名古屋校日本画

自分の可能性と向き合う。

「日本画」という言葉から、皆さんはどんなイメージを描きますか?
日本の風土や自然観、心情や感性。日本画の顔料や墨、和紙といった素材。皆さんが何に興味を持ち、どんな絵を描いていくのか…。日本画はそんなさまざまな可能性に応えてくれます。
日本画専攻では、物をよく観察することを大切にし、基礎から応用へと段階的に身につけていきます。自分の可能性と向き合う1年は、一生の記憶に残る充実したものとなるでしょう。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生]
  • 日曜専科[高3生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

今年から初めて芸大・美大にチャレンジする初心者から、よりハイレベルな大学をめざす経験者まで、一人ひとりの個性や実力に応じたカリキュラムを行います。観察力と描写力から生まれる「写生力」を身につけることを目標として、石膏デッサンや静物着彩などの基本的な課題から、ゼミや屋外スケッチ、自分たちでモチーフを考える特別課題など幅広いカリキュラムを通して学んでいきます。それらのベーシックな力を、定期的に行われる一人一卓静物着彩やコンクールを通して確認していきましょう。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画表現Ⅰ]~基礎造形力強化~
●ガイダンス
●クラス分けコンクール
●各種ゼミ(構図、計測、絵具など)
●屋外スケッチ授業
●美術館見学
●東山動植物園スケッチ
●日本画制作(岩絵具、和紙使用)
●東京芸大公開実技模試(一次対応)
●1学期末コンクール(石膏デッサン、静物着彩)

夏期講習

【2学期】[絵画表現Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●東京芸大公開実技模試(二次対応)
●生徒がモチーフを考える静物着彩
●愛知芸大公開実技模試
●推薦入試対策(個別指導)
●屋外スケッチ授業
●デイキャンプ
●一人一卓静物着彩
●名古屋校・新宿校合同コンクール
●2学期末コンクール(石膏デッサン、静物着彩)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~絵で表現することを深める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30[日]9:30~18:00

専科

  • 専科
  • 専科

主に高校3年生を対象としています。1学期は観察力を身につけること、そして絵具などの道具の扱い方を学んでいきます。2学期は日本画受験で出題頻度の高い石膏デッサン、人物着彩、静物着彩を中心に、見えている世界をどのように画面で表現するかを学びます。また実技模試を通して実戦的なアプローチも習得していきます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画表現Ⅰ]~基礎造形力強化~
●ガイダンス
●制作用具の紹介と扱い方
●基礎からの静物デッサン
●基礎からの石膏デッサン
●基礎からの人物着彩
●静物着彩特訓週間
●屋外スケッチ授業

夏期講習

【2学期】[絵画表現Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●日本画制作(岩絵具と向き合う)
●石膏デッサン:基礎から応用へ
●静物着彩:基礎から幅広い表現へ
●人物着彩:基礎から応用へ
●愛知芸大公開実技模試
●推薦入試対策
●大学別対策課題
●名古屋校・新宿校専科合同コンクール(静物着彩)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~絵で表現することを深める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

主に専科に通学できない高校3年生を対象としています。授業は、写生の基礎となる観察力を学び、また観察で得た情報を素直に表現する姿勢を身につけます。静物デッサン、石膏デッサン、人物着彩、静物着彩をバランスよく制作し、それぞれの課題のポイントを基礎からじっくり学んでいきます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画表現Ⅰ]~基礎造形力強化~
●ガイダンス
●制作用具の紹介と扱い方
●基礎からの静物デッサン
●基礎からの石膏デッサン
●基礎からの人物着彩
●静物着彩特訓週間
●屋外スケッチ授業

夏期講習

【2学期】[絵画表現Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●日本画制作(岩絵具と向き合う)
●石膏デッサン:基礎から応用へ
●静物着彩:基礎から幅広い表現へ
●人物着彩:基礎から応用へ
●愛知芸大公開実技模試
●推薦入試対策
●大学別対策課題
●名古屋校・新宿校専科合同コンクール(静物着彩)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~絵で表現することを深める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

高校2年生を対象としています。授業は、写生の基礎となる観察力を学び、また観察で得た情報を素直に表現する姿勢を身につけます。静物デッサン、石膏デッサン、人物着彩、静物着彩をバランスよく制作し、それぞれの課題のポイントを基礎からじっくり学んでいきます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
全体保護者会
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
愛知芸大公開実技模試
3

