新宿校先端芸術表現

  • 本科[高卒生]
  • 専科 [高2・3]

設置クラス

授業日 [月・火・木・日] 月・火・木 9:30~16:30
日 9:30~18:00(日曜日は本科専科授業合同)

先端芸術表現科を目指すなら

  • 先端芸術表現科を目指すなら

先端芸術表現科は、東京芸術大学にあります。そして河合塾美術研究所に、先端芸術表現科受験コースがあります。
絵画、平面、彫刻、立体、写真、映像、アニメーション、マンガ、デザイン、ファッション、ダンス、パフォーマンス、演劇、インスタレーション、言語、音楽、自分探し…。受験は、どんな表現でもチャレンジできます。誰にでもアートは開かれています。
しかし、アートの手応えを感じ、一生アートをしたいと思える経験は簡単にはできません。このコースで大事にしているのは、それを経験することです。甘くありません。「先端、なんか楽しそう」と入塾したら、妥協なき制作・自己格闘の連続、アートがわからなくなり、アートをやめたくなり…、それでも喰らいついた先に希望が見えます。
やると決めたらやり抜きましょう。わたしたちも全力全身で行きます。

学習のポイント

「先端芸術表現科ってなんだろう」と問う

「わたしの表現、アートですか?」「わたし、先端科に向いてますか?」とよく質問されます。それを最終的に決めるのはあなたです。自分だけ見ていても答えは出ません。アートに、アートでないものにも、広く深く触れ、作り、考える経験を一緒にしていきましょう。

「受験とはなんだろう」と問う

先端科受験で課されるもの。一次試験(デッサンまたは小論文)、二次試験(総合実技およびプレゼンテーション)、個人資料ファイル。なぜこれが課され、なにが問われるのか。「自分のやりたい表現」と「受験課題」の関係。納得いくまで考えて受験に向かいましょう。

「自分が本当にしたいのはなんだろう」と問う

多種多様な表現が目の前に広がっています。どれも魅力的です。なんでもやってみたい。その気持ちを大切に。いろいろ取り組むうちに「本気でやるならこれ!」という表現に出会うかもしれません。ひとつの表現でも、複数の表現でも、やるならとことん本気で。

「合格したらなにをしよう」と問う

合格は大きな目標です。そのために教える側も全力で臨みます。しかし、合格の先のイメージが求められるのが先端受験。なにをして自分は生きていきたいか。大学入学後、大学を出たら、一生を通して、どんな表現がしたいのか。アートとは、自分とは、生きるとは?

カリキュラム

カリキュラム

美大学科

閉じる

設置クラス

火曜・木曜・日曜専科 [火・木・日] 火・木 17:30~20:30
日 9:30~18:00(日曜日は本科専科授業合同)
日曜専科 [日] 日 9:30~18:00

先端芸術表現科を目指すなら

  • 先端芸術表現科を目指すなら

先端芸術表現科は、東京芸術大学にあります。そして河合塾美術研究所に、先端芸術表現科受験コースがあります。
絵画、平面、彫刻、立体、写真、映像、アニメーション、マンガ、デザイン、ファッション、ダンス、パフォーマンス、演劇、インスタレーション、言語、音楽、自分探し…。受験は、どんな表現でもチャレンジできます。誰にでもアートは開かれています。
しかし、アートの手応えを感じ、一生アートをしたいと思える経験は簡単にはできません。このコースで大事にしているのは、それを経験することです。甘くありません。「先端、なんか楽しそう」と入塾したら、妥協なき制作・自己格闘の連続、アートがわからなくなり、アートをやめたくなり…、それでも喰らいついた先に希望が見えます。
やると決めたらやり抜きましょう。わたしたちも全力全身で行きます。

学習のポイント

「先端芸術表現科ってなんだろう」と問う

「わたしの表現、アートですか?」「わたし、先端科に向いてますか?」とよく質問されます。それを最終的に決めるのはあなたです。自分だけ見ていても答えは出ません。アートに、アートでないものにも、広く深く触れ、作り、考える経験を一緒にしていきましょう。

