新宿校基礎高1・2共通基礎を学びながら、進路選択と受験対策ができるカリキュラム!東京芸大現役合格も!

  • 高1・2生

授業の様子

設置クラス

総合コース 3日専科 [月~金より3日選択]17:30~20:30 デッサンから色彩・立体まで、幅広い基礎力を身につけるコースです。
2日専科 [月~金より2日選択]17:30~20:30
土曜専科 [土]14:30~20:30
デッサンコース 3日専科 [月~金より3日選択]17:30~20:30 デッサンだけに集中して取り組むコースです。
2日専科 [月~金より2日選択]17:30~20:30
土曜専科 [土]14:30~20:30

高1・2からの早期の受験対応も万全です
志望する専攻が決まっている方は、早期受験対応として、各専攻の専科(高2・3生対象)を受講できます。
年度の途中でも入塾可能
個別面談も随時受け付けます。

自分らしく受験に向かっていくために。1・2年生の今だからこそ学べることに徹底的に取り組もう。

デザイン、絵画、彫刻…さまざまな専門分野の講師陣が、道具の使い方から作品制作の考え方まで、一人ひとり丁寧に指導します。

学習のポイント

まずは基礎を学びながら納得のいく進路選択をしましょう

美術やデザインに興味があるけれど、自分がどの分野に向いているのかをすぐに決められない方も多いものです。
河合塾美術研究所では、さまざまな専攻課題を試しながら、進路選択ができるカリキュラムを用意しているので、まずは基礎を学びはじめてから、じっくり進路を選べます。

志望専攻が決まっている場合は早期からの受験対応が可能

志望専攻が決まっている方は、専攻別課題にも取り組みます。受験コースを担当する専門分野の講師が指導します。
高2生は、各専攻の専科(高2・3生対象)のコースに入塾することもできます。《1学期~冬期講習まで。詳しくはお問い合わせください。》

カリキュラム

共通基礎を学びながら、進路選択と受験対策ができるカリキュラム

1学期

すべてにつながる共通基礎を丁寧に学ぶ

・デッサンの基礎・光ゼミ
・色彩ゼミ:色彩のしくみを理解し、絵具の使い方を学ぶ
・立体ゼミ・クロッキー:構造を把握する力、ボリュームに対する感覚を養う
・石膏デッサンコンクール(公開):高1・2のみの実技で、自分の位置を知る
・三者面談

2学期

コンクールや専攻課題に挑戦

・自画像コンクール
・細密ゼミ:観察力・造形力をつける
・逆光ゼミ:明暗の組み立てをクロッキーで体得
・自分の視点や興味を掘り下げる特別課題
・専攻ゼミ:希望進路の専攻課題をレベルアップ
・期末石膏デッサンコンクール
・三者面談

3学期

高2生:進路選択・専攻別課題
高1生:基礎課題や大作制作

・進路相談:受験や将来のことを相談しよう
・専攻ゼミ:高2生は進路の最終確認
・基礎専攻の最後に大作に挑戦
・新宿・名古屋合同石膏デッサンコンクール:比較作品数約200枚で実力を試そう
・期末総合コンクール・石膏デッサン:受験対策に備えて実践感覚を鍛えよう
・進級説明会

現役合格のポイント = 時間の有効利用

学校と両立できる全6コースを開設

部活動との兼ね合いや通学時間、希望する進路に合わせたコース選択が可能です。
週5日から最初に好きな曜日を自由に選べる3日専科・2日専科と、1日で集中して学べる土曜専科。
複数のコースを組み合わせて受講することで、さらなる実力アップが可能です。

開設コース
総合コース デッサンから、色彩、立体まで幅広くさまざまな課題に取り組み、受験の基礎となる総合的な実技力を養うコースです。
・3日専科[月~金から3日を選択]17:30~20:30
・2日専科[月~金から2日を選択]17:30~20:30
・土曜専科 14:30~20:30
デッサンコース デッサンに特化したコースです。総合コースと同じモチーフにも取り組むので、アトリエ全員で切磋琢磨する機会があります。
・3日専科[月~金から3日を選択]17:30~20:30
・2日専科[月~金から2日を選択]17:30~20:30
・土曜専科 14:30~20:30

志望する専攻が決まった方は、途中から各専攻の専科(高2・3生対象)で学べます!

受講パターンの例

通いやすい日を選んで自分のペースで実力をつける!

通いやすい日を選んで自分のペースで実力をつける!

