名古屋校彫刻

観る力・感じる力・造る力。

彫刻の魅力の一つは、私達の生きている空間に実在していることです。
自分の思考やイメージから、感覚と身体を使ってそのものを実在させてみたい、そんな欲求の証が作品だと思います。
ここでは、一人ひとりの実感を大切にしながら可能性を広げ、未来につながる表現の始まりとして、大学進学とその先に続く制作の基礎となる、観る力・感じる力・造る力をはぐくんでいきます。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 高2専科[高2生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

彫刻本科では高卒生を対象に、一人ひとりの創造者としての感性や姿勢をはぐくみながら、芸大・美大合格をめざしてデッサンと塑造を軸に学んでいきます。豊富な入試情報とモチーフを用いた幅広いカリキュラムで、立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで対応します。

  • 1学期は、さまざまなモチーフや素材を使いデッサンや立体制作を通じて表現するうえで必要な観察力を身につけていきます。また発想・思考する力も各課題を通じて磨き、彫刻への理解と制作意欲の向上に力を注ぎます。
  • 2学期は、これまでの成果を再確認しながら、入試に即した課題・模試などを通じてテーマをより明確にし、個々の観察力と表現力の幅を広げ、深めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、入試に向けての時間対応と観察の精度の向上を追及しながら、判断力と表現力のグレードを上げていきます。志望校合格ラインを見据え、個々の持ち味を最大限に生かした対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●石膏デッサン
●石膏模刻
●グラデーション
●静物デッサン
●静物塑造
●自画像
●人体デッサン
●相モデル塑造
●工芸科合同授業
●石膏取り
●立体造形
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~自己判断からの実践で表現力を磨く~
●自由制作
●塑像クロッキー
●石膏模刻
●石膏デッサン
●デザイン科合同授業
●構成塑造
●立体造形
●自刻像
●人体デッサン
●動物塑造
●工芸科合同授業
●コンクール

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

専科

  • 専科
  • 専科

彫刻専科では主に高3生を対象に、観察することを基本にしてデッサン力、塑造力の向上、制作を通じて彫刻への理解と表現する楽しさを大切にしたカリキュラムが展開していきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~自然観察と制作する姿勢を身につける~
●静物デッサン
●静物塑造
●石膏デッサン
●自画像
●石膏模刻
●構成塑造
●動物塑造
●手塑造
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●自由制作
●石膏印象取り ※高3生のみ
●石膏デッサン
●構成塑造
●動物塑造
●立体造形
●コンクール

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

高2専科

  • 高2専科
  • 高2専科

彫刻高2専科では主に本格的に彫刻を学びたい高2生を対象に、観察することを基本にしてデッサン力、塑造力の向上、制作を通じて彫刻への理解と表現する楽しさを大切にしたカリキュラムが展開していきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
全体保護者会
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
愛知芸大公開実技模試
3

【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~自然観察と制作する姿勢を身につける~
●静物デッサン
●静物塑造
●石膏デッサン
●自画像
●石膏模刻
●構成塑造
●動物塑造
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●自由制作
●石膏デッサン
●構成塑造
●立体造形
●コンクール

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

彫刻日曜専科は、遠方のため平日の通塾が困難な高3生を対象に、専科に準じた内容を効率よく学んでいきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~自然観察と制作する姿勢を身につける~
●静物デッサン
●静物塑造
●石膏デッサン
●自画像
●石膏模刻
●構成塑造
●動物塑造
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●自由制作
●石膏印象取り ※高3生のみ
●石膏デッサン
●構成塑造
●立体造形
●コンクール

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習(高2日曜専科は除きます)

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

彫刻高2日曜専科は、遠方のため平日の通塾が困難な高2生を対象に、専科に準じた内容を効率よく学んでいきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
全体保護者会
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
愛知芸大公開実技模試
3

【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~自然観察と制作する姿勢を身につける~
●静物デッサン
●静物塑造
●石膏デッサン
●自画像
●石膏模刻
●構成塑造
●動物塑造
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●自由制作
●石膏デッサン
●構成塑造
●立体造形
●コンクール

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。

閉じる

彫刻の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

大塚 里音 さん

大塚 里音 さん

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

金沢美術工芸大学
彫刻専攻

多摩美術大学
彫刻学科

桑名高校出身

私はそんなに器用ではありません。しかし愚直に突き進んで1日1日手にしたものを大事にすれば、必ず成果があると実感しました。私も先生も仲間たちと同じくらい燃えているので、毎日必死になれました。受験した大学は全部全力で受けたので、これから進学する大学での生活が楽しみです。