「受験とはなんだろう」と問う

先端科受験で課されるもの。一次試験(デッサンまたは小論文)、二次試験(総合実技およびプレゼンテーション)、個人資料ファイル。なぜこれが課され、なにが問われるのか。「自分のやりたい表現」と「受験課題」の関係。納得いくまで考えて受験に向かいましょう。

「自分が本当にしたいのはなんだろう」と問う

多種多様な表現が目の前に広がっています。どれも魅力的です。なんでもやってみたい。その気持ちを大切に。いろいろ取り組むうちに「本気でやるならこれ!」という表現に出会うかもしれません。ひとつの表現でも、複数の表現でも、やるならとことん本気で。

「合格したらなにをしよう」と問う

合格は大きな目標です。そのために教える側も全力で臨みます。しかし、合格の先のイメージが求められるのが先端受験。なにをして自分は生きていきたいか。大学入学後、大学を出たら、一生を通して、どんな表現がしたいのか。アートとは、自分とは、生きるとは?

カリキュラム

カリキュラム

美大学科

閉じる

先端芸術表現の生徒作品

生徒作品一覧

東京芸術大学先端表現科合格者インタビュー

宮崎 葵衣さん 東京・筑波大学附属高校

  • Q思い出に残っていること
  • 総合実技の授業。ぜんっぜんダメダメで自分でも訳のわからないものを生み出し続けた。ディスクリプションをやってみたらと言われてやったこと!
  • Q落ち込んだこと、その時どうしていたか。
  • 自分の中でなかったことにしてしまっていたことや矛盾をすぐに先生方に発見されて、指摘されること。4階のトイレに駆け込んで、呼吸を整えていた。
  • Q作れなくて悩んだこと、その対処法
  • 案は浮かんでも、それを自分が作ることに本当に意味があるのかと手が止まることが何度もあった。現時点で出てきた案よりも面白いものが思いつくまで粘る。
  • Q新宿での気晴らし、通塾時にやっていたことは
  • 散歩。
  • Q聞かなくてよかったこと/聞いて本当によかったこと
  • ポートフォリオを、期限いっぱい粘らずさっさと出したこと/オススメされた展示には足を運ぶようにした。
  • Qポートフォリオを作るのは大変だったか、何が楽しかったか。
  • レイアウトや構成を何度かガラっと変えたので、作業量としては結構あった。楽しかったのは、デザイン雑誌やアーティストの図版を見ながらどんなファイルにするか構想すること。
  • Q河合の日々で思い出すこと
  • 初めの頃、画材のことが全然わからなくてtoolsの人を大変困らせたこと
  • Qコメント
  • ほんっとうにいろんな人が学部にいる。
  • Q河合が気になっている人へ
  • 河合のいいところは、教務の人がとてもいい人だということと、アトリエや校舎の雰囲気がとてもいいところ。
  • Q上野はどうだ?
  • 他科の友達ができる。

松本 幹子さん 神奈川・洗足学園高校

  • Q河合塾楽しかったでしょうか
  • 嫌な記憶は特にありません。
  • Q何が楽しくなかった?
  • 授業があまりにも伸びているのに早く終わらせようとする気配さえ感じない時。
  • Q受験頑張ってよかったなぁと思うこと
  • 思考する上で必要な基盤が受験を通して作られたことは、人生の中で大きな意味を持ったと思います。
  • Q上野はいかかですか
  • 受験期よりも雑音が増えました。
  • Q聞かなくてよかったこと
  • 逆に講師の言うことを全部信じていたら危険だと思います。
  • Q後輩へのコメント
  • 河合はここ数年間で一番の東京芸大先端芸術表現科合格率です。

