新宿校基礎高1・2

  • 高1・2生

設置クラス

総合コース 3日専科 [月~金より3日選択]17:30~20:30 デッサンから色彩・立体まで、幅広い基礎力を身につけるコースです。
2日専科 [月~金より2日選択]17:30~20:30
土曜専科 [土]14:30~20:30
デッサンコース 3日専科 [月~金より3日選択]17:30~20:30 デッサンだけに集中して取り組むコースです。
2日専科 [月~金より2日選択]17:30~20:30
土曜専科 [土]14:30~20:30
日曜専科 [日]9:30~16:30

高1・2からの早期の受験対応も万全
志望する専攻が決まっている方は、早期受験対応として、各専攻の専科(高2・3生対象)を受講できます。
年度の途中でも入塾可能
個別面談も随時受け付けます。

自分らしく受験に向かっていくために。1・2年生の今だからこそ学べることに徹底的に取り組もう。

デザイン、絵画、彫刻…さまざまな専門分野の講師陣が、道具の使い方から作品制作の考え方まで、一人ひとり丁寧に指導します。

学習のポイント

まずは基礎を学びながら納得のいく進路選択をしましょう

美術やデザインに興味があるけれど、自分がどの分野に向いているのかをすぐに決められない方も多いものです。
河合塾美術研究所では、さまざまな専攻課題を試しながら、進路選択ができるカリキュラムを用意しているので、まずは基礎を学びはじめてから、じっくり進路を選べます。

志望専攻が決まっている場合は早期からの受験対応が可能

志望専攻が決まっている方は、専攻別課題にも取り組みます。受験コースを担当する専門分野の講師が指導します。
高2生は、各専攻の専科(高2・3生対象)のコースに入塾することもできます。《1学期~冬期講習まで。3学期は基礎専攻コースでの授業となります。詳しくはお問い合わせください。》

カリキュラム

共通基礎を学びながら、進路選択と受験対策ができるカリキュラム

1学期

すべてにつながる共通基礎を丁寧に学ぶ

・デッサンの基礎・光ゼミ
・色彩ゼミ:色彩のしくみを理解し、絵具の使い方を学ぶ
・立体ゼミ・クロッキー:構造を把握する力、ボリュームに対する感覚を養う
・石膏デッサンコンクール(公開):高1・2のみの模試で、自分の位置を知る
・三者面談

2学期

コンクールや専攻課題に挑戦

・自画像コンクール
・細密ゼミ:観察力・造形力をつける
・逆光ゼミ:明暗の組み立てをクロッキーで体得
・自分の視点や興味を掘り下げる特別課題
・専攻ゼミ:希望進路の専攻課題をレベルアップ
・期末石膏デッサンコンクール
・三者面談

3学期

高2生:進路選択・専攻別課題
高1生:基礎課題や大作制作

・進路相談:受験や将来のことを相談しよう
・専攻ゼミ:高2生は進路の最終確認
・基礎専攻の最後に大作に挑戦
・新宿・名古屋合同石膏デッサンコンクール:比較作品数約200枚で実力を試そう
・期末総合コンクール・石膏デッサン:受験対策に備えて実践感覚を鍛えよう
・進級説明会

現役合格のポイント=時間の有効利用

学校と両立できる全7コースを開設

部活動との兼ね合いや通学時間、希望する進路に合わせたコース選択が可能です。
週5日から好きな曜日を自由に選べる3日専科・2日専科と、1日で集中して学べる土曜・日曜専科。
複数のコースを組み合わせて受講することで、さらなる実力アップが可能です。

開設コース
総合コース デッサンコース
デッサンから、色彩、立体まで幅広くさまざまな課題に取り組み、受験の基礎となる総合的な実技力を養うコースです。 デッサンに特化したコースです。総合コースと同じモチーフにも取り組むので、アトリエ全員で切磋琢磨する機会があります。
・3日専科[月~金から3日を選択]17:30~20:30
・2日専科[月~金から2日を選択]17:30~20:30
・土曜専科 14:30~20:30
・3日専科[月~金から3日を選択]17:30~20:30
・2日専科[月~金から2日を選択]17:30~20:30
・土曜専科 14:30~20:30
・日曜専科 9:30~16:30

3日専科・2日専科は、週によって曜日を変更することもできます!