私は高校が毎日忙しいです。土日も予定が入ることが多くて。平日クラスは最初に好きな日を自由に選べるので、無理なく続けられています。毎週3日の基礎専攻の授業が楽しみです。

部活を優先しながら、デッサンコースで受験の準備を始めました。

部活を優先しながら、デッサンコースで受験の準備を始めました。

私はまだ部活があって忙しいですが、平日に2日のデッサンコースを受講して受験の準備を始めています。曜日の変更もできるし、部活と両立しながら、楽しく学べています。

平日は総合コースで学び、土曜日にはデッサンを強化!

平日は総合コースで学び、土曜日にはデッサンを強化!

平日にいろんな課題に取り組めるのが楽しいです。絶対現役合格したいから、デッサンを今のうちにできるだけ鍛えておきたい。平日も土曜日もとことんやります。河合塾が部活みたいです。

デッサンをしっかりおさえたい。でも幅広くやってみたい。

デッサンをしっかりおさえたい。でも幅広くやってみたい。

私はいろんなことに興味があります。デッサン力もつけたいし、油絵や彫刻など何でも挑戦したい。欲張りな私には、2コースを組み合わせるとちょうどいい感じ。大変だけれどやりがいあります!

土曜にだけ集中的にやります!

土曜にだけ集中的にやります!

私はまだ1年だし、平日は学校が忙しいし、たくさん遊びたい。だから、デッサンコースの土曜専科で、週に1日、一歩ずつ取り組んでいます。着実に手応えを感じられて、楽しいです!

閉じる

生徒作品

生徒作品一覧

基礎専攻現役生にインタビュー

植田 春菜 さん 総合コース平日2日・専科

植田 春菜 さん

東京・鷗友学園女子高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 家や学校からのアクセスが良く、通いやすかったため。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 楽しかったのは塑造で、ためになった課題は全て。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 基礎力が上がり、表現の幅が広がったことと、自分の弱点が明瞭になったこと。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • かろうじて両立できている(と思いたい)。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • いかに、今までの自分の視野が狭く、美術に対して真摯でなかったかに気づいたこと。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 一つの事に拘泥せず、多岐にわたる課題に向き合うことで多角的な思考が養えること。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 今後の社会情勢と進路の関係。

石川 慶龍 さん デッサンコース平日3日・専科

石川 慶龍 さん

東京・多摩大学目黒高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 学習塾との連携があり、実技と学習の2面を相談できると思ったから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 楽しかったのはデッサン、ためになったのはクロッキー。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 質問に対して納得できる答えを返してもらえること。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • できている。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 高校が徒歩通学なので、電車通学が新鮮に感じる。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 成長が目に見えるところ。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 筑波大学芸術専門学群の構成領域で学べること。

高村 あおい さん 総合コース平日2日・専科

高村 あおい さん

東京・自由学園高等科

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 行きやすい場所にあったのと、飾ってある作品を見て楽しそうと思ったから。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 一番楽しかったのは石膏クロッキー、ためになったのは色彩構成。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 決まった時間集中して絵の勉強ができること。自分の成長がよく分かる。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • できていると思う。通学も受講も体力を使うが、今のところは大丈夫そう。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 同世代の人のレベルが高く、たくさん刺激を受けることができる。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 様々な描き方のコツや絵の勉強の方法を知れること。また、楽しく課題ができること。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 漫画を描くこと。もっと画力をつけて自分の漫画作品に生かしていきたい。

松木 乃々馨 さん 土曜総合コース・専科

松木 乃々馨 さん

東京・都立工芸高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 家から近いのと、先生方が丁寧に教えてくれるところが良いなと思ったからです。
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 全部楽しかったですが、一番は屋外スケッチ。ためになったのは塑造。
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • みんなの作品を見て、自分のレベルを知ることができる事。
  • 4学校との両立はできていますか?
  • 大変な時もありますが、両立できています。
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • デッサンひとつでも、人それぞれの描き方や世界観があることを知り、感動しました。
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 様々な科の課題を試すことができること。自分が将来何をやりたいか、見つけやすいです。
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 色んな絵の具を集めること。

OB・OGからのメッセージ

延命 奈優 さん

延命 奈優 さん

東京芸術大学
デザイン科

東京・女子美術大学付属高校

基礎専攻時代のよかったこと:

