新宿校映像感覚テストも小論文も、ゼロからはじめて現役合格!

  • 専科 [高2・3・卒生]

設置クラス

木曜・日曜専科 [木]17:30~20:30
[日]9:30~18:00
週2日の間隔を置いたスケジュールで、構想~制作~再考にじっくり取り組める基本コースです。
日曜専科 [日]9:30~18:00 遠方からの通塾、高校の授業、部活動やその他の理由で、日曜日だけしか通えない方のためのコースです。
学期の途中で木曜・日曜コースに変更することができます。
主要対策学科:武蔵野美術大学 映像(感覚テスト/ 小論文選択)、クリエイティブイノベーション(総合入試構想力重視方式)、東京造形大学 映画・映像、アニメーション、写真(いずれも小論文選択)、日本大学 芸術学部 映画、写真

「 なんとなく 」からの解放、「 表現 」がはじまる

  • 映像専攻
  • 映像専攻

映画、写真、アニメーション、ミュージックビデオ…
私たちの日々のなかにあふれている映像。
それをただなんとなく受け取る立場から一歩踏み出すことで、映像の世界が開けてきます。一つ一つの構図や展開の意味、技法を読み取ることで、本当に面白いものを見出す力が身につきます。

そして「自分の好きな世界」を人に伝えることが、表現のはじまりです。
入試で問われる小論文や感覚テストは、その第一歩。
観察と考察を自身の言葉で文章にすることや、自分の発想したイメージを伝える画面構成など、映像制作の基本となるコミュニケーションを学びます。

これまでに映像をつくったことがない、絵を描いたことがない、という人も大丈夫。それよりも大切なことは、自分の好きなこと、興味の持てることに向かっていく姿勢です。数学でもスポーツでもなにかのマニアでも、本当に好きなものすべてが映像をつくる力になります。
映像表現が持つ多様性を楽しみながら、自分の世界を照らし出しましょう。

学習のポイント

観て、考えて、見つけて、
好きなものをつくる

映像表現に不可欠な観察力と考察力の基礎を、日常レベルで意識しながら身につけ、各自の趣向を作品づくりに盛り込みながら、一人ひとりの入試に対する向き合い方を明確にして制作していきます。

観て、考えて、見つけて、好きなものをつくる

どう観るか、どう伝えるか

映像作品を題材に解説と意見交換を行い、構造や技法、編集など多様に解釈していきます。表現を受動的に楽しむだけでなく、研究対象としても掘り下げていける批評的な視点を養います。

どう観るか、どう伝えるか

感覚テスト×小論文

感覚テストと小論文、二つの科目を中心に対策を行います。どちらも全く経験のない方でも基礎から学べます。

感覚テスト

シナリオハンティング(空間の特性から作品を構築する手法)を軸に、文学的・科学的・社会的そして映像的な視点から描画、文章創作、レイアウトを学習します。

小論文

映像と言葉をとりまく理系、文系の様々な分野を 往来しながら、美術系特有のモチーフを多角的に 解体、再発見するための思考回路を開拓します。

カリキュラム

カリキュラム

美大学科

閉じる

映像の生徒作品

生徒作品一覧

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)