名古屋校美術総合・京都芸大

『美術』への道しるべ。

美術を志そうとする人は、まず美術の幅をいろいろと体験することです。
その中で、さまざまなものの観方や感じ方、捉え方や考え方、興味や探究心が生まれ、そこから、自分が志す描き手やつくり手などの「美術の道」が見え始めるのです。
当専攻では、美術の共通基礎を学ぶと共に、絵画・彫刻・工芸・デザイン・映像など、すべての分野が同居する中で、一人ひとりが可能性を探り、自分の道に向かいます。

  • 総合コース 本科[高卒生]・専科[高3生・高卒生]
  • 京都芸大コース 本科[高卒生]・専科[高3生・高卒生]

設置クラス

総合 本科 高卒生 [月~水](9:30~16:30) [日](9:30~18:00)
総合 専科 高3生・高卒生 [月~水](17:30~20:30) [日](9:30~18:00)
総合 平日専科 高3生・高卒生 [月~水](17:30~20:30)
総合 日曜専科 高3生・高卒生 [日](9:30~18:00)

総合コース

  • 総合コース
  • 総合コース

これから美術を初歩から始めようとしている人、今は何に向いているか分からず迷っている人、あるいは、やりたいことが複数だったり、美術全般を勉強したい人など幅広く対応していくコースです。志望分野や志望大学、年齢、実技経験の有無は問いません。まずは美術の体験と基礎学習を中心に、一人ひとりの個性や資質に合った目標づくりと受験対策を進めていきます。対象となる美術分野は、日本画、洋画、版画、彫刻、アニメーション、マンガ、デザイン、工芸、ファッション、建築、舞台美術、先端美術、子供美術、医療美術、修復美術などで、自己推薦入試や社会人入試、帰国子女入試などの特殊な入試対策も行います。授業内容としては、美術を知ることを基盤として、各種講義とデッサン、着彩、色彩表現、立体造形などの実技を行っていきます。進路決定のための分野・大学紹介や、他専攻での体験授業も実施します。2学期以降は、それぞれの志望に合わせた授業内容を個別に設定し、推薦入試、一般入試に向かって対策を進めていきます。

共通課題

授業Close UP①
立体造形〈漆工芸〉

立体造形〈漆工芸〉

プロの漆工芸家の指導による立体工芸実習です。
石粉粘土で自由に形態をつくり、その表面を人工漆塗料のカシューで何層にも塗装しながら、卵殻などの加飾を施したり、ヤスリをかけたり、磨いたり、伝統工芸の地道な工程を味わいつつ仕上げました。

授業Close UP②
野外制作〈海辺での空間造形〉

野外制作〈海辺での空間造形〉

浜辺で拾い集めた物や砂を使ったインスタレーション体験です。
毎年11月の祝日に行う恒例授業で、新舞子海岸に行き、海を背景とした広い空間の中で、それぞれがその場で感じたこと、表現したいことを大切にしながら、3~4人のグループで制作しました。

自由制作
(塾生作品展出品作品)

自由制作

2学期始めの2週間を使って制作しました。
テーマや内容、素材はすべて自由です。
本科生と専科・平日専科生は全員参加、日曜専科生は任意参加で、一人ひとりが趣向を凝らし、自分の可能性とプロへの第一歩に挑戦します。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
京都芸大公開実技模試
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[基礎と体験学習]~全コース共通基礎課題~
●写生(植物・動物・風景)
●デッサン基礎
●図学
●色彩学
●色彩構成基礎
●立体造形基礎
●表現演習
●絵画・構図研究
●フォルム研究
●素材・技法研究
●創作体験

夏期講習

【2学期】[表現研究と入試対応]~共通実技と志望大学個別対策~
●自由制作(塾生作品展)
●造形・表現研究
●人体クロッキー
●発想演習
●構成研究
●野外制作
●デッサン力強化
●志望別実技力強化
●対応力強化
●推薦入試対策

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

京都芸大 本科 高卒生 [月~水](9:30~16:30) [日](9:30~18:00)
京都芸大 専科 高3生・高卒生 [月~水](17:30~20:30) [日](9:30~18:00)
京都芸大 平日専科 高3生・高卒生 [月~水](17:30~20:30)
京都芸大 日曜専科 高3生・高卒生 [日](9:30~18:00)

京都芸大コース

  • 京都芸大コース
  • 京都芸大コース

京都市立芸術大学のすべての専攻を主にして京都の私立大学や他の併願大学も含めて入試対策を進めていくコースです。
京都市立芸術大学は、美術学校として日本最古の長い歴史の中で豊富な経験と優れた実績を有しています。現在の美術学部は美術科(日本画、油画、彫刻、版画、構想設計)、デザイン科(ビジュアル・デザイン、環境デザイン、プロダクト・デザイン)、工芸科(陶磁器、漆工、染織)、総合芸術学科(総合芸術学)の4学科(12専攻)から成り立っていますが、専攻の選択は入学後2回生後期以降に行います。
入試での実技課題は全科共通で「描写」「色彩」「立体」の3つです。入試の基盤となるのは「物をよく観て描く」「自由に色を使う」「自由に形をつくる」という最も基本的なものです。
授業では観察することを中心に、美術の知識や実技に関する各種講義、基本演習、表現体験などを通して基礎実技力と表現感覚を育て、入試に必要な実技力と対応力を幅広く養成していきます。