東 弘一郎さん 東京・筑波大学附属高校

  • Q先端に入ってみて今思う河合塾での一年間はどのようなものでしたか?
  • 自信満々に完成した作品を持っていき、何も言えなくなるまで潰されて、というのを繰り返しているような一年間でした。(正直言うと「打倒!松田先生」という気持ちでいた1年かもしれません。小論文にしても、ここは違うと言われたところに、「なぜ違うのか」と食いついて、どの部分がうまく伝わらないのかはっきりさせて、いつか先生が何も言えないようなものをつくってやると考えていました。結局、先生と話すたびに自分の未熟さを思い知らされる感じでしたが)。
  • Q正直コレは聞かなくてよかったなと思うことは有りますか?
  • それは殆どなかったです。あらゆる指摘は正しくて、だからこそ毎回悩まされていたのだと思います。強いて言えば「電球以外の作品も作ってみたら?」という言葉。芸大模試も近かったあのタイミングで言われ、本当に悩んだものの、結局いい作品が作れませんでした。(辞書ちぎったり、文字たくさん書いてたりした頃)(といいつつも、逆にそれがあったから、いまがあるような気もするぞ、もしかして、聞いといてよかったことなのかも?)
  • Q逆にいやあマジ言うこと聞いてよかったと思うことは?
  • 「感情を作品に投影するのではなくて、東くんが持っているたくさんの技術を作品に活かせばいいのでは?」は、本当にハッとしました。電子工作やプログラミングなどを趣味だと割り切っていたのですが、それを一緒にしてもいいんだと気づいたとき、制作の幅が圧倒的に広がりました。
  • Q河合塾どうなん?と思っている後輩の方に何かコメントを下さい
  • 河合塾では間違いなく素晴らしい講評が受けられます。なにか具体的に教えてくれるのではなく、何かに気づくためのきっかけをくれるに過ぎません。自分が逃げている何かと向き合うことが大切だと気付かせてもらいました。河合はそんな場所です。

武田 萌花さん 東京・都立飛鳥高校

  • Q今となって河合でやっておけば良かったと思うこと
  • 1つでも多く作品を作ること、作る挑戦をすること。受験生の時を振り返ると、制作に費やせる時間が今よりも沢山あったなと思います。勉強との両立もあり焦ってしまうと思いますが、作品制作の時間は絶対に惜しまない方が良いです
  • Q上野はどうですか
  • 他学科の学生が沢山いて新鮮です。学生とはいえ、各分野のプロなので話すと勉強になることが多いです。制作の相談などを出来る人脈を作ることは今後にとてもプラスになると思います!あと、物々交換所がオススメです。
  • Qポートフォリオは大変だったか、何が楽しかったか
  • 私はギリギリまで制作をしていたので大変でした。PCの扱いに慣れていない事もあり、時間もかかりました。直前になる前に少しずつ、自分の作品を振り返って言葉にしたり、レイアウトのイメージを考えたりしておくと良いと思います。自己紹介ページを作っている時が一番楽しかったです。
  • Q正直聞かなくてよかったこと
  • 二次試験の2日前くらいに展示を見に箱根に行くと言ったら、うーん...と微妙な反応をされましたが行って良かったです! 試験前に強いエネルギーを貰えました。
  • Q聞いて良かったこと
  • 先生方はよく「たくさん展示を見に行ってください!」と言っていました。受験生でも大学生でもこれは絶対です!良い作品を沢山見ることは自分が今後何かを作っていく、考えていく上で血肉になると思います。他にも先生方は色々な言葉をかけてくれますが、正直すべて聞いておいて間違いはないと思います。もっと聞いておくべきだった...
  • Q河合塾での日々
  • 授業はとことん伸びましたが、時間が過ぎていても講評にしっかりと時間を取ってくれました。講習期間中など、私も朝から夜まで時間の許す限りとことん制作をしたりしました。やりたい事は大抵やらせて貰えました。教務の方や河合塾全体も、生徒の制作を伸び伸びとさせてくれていたと思います。先生方は、小さな悩み事にも親身になって話を聞いてくれていたので、心の支えのような存在でした。これ、本当ですよ!! また、同じ専攻で素晴らしい友達に恵まれたので、辛いはずの受験勉強も楽しかったです。笑いあり涙ありの熱い受験でした。
  • Q作品を作れなくて悩んだことがあるか、そんな時どうしたか
  • 考えても考えても何も思いつかなくて、作品を作れない時は何回かありました。本当に困ってしまって、先生に相談した記憶があります。作品が作れない期間や感覚も大切だ、というアドバイスにはとても励まされました。そういう時は本を読んだり、映画を見たり、展示に行ったり、吸収する事を意識しました。先生方がそういった悩みを解決に導いてくれるような本や資料をさりげなく貸してくれたのが、嬉しかったです。
  • Qこれから先端を目指す方に
  • 先端じゃないと私はダメなんだ! という強い意思とアートや作品制作に対する熱い気持ちと愛を忘れずに、楽しくて辛い毎日を突っ走って下さい。自分の走って来た道を時々振り返りながら。失敗もまた経験。やりたいと思ったこと、自分がこれは面白いぞと思ったことを信じて、沢山挑戦してみて下さい。そうして手を動かしているうちに、自分がこれから何をやっていきたいのか見えてくるはず。
  • Q河合塾を気になった方
  • 私が河合塾に入ったのは高校3年生の5月です。他の予備校と迷っていましたが、体験授業や先生との面談を受け、河合塾や先端受験にワクワクしたのでこちらに決めました。先端やアートについて、もやもやと雲がかかったままでも構いません、心が少しでも動いたのなら、一度覗きに来たら良いと思います。そして先生方と実際に話してみて。先端の魅力に気がついてしまったら、もう後には戻れませんよ~ 残念! とにかく、そのドキドキが消えないうちに、是非!

