新宿校基礎高1・2

  • 高1・2生

設置クラス

総合コース 3日専科 [火~金より3日選択]17:30~20:30 デッサンから色彩・立体まで、幅広い基礎力を身につけるコースです。
2日専科 [火~金より2日選択]17:30~20:30
土曜専科 [土]14:30~20:30
デッサンコース 3日専科 [火~金より3日選択]17:30~20:30 デッサンだけに集中して取り組むコースです。
2日専科 [火~金より2日選択]17:30~20:30
土曜専科 [土]14:30~20:30
美大学科 専科 高2美大英語 [月]18:00~19:30 ※学科は別途お申し込みが必要です。詳しくは美大学科をご覧ください。

高1・2からの早期の受験対応も万全
志望する専攻が決まっている方は、早期受験対応として、各専攻の専科(高2・3生対象)を受講できます。
年度の途中でも入塾可能
個別面談も随時受け付けます。

自分らしく受験に向かっていくために。1・2年生の今だからこそ学べることに徹底的に取り組もう。

デザイン、絵画、彫刻…さまざまな専門分野の講師陣が、道具の使い方から作品制作の考え方まで、一人ひとり丁寧に指導します。

学習のポイント

まずは基礎を学びながら納得のいく進路選択をしましょう

美術やデザインに興味があるけれど、自分がどの分野に向いているのかをすぐに決められない方も多いものです。
河合塾美術研究所では、さまざまな専攻課題を試しながら、進路選択ができるカリキュラムを用意しているので、まずは基礎を学びはじめてから、じっくり進路を選べます。

志望専攻が決まっている場合は早期からの受験対応が可能

志望専攻が決まっている方は、専攻別課題にも取り組みます。受験コースを担当する専門分野の講師が指導します。
高2生は、各専攻の専科(高2・3生対象)のコースに入塾することもできます。《1学期~冬期講習まで。3学期は基礎専攻コースでの授業となります。詳しくはお問い合わせください。》

カリキュラム

共通基礎を学びながら、進路選択と受験対策ができるカリキュラム

1学期

すべてにつながる共通基礎を丁寧に学ぶ

・デッサンの基礎・光ゼミ
・色彩ゼミ:色彩のしくみを理解し、絵具の使い方を学ぶ
・立体ゼミ・クロッキー:構造を把握する力、ボリュームに対する感覚を養う
・石膏デッサンコンクール(公開):高1・2のみの模試で、自分の位置を知る
・三者面談

2学期

コンクールや専攻課題に挑戦

・自画像コンクール
・細密ゼミ:観察力・造形力をつける
・逆光ゼミ:明暗の組み立てをクロッキーで体得
・自分の視点や興味を掘り下げる特別課題
・専攻ゼミ:希望進路の専攻課題をレベルアップ
・期末石膏デッサンコンクール
・三者面談

3学期

高2生:進路選択・専攻別課題
高1生:基礎課題や大作制作

・進路相談:受験や将来のことを相談しよう
・専攻ゼミ:高2生は進路の最終確認
・基礎専攻の最後に大作に挑戦
・新宿・名古屋合同石膏デッサンコンクール:比較作品数約200枚で実力を試そう
・期末総合コンクール・石膏デッサン:受験対策に備えて実践感覚を鍛えよう
・進級説明会

現役合格のポイント=時間の有効利用

学校と両立できる全6コースを開設

部活動との兼ね合いや通学時間、希望する進路に合わせたコース選択が可能です。
週4日から好きな曜日を自由に選べる3日専科・2日専科と、1日で集中して学べる土曜専科。
複数のコースを組み合わせて受講することで、さらなる実力アップが可能です。

開設コース
総合コース デッサンから、色彩、立体まで幅広くさまざまな課題に取り組み、受験の基礎となる総合的な実技力を養うコースです。
・3日専科[火~金から3日を選択]17:30~20:30
・2日専科[火~金から2日を選択]17:30~20:30
・土曜専科 14:30~20:30
デッサンコース デッサンに特化したコースです。総合コースと同じモチーフにも取り組むので、アトリエ全員で切磋琢磨する機会があります。
・3日専科[火~金から3日を選択]17:30~20:30
・2日専科[火~金から2日を選択]17:30~20:30
・土曜専科 14:30~20:30
美大学科 ・高2美大英語 18:00~19:30
※学科は別途お申し込みが必要です。詳しくは美大学科をご覧ください。

3日専科・2日専科は、週によって曜日を変更することもできます!