受講する曜日は、固定することを基本としています。しかし、どうしても高校の課外行事その他で受講できない場合は、受講する日を、ほかの曜日に振り替えることができます。 (ただし同じ課題期間内で)

受講パターンの例

通いやすい日を選んで自分のペースで実力をつける!

通いやすい日を選んで自分のペースで実力をつける!

私は高校が毎日忙しいです。土日も予定が入ることが多くて。平日コースは好きな日を自由に選べるので、無理なく続けられています。毎週3日の基礎専攻の授業が楽しみです。

総合コースで学び、さらにデッサンを強化!

総合コースで学び、さらにデッサンを強化!

平日にいろんな課題に取り組めるのが楽しいです。絶対現役合格したいから、デッサンを今のうちにできるだけ鍛えておきたい。平日も土曜日もとことんやります。河合塾が部活みたいです。

デッサンをしっかりおさえたい。でも幅広くやってみたい。

デッサンをしっかりおさえたい。でも幅広くやってみたい。

私はいろんなことに興味があります。デッサン力もつけたいし、油絵や彫刻など何でも挑戦したい。欲張りな私には、2コースを組み合わせるとちょうどいいかんじ。大変だけれどやりがいあります!

平日はマイペースに。週末に集中して実技に取り組む。

平日はマイペースに。週末に集中して実技に取り組む。

私は何事も集中してやることが大事だと思ってます。平日は高校に、土日は実技に集中したい。土+日曜は計12時間もできて、平日4日分。休みがなく見えるけれど、楽しいからつらくないです!

日曜にだけ集中的にやります!

日曜にだけ集中的にやります!

私はまだ1年だし、平日は学校が忙しいし、土曜日ぐらい遊びたい。だから、デッサンコースの日曜専科で、週に1日、一歩ずつ取り組んでいます。着実に手応えを感じられて、楽しいです!

閉じる

生徒作品

生徒作品一覧

基礎専攻現役生にインタビュー

赤塚 逸美 さん 総合コース3日専科

赤塚 逸美 さん

東京・都立小岩高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 河合塾が1番居心地がよかった。通塾日を都合で毎週変えられること。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 夏期講習で油彩デッサンをやったこと。思い切っていろいろやってみたら、とても面白かった!デッサンコンクール、先生に何も言われない分、自分で学ぶものが多かった。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 自分の進路について現実的に考えられること、絵について学べること。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • 試験前などはやや厳しい。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 本当に絵を学ぶ場所で、皆が本気なこと。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 自分が何をしたいか見つけるところ。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 固定概念を無くすこと。

山﨑 舞華 さん 総合コース3日専科+日曜専科

山﨑 舞華 さん

屋久島おおぞら高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 学校から近くて通いやすかったから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 鳥の剥製を細密描写する課題。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 先生方がアットホームでいろいろな相談にのってくださるので、とても楽しくやれていること。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • 両立できている。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 校舎内のいたるところに先輩方の参考作品が展示されていること。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 自分の行きたい専攻を、実際に試しながら見極められるところ。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • レジン。

黒須 彩恵 さん デッサンコース2日専科

黒須 彩恵 さん

鹿島学園高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 体験授業を受けて、アットホームな雰囲気が自分に合っていると感じたから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 動き回るウサギやニワトリをモデルに描く動物クロッキーは、初めての経験でとても面白かったです。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • スキルを確実に、楽しく身につけられること。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • 私は一時期体調を崩していたのですが、それでもしっかり両立できています。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • ちょっとした質問や不安にも一つ一つ親身に答えていただけること。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • いろいろな専攻の先生からアドバイスをいただくことで、自分がやりたいことを見つけ出せるところ。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 絵本作家の仕事。

神谷 悠里 さん 日曜専科→デザイン・工芸専科平日3日コース

神谷 悠里 さん

千葉・昭和学院高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 知り合いの画家の方に勧められて体験講座に行ったところ、しっかり絵のことを学べそうだなと思ったから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 本物のウサギのクロッキーがとても楽しかった。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 以前よりもはるかに絵への関心が高まったこと。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • 今のところ無理せずできていると思う。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 基礎専攻から、学期の途中でも受験科へ移動できたこと。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • まだどの専攻にするか決めていない人でも基礎専攻で様々な分野に触れられるため、自分の興味のあることがそこで見つけられること。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 一人暮らし。

