新宿校基礎高1・2進路に合わせた丁寧な対応をいたします

  • 高1・2生

設置クラス

総合コース 3日専科 [月~金より3日選択]17:30~20:30 デッサンから色彩・立体まで、幅広い基礎力を身につけるコースです。
2日専科 [月~金より2日選択]17:30~20:30
土曜専科 [土]14:30~20:30
デッサンコース 3日専科 [月~金より3日選択]17:30~20:30 デッサンだけに集中して取り組むコースです。
2日専科 [月~金より2日選択]17:30~20:30
土曜専科 [土]14:30~20:30

高1・2からの早期の受験対応も万全です
志望する専攻が決まっている方は、早期受験対応として、各専攻の専科(高2・3生対象)を受講できます。
年度の途中でも入塾可能
個別面談も随時受け付けます。

自分らしく受験に向かっていくために。1・2年生の今だからこそ学べることに徹底的に取り組もう。

デザイン、絵画、彫刻…さまざまな専門分野の講師陣が、道具の使い方から作品制作の考え方まで、一人ひとり丁寧に指導します。

学習のポイント

まずは基礎を学びながら納得のいく進路選択をしましょう

美術やデザインに興味があるけれど、自分がどの分野に向いているのかをすぐに決められない方も多いものです。
河合塾美術研究所では、さまざまな専攻課題を試しながら、進路選択ができるカリキュラムを用意しているので、まずは基礎を学びはじめてから、じっくり進路を選べます。

志望専攻が決まっている場合は早期からの受験対応が可能

志望専攻が決まっている方は、専攻別課題にも取り組みます。受験コースを担当する専門分野の講師が指導します。
高2生は、各専攻の専科(高2・3生対象)のコースに入塾することもできます。《1学期~冬期講習まで。3学期は基礎専攻コースでの授業となります。詳しくはお問い合わせください。》

カリキュラム

共通基礎を学びながら、進路選択と受験対策ができるカリキュラム

1学期

すべてにつながる共通基礎を丁寧に学ぶ

・デッサンの基礎・光ゼミ
・色彩ゼミ:色彩のしくみを理解し、絵具の使い方を学ぶ
・立体ゼミ・クロッキー:構造を把握する力、ボリュームに対する感覚を養う
・石膏デッサンコンクール(公開):高1・2のみの実技で、自分の位置を知る
・三者面談

2学期

コンクールや専攻課題に挑戦

・自画像コンクール
・細密ゼミ:観察力・造形力をつける
・逆光ゼミ:明暗の組み立てをクロッキーで体得
・自分の視点や興味を掘り下げる特別課題
・専攻ゼミ:希望進路の専攻課題をレベルアップ
・期末石膏デッサンコンクール
・三者面談

3学期

高2生:進路選択・専攻別課題
高1生:基礎課題や大作制作

・進路相談:受験や将来のことを相談しよう
・専攻ゼミ:高2生は進路の最終確認
・基礎専攻の最後に大作に挑戦
・新宿・名古屋合同石膏デッサンコンクール:比較作品数約200枚で実力を試そう
・期末総合コンクール・石膏デッサン:受験対策に備えて実践感覚を鍛えよう
・進級説明会

現役合格のポイント = 時間の有効利用

学校と両立できる全6コースを開設

部活動との兼ね合いや通学時間、希望する進路に合わせたコース選択が可能です。
週5日から好きな曜日を自由に選べる3日専科・2日専科と、1日で集中して学べる土曜専科。
複数のコースを組み合わせて受講することで、さらなる実力アップが可能です。

開設コース
総合コース デッサンから、色彩、立体まで幅広くさまざまな課題に取り組み、受験の基礎とな総合的な実技力を養うコースです。
・3日専科[月〜金から3日を選択]17:30~20:30
・2日専科[月〜金から2日を選択]17:30~20:30
・土曜専科 14:30~20:30
デッサンコース デッサンに特化したコースです。総合コースと同じモチーフにも取り組むので、アトリエ全員で切磋琢磨する機会があります。
・3日専科[月〜金から3日を選択]17:30~20:30
・2日専科[月〜金から2日を選択]17:30~20:30
・土曜専科 14:30~20:30

3日専科・2日専科は、週によって曜日を変更することもできます!

