新宿校デザイン・工芸

  • 本科[高卒生] 芸大
  • 本科[高卒生] 私大
  • 専科[高2・3生]

設置クラス

授業日 [月~土]9:30~16:30

芸大デザインコース

  • 芸大デザインコース
  • 芸大デザインコース

主な対策学科:東京芸術大学 デザイン科

デッサン・色彩構成・立体構成の各課題や、レクチャー・体験授業を通して、東京芸大デザイン科が求める「つくる力」を身につけます。モチーフやテーマのとらえ方、発想の幅のひろげ方、独自で共感する伝え方、説得力のある造り方など。講師が多数実演し、「つくる力」のリアリティを示します。入試の答え方は1つではありません。あなたの答え方を見つけていきましょう。受験に向けて面談を重ねながら、東京芸大デザイン科以外の国公立大学または私立大学との併願受験にも対応します。

工芸コース

  • 工芸コース
  • 工芸コース

主な対策学科:東京芸術大学 工芸科、金沢美術工芸大学 工芸科、多摩美術大学 工芸学科、その他公私立大学 工芸科

「観察力」、「表現力」、「構成力」などものづくりの基礎を個々の能力に合わせて最大限に引き出し、東京芸大を始め公私立大学工芸科の入試に対応します。造形の源となる「鉛筆写生」は対象を正確に捉える観察と冷静な判断力を。「平面表現」は個々の色彩感覚を引き出す為に必要な観察、画材を生かした適切な描写、豊かな発想力を。「立体表現」は造形能力をアピールする素材の特性を生かした柔軟な感覚と構成力を。共に合格へ歩みましょう。

カリキュラム

1学期は全コース共通の課題で基礎力を身につけます。
同時に、様々なレクチャーや体験授業、紹介により、自分の志望分野・志望校を、面談を通して定めていきます。
夏期講習以降は各コースに分かれて専門課題に取り組みます。

カリキュラム

美大学科

閉じる

設置クラス

授業日 [月~土]9:30~16:30

私大VDコース[平面系]

  • 私大VDコース[平面系]
  • 私大VDコース[平面系]

主な対策学科:武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン、基礎デザイン、デザイン情報
多摩美術大学 グラフィックデザイン、情報デザイン、 統合デザイン

武蔵野美大、多摩美大の平面・視覚系学科の多様な出題傾向を分析し、入試の想定課題のみでなく「観察力」「発想力」「表現力」を伸ばすための幅広い授業を展開します。デッサンでは、様々なモチーフに触れながら、基礎形態のとらえ方から複雑な形態の理解へと発展していきます。色彩構成では、色彩の調和、形の改良と発展、構図のバリエーションを軸とした講義と実践を交えたカリキュラムで、アイデアの視覚的可能性を探求していきます。

私大IDSDコース[立体・空間系]

  • 私大IDSDコース[立体・空間系]
  • 私大IDSDコース[立体・空間系]

主な対策学科:武蔵野美術大学 工芸工業デザイン、 空間演出デザイン
多摩美術大学 生産デザイン(プロダクト、テキスタイル)、環境デザイン、演劇舞踊デザイン(劇場美術デザイン)など

武蔵野美大、多摩美大の立体、空間系学科の入試対策を中心に、その多様な出題に対応し得る「観察力」「発想力」「表現力」を、確かな実績に裏付けられた独自のカリキュラムを通して段階的に養います。デッサンでは、モノの構造を観察と理論の二極面から学び、個性を活かしながら幅広い表現へと展開していきます。色彩構成では、個々の持つ色彩感覚や発想における感性を引き出しながら、理論と技法の習得及び日々の経験の積み重ねから受験に対応する表現へと展開していきます。

カリキュラム

1学期は全コース共通の課題で基礎力を身につけます。
同時に、様々なレクチャーや体験授業、紹介により、自分の志望分野・志望校を、面談を通して定めていきます。
夏期講習以降は各コースに分かれて専門課題に取り組みます。

カリキュラム

美大学科

閉じる

設置クラス

平日6日コース [月~土]17:30~20:30
平日3日コース [月~水]17:30~20:30 平日3日コースは、部活やその他の理由で、平日6日コースに通えない方のためのコースです。
学期の途中で平日6日コースに変更することができます。

