名古屋校彫刻

観る力・感じる力・造る力。

彫刻の魅力の一つは、私達の生きている空間に実在していることです。
自分の思考やイメージから、感覚と身体を使ってそのものを実在させてみたい、そんな欲求の証が作品だと思います。
ここでは、一人ひとりの実感を大切にしながら可能性を広げ、未来につながる表現の始まりとして、大学進学とその先に続く制作の基礎となる、観る力・感じる力・造る力をはぐくんでいきます。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通学)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

彫刻本科では高卒生を対象に、一人ひとりの創造者としての感性や姿勢をはぐくみながら、芸大・美大合格をめざしてデッサンと塑造を軸に学んでいきます。豊富な入試情報とモチーフを用いた幅広いカリキュラムで、立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで対応します。

  • 1学期は、さまざまなモチーフや素材を使いデッサンや立体制作を通じて表現するうえで必要な観察力を身につけていきます。また発想・思考する力も各課題を通じて磨き、彫刻への理解と制作意欲の向上に力を注ぎます。
  • 2学期は、これまでの成果を再確認しながら、入試に即した課題・模試などを通じてテーマをより明確にし、個々の観察力と表現力の幅を広げ、深めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、入試に向けての時間対応と観察の精度の向上を追及しながら、判断力と表現力のグレードを上げていきます。志望校合格ラインを見据え、個々の持ち味を最大限に生かした対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●クロッキー
●素描
●相モデル塑造
●石膏デッサン
●石膏像模刻
●構成塑造
●石膏直付け
●美術館見学
●動物塑造
●工芸科合同授業
●石膏取り
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~自己判断からの実践で表現力を磨く~
●自由制作
●石膏デッサン
●素描
●石膏像模刻
●構成塑造
●立体造形
●工芸科合同授業
●首像クロッキー
●動物塑造
●コンクール

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

専科

  • 専科
  • 専科

彫刻専科では主に高3生を対象に、観察することを基本にしてデッサン力、塑造力の向上、制作を通じて彫刻への理解と表現する楽しさを大切にしたカリキュラムが展開していきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~自然観察と制作する姿勢を身につける~
●素描
●静物塑造
●石膏デッサン
●自画像
●石膏像模刻
●手塑造
●美術館見学
●動物塑造
●構成塑造
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●自由制作
●石膏印象取り
●石膏デッサン
●構成塑造
●石膏像模刻
●動物塑造
●コンクール
●立体造形

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

彫刻日曜専科は、遠方のため平日の通塾が困難な高3生を対象に、専科に準じた内容を効率よく学んでいきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~自然観察と制作する姿勢を身につける~
●素描
●静物塑造
●石膏デッサン
●自画像
●石膏像模刻
●手塑造
●美術館見学
●動物塑造
●構成塑造
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●自由制作
●石膏デッサン
●構成塑造
●石膏像模刻
●コンクール
●立体造形

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

彫刻高2日曜専科は、早期から本格的に彫刻を学びたい高2生を対象に、専科に準じた内容を効率よく学んでいきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
全体保護者会
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
愛知芸大公開実技模試
3

【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~自然観察と制作する姿勢を身につける~
●素描
●静物塑造
●石膏デッサン
●自画像
●石膏像模刻
●手塑造
●美術館見学
●動物塑造
●構成塑造
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●自由制作
●石膏デッサン
●構成塑造
●石膏像模刻
●コンクール
●立体造形

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

閉じる

彫刻の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

福岡 里采三さん

福岡 里采三さん

東京芸術大学
彫刻科

旭丘高校出身

あまり真面目な生徒ではなかった私は、作品を完成させることができず、罪悪感だけが増えていき気づけば試験本番。しかし最後に自分に本気で向き合い、自分なりに納得のいく作品をつくることができたのは、今までサボる私に何も言わず、信じて待っていてくれた先生や家族の支えあってこそだと思います。合格がゴールではないので、まだ戦っていきます。