受講する曜日は、固定することを基本としています。しかし、どうしても高校の課外行事その他で受講できない場合は、受講する日を、ほかの曜日に振り替えることができます。(ただし同じ課題期間内で)

受講パターンの例

英語も万全! 学科+実技でトータルな基礎力をつける!

英語も万全! 学科+実技でトータルな基礎力をつける!

東京芸大と私大の併願を考えているので、学科では英語がカギだと思っています。実技の基礎と、美大受験の英語の基礎を、高2からバランスよく身につけられる組み合わせを選びました。

通いやすい日を選んで自分のペースで実力をつける!

通いやすい日を選んで自分のペースで実力をつける!

私は高校が毎日忙しいです。土日も予定が入ることが多くて。平日コースは好きな日を自由に選べるので、無理なく続けられています。毎週3日の基礎専攻の授業が楽しみです。

総合コースで学び、さらにデッサンを強化!

総合コースで学び、さらにデッサンを強化!

平日にいろんな課題に取り組めるのが楽しいです。絶対現役合格したいから、デッサンを今のうちにできるだけ鍛えておきたい。平日も土曜日もとことんやります。河合塾が部活みたいです。

デッサンをしっかりおさえたい。でも幅広くやってみたい。

デッサンをしっかりおさえたい。でも幅広くやってみたい。

私はいろんなことに興味があります。デッサン力もつけたいし、油絵や彫刻など何でも挑戦したい。欲張りな私には、2コースを組み合わせるとちょうどいい感じ。大変だけれどやりがいあります!

土曜にだけ集中的にやります!

土曜にだけ集中的にやります!

私はまだ1年だし、平日は学校が忙しいし、たくさん遊びたい。だから、デッサンコースの土曜専科で、週に1日、一歩ずつ取り組んでいます。着実に手応えを感じられて、楽しいです!

美大学科

閉じる

生徒作品

生徒作品一覧

基礎専攻現役生にインタビュー

高橋 しずく さん 総合コース3日専科

高橋 しずく さん

東京・都立駒場高校 2年

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • なんとなく雰囲気が良いと感じたのと、受講日の選び方が自分に合っていたから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 楽しかったのは紙立体で、ためになったのは石膏クロッキーです。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • たくさん絵を描けて、たくさんアドバイスをもらえること。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • できていると思います。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 展示スペースがあること。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • いろいろな課題に取り組めるところ。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 声を大きくする方法について。

中垣 怜緒奈 さん 総合コース3日専科

中垣 怜緒奈 さん

東京・日本放送協会学園高校 2年

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 通う曜日を、毎週自分の都合に合わせて変更できるのが良かったのと、雰囲気が良かったから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 鳥の剥製の課題が一番楽しかった。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 実力が以前より確実についたこと、自分の好きな絵のことを学べること。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • 自分は通信制の高校なので、全く問題なく両立できている。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 校内にある参考作品を見て感動した。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 自分の行きたい専攻をいろいろ試しながら決められること。基本となる力が身につくこと。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 特撮作品などに出てくる怪獣、怪人のデザイン・水彩画。

外波山 颯斗 さん 土曜総合コース/油絵専科3日コース

外波山 颯斗 さん

神奈川・桐光学園高校 2年

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 集中できて、かつ、先生のアドバイスがわかりやすかったから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • デッサンコンクール。いつもと違う緊張感があって、いい体験になった。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 先生が丁寧に何度も指導してくれるため、自分の課題が次に見えてくること。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • できている。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 最近の絵を見ると、入塾したばかりの絵と比べて少しは上達できていると感じたこと。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 1からしっかり教えてもらえること。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • いろんな美術館を見にいくこと。

大塚 珠生 さん 土曜総合コース/彫刻専科6日コース

大塚 珠生 さん

東京・和光高校 2年

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 美術の先生に勧められて体験講座に来たら、先生が面白くて楽しかったから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • ブルータスのデッサン
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 基礎的な部分をたくさん教えてもらって、ものに対する見方が備わったこと。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • 部活を辞めたからできている。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 先生たちの絵が上手すぎて見ていて楽しい。上手な絵がたくさんあるから、目標が常にあること。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • どの専攻を選ぶにしても大事で、後々自分の力になるであろう技術が習得できるところ。いろんな先生がいて面白いところ。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 身体の構造。

