名古屋校日本画

自分の可能性と向き合う。

「日本画」という言葉から、皆さんはどんなイメージを描きますか?
日本の風土や自然観、心情や感性。日本画の顔料や墨、和紙といった素材。皆さんが何に興味を持ち、どんな絵を描いていくのか…。日本画はそんなさまざまな可能性に応えてくれます。
日本画専攻では、物をよく観察することを大切にし、基礎から応用へと段階的に身につけていきます。自分の可能性と向き合う1年は、一生の記憶に残る充実したものとなるでしょう。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生]
  • 高2専科[高2生]
  • 日曜専科[高3生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

今年から初めて芸大・美大にチャレンジする初心者から、よりハイレベルな大学をめざす経験者まで、一人ひとりの個性や実力に応じたカリキュラムを行います。観察力と描写力から生まれる「写生力」を身につけることを目標として、石膏デッサンや静物着彩などの基本的な課題から、ゼミや屋外スケッチ、自分たちでモチーフを考える特別課題など幅広いカリキュラムを通して学んでいきます。それらのベーシックな力を、定期的に行われる一人一卓静物着彩やコンクールを通して確認していきましょう。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30[日]9:30~18:00

専科

  • 専科

高校3年生を対象としています。1学期は観察力を身につけること、そして絵具などの道具の扱い方を学んでいきます。2学期は日本画受験で出題頻度の高い石膏デッサン、静物着彩を中心に、見えている世界をどのように画面で表現するかを学びます。また実技模試を通して実戦的なアプローチも習得していきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30[日]9:30~18:00

高2専科

  • 高2専科
  • 高2専科

高校2年生を対象としています。1学期は観察力を身につけること、そして絵具などの道具の扱い方を学んでいきます。2学期は日本画受験で出題頻度の高い石膏デッサン、静物着彩を中心に、見えている世界をどのように画面で表現するかを学びます。また実技模試を通して実戦的なアプローチも習得していきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

主に専科に通塾できない高校3年生を対象としています。授業は、写生の基礎となる観察力を学び、また観察で得た情報を素直に表現する姿勢を身につけます。静物デッサン、石膏デッサン、静物着彩をバランスよく制作し、それぞれの課題のポイントを基礎からじっくり学んでいきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

主に専科に通塾できない高校2年生を対象としています。授業は、写生の基礎となる観察力を学び、また観察で得た情報を素直に表現する姿勢を身につけます。静物デッサン、石膏デッサン、静物着彩をバランスよく制作し、それぞれの課題のポイントを基礎からじっくり学んでいきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

日本画の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

森田 未夢さん

森田 未夢さん

東京芸術大学
日本画専攻

京都芸術大学
日本画コース

第二高校出身

私は基礎も何も分からないまま地方から河合塾美術研究所に入塾しました。先生方は基礎からしっかり時間をかけて教えてくださり、生活面でもたくさんお世話になりました!正直に言うと体調を気にしたり、美術に向きあうことはとてもしんどかったです。最後に私に足りていなかったのは、自分の表現を信じることと、よく見ることでした。今から頑張る人みんなを応援しています。ファイト!

OB・OGからのメッセージ

田中 藍衣さん 画家・河合塾美術研究所講師

愛知県立芸術大学 大学院美術研究科博士前期課程油画・版画領域修了
愛知県立芸術大学 日本画専攻卒業
2004-2006年度 基礎中学専科/2009年度 日本画専科
旭丘高校出身

田中 藍衣さん

田中 藍衣さん

私は現在、河合塾美術研究所の基礎高1・2年専攻で講師として塾生の皆さんと向き合うかたわら、作家活動を続けています。
受験対策のために河合塾に通い始めたのは高校3年生になる春でした。河合塾での時間は、課題を通してさまざまな学びや悩みがあったり、一緒に同じ目標をめざす友人との楽しい思い出など、いろいろなことがありましたが、今でも私の心に強く残っているのは当時教わっていた先生の姿です。
先生は今の自分と同じように講師として働きながら作家活動をしていて、大きな窓の絵を描いていました。私はこの窓の絵がとても好きで、その絵に憧れていました。
そんな中のある日、授業後の会話の中で「君や、みんなが良い絵を描いているから僕も良い絵を描こうと背中を押されているよ」と言われ、他人の絵から自分が影響を受けるのと同じように、自分の絵もまた、他人に影響を与えていたことを初めて知りました。
良い絵は良い絵を生み、どんどんつながって広がっていくということを教えてくれたこの一言は、ずっと私の中で響き続けています。
受験対策での制作、大学生活の中での制作、その先の未来での制作、いつだって絵を描いたりものをつくったりするときは一人ではなく、誰かとつながり合っています。
自分のことも他人のことも同じように大切にしながら制作活動をしてみてください。
お互いに、頑張りましょう!

指導スタッフ紹介

指導スタッフ写真

ベーシックな指導から各自の個性を生かしたゼミまで、さまざまなカリキュラムを実現するスタッフです。
過去10年間で東京芸大31名、愛知芸大77名の合格者を輩出しています。

●レギュラー講師
稲垣 洋介 東京芸大大学院日本画修/植田 浩 愛知芸大大学院日本画修/加藤 千奈 東京芸大大学院日本画修/木曽 浩太 愛知芸大大学院油画修/橘 泰司 愛知芸大大学院日本画修/成田 吉毅 多摩美大大学院日本画修/宮川 翠 東京芸大大学院日本画修
●招待講師
三田 尚弘 東京芸大博士課程日本画修
●チューター
鈴木 博稀 愛知芸大大学院日本画在籍/南 彩莉 愛知芸大日本画在籍/山口 大空 愛知芸大油画在籍
(2020年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)