佐久間 七海さん

佐久間 七海さん

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

金沢美術工芸大学
彫刻専攻

聖霊高校出身

河合塾美術研究所彫刻科の先生方は情熱的です。お節介なくらいたくさんのものを渡してくれます。だから、来ることをやめなければ、あきらめなければ少しずつでも変化があると思います。大切なのは、美しいとかきれいだとか一瞬のきらめきを無視しないことだと思います。当たり前の感情で心は動くものだともう少し早く実感できていたらなとも思います。

田部 楓子さん

田部 楓子さん

現役合格

多摩美術大学
彫刻学科

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

豊田南高校出身

高校2年生の秋から基礎科に入り、高校3年生の夏までは部活を続けていたので、周りより遅いスタートで焦っていました。でも、そんな焦りや不安も忘れられるくらい楽しく塾に通うことができました。それは、おもしろくて尊敬できる先生方と、一緒に笑い合える友達がいたからだと思います。専科生も本科生も先生も仲良く話せる彫刻科に入れてよかったです。

塩谷 優季さん

塩谷 優季さん

現役合格

金沢美術工芸大学
彫刻専攻

知立東高校出身

高校3年生の春に入塾し、みんなより遅いスタートで、デッサンも塑像もビリのほうでした。そんな私でも合格できたのは、自分の作品への向き合い方を先生方から学べたからだと思います。実際、心からわくわくしながら制作できた大学は受かりました。技術面はまだまだですが、そういう気持ちが見る人に伝わったのかなと思います。

OB・OGからのメッセージ

寄田 茜さん 造形作家/金沢美術工芸大学彫刻専攻実習助手

金沢美術工芸大学 大学院彫刻専攻修了
2006年度 基礎高1・2年専科 / 2007年度 彫刻専科
桜台高校出身

寄田 茜さん

寄田 茜さん

高校3年生の、夏期講習あたりだったと思います。同級のうまい子に追いつきたくて、技法にばかり執着していた私は、ある日、講師から待ったをかけられました。つくるものや、制作中の顔に表れていたのでしょう、いつの間にか受験の緊張にのまれ、表現の動機となるはずの自分の意思が薄れていたことに、はじめて気づきました。
分からないこと、未熟な部分を見られたくない人は多いと思います。また、自分の意思を自覚することも、なかなか難しいものです。止められたことをきっかけに、しぶしぶながら、「いっそのこと、多少変にみられても、思いついたことを出し切る努力をしてみても良いのかも…」と考え直してみることにしました。
それ以降、他人の目線の重圧や恥ずかしさが、少しずつ和らいでいったのを覚えています。
自分の足りない部分を認めながら意思を尊重する、というアプローチが少しずつできるようになったのは、考えの根っこまで掘り起こすようなやり取りを講師や仲間と繰り返し、気兼ねなく制作できた環境のおかげでした。
今も制作や企画運営をしていると、さまざまな条件がプレッシャーとなります。状況とすり合わせながら、自分の意思を保つのは難しいこともありますが、貫徹できれば納得できるものへと仕上がります。
みなさんは最近、どんな小さなことでも、何か発見したり、感動したりしましたか。
ものを見るときの発見や感動は、その人が持つ感性のアンテナによって変化します。そのため同じものを見ても出てくる意見はまるで違うし、誰かに自分が感じた魅力を伝えるときは、とても苦労します。ですが、ちょっとふんばって、たとえ受験であっても、ぜひ自分の意思を実現させてください。
そのアプローチをするための努力を、講師の皆さんはサポートしてくれるはずです。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

若手からベテランまで、厳しさあり、優しさあり、笑いありの経験豊富なスタッフです。さまざまな課題を通じて、丁寧な指導を行い、志望大学合格までサポートします。

●レギュラー講師
粟野 禎之 東京芸大彫刻卒/今村 三木男 東京芸大大学院彫刻修/岡田 晃典 東京芸大大学院彫刻修
●招待講師
成田 麻美子 東京芸大大学院彫刻在籍/溝口 さつき 東京芸大彫刻在籍
●チューター
和田 佳大 愛知芸大彫刻在籍
(2017年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)