新宿校日本画

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高2・3生]

設置クラス

授業日 [月~土]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

自然の美しさから学ぶ。
見えるものをとおして、見えないなにかを描くために。

学習のポイント

切磋琢磨するハイレベルな環境

切磋琢磨するハイレベルな環境

予備校に必要なものは生徒達が互いに刺激し合い、実力を切磋琢磨できる環境です。日本画専攻では毎年高い合格実績を維持し、常にハイレベルな作品が生まれるよう努めています。
◎ 2016年度日本画専攻 入試合格実績
東京芸術大学 6名 多摩美術大学 8名 武蔵野美術大学 2名

実技力がつく きめ細やかなカリキュラム

実技力がつく きめ細やかなカリキュラム

「モチーフを正確に写し取る課題」と「一人ひとりの感性を豊かにする課題」の二つの大切な力を養成する課題に取り組み、本質的な力を養成します。
また課題ごとに弱点をピックアップし、特訓課題をタイムリーに課していきます。

一人ひとりに対応した親身な指導

一人ひとりに対応した親身な指導

塾生一人ひとりに担当講師がつくことで、受験や実技の相談だけでなく、将来を考えた親身な指導が受けられます。担当講師が自宅課題を出題し、個人に対応したフォローを行います。

豊富な情報と充実した教材

豊富な情報と充実した教材

新宿校・名古屋校の情報を共有し主要美術系大学の最新情報を入手しています。特に東京芸大合格者再現作品は多数所蔵しており、それに基づいた、より具体的なカリキュラムやわかりやすい教材を作成しています。

カリキュラム

カリキュラム

東京芸大公開実技模試

  • 東京芸大公開実技模試
  • 東京芸大公開実技模試

日本画専攻公開模試は、毎年6月〔一次鉛筆素描〕と10月〔二次着彩写生〕に行われます。毎回約100名の参加者が集まり、高いレベルの作品を制作しています。本番さながらの模試は高い信頼と実績を兼ね備え、2016年度入試でも多数の芸大合格者を輩出しています。

美大学科

閉じる

設置クラス

平日6日コース [月~土]17:30~20:30
平日3日コース [月~水]17:30~20:30

平日3日コースは、部活やその他の理由で、平日6日コースに通えない方のためのコースです。
学期の途中で平日6日コースに変更することができます。

専科

  • 専科
  • 専科

自然の美しさから学ぶ。
見えるものをとおして、見えないなにかを描くために。

学習のポイント

切磋琢磨するハイレベルな環境

切磋琢磨するハイレベルな環境

予備校に必要なものは生徒達が互いに刺激し合い、実力を切磋琢磨できる環境です。日本画専攻では毎年高い合格実績を維持し、常にハイレベルな作品が生まれるよう努めています。
◎ 2016年度日本画専攻 入試合格実績
東京芸術大学 6名 多摩美術大学 8名 武蔵野美術大学 2名

実技力がつく きめ細やかなカリキュラム

実技力がつく きめ細やかなカリキュラム

「モチーフを正確に写し取る課題」と「一人ひとりの感性を豊かにする課題」の二つの大切な力を養成する課題に取り組み、本質的な力を養成します。
また課題ごとに弱点をピックアップし、特訓課題をタイムリーに課していきます。

一人ひとりに対応した親身な指導

一人ひとりに対応した親身な指導

塾生一人ひとりに担当講師がつくことで、受験や実技の相談だけでなく、将来を考えた親身な指導が受けられます。担当講師が自宅課題を出題し、個人に対応したフォローを行います。

豊富な情報と充実した教材

豊富な情報と充実した教材

新宿校・名古屋校の情報を共有し主要美術系大学の最新情報を入手しています。特に東京芸大合格者再現作品は多数所蔵しており、それに基づいた、より具体的なカリキュラムやわかりやすい教材を作成しています。

カリキュラム

カリキュラム

東京芸大公開実技模試

  • 東京芸大公開実技模試
  • 東京芸大公開実技模試

日本画専攻公開模試は、毎年6月〔一次鉛筆素描〕と10月〔二次着彩写生〕に行われます。毎回約100名の参加者が集まり、高いレベルの作品を制作しています。本番さながらの模試は高い信頼と実績を兼ね備え、2016年度入試でも多数の芸大合格者を輩出しています。

美大学科

閉じる

日本画の生徒作品

生徒作品一覧

合格者の声

川口 富裕実 さん

川口 富裕実 さん

東京芸術大学
日本画専攻

福岡・九州産業大学付属九州高校

大切だと思うのは、自分の感覚や持っている知識と会話しながら絵を仕上げていくこと

一年間河合塾に通って、初めて同じ志を持って頑張ってる人達に出会い、色々な事を学びました。ライバルがいると、自分に才能がないかもしれない、あの人みたいに描けない、という事をより強く感じてしまった事もあったけど、最終的には自分にしか描けない絵を掴めたのも事実です。自分が大切だと思うのは、自分の感覚や持っている知識と会話しながら絵を仕上げていくことだなと思いました。人に勝つための絵より自分らしい絵の方が人に感動してもらえるんじゃないかなと思います。大変だろうけど楽しんで頑張ってください。

渋谷 眞希 さん

渋谷 眞希 さん

東京芸術大学
日本画専攻

東京・佼成学園女子高校

人に相談する事が苦手で一人で悩む事が多かったけれど今思うと先生の一つ一つの言葉にたくさん助けられていた

私が現役生の時に、高校の美術の先生に河合塾を勧められ、通い始めたのがきっかけでした。誰もがみんな絵が好きで描いているので、自分なりに上手く描けたときは凄く嬉しかったし、上手くいかない時は悔しくてとても凹みました。人に相談する事が苦手で1人で悩む事が多かったのですが、今思うと講師の先生の一つ一つの言葉にたくさん助けられていたと思います。最後までお世話になりました。河合塾で2年間習ってきた事は一生忘れないと思います。習ってきた事を大学生活やこれから先も必ず思い出して、絵を描いていきたいと思います。

加来 望 さん

加来 望 さん

東京芸術大学
日本画専攻

福岡・田川高校

教えてもらっていたことが大学に入ってからも役に立つと実感することが多い

私は高3の時に初めて河合の講習会に来て道具の使い方から教えて貰いました。初めはすんなり入ってきた講師の言葉も浪人するにつれて素直に受け入れることが出来ず、時には反感を持つこともありました。しかし今、予備校で教えて貰ったことは大学に入ってからも役に立つと実感することが多く、河合塾で学ぶことが出来て本当に良かったと思います。

永田 真澄 さん

永田 真澄 さん

多摩美術大学
日本画専攻

東北芸術工科大学
日本画コース

長崎・長崎日本大学高校

先生たちが熱心で親切。自由制作をきっかけに作品を作ることが楽しくなり…

河合塾に入ってからまず思ったことは先生たちが熱心で親切です。入塾してから面談が何度かあり、自分が何に引っかかっているのか自分の弱点が何か親身になって対策を練ってくださいます。私は受験作品の堅苦しい様式に嫌気がさしていましたが、KJ展(自由制作)以降に作品を作ることがだんだんと楽しくなり、受験対策の絵も進んで「こうしようああしよう」と考えられるようになりました。日本画専攻は伝統や歴史を学びつつ、自分ではどう表現していこうかといろんな実験を試していける分野です。気づかせていただいて今では感謝しています。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00