名古屋校名市大(芸術工学)

新たな領域のデザイナーをめざして

現代の情報化は、ものづくりのあり方を大きく変えました。
その結果デザインの対象も道具などの具体的な「もの」から、「情報」という抽象的なものにまで広がっています。
名市大コースでは、基礎実技力を着実に養うことで入試対策を行うと同時に、ものづくりに対する感性と理解力、そして表現力を養うことを目標としています。

  • 土曜専科[高3生・高卒生]

設置クラス

授業日 [土]13:30~18:00

名市大芸術工学部の実技試験

  • 名市大芸術工学部の実技試験
  • 名市大芸術工学部の実技試験

名市大で課される実技試験は、他の美大に比べて基本的な内容となっています。配点割合では、前期試験では全配点の1割、後期試験では5割があてられています(情報環境デザイン学科、産業イノベーションデザイン学科)。前期試験のみであれば限定的な対策を踏まえて受験することも可能ですが、実技的素養はデザインを学ぶうえでの共通言語として必須といえますので、当専攻では通年での対策をお薦めしています。
対策では、1年間でそうした素養をゼロから習得していきます。1学期には鉛筆デッサンを通じて、観察の仕方、描写するうえでの技術や効果についてレクチャーを行い、夏期講習では演習形式での制作をし、2学期を通じてさらに表現方法を広げるとともに、デッサン以外の課題の対策も行います。冬期および直前講習においては、実戦的な対策を行うことで試験に備えます。

芸術工学部とは

名古屋市立大学の芸術工学部は平成8年に開設されました。芸術工学とは、科学技術と芸術の融合をめざした、理系・文系・芸術系にまたがる学際的な複合領域のことを指します。大学における研究対象は幅広く、従来のデザインに留まらない表現を、充実した設備を活用しながら生み出す環境が整えられています。簡単に言えば、名市大芸術工学部の特徴は大きく2つあります。
従来のデザイン科が専門化、細分化しているのに対して、新たな分野も含んだ包括的なデザイン教育が行われていることと、コンピュータを含む工学的先端技術をデザインに対して応用する研究が複数の形で行われていることです。
また、建築都市デザイン学科では工学部の建築学科と同じく卒業時に二級建築士受験資格が与えられます。

情報環境デザイン学科

●インタラクションデザイン
●映像表現
●音響デザイン
●テキスタイルデザイン
●画像処理工学
●情報通信工学
●メディア工学

産業イノベーションデザイン学科

●プロダクトデザイン
●ビジュアルデザイン
●3DCGデザイン
●視覚環境デザイン
●機械制御工学
●環境情報学
●情報工学

建築都市デザイン学科

●建築設計
●構造工学
●建築史
●建築計画
●設計計画論
●建築安全計画
●都市計画
●建築環境工学
●アーバンプロデュース論
●建築構造学

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
大学入試センター試験出願
第3回全統マーク模試
秋期 建築・名市大ゼミ
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[前期対策をベースとした実技基礎]~全くの初心からのスタート~
●デッサン基礎課題
●静物デッサン導入
●各種レクチャー

夏期講習

【2学期】[後期対策をベースとした全般対策]
●想定デッサン課題
●デザイン表現課題
●三者面談
●過去問対策

冬期講習

【3学期】[演習型対策]
●個人面談
●大学別専用課題

直前講習

閉じる

名市大(芸術工学)の生徒作品

生徒作品一覧

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

●レギュラー講師
井村 正和 東京芸大建築卒/後藤 宏輔 東京芸大建築在籍/下里 杏奈 東京芸大建築在籍/永田 康祐 東京芸大建築在籍/渡辺 一生 東大大学院修
●チューター
齊藤 大二 名古屋造形大洋画卒
(2016年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00