黒田 零さん 東京・女子美術大学附属高校

  • Q何故受かったか
  • 熱意。後は純粋さ? 純粋さが何であるのかは私はまだ良く分かっていませんが、何かを作りたくてどうしようもない人にはあって、作らない人には無いものな気がします。そして同じ学科の人達はみんな持っているなと感じます。わたしはそれが目に見えるものでも見えないものでも何かを常に生み出していたいし、作る目的は人それぞれだと思いますが、純粋さは一度失うと二度と手に入れられないものなようで、それを持っていることは重要なことだと思います。
  • Qやっておけばよかったこと。
  • 知識を付けるとか?わたしは全然作家やキュレーターに詳しくないので。逆に何をしていたのか忘れてしまいました。あの頃は学校も忙しくて毎日生きることに熱中していた記憶しかないです。直ぐに思うことは、今考えている制作で曽祖母を被写体にしたかったのにもう曽祖母が亡くなってしまって作れないので、河合塾にいた時代にこの思考に行き着いて制作したかったなと思います。自分の制作の為に亡くなった人を想うのも薄情かもしれませんが、美しかったり気になるものや人やことは逃さぬように気になった瞬間形にしようと思った方が良いなと思います。
  • Q上野の毎日
  • 上野は取手と違って教室もないし座学が多いので、同じ学科の人達はみんなの作品が見れない分、言葉も作品として見ている気がします。ただの会話でもこの人が選んだ言葉とか、今パフォーマンスされているなって思う。ので、わたしもわたしの言葉を毎日探しています。
  • Q落ち込む
  • 落ち込むことは大切だと思います。落ち込むのには理由があって、その理由を考えて次はこうしようと思うことが結構重要なことに繋がるので、考えることが落ち込むのを乗り切る方法だと思います。あと自分の中だけで落ち込むのでは無く他人に落ち込んでいる理由を話したりすると気が楽になるし、話していると整理されて客観的に捉えられる気がします。私たちは何かに縛られているわけではないので自分が好きなように生きて良いという事を思い出すと少し楽になる気がします…
  • Q河合の良いところ
  • 講師が人間として向き合ってくれている感じがします。私は他人に対してこんなに向き合ったら疲れるし、自分を壊しそうになるので絶対むりです。これができるのはとても凄いことだと思います。作ったものに対してこれが作品なのかをちゃんと考えてくれます。今まで生きてて自分が作ったものに対してそんなに考えてくれる人に出会ったことがなかったからわたしの作ったものを見て考えてくれる人がいるのって良いなって思えました。その良さは現代アートをやる理由でもあると思うけれど、自分が生み出したものを他者が考えてくれるものだよって知ることができたと思います。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00