共通課題

授業Close UP①
立体造形〈漆工芸〉

立体造形〈漆工芸〉

プロの漆工芸家の指導による立体工芸実習です。
石粉粘土で自由に形態をつくり、その表面を人工漆塗料のカシューで何層にも塗装しながら、卵殻などの加飾を施したり、ヤスリをかけたり、磨いたり、伝統工芸の地道な工程を味わいつつ仕上げました。

授業Close UP②
野外制作〈海辺での空間造形〉

野外制作〈海辺での空間造形〉

浜辺で拾い集めた物や砂を使ったインスタレーション体験です。
毎年11月の祝日に行う恒例授業で、新舞子海岸に行き、海を背景とした広い空間の中で、それぞれがその場で感じたこと、表現したいことを大切にしながら、3~4人のグループで制作しました。

自由制作
(塾生作品展出品作品)

自由制作

2学期始めの2週間を使って制作しました。
テーマや内容、素材はすべて自由です。
本科生と専科・平日専科生は全員参加、日曜専科生は任意参加で、一人ひとりが趣向を凝らし、自分の可能性とプロへの第一歩に挑戦します。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
京都芸大公開実技模試
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[基礎と体験学習]~全コース共通基礎課題~
●写生(植物・動物・風景)
●デッサン基礎
●図学
●色彩学
●色彩構成基礎
●立体造形基礎
●表現演習
●絵画・構図研究
●フォルム研究
●素材・技法研究
●創作体験

夏期講習

【2学期】[表現研究と入試対応]~共通実技と京都芸大対策強化~
●自由制作(塾生作品展)
●造形・表現研究
●人体クロッキー
●発想演習
●構成研究
●野外制作
●描写力強化
●色彩表現力強化
●立体造形力強化
●対応力強化
●併願大学入試対策

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

美術総合・京都芸大の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

間宮 冴彦さん

間宮 冴彦さん

金沢美術工芸大学
工芸科

愛知県立芸術大学
陶磁専攻

京都造形芸術大学
総合造形コース

大成高校出身

周りに美術をめざす人がまったくいなくて、「将来どうしよう…自分は何がやりたいんだろうか…」などいろいろな不安がありましたが生徒個人にきちんと向き合って教えてくださる先生方や、同じ場所をめざす仲間がいてくれたおかげで大きな自信が持てました。大学受験は人生の大きな分岐点だと思います。熱心な先生方や仲間とともに頑張ってください。

諸戸 里帆さん

諸戸 里帆さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

四日市南高校出身

初めは教育美術を志望していましたが、先生の言葉もあり、後悔するなら挑戦して後悔したいと思い、美大を第一志望に設定しました。焦って変に力が入り、自分の納得する作品がつくれなくて、講評後は毎回悔しい気持ちでいっぱいでした。失敗してばかりだった私を必死に引っ張り上げてくれた先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。

武井 亜衣さん

武井 亜衣さん

京都市立芸術大学
工芸科

多摩美術大学
テキスタイルデザイン専攻

恵那高校出身

合格発表で自分の受験番号を見つけたとき、嬉しさと達成感でいっぱいで、やりたいことができる期待を膨らませていました。受験時代自主的にやっていたことは、出来が悪かった課題を納得いくまでやり直すことです。先生のアドバイスと自分の得意とする方向性をうまくマッチさせることに苦労しました。試験はそのバランスが取れればきっとうまくいくと思います。

土屋 さおりさん

土屋 さおりさん

現役合格

京都市立芸術大学
デザイン科

多摩美術大学
プロダクトデザイン専攻

桜台高校出身

京都芸大専攻は、先生や本科・専科問わず仲が良いです。なかでも専科生の存在は私にとってとても大きなものでした。好きなものも画風もバラバラな専科生と自分の作品を比較し、意見され、ゆっくり考える。専科生と笑い合い切磋琢磨した日々は、受験はもちろん今後の作家生活のためにもかけがえのない時間であったと感じています。

OB・OGからのメッセージ

小野部 遥さん パッケージデザイナー

京都市立芸術大学 デザイン科ビジュアル・デザイン専攻卒業
2009年度 基礎高1・2年専科/2010年度 京都芸大専科
菊里高校出身

小野部 遥さん

小野部 遥さん

京都芸大を卒業してから、パッケージのデザインなどをする仕事に就きました。パソコンでデザインを組んだり、アナログで絵を描いたりと、今まで学んできたことを生かせる仕事です。
絵やデザインをするうえで基礎となったのが、河合塾での経験です。塾に通うまでは本格的に絵を学んだことがなかったので、学ぶことのすべてが新鮮で、物の見え方が変わっていくような感じがしました。また、同世代の絵がうまい人の中で描くことで自分に足りないところがわかったり、たくさんの刺激をもらいました。河合塾で知り合った人が頑張っているのを見ると、自分もやる気が湧きました。
受験の頃必死でやった学校の勉強はすっかり忘れてしまいましたが、河合塾での日々は、今後ずっと役に立つ一生の財産だと思っています。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

多方面の分野から集結したプロの美術家たちです。
確かな実績を元に皆さんの夢を全力でサポートします。

●レギュラー講師
楚里 清 愛知芸大大学院日本画修/錦見 美季 京都芸大工芸卒/藤野 直也 愛知芸大大学院日本画修/三輪 真一 武蔵野美短大工芸工業デザイン卒
●招待講師
井手窪 真季 京都芸大美術在籍
●チューター
川崎 真実 名古屋芸大洋画卒/竹森 千治 愛知芸大大学院彫刻修
(2016年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00