林 樹音 さん

林 樹音 さん

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

岡崎城西高校出身

入試に向けて熱意を持って指導してくれるだけでなく、これからどう考えて進んでいくのか、何を大事にしていくと良いのかも学べたと思います。一緒に制作する仲間もおもしろい人ばかりで楽しくとても充実した時間を過ごすことができました。

齋藤 里奈 さん

齋藤 里奈 さん

現役合格

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

東邦高校出身

デッサンや塑造を本格的に学ぶという目的だけで河合塾に入塾しましたが、一人で成長するのではなく、同じ専攻の人と切磋琢磨しながら成長できる場所だと思います。先生方の丁寧な指導もあり、1年間で自分に自信がつきました。最後まで諦めないことが大切だと学ぶことができました。

内藤 光穂 さん

内藤 光穂 さん

現役合格

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

旭丘高校出身

美術はやっぱり楽しむことが大切だと思います。その点で言えば河合塾の彫刻科はなかなかにすばらしいところだと思われます。みなで高め合うことでよりよい制作ができることでしょう。でも結局は自分です。美術がやりたい、やるのが好きという気持ちです。でもきっと河合塾なら、その気持ちに気づかせてくれるはずです。本当の努力というのは、なんだかんだ楽しいものです。

OB・OGからのメッセージ

長田 沙央梨さん 愛知県立芸術大学 彫刻専攻 教育研究指導員

愛知県立芸術大学 彫刻専攻卒業 / 東京芸術大学 大学院修了
2008年度 彫刻日曜専科 / 2009年度 彫刻本科
豊田西高校出身

長田 沙央梨さん

長田 沙央梨さん

私は幼い頃から図工や美術が好きでしたが、「将来は美術を職業にする」という考えはなかなか浮かばず、普通科の高校に進学をしました。しかし、いよいよ高校3年生の受験期、進路を決めなければならないというときになり、数学の授業を受けていた私は、皆で同じ解答を必死に導き出しているその光景に、突然大きな疑問を抱いてしまったのです。
美術大学を受験したいと思ったときにはすでに高校3年生の10月、もう美大受験は手遅れだろうと諦め、デザイン専門学校に入学しました。しかしやはり大学進学への希望は捨てきれず、まわり道をしながらもようやくたどり着いたのは、幼い頃から好きだった美術の世界、その入り口となった河合塾彫刻科でした。
作品制作には体力、忍耐力、持久力などの基礎力が必要です。併せて、彫刻のような制作には互いに助け合い協力し合う協調性も大切になります。それらすべてをしっかり学び、土台をつくることができたのは、河合塾彫刻科で過ごした先生方や他生徒との密な時間のお陰だと、いつも感じています。
また本科に通っていた当初、いつも楽しみにしていたことがありました。先生が指導の合間に生徒を集め、たくさんの美術書を紹介してくれるんです。「世の中にはこんな作家がいるんだよ、こんなユニークな作品があるんだよ。皆の作品にはそれぞれの個性や魅力があるんだよ。」と。
もちろん受験までの道のりの中で、たくさんの指導を受け、ときには作品に点数や順位が付けられ、悔しく辛い思いをすることがあります。そして大学卒業後も、作品をつくり続ければ他人から評価や優劣を勝手に付けられることもあります。けれど美術を学ぶ皆さんに1番大切にしてもらいたいことは、「美術には解答はないからおもしろい」ということです。
受験合格という1つの目的のために、今は皆同じ目標に向かっているけれども、その先には飽きることのない魅力的な世界と、魅力的なたくさんの出会いが待っているのだということを、この誰もが乗り越えなければならない受験期に、先生方の励ましや応援のお陰で気づくことができたからこそ、今も私はこうして楽しく美術を続けているのだと思います。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

若手からベテランまで、厳しさあり、優しさあり、笑いありの経験豊富なスタッフです。さまざまな課題を通じて、丁寧な指導を行い、志望大学合格までサポートします。

●レギュラー講師
粟野 禎之 東京芸大彫刻卒/今村 三木男 東京芸大大学院彫刻修/岡田 晃典 東京芸大大学院彫刻修
●招待講師
成田 麻美子 東京芸大大学院彫刻在籍/溝口 さつき 東京芸大彫刻在籍
●チューター
和田 佳大 愛知芸大彫刻在籍
(2018年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)