受講する曜日は、固定することを基本としています。しかし、どうしても高校の課外行事その他で受講できない場合は、受講する日を、ほかの曜日に振り替えることができます。 (ただし同じ課題期間内で)

受講パターンの例

英語も万全! 学科+実技でトータルな基礎力をつける!

通いやすい日を選んで自分のペースで実力をつける!

私は高校が毎日忙しいです。土日も予定が入ることが多くて。平日クラスは好きな日を自由に選べるので、無理なく続けられています。毎週3日の基礎専攻の授業が楽しみです。

通いやすい日を選んで自分のペースで実力をつける!

部活を優先しながら、デッサンコースで受験の準備を始めました

私はまだ部活があって忙しいですが、平日に2日のデッサンコースを受講して受験の準備を始めています。曜日の変更もできるし、部活と両立しながら、楽しく学べています。

総合コースで学び、さらにデッサンを強化!

平日は総合コースで学び、土曜日にはデッサンを強化!

平日にいろんな課題に取り組めるのが楽しいです。絶対現役合格したいから、デッサンを今のうちにできるだけ鍛えておきたい。平日も土曜日もとことんやります。河合塾が部活みたいです。

デッサンをしっかりおさえたい。でも幅広くやってみたい。

デッサンをしっかりおさえたい。でも幅広くやってみたい。

私はいろんなことに興味があります。デッサン力もつけたいし、油絵や彫刻など何でも挑戦したい。欲張りな私には、2コースを組み合わせるとちょうどいい感じ。大変だけれどやりがいあります!

土曜にだけ集中的にやります!

土曜にだけ集中的にやります!

私はまだ1年だし、平日は学校が忙しいし、たくさん遊びたい。だから、デッサンコースの土曜専科で、週に1日、一歩ずつ取り組んでいます。着実に手応えを感じられて、楽しいです!

閉じる

生徒作品

生徒作品一覧

基礎専攻現役生にインタビュー

齋藤 大和 さん 総合コース2日専科

齋藤 大和 さん

東京・都立世田谷総合高校 2年

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 中学の時、美術の先生のお勧めで始め、美大に行くために続けようと思ったから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 楽しかったのは、モチーフのたくさんある静物着彩。ためになったのは石膏マルス。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 入った頃より、圧倒的に画力が上がった。また、他の人の上手い作品を見る機会が自分の刺激になった。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • できています。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • ものを借りることができること(笑)。環境が整っていること。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • いろいろな課題に取り組んで基礎が身につく。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 幅広くマンガを読むこと。

秋場 美佑 さん 総合コース 2日専科

秋場 美佑 さん

東京・聖心女子学院高等科 2年

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 居心地の良い雰囲気だから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 楽しかったのはコラージュ。ためになったのはデッサンコンクール。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 自分で少しずつ成長していることを実感でき、絵の深さ、楽しさを知れる。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • できていると思う。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 同世代なのに、皆のレベルが高いこと。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 自分が進みたい道をゆっくり考えられるところ。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 人間のつくり。

川本 怜 さん デッサンコース2日専科

川本 怜 さん

東京・都立富士高校 2年

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 学校の帰りに行ける場所だったから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 楽しかったのはうさぎのクロッキーで、ためになったのは石膏のクロッキー。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 鉛筆の使い方がわかってきたこと。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • できていると思う。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • モチーフになるものの数がとても多いこと。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 先生が常に複数いて、いろいろなアドバイスを聞けること。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • アニメーションの背景がどのように描かれているのか。

児島 沙都 さん 土曜総合コース

児島 沙都 さん

東京・都立大泉桜高校 2年

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 周りの環境が自分と合っているな、と思ったから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • コラージュの課題が一番楽しかった。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 自分では気付けなかったことに対し、アドバイスをもらえたこと。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • できていると思います。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • いろいろな専攻の作品が校内に展示してあること。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • いろいろな課題にチャレンジできて、楽しみながらやりたい専攻を絞れること。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 不思議な世界観の絵。

