名古屋校美術総合・京都市芸大

『美術』への道しるべ。

美術を志そうとする人は、まず美術の幅をいろいろと体験することです。
その中で、さまざまなものの観方や感じ方、捉え方や考え方、興味や探究心が生まれ、そこから、自分が志す描き手やつくり手などの「美術の道」が見え始めるのです。
当専攻では、美術の共通基礎を学ぶと共に、絵画・彫刻・工芸・デザイン・映像など、すべての分野が同居する中で、一人ひとりが可能性を探り、自分の道に向かいます。

  • 総合コース 本科[高卒生]・専科[高3生・高卒生]
  • 京都市芸大コース 本科[高卒生]・専科[高3生・高卒生]・高2日曜専科[高2生]

設置クラス

総合 本科 高卒生 [月~水]9:30~16:30 [日]9:30~18:00
総合 専科 高3生・高卒生 [月~水]17:30~20:30 [日]9:30~18:00
総合 平日専科 高3生・高卒生 [月~水]17:30~20:30
総合 日曜専科 高3生・高卒生 [日]9:30~18:00

総合コース

  • 総合コース
  • 総合コース

これから美術を初歩から始めようとしている人、自分はどの分野に向いているか分からず迷っている人、あるいはやりたいことが複数だったり、美術全般を勉強したい人など幅広く対応していくコースです。志望分野や志望大学、年齢、実技経験の有無は問いません。まずは美術の体験と基礎学習を中心に、一人ひとりの個性や資質に合った目標づくりと受験対策を進めていきます。
授業では、美術を知ることを基盤として、各種講義とデッサン、着彩、色彩表現、立体造形などの実技を行っていきます。2学期以降は、それぞれの志望に合わせた授業内容を個別に設定し、総合型選抜、学校推薦型選抜、一般選抜に向かって対策を進めていきます。

共通課題

授業Close Up
美術体験 〈人体クロッキー・粘土塑造〉

美術体験 〈人体クロッキー・粘土塑造〉

毎年恒例の「人体」をテーマにした一連の課題です。
裸婦クロッキーを何枚も描いた後、その時の印象をもとに形をデフォルメし、水粘土で立体塑造を行います。粘土という素材でつくれる美しいフォルムや塊材としての扱い方も同時に学びます。

授業Close Up
美術体験 〈アッサンブラージュ〉

美術体験 〈アッサンブラージュ〉

アッサンブラージュは、20世紀前半に平面のコラージュから発展した造形技法です。既製品や廃品などの立体物を寄せ集め、積み上げる・貼り付ける・結びつけるなどの方法により制作します。この授業では、素材探しや制作意図にこだわることで、プロ的なアートが楽しめます。

自由制作
(塾生作品展出品作品)

塾生作品展出品作品

2学期始めの2週間が制作期間です。
生徒一人ひとりが趣向を凝らし、自分の表現を模索し、作品と向き合います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

京都市芸大 本科 高卒生 [月~水]9:30~16:30 [日]9:30~18:00
京都市芸大 専科 高3生・高卒生 [月~水]17:30~20:30 [日]9:30~18:00
京都市芸大 平日専科 高3生・高卒生 [月~水]17:30~20:30
京都市芸大 日曜専科 高3生・高卒生 [日]9:30~18:00
京都市芸大 高2日曜専科 高2生 [日]9:30~18:00

京都市芸大コース

  • 京都市芸大コース
  • 京都市芸大コース

京都市立芸術大学のすべての専攻を主にして京都の私立大学や他の併願大学も含めて入試対策を進めていくコースです。
京都市立芸術大学は、美術学校として日本最古の長い歴史の中で豊富な経験と優れた実績を有しています。現在の美術学部は美術科(日本画、油画、彫刻、版画、構想設計)、デザイン科(ビジュアル・デザイン、環境デザイン、プロダクト・デザイン)、工芸科(陶磁器、漆工、染織)、総合芸術学科(総合芸術学)の4学科(12専攻)から成り立っていますが、専攻の選択は入学後2回生以降に行います。
入試での実技課題は全科共通で「描写」「色彩」「立体」の3つです。入試の基盤となるのは「物をよく観て描く」「自由に色を使う」「自由に形をつくる」という最も基本的なものです。
授業では観察することを中心に、美術の知識や実技に関する各種講義、基本演習、表現体験などを通して基礎実技力と表現感覚を育て、入試に必要な実技力と対応力を幅広く養成していきます。

