語ができなかったからです。皆さんは忘れず勉強してください。

OB・OGからのメッセージ

辻 敬太さん 大学生

武蔵野美術大学 映像学科2年
2016年度 映像日曜専科
松阪高校出身

辻 敬太さん 中学生でアニメーションの仕事に興味を持ち、高校生になってからも「絵を描く仕事をしたい」という思いで、自主的に絵を練習し、美術部でも絵を描いてきました。受験期に河合塾に通い始めましたが、そこでは絵に加えてアニメ以外の映像に対する理解が深まり、最終的には映像全般を学ぶことができる、武蔵野美術大学映像学科に入学することになりました。
そんな経験があってか、大学に入ってからはアニメに限らず、いろいろな手法、道具を試して、高校生のときには想像もつかなかったような作品を生み出すことができるようになりました。また、自主制作する時間もしっかりとることができ、好きに絵の練習をしたり、友人と集まってアニメーションをつくったりと、楽しく充実した学生生活を送れています。
現在は同じ河合塾生だった友人と大学で出会った仲間を集めて、スタジオカバという映像を制作するサークルをつくって活動しています。そこにはCGや写真など、違う分野を専攻する学生も所属していて、制作する場所としても、情報を交換する場所としても、とてもいい場所になったと考えています。実際に外部からお仕事をもらったりもしていて、すごくいい経験ができていると思います。ネット上でその活動を公開していますので、ぜひご覧ください。(https://twitter.com/studio_KABA)

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

基礎的な教養から、実制作における専門技術の指導まで。
TVCMやMVなども手がける映像作家が来塾し、合格までサポートします。

●レギュラー講師
小山 隼人 東京芸大大学院アニメーション修/松尾 奈帆子 武蔵野美大映像卒
●チューター
齊藤 大二 名古屋造形大大学院洋画修
(2018年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)