OB・OGからのメッセージ

平片 仁也 さん

平片 仁也 さん

東京芸術大学
日本画専攻

東京・都立豊多摩高校

まず視野を広げ、大学の求めることも考えて描いた

基礎専攻は各専攻に別れる前ですので、日本画・油画・デザインなどといった様々な専攻ごとの画材・題材を体験することができます。ですので、どこの専攻にいこうか迷っている人はもちろんの事、行きたい専攻が決まっている人でも良い刺激になり視野が広がるきっかけになると思います。
受験において、私が大切だと思っているのは、「大学が一体どのような作品を求めているかを知り考える」という事です。これをやらなければ自分の進むべき目標がわからないまま描くことになり、非常に時間がかかると思います。最初から冷静に自分の方向性を見極め、これは受験絵画なんだと割り切りつつも、「求められている絵」から逸れない程度に自分のこだわりを生かして描いていくというのが必要だと思います。

先野 ひかり さん

先野 ひかり さん

現役合格

武蔵野美術大学
油絵学科

東京・光塩女子学院高等科

他学科の先生や友人と話すこと、毎日通って描いたことが支えになった

基礎専攻はひたすら楽しかった記憶があります。私は入塾当時から油絵科に進むと決めていたのですが、他学科の先生や友人と話したり、課題に取り組む機会を頂けたことは後々の制作に多くの可能性をもたらしてくれました。あと、基礎専攻でたくさん描く石膏デッサンは画面作りや量感描写、空間感の出し方など学べることがいっぱい詰まっています。
私は入塾から卒業までとにかく自信のない人間でした。なので、きっといるであろう同じような子に向けて一言、「真面目に通え」。ちゃんと毎日通って描いた!という事実がかつての私の大きな支えであり、合格への最大の一歩でもあったと思っています。

中田 愛美里 さん

中田 愛美里 さん

東京芸術大学
彫刻科

東京・女子美術大学付属高校

じっくり考え、基本的なことからきっちりマスターしていく

高校2年の頃から河合塾の基礎専攻で学び始めました。入塾当初はまだどの科で受験するか迷っていたので、基礎専攻で色々な科の実技を試して自分に合っているものを講師の方々と相談しながらじっくり考えられたのがよかったです。
入試は、焦って難しいことを無闇にやるのではなく、基本的なことからきっちりマスターしていく積み重ねが大切です。周りに影響されず、自分のペースをしっかり守り、確実に日々の課題をこなしていくのが東京芸大合格への確実な一歩になると思います。

萱沼 大喜 さん

萱沼 大喜 さん

現役合格

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

武蔵野美術大学
基礎デザイン学科

東京・日本大学豊山高校

親密な雰囲気の環境で、時間を有効に使って合格した

基礎専攻では、受験対策にとらわれすぎず、離れすぎず、純粋に描く楽しさを知ることができた。適度な校舎の規模で生徒に対する講師の人数が多く、様々な専攻、視点を持つ講師と密な時間を過ごせたと思う。また親密な雰囲気で顔を知っている講師が増えるので、受験科に進む前に河合塾に通いやすい環境や生活リズムをつくる事もできた。
受験において現役生が浪人生と同じやり方で合格できるはずがない。何せ実技にかけることができる時間が違うんだから。そんな限られた時間の中で現役合格を狙うには、河合塾の外でどのような時間の使い方をするかが重要だ。誰しも苦手、得意はあるし、浪人生と比べて現役生はより多くの時間を勉強に当てることができるのは強みだ。そんな事を考えつつ、限られた時間をどのように割り振って合格ラインに着地するかを考えることが合格への近道だ。

合格者の保護者にインタビュー

東京芸術大学 合格 中田 愛美里さんのお母様

  • Q芸大美大に進路を決めた経緯をお聞かせください
  • 幼少期から絵画や工作、人や物を観察して表現するのが好きな子でしたので、高校生になる頃には本人が決めていました。
  • Q河合塾に通われて、いかがでしたか?
  • 講師の方々は娘が自信を無くしている時や悩んでいる時にアドバイスや励ましの言葉を沢山かけてくださいました。本当に感謝しています。また、受験に必要な力をつける為のカリキュラムが整っているので安心してお任せする事が出来ました。
  • Q現在の大学生活はどんなご様子でしょうか?
  • 同じ志を持った気の合う仲間と切磋琢磨しながら充実した毎日を過ごしています。受験期に培った集中力や忍耐力がとても役に立っているようです。
  • Q芸大美大を受験する保護者の方にアドバイスは?
  • 芸術系ははっきりと数字で評価されない世界ですので具体的な目標が立てづらく、何度となくスランプにおちいることがあるかと思いますが、保護者はそれに動揺することなく励まし続けることが大切です。 
  • Q保護者から見た芸大合格のポイントとは?
  • 目指す大学の試験日に合わせてモチベーションが上がるように調整することが大切だと思います。直前までダメでも当日は飛躍的に変化する事もあるので、最後まで諦めないことも大切だと思います。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)