新宿校映像

  • 専科 [高2・3・卒生]

設置クラス

水曜・日曜専科 [水]17:30~20:30
[日]9:30~18:00
週2日に集中して対策を行う基本コースです。
構想と再考の時間を大切にしたいと考え、水曜・日曜と間隔を置いたスケジュールにしました。
バランスの良いカリキュラムと各自の趣向を重視した指導で、合格へ向けた万全の授業を展開していきます。
日曜専科 [日]9:30~18:00 遠方からの通塾や、高校の授業や部活動などのために日曜日だけしか通えない、という方のためのコースです。
学期の途中で水曜・日曜コースに変更することも可能です。

「なんとなく」からの解放、「表現」がはじまる

  • 映像専攻
  • 映像専攻

映画、写真、アニメーション、ミュージックビデオ…
私たちの日々のなかにあふれている映像。
それをただなんとなく受け取る立場から一歩踏み出すことで、映像の世界が開けてきます。一つ一つの構図や展開の意味、技法を読み取ることで、本当に面白いものを見出す力が身につきます。

そして「自分の好きな世界」を人に伝えることが、表現のはじまりです。
入試で問われる小論文や感覚テストは、その第一歩。
起承転結を組み立てて文章を書くことや、自分の発想したイメージを伝える画面構成など、映像制作の基本となるコミュニケーションを学びます。

学習のポイント

観て、考えて、見つけて、好きなものをつくる

映像表現に不可欠な観察力と考察力の基礎を、日常レベルで意識しながら身につけ、各自の趣向を作品づくりに盛り込みながら、一人一人の入試に対する向き合い方を明確にして制作していきます。

どう観るか、どう伝えるか

短編映像作品を題材に、解説、意見交換を行い、構造や技法、編集など多角的に分解、批評的な視点を養います。
また、塾生自らがお気に入りの作品を紹介するなど、能動的なプレゼンテーションの場も設けます。

小論文×感覚テスト

小論文と感覚テスト、二つの科目を中心に対策を行います。
どちらも全く経験のない方でも基礎から学べます。

小論文

映像と言葉をとりまくさまざまな分野の講義、課題を掘り下げるディスカッション、詳細な個別指導と全体講評を実施します。

感覚テスト

シナリオハンティング(空間の特性を使って作品を構築する手法)を軸に、描画表現、文章構成、画面レイアウトを学習します。

カリキュラム

これまでに映像をつくったことがない、絵を描いたことがない、という人も大丈夫。
それよりも大切なことは、自分の好きなこと、興味の持てることに向かっていく姿勢です。
数学でもスポーツでもなにかのマニアでも、本当に好きなものすべてが映像をつくる力になります
映像表現が持つ多様性を楽しみながら、自分の世界を照らし出しましょう。

カリキュラム

美大学科

閉じる

映像の生徒作品

生徒作品一覧

合格者の声

田中 いずみ さん

田中 いずみ さん

現役合格

武蔵野美術大学
映像学科

東京・都立中村高校

映像学科を目指したきっかけ

大好きなFear, and Loathing in Las VegasというバンドのMV撮影のエキストラに参加したんです。決定的だったのは、そのときで… バカみたいな理由なんですけど、大きなカメラとか、ごっついレールとか、撮影している雰囲気とか、作っていく人たちの姿を見て、カッコイイと思って。それで自分も作りたい!と思ったんです。それからは、もともと好きだったpixerの映画なんかを観るときも「どんなふうに映像が作られているか」を意識するようになりました。

絵は苦手、むしろ嫌いだった…けど、最終的には凝り過ぎるまでに

趣味ですら描いたことがなくて、周りには美術系高校の人もいて「ずいぶん場違いなところへ来てしまった…」と、こじらせてました(笑)。そもそも自分はどんな絵が好きかも判っていなかったんですね。それでどうにかしようと、マンガを沢山読んだんです。色々と漁っていくうちに、自分の好きな雰囲気、こんな構図や見せ方が面白いというのが見えてきて、それを感覚テストで試してみたんです。そうしたら、先生たちと密度のあるやりとりが出来て、作品の精度が上がってきて。自分の好きなものを盛り込めたときは、なんか気持ち悪いんですけど、自分の作品が大好きになりますね(笑)。好きなものがはっきりしてくると、それを形にしたいというか、「ここを観てください!」というこだわりが強くなっていきました。私の好きなマンガ家・浅野いにおさんは、女の子の髪をすごくキレイに描く人なんですよ。だから私の作品でも、みんなロングなんです。ただ影響を受けたままでなくて、もっと設定を作り込んだりとか、男の子でなくて女の子したり…どんどん自分で展開していくんです。それで、日常生活の中でも自分からカッコイイ構図の風景を探すようになってきて、冬頃に西新宿の歩道橋の遠近感が眼にとまって、しゃがみこんで写真を撮ったり。この頃は何かを“飛ばす”のが映像的に好きだったんです。これもプリントが飛んでますね。

感覚テストと小論文、どちらも文章表現だけど…

苦手というわけではなかったんですが…放っておくと気持ちよく没入して、抽象的な文章になってしまうんです。ポエマーって言われたり(笑)。それを自覚して、変えていきました。感覚テストなら、時にはクサい言葉でもハマっていれば良いと思うんですけど、小論文だと自己完結で終わってしまう。だから、各々の課題に見合った文体での表現を心掛けていました。

そして、試験当日

同じ教室に、河合塾の友人が何人もいたんです。試験が始まったら、その河合塾勢が圧倒的な“強さ”で画面を描いていたんです。私も筆圧グングンで描いていたら、隣の人にガン見されて(笑)。すごい音を立てて描いていたからでしょうね。

今振り返って思う、河合塾での授業とは

それまでになかった考え方をした時間ですね。合格のノウハウはもちろんありますけど、世界に対する見方というか、見過ごしていたものに眼を向ける意識だったり、視点が“作る側”に広がった一年だったと思います。今後の基盤みたいなものですね。

現在の大学生活

あっという間に時間が過ぎて…。環境が良過ぎるから、なにもしなくても、なにも言われない。なにもしないと、なにも判らない。意識して動かないと、すぐに終わってしまう怖さも痛感しています。ただ、色々な学科の友達との交流から視野も広がり、ファッションやイラストレーションにも触れられて、より多角的な視点から映像を考えられるようになったのは、とてもよい変化です。

これから受験へ向かっていく人たちへ

偉そうなこと言えるアレじゃないんですけどね(笑)。こうしたらウケるとか、褒められるというのを掴んでしまうと、それに頼りがちになるんですけど、私はそれでは楽しくなかったんです。自分の好きなもの、面白いと思うことを大切にする。それが私の心掛けていたことです。あとはとにかく、面倒くさがらずに色々なものを観ることですね。がんばれ~、大学楽しいよ~。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00