名古屋校彫刻

表現を楽しみ感度を磨く

彫刻とは素材に直接手を触れ、自分のイメージや考えを存在させる芸術です。観察を通して美しさを知り、実感することで見えない内側にも大切な意味を学びます。ここでは一人ひとりの可能性を広げながら大学進学と先につながる制作活動を見据え、表現を楽しみ、ともに感度を磨いていきます。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 高2専科[高2生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

彫刻本科では高卒生を対象に、一人ひとりの創造者としての感性や姿勢をはぐくみながら、芸大・美大合格をめざしてデッサンと塑造を軸に学んでいきます。豊富な入試情報とモチーフを用いた幅広いカリキュラムで、立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで対応します。

  • 1学期は、さまざまなモチーフや素材を使いデッサンや立体制作を通じて表現するうえで必要な観察力を身につけていきます。また発想・思考する力も各課題を通じて磨き、彫刻への理解と制作意欲の向上に力を注ぎます。
  • 2学期は、これまでの成果を再確認しながら、入試に即した課題・模試などを通じてテーマをより明確にし、個々の観察力と表現力の幅を広げ、深めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、入試に向けての時間対応と観察の精度の向上を追及しながら、判断力と表現力のグレードを上げていきます。志望校合格ラインを見据え、個々の持ち味を最大限に生かした対策を行います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

専科

  • 専科
  • 専科

彫刻専科では主に高3生を対象に、観察することを基本にしてデッサン力、塑造力の向上、制作を通じて彫刻への理解と表現する楽しさを大切にしたカリキュラムが展開していきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

高2専科

  • 高2専科
  • 高2専科

彫刻高2専科では本格的に彫刻を学びたい高2生を対象に、観察することを基本にしてデッサン力、塑造力の向上、制作を通じて彫刻への理解と表現する楽しさを大切にしたカリキュラムが展開していきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

彫刻日曜専科は、遠方のため平日の通塾が困難な高3生を対象に、専科に準じた内容を効率よく学んでいきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

彫刻高2日曜専科は、遠方のため平日の通塾が困難な高2生を対象に、専科に準じた内容を効率よく学んでいきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

彫刻の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

内藤 みなもさん

内藤 みなもさん

現役合格

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

旭丘高校出身

自分のやり方を大切にして、一回一回の制作を全力で真剣に取り組むことが大事だと思います。制作をしていると、先生や家族など多くの人にさまざまなことを言われ、何がいいのかわからなくなったりしますが、自分で考えて自分で決めて自分の制作をすることを大切にしてください。大変なこともたくさんあると思いますが、頑張ってください!

佐藤 富雨優さん

佐藤 富雨優さん

現役合格

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

東邦高校出身

僕はデッサンがあまり得意ではなく、形が大きく狂っているということもしばしばあったので、いくら気をつけたところで形が正確にとれないのなら、形の正確さ以外のところで勝負するしかないと思い、自分が今もっている武器を最大限使おうという考え方で試験に臨むことができました。そのように考えられたのは、河合塾の先生方の指導があったからだと思っています。ありがとうございました。

北村 あかりさん

北村 あかりさん

現役合格

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

旭丘高校出身

私は河合塾に高校3年生の秋から通い始めたのですが、それまで画塾に通ったことがなかったので、いろいろと不安もありました。しかし、思っていたより皆フレンドリーで、先生も個人の作品性も尊重してくれるので良い環境で制作を続けることができました。自分のできていない所、特にデッサン力と作品を順序立てて構成する造形力をつけることは1人ではできなかったと思います。

成田 帆花さん

成田 帆花さん

現役合格

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

金沢美術工芸大学
彫刻専攻

武蔵野美術大学
彫刻学科

多摩美術大学
彫刻学科

旭丘高校出身

試験期間中は、なんとかしてへばりついてねばって完成させることに必死でした。この考えに河合塾でたどり着きました。自己反省が苦手でちゃらんぽらんな自分をひっぱってくれた先生や友達へありがとうございました。また、試験によってできる中休みの気分転換は大切です。ぜひ上手に時間を使ってください。

OB・OGからのメッセージ

花房 さくらさん 彫刻家

愛知県立芸術大学 大学院美術研究科博士前期課程彫刻領域修了
愛知県立芸術大学 彫刻専攻卒業
2008-2009年度 彫刻本科
八戸高校出身

花房 さくらさん

花房 さくらさん

河合塾に飛び込んだのは社会人5年目を迎えようとしているときでした。
突然「美術系の大学に行こう!」と決意し、仕事を辞めて大学進学のために舵を切ったのです。高校も普通科だった私にとって、まさにゼロからのスタートでした。
幼い頃から立体物、特にクレイアニメが好きで、いつか自分の手でワクワクするものをつくれるようになりたいと漠然と考えていました。その「いつか」は自分が行動しなければ、いつまで経っても「いつか」のままです。ある日ようやくそのことに気がついて動き出しました。
周囲と比べるとだいぶん遅いスタートです。へたなのもできないのも全部受け入れる覚悟で臨もうと心に決めていましたが、本科の皆はデッサンも粘土も段違いにうまくて心折れそうな毎日でした。それでも2年間を河合塾で学び、やっとのことで目標だった美術系の大学に進学することができました。
つくること自体は好きでしたが、大学在学中もこれから自分がどこに向かうのか、芸術ってなに?アートとは?など悩みに悩みまくりました。最終的に、はっきりした答えは見いだせなくても「自分の好きなものを好きなようにつくろう」と気楽に考えるようになりました。
そして、現在は彫刻家として活動しています。
実のところ美術の世界に入ったばかりの頃は、自分が彫刻家になる未来をまったく予想していませんでした。好きなことを追求するうちに今の生活にたどり着いたような感じです。しかし作家になってからも自分との戦いはずっと続いていきます。いま使える武器の大半は河合塾で身につけたものであり、その中でも彫刻科の先生に掛けられた言葉は大きなウェイトを占めています。当時は意味がわからなかったけれど、作家になった今こそ心に沁みるようになってきました。
つくることが好きな人なら、まずは一歩踏み出してみるのもいいかもしれません。手を動かし続ければ、どこかに道がつながっていくと思っています。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

若手からベテランまで、厳しさあり、優しさあり、笑いありの経験豊富なスタッフです。さまざまな課題を通じて、丁寧な指導を行い、志望大学合格までサポートします。

●レギュラー講師
粟野 禎之 東京芸大彫刻卒/今村 三木男 東京芸大大学院彫刻修/岡田 晃典 東京芸大大学院彫刻修
●招待講師
羽田野 皓紳 東京芸大大学院彫刻在籍
●チューター
示崎 麻紀 愛知芸大彫刻在籍
(2020年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)