共通課題

授業Close Up
美術体験 〈人体クロッキー・粘土塑造〉

美術体験 〈人体クロッキー・粘土塑造〉

毎年恒例の「人体」をテーマにした一連の課題です。
裸婦クロッキーを何枚も描いた後、その時の印象をもとに形をデフォルメし、水粘土で立体塑造を行います。粘土という素材でつくれる美しいフォルムや塊材としての扱い方も同時に学びます。

授業Close Up
美術体験 〈アッサンブラージュ〉

美術体験 〈アッサンブラージュ〉

アッサンブラージュは、20世紀前半に平面のコラージュから発展した造形技法です。既製品や廃品などの立体物を寄せ集め、積み上げる・貼り付ける・結びつけるなどの方法により制作します。この授業では、素材探しや制作意図にこだわることで、プロ的なアートが楽しめます。

自由制作
(塾生作品展出品作品)

塾生作品展出品作品

2学期始めの2週間が制作期間です。
生徒一人ひとりが趣向を凝らし、自分の表現を模索し、作品と向き合います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

美術総合・京都市芸大の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

鈴木 真織子さん

鈴木 真織子さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

工芸高校出身

美術総合クラスは先生方との距離が近く、個人をしっかりと見てくれたので、自分の得意と苦手を見極めることができました。1回1回、できるだけ楽しみながら制作を積み重ねていけば必ず上達します。このクラスで学べて本当によかったです!

水上 春華さん

水上 春華さん

京都精華大学
ライフクリエイションコース

N高校出身

未経験で河合塾に入りました。初歩的なことから教えていただきました。最初は未経験だから描けなくてもしょうがないと思いながら与えられた課題をこたえていくのに必死でした。経験者との明らかな差もとても辛かったです。でも経験者との差は工夫と努力で埋めることしかないと思い、未経験という言葉に甘えず、だからこそ誰よりも死ぬほど努力しようと決めました。未経験でもこの気持ちと気合いがあればきっと受かると思います。

関 麻観子さん

関 麻観子さん

京都市立芸術大学
美術科

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科

皇學館高校出身

確実な実力が身につき、去年の自分には想像できないくらい自信をもてました。試験日は怖いけど、それ以上に河合塾での日々が背中を押してくれます。日々の講評内容、自分の作品、クラスメイトの作品を見返す反復が大切です。モチーフの豊富さ、先生方の講評、参考作品のすべてが確実な実力につながります。自信をつけに河合塾に来てください!!

可兒 優彩さん

可兒 優彩さん

現役合格

京都市立芸術大学
工芸科

大垣北高校出身

私は普通科高校で実技の経験がまったく無い中で河合塾美術研究所だけで実技の対策をしていました。日曜専科だったので学校での学科の勉強とも両立できました。先生たちは細かくアドバイスをくれて、今まで言われたことを頭にとめながら描いていると少しずつ自分の実力が上がっていることが実感できました。河合塾で良かったです。

OB・OGからのメッセージ

服部 芙月さん ファブリックデザイナー

京都市立芸術大学 染織専攻卒業
2013年度 基礎高1・2年専科/2014年度 京都芸大専科
昭和高校出身

服部 芙月さん

服部 芙月さん

私は着物をつくりたいという夢があり、染織が学べる京都市立芸術大学に進学しました。
工芸科というと、伝統的な技法を学ぶ、堅いイメージを持っていましたが、実際入ってみると、伝統的な技法でも、表現次第で自由な作品づくりができる専攻でした。
その魅力に取りつかれ、入ってからは染めたり、織ったり、編んだり、いろんな方法で作品をつくりました。気づけば、最初の自分の夢とは違う、布をつくることに興味を持つようになりました。今思えば、1つのことに一心不乱になることも大事でしたが、いろいろなことに興味を持ち、大学でしかできない経験をすることも大事だと思います。
大学で学んだことがきっかけで、今では会社で、もっと専門的なことをしています。主に布の柄をデザインし、機械を使ってつくっています。大学は自分の将来につながるきっかけをつくるためのたくさんの経験ができ、さまざまな人に出会える、とても素晴らしい環境でした。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

多方面の分野から集結したプロの美術家たちです。
確かな実績を元に皆さんの夢を全力でサポートします。

●レギュラー講師
井手窪 真季 京都市芸大美術卒/河合 歩美 愛知芸大デザイン在籍/鈴木 真織子 愛知芸大デザイン在籍/竹森 千晴 愛知芸大大学院彫刻修/藤野 直也 愛知芸大大学院日本画修
●招待講師
浅野 未華 京都市芸大デザイン在籍
●チューター
石川 あやの 愛知芸大大学院日本画修/佐久間 七海 愛知芸大彫刻在籍
(2020年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)