OB・OGからのメッセージ

大島 利佳 さん

大島 利佳 さん

東京芸術大学
デザイン科

東京・星美学園高校

自分に合ったやりたいことを日々明確にして進路を決めた

高校2年生の時、初めて美術を専門的に勉強したいと思い、河合塾に通い始め、絵を描くことは好きでも、美大のことには無知だった私にとって、基礎専攻での勉強はとても有意義なものでした。他専攻課題に取り組んだり、いろんな専攻の先生たちに教わったことによって自分に合ったやりたいことを日々明確にして進路を決めることができました。
受験で大切になってくるのはコツコツと身につけてきた基礎力と、どんな課題にも対応できる柔軟性だと思っています。基礎専攻で他専攻のことを学んだり、いろんな知識を増やすこともその力をつけるための一環で、普段からいろんなことを知ろうとする姿勢が大事だと思います。

高橋 麻菜 さん

高橋 麻菜 さん

現役合格

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科

東京・都立東久留米総合高校

基礎的なことを一から分かりやすく教えてくれた

基礎専攻では、自分の得意なことを伸ばしつつ色々なことを経験してスキルを身につけることができたので、志望学科をじっくり吟味することができ、3年になって志望学科の講習が始まったときに周りより一歩リードすることができたのがよかったです。私は全くの未経験からのスタートだったのですが、先生はみんな基礎的なことを一から分かりやすく教えてくれたので楽しく制作に励むことができました。
合格に必要なことは、自分を貫くことと様々な物事を素直に受け入れることの両立だと思います。でも何よりも大切なことは純粋に作品を作ることを楽しむ心を失わないことです。

福田 杏梨 さん

福田 杏梨 さん

現役合格

多摩美術大学
油画専攻

東京・都立工芸高校

色々なことができて専攻を迷っていた私にはいい環境

河合塾に初めて来たのは、高校に入る前のデッサン体験でした。その後、絵を描きたい、ものづくりしてみたいと、漠然とした、やってみたい!という気持ちから、基礎専攻に通い始めました。基礎専攻では、デッサン以外にも粘土やコラージュ、水彩、油彩、アクリル絵の具の平面構成など、やりたいといえば色々なことができて、専攻を迷っていた私にはいい環境でした。
大学に入ってからは自由にやりたいことを見つけて制作することができます。受験時も硬くなりすぎず、積極的に楽しむことが大切だと今になって思います。これからも美術をやりたいと思った時の気持ちをいつも忘れずにいたいです。

吉倉 史夏 さん

吉倉 史夏 さん

現役合格

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

多摩美術大学
プロダクトデザイン専攻

東京・明治学院高校

第二の母校のような環境で広い視野を持つことができた

高1の冬から週に1回、土曜日に基礎専攻に通っていました。どの先生も親しみやすく、アットホームな雰囲気がとても好きで制作に没頭することができました。また、基礎専攻では他学科志望の生徒と共に学んだり、志望学科を問わず様々な経験が出来ます。また、志望学科に分かれる前に経験値を積むことができたのでとても良かったと思います。
合格するためには生活のリズムを崩さない事がとても大事だと思います。また、先生に朝早く来るとそれだけでいい事があると教わり実行しましたが、本当にその通りだと思います。朝早く来て少しデッサンをしたり、エスキースするということの積み重ねが自分の力になっていきます。試験当日は、緊張してもしょうがない!と自分に言い聞かせ、ほとんど緊張しませんでした。自分の力を出し切る平常心も必要だと思います。

現役合格者の保護者にインタビュー

多摩美術大学 現役合格 福田 杏梨さんのお母様

娘は小さな頃から絵を描く事が大好きで、中学生、高校生になってもずっと変わらず、大学ももちろん美術系に進みたいというのが自然な流れだったと思います。河合塾は生徒数が多過ぎないので、丁寧に指導していただけたのが良かったと思います。大学に入って、やりたい事を思う存分やれる、とても充実した時間を過ごしているようです。
受験中に親にできることは、体調管理をサポートしたり、時々は心のケアをすることくらいですが、子どもにとってはそれが大きな支えになると思います。私は美術のことは全く分からないので、実技などのことは、予備校の先生のご指導にお任せしていました。あとは、本人のセンス、技術、絵がどれだけ好きか…、が現役合格のポイントでしょうか。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00