【1学期】[絵画表現Ⅰ]~基礎造形力強化~
●ガイダンス
●制作用具の紹介と扱い方
●基礎からの静物デッサン
●基礎からの石膏デッサン
●基礎からの人物着彩
●静物着彩特訓週間
●屋外スケッチ授業

夏期講習

【2学期】[絵画表現Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●日本画制作(岩絵具と向き合う)
●石膏デッサン:基礎から応用へ
●静物着彩:基礎から幅広い表現へ
●人物着彩:基礎から応用へ
●愛知芸大公開実技模試
●推薦入試対策
●大学別対策課題
●名古屋校・新宿校専科合同コンクール(静物着彩)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~絵で表現することを深める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

閉じる

日本画の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

堀田 美友貴さん

堀田 美友貴さん

現役合格

愛知県立芸術大学
日本画専攻

旭丘高校出身

河合塾美術研究所にはいろいろな人がいて、自分よりうまい人がたくさんいて、そんな人たちと自分の作品を比べることができるのがいいと思いました。またいろいろな視点を持った先生がたくさんいて、とても刺激を受けました。受験までに自分のプロセスを見つけることが大切だと思いました。

太田 力天さん

太田 力天さん

現役合格

東京芸術大学
日本画専攻

名古屋大学教育学部附属高校出身

自分が日本画専攻に決めたのは高校2年生の夏でした。その頃の自分は基礎高1・2年クラスの中では描ける方で、受験の厳しさをまったく理解していませんでした。しかし、高卒生たちは皆、物凄く上手で衝撃を受けたのを記憶しています。そして自分も先輩方に負けないように必死でした。その努力が結果として出て、本当に良かったです。

OB・OGからのメッセージ

川島 優さん 画家

愛知県立芸術大学大学院 博士後期課程日本画領域修了見込
2007-2008年度 日本画本科
浜松学芸高校出身

川島 優さん

川島 優さん

現代において絵を描くことは、現代に生きる自己を表現することだと考えます。河合塾を出て10年程経ちますが、現在に至るまでの描く楽しさの火種を与えてくれた場所だと、この場をお借りして改めて実感しています。塾生時代は先生方をはじめ、多くの仲間や作品に影響を受け、自身を模索していました。そうした絵と生活が親密となった環境が、制作に前向きに取り組み、自身も成長していく姿勢を築くことができたのだと思います。また、表現が素直になることで、自分の長所や短所に向き合う時間も増えました。こうした時間も、さまざまな制作のモチベーションを持つ講師陣が居たからこそ乗り越えられたのではないかと考えます。
現在は、作家として日々制作に努めています。ここでもさまざまな不安や困難といった壁にぶつかりますが、根本的な絵を描く楽しさや愚直に突き進む心地よさをはぐくんでくれた河合塾での経験が今では乗り越える力となっています。さらに、そうした内的感情を絵画表現する意思は、能動的に自己対峙できる時期や環境、きっかけがあったからこそ強く持ち続けられるのだと、これからの作品展開を通じて言いたいです。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ写真

ベーシックな指導から各自の個性を生かしたゼミまで、さまざまなカリキュラムを実現するスタッフです。
過去10年間で東京芸大32名、愛知芸大100名以上の合格者を輩出しています。

●レギュラー講師
稲垣 洋介 東京芸大大学院日本画修/植田 浩 愛知芸大大学院日本画修/木曽 浩太 愛知芸大大学院油画修/橘 泰司 愛知芸大大学院日本画修/成田 吉毅 多摩美大大学院日本画修/宮川 翠 東京芸大大学院日本画修/本地 裕輔 愛知芸大大学院日本画修
●招待講師
加藤 千奈 東京芸大大学院日本画修/久保田 木都 東京芸大日本画在籍/三田 尚弘 東京芸大博士課程日本画修/鈴木 七実 東京芸大大学院保存修復在籍
●チューター
鈴木 博稀 愛知芸大日本画在籍/川合 凌平 愛知芸大日本画在籍/神 満里菜 愛知芸大日本画在籍
(2017年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)