カリキュラム

1学期は全コース共通の課題で基礎力を身につけます。
同時に、様々なレクチャーや体験授業、紹介により、自分の志望分野・志望校を、面談を通して定めていきます。
夏期講習以降は各コースに分かれて専門課題に取り組みます。

カリキュラム

美大学科

閉じる

デザイン・工芸の生徒作品

生徒作品一覧

合格者の声

青柳 諒 さん

青柳 諒 さん

東京芸術大学
デザイン科

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

東京・都立駒場高校

楽しむこと

芸大受験に向けて対策を始めたのが高校3年生の夏からだった私にとって、最初は分からないことだらけでしたが、講師の先生方の丁寧なご指導により確実に実力をつけていくことができました。
一生懸命制作に向き合うがあまり、悩んだり、正直、制作が嫌になってしまう時もあると思いますが、講師の先生方や仲間を頼りつつ、楽しみながら制作していってください。

下山 凌吾 さん

下山 凌吾 さん

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科
基礎デザイン学科
デザイン情報学科

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科
情報デザイン学科
統合デザイン学科

東京・国学院大学久我山高校

私は一浪から美大を志したため、デッサン、色彩構成ともにゼロからのスタートでした。それでも1年という短い時間で合格できたのは、ひとえに講師の先生方のおかげです。一つ一つの課題が次へのステップになっていたし、足りない部分が見つかると、それに応じたカリキュラムを組んでくださったので、こなすだけでも着実に力がつきました。最短距離での合格を実現させてくれた河合塾に感謝しています。

西巻 太郎 さん

西巻 太郎 さん

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科
基礎デザイン学科
デザイン情報学科

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科
情報デザイン学科

東京・都立井草高校

入塾当初は鉛筆をはじめ、道具の使い方、紙の種類さえも今思えば知りませんでした。河合塾の情報量や、先生方の豊富な知識と技術で僕自身に合った作品づくりを提案していただき、弱点をより少なくしてもらったと思います。講評の多さもありがたかったと思います。入試直前にスランプに陥りましたが先生の助けで何とかなり、無事合格することができました。なるべく早く高い目標を作ってそれに向けて頑張ることが大切だと思います。

高橋 麻菜 さん

高橋 麻菜 さん

現役合格

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科

東京・都立東久留米総合高校

私は夏期講習で初めて色彩構成をしました。その時は経験が足らず、講評で自分だけ浮いていました。ここから伸びるのか不安でしたが、先生たちのアドバイスを作品に反映していくうちに、どんどん上達して最終的に合格することができました。みなさんもぜひ河合塾でがんばってください。

吉倉 史夏 さん

吉倉 史夏 さん

現役合格

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

多摩美術大学
プロダクトデザイン専攻

東京・明治学院高校

デザイン専攻では試験対策はもちろん、第一に描くことを楽しむということをまなびました。向上心の強い仲間達と共にメリハリを持ってやることで、自分の力を伸ばすことができました。学科の勉強も怠らず、美術を学ぶ者として様々なことからアイディアなどを吸収していました。大学入学後も河合塾で学んだことが役に立ったなと思うことが多々あります。

橋本 千裕 さん

橋本 千裕 さん

現役合格

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科
空間演出デザイン学科

多摩美術大学
工芸学科

女子美術大学
ファッションテキスタイル

東京・杉並学院高校

美大受験に一番必要だと思うのは「根拠のない自信」です。確かに画力は必要だと思います。しかし画力を上げるにはポジティブな心を持ち自分に自信を持つ事が必要です。それがないと、いくら練習しても自分は駄目だというネガティブな気持ちが勝ってしまい、非効率だと思います。ポジティブな心を持ち、講師の先生方のもとで努力し頑張ることで、合格へと近づけます。それと、もう1つ。学科はそこまでしなくても大丈夫と思っている人は、今すぐその考えを改めることをオススメします。河合塾には美大の学科を教えてくれるコースがあります。

廣瀬 和之 さん

廣瀬 和之 さん

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

多摩美術大学
プロダクトデザイン専攻

兵庫・三田学園高校

河合塾でお世話になった一年間で、辛いと感じた時期はほぼありませんでした。それは、丁寧で適切な指導をして下さった先生のおかげで、着実に上達する自分を実感できたからだと思います。
大切なことは、怠けずしっかり毎日通うことです。一つ一つの課題に日々真面目に取り組めば、自ずと実力はついてきます。常に意識は高く持ちましょう。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00