OB・OGからのメッセージ

池谷 和華 さん

池谷 和華 さん

現役合格

武蔵野美術大学
油絵学科

多摩美術大学
油画専攻

東京・都立芦花高校

基礎専攻時代のよかったこと

「遅く入ってもすぐになじめた!」
私が基礎専攻に入ったのは高校2年生の3学期と遅く、周りからはとても遅れていました。しかし、基礎専攻では生徒それぞれに寄り添った指導をしていただけるので、遅く入った私もすぐになじむことができました。基礎専攻には油絵以外の先生がいらっしゃるので、様々な先生から指導をいただけるところも魅力です。


現役合格の極意

「多くの絵から影響を受けて!」
色々な画集を見たり、周囲の生徒の作品を見ていくうちに、自分がどのような絵を描けば良いか、分からなくなって焦ることがありました。それでも、自分の絵を深めるためには、多くの作品を見たり、色々な視点でものを見たり、多くの方法を試したりしていくことが大切です。多くものに影響を受けながらも、自分の描きたいことは何かを意識し続けることが最も重要です。

飯島 理子 さん

飯島 理子 さん

現役合格

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科
生産デザイン学科

東京・豊島学院高校

基礎専攻時代のよかったこと

「無理なく力をつけられる!」
高校1年生の時から週2で、基礎専攻に習い始めました。高校2年生は週3に増やしました。状況に応じて自分の好きな曜日に通うことができ、受講時間も徐々に増やすことができたので、無理することなく通えました。


現役合格の極意

「焦っている時こそ自分の足りないところを冷静に!」
受験期は周りがどんどん上手く見えて焦りを感じていました。危機感の中、自分の足りないところをしっかり見つめることが大切だと思います。しかし、自分の好きなものや表現方法を画面に取り入れるなど、楽しんで描いていくことも重要だと思います。辛いことも多いと思いますが、絵を描く楽しさを忘れないようにするべきだと思いました。

高橋 沙和 さん

高橋 沙和 さん

東京芸術大学
工芸科

長野・上田染谷丘高校

基礎専攻時代のよかったこと

「長野からでも通える!」
長野から河合塾に通っていたのですが、高校のない週末や講習会に集中して通ったり、自分のペースで通えるのが助かりました。入塾した当初は専攻を迷っていましたが、いろいろな専攻の課題をやるので自分のやりたいことを明確にすることができました。


現役合格の極意

「冷静さとモチベーションが大切!」
うまくいかなかった時も落ち込みすぎず、冷静にできていないところを分析して次の作品に繋げることです。自分のモチベーションを高く持ち続け課題をこなしていくことが合格への鍵になると思います。

合格者の保護者にインタビュー

東京芸術大学 合格 高橋 沙和さんのお母様

  • Q芸大美大に進路を決めた経緯について
  • 小さい頃から絵を描いたり物を作ることが大好きでした。高校受験の頃には、いくつかあった夢から美術に進路が定まった様です。
  • Q河合塾に通われて、いかがでしたか?
  • 長野県に住んでいるので、毎週土曜日の朝の高速バスで東京に行き、日曜日の夜に帰るというハードな生活を2年間続けました。先生方は技術面だけでなく体調面等にもお気遣い下さいました。性格等も、とてもよく把握して下さり、娘にあった指導をして頂けたと思います。色々な面でとても感謝しています。
  • Q現在の大学生活はどんなご様子でしょうか?
  • 受験でものすごい努力をし、合格して集まった仲間たちと共に、今まで知らなかった事や技術を学ぶ事ができ、とても充実した毎日を過ごしています。
  • Q芸大美大を受験する保護者の方にアドバイスは?
  • 美術は勉強と違い、好きな事をやっていると思われがちですが、予備校で長い時間デッサンをしたり物を作る事は、集中力が必要で、毎日とても疲れていると思います。そういったことを理解して努力を認め、褒める事、生活リズムに気を配る事が大切かと思います。
  • Q保護者から見た芸大合格のポイントとは?
  • 技術面等予備校でやっている事は全て先生方にお任せする。保護者は普段からスケジュールを把握し、受験当日に試験以外の不安を作らないよう、いつも通りの力が出せるようにサポートしてあげる事が大切かと思います。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)