基礎専攻では、高校が終わった後に予備校に行くことを、受験生になる前に体験できたことがとても良かったです。私が基礎専攻に入ったのは高校2年生の2学期からだったので、分からないことが多くとても不安でした。ですが、基礎専攻では先生方がとても丁寧に対応してくださったので、予備校へ通うのにすぐに慣れることができました。


合格の極意

とにかく予備校へ通うことだと思います。予備校での課題を一生懸命取り組めるようにすることが一番大切だと思います。予備校へ早く行ったり、前日に準備をしたり、その日の反省をして次の日の目標を立てたり、体調管理に気をつけたり、基本的なことをきちんとすることが一番重要だと思います。

田島 あゆ さん

田島 あゆ さん

現役合格

武蔵野美術大学
油絵学科

多摩美術大学
油画専攻

東京・都立青山高校

基礎専攻時代のよかったこと:

私が基礎専攻に入ったのは高校2年生の3学期と遅く、受験する学科も本当に油絵科でいいのか決めきれていませんでした。しかし基礎専攻では生徒一人ひとりに寄り添った、分かりやすい指導を様々な学科の先生からしていただけたため、そのうちに私はたくさんの要素から判断して、自信を持って油絵科を受験することを選択できました。


現役合格の極意

学校生活との両立は大変ですが、一つ一つの課題に向き合い、先生とお話したり、画集や参考作品を見ることで新たな視点を取り入れたり、様々な方法を試すことがやはり大事になります。また、他の塾生の講評からも自分に取り入れられることがないか考え、影響を受けながら自分の描きたいことを探していくことが大切だと思います。

出井 夕香子 さん

出井 夕香子 さん

現役合格

東京芸術大学
建築科

武蔵野美術大学
建築学科

多摩美術大学
環境デザイン学科・
生産デザイン学科

東京・頌栄女子学院高校

基礎専攻時代のよかったこと:

私が本格的に美大受験を考えたのは高1の頃で、それまで実技経験が一切なかったため、基礎専攻からのスタートを考えました。基礎専攻に在籍していたのはとても短い間でしたが、実技の基礎を学べたので良かったと思っています。建築科の試験では他の科のようなデッサン試験はありませんでしたが、描写力が必要であることに変わりはなかったので実技の基礎を学ぶことは大事なことだったなと改めて感じます。


現役合格の極意

建築科においては学科と実技の両立が大事であると感じます。私は学科もそれほど得意ではありませんでしたし、描写力もありませんでしたが、どちらも求められる最低のラインはクリアできるように意識していました。また、時間内に提出物を揃えることもとても重要だと思います。どんなに良い案でも完成していなければ評価の対象に入らないと聞き、それからは時間内に完成させることだけを考えて練習していました。

合格者の保護者にインタビュー

東京芸術大学 合格 出井 夕香子 さんのお母さまの声

  • Q芸大美大に進路を決めた経緯について
  • 中学生の頃から建築に興味を持っていましたが理系学部だと思い半分諦めていたところ、自宅を設計してくれた女性の建築士さんから文系科目でも受験できる建築科があると聞き、それが美大でした。
  • Q河合塾に通われて、いかがでしたか?
  • いくつか美術予備校を見学して河合に決めました。何もわからない状態から丁寧に指導していただきました。基礎専攻は学年末の短い期間しか受講しませんでしたが、デッサン力を養うためもっと長い期間受講しておけばよかったと、後になって思いました。建築専攻では時々行き詰まって悩んだ時期もありましたが、先生方からの励ましや的確なご指導でなんとか乗り越える事ができました。
  • Q現在の大学生活はどんなご様子でしょうか?
  • 前期はほとんどリモート授業でしたが、後期からは週4日ほど大学に通っています。想像していた通り課題に追われる毎日ですが、課題は楽しいようです。アルバイトもしながら寝不足に負けず取り組んでいます。
  • Q芸大美大を受験する保護者の方にアドバイスは?
  • 受験される大学、学科によっても違うと思いますが、建築科は学科の点数も取らなければならず、実技と学科、また、部活動も3年の春まであったので、それらの両立が体力的に大変でした。保護者の方も実技、学科の両方の内容をある程度把握しておくと支えやすくなるのではと思います。
  • Q保護者から見た芸大合格のポイントとは?
  • 建築科は画力だけでなく、発想力や構成力、プレゼン力が必要なため、様々や知識や経験の積み重ねが大切だと思います。日頃から人や建築物はじめ色々な事に意識を向け、引き出しを多くしておく事が後になって慌てずに済むと感じました。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)