名古屋校建築

組み立てる力、伝える力

建築という分野は、実に多くの職種がかかわる分野です。建築設計は、そんな中において、かかわる皆がめざすべきゴールを指し示す職能としてあります。
現在の問題だけでなく、将来の可能性までをも含めて社会に提示することができるのが、建築設計者なのです。建築専攻では、実技対策を通じて、そうしたひろい視野の礎を築いていくことを目標としています。

  • 芸大系 日曜専科[高3生・高卒生]・高2日曜専科[高2生]
  • 工学部系 土曜専科[高3生・高卒生]・高2土曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

芸大系

  • 芸大系
  • 芸大系

Q&A

Q1: 美大の建築は他とどう違う?

A1:最大の違いは、教育における設計課題と座学(授業)の配分の違いです。美大では、設計課題が常に学生生活の中核にあり、座学(授業)をそのかたわらで受けることになります。工学部では、座学が中心となって、限定的に設計課題を行うことになります。
美大は建築設計に特化した場であり、工学部はそれ以外も含めた建築を学ぶ場です。モノをつくりながら考えていくのが美大、モノを測りながら考えていくのが工学部といえるでしょう。

Q2:美大に進むうえでのメリットとデメリットは?

A2:メリットは、モノをつくる毎日の中で学生生活が送られることです。それはまた、就職時に設計分野に進むうえで、明らかに有利な状況を意味します。デメリットは、設計以外の分野に対する発展的な研究がしにくい点です。ただし、卒業時の取得資格については両者の違いはなく、4年間で設計以外の分野についても等しく学びます。

Q3:学科と実技、どちらが大事?

A3:「どちらも」です。とはいえ、美大の建築では学科試験がセンター試験のみの場合もあり、文系からの合格者もいる状況です。学科と実技の双方に対して、バランス良く対策をすることが重要です。

Q4:現役合格はできますか?

A4:できます。当専攻では例えば、過去5年間で東京芸術大学の建築科に10名の合格事例がありますが、そのうち5名は現役合格です。さらに、対策期間だけで言えば、1年間の対策での合格者は7名となります。また、東京芸術大学でも、1学年15名のうち半数程度が現役合格者です。

カリキュラム

一年間の予定 芸大系
1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
夏期 建築・名市大ゼミ
【1学期】[実技基礎]~初心からのスタート~
●デッサン基礎課題
●静物デッサン導入
●想定デッサン導入
●各種レクチャー
●建築写生
第2回全統マーク模試

夏期講習

2

保護者会(三者面談)
センター試験出願
秋期 建築・名市大ゼミ
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
【2学期】[専門対策開始]~大学別実技対策~
●建築事例見学
●三者面談
●推薦入試対策
●過去問対策

冬期講習

3

大学入試センター試験
修了会
【3学期】[演習型対策]
●個人面談
●大学別専用課題

直前講習(高2日曜専科は除きます)

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
夏期 建築・名市大ゼミ
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
センター試験出願
秋期 建築・名市大ゼミ
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】
【芸大系】[実技基礎]~初心からのスタート~
●デッサン基礎課題
●静物デッサン導入
●想定デッサン導入
●各種レクチャー
●建築写生

夏期講習

【2学期】
【芸大系】[専門対策開始]~大学別実技対策~
●建築事例見学
●三者面談
●推薦入試対策
●過去問対策

冬期講習

【3学期】
【芸大系】[演習型対策]
●個人面談
●大学別専用課題

直前講習(高2日曜専科は除きます)

閉じる

設置クラス

授業日 [土]13:30~18:00

工学部系

  • 工学部系
  • 工学部系

Q&A

Q1: 美大の建築は他とどう違う?

A1:最大の違いは、教育における設計課題と座学(授業)の配分の違いです。美大では、設計課題が常に学生生活の中核にあり、座学(授業)をそのかたわらで受けることになります。工学部では、座学が中心となって、限定的に設計課題を行うことになります。
美大は建築設計に特化した場であり、工学部はそれ以外も含めた建築を学ぶ場です。モノをつくりながら考えていくのが美大、モノを測りながら考えていくのが工学部といえるでしょう。

Q2:美大に進むうえでのメリットとデメリットは?

A2:メリットは、モノをつくる毎日の中で学生生活が送られることです。それはまた、就職時に設計分野に進むうえで、明らかに有利な状況を意味します。デメリットは、設計以外の分野に対する発展的な研究がしにくい点です。ただし、卒業時の取得資格については両者の違いはなく、4年間で設計以外の分野についても等しく学びます。

Q3:学科と実技、どちらが大事?

A3:「どちらも」です。とはいえ、美大の建築では学科試験がセンター試験のみの場合もあり、文系からの合格者もいる状況です。学科と実技の双方に対して、バランス良く対策をすることが重要です。

Q4:現役合格はできますか?

A4:できます。当専攻では例えば、過去5年間で東京芸術大学の建築科に10名の合格事例がありますが、そのうち5名は現役合格です。さらに、対策期間だけで言えば、1年間の対策での合格者は7名となります。また、東京芸術大学でも、1学年15名のうち半数程度が現役合格者です。

カリキュラム

一年間の予定 工学部系
1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
夏期 建築・名市大ゼミ
【1学期】[実技基礎]~初心からのスタート~
●デッサン基礎課題
●静物デッサン導入
●想定デッサン導入
●各種レクチャー
●建築写生
第2回全統マーク模試

夏期講習

2

保護者会(三者面談)
センター試験出願
秋期 建築・名市大ゼミ
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
【2学期】[大学別対策開始]~図形問題対策など~
●建築事例見学
●三者面談
●過去問対策
●小論文対策

冬期講習

3

大学入試センター試験
修了会
【3学期】[演習型対策]
●個人面談
●大学別専用課題

直前講習(高2土曜専科は除きます)

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
夏期 建築・名市大ゼミ
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
センター試験出願
秋期 建築・名市大ゼミ
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】
【工学部系】[実技基礎]~初心からのスタート~
●デッサン基礎課題
●静物デッサン導入
●想定デッサン導入
●各種レクチャー
●建築写生

夏期講習

【2学期】
【工学部系】[大学別対策開始]~図形問題対策など~
●建築事例見学
●三者面談
●過去問対策
●小論文対策

冬期講習

【3学期】
【工学部系】[演習型対策]
●個人面談
●大学別専用課題

直前講習(高2土曜専科は除きます)

閉じる

建築の生徒作品

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

東京芸大の卒業生と現役学生によって構成されたスタッフが、初心からの実技指導にあたります。実績として、東京芸大や京都工芸繊維大など例年多数の現役合格生を輩出しています。

●レギュラー講師
井村 正和 東京芸大建築卒/後藤 宏輔 東京芸大建築卒/島津 利奈 東京芸大建築在籍/下里 杏奈 東京芸大建築卒/渡辺 一生 東大大学院修
●招待講師
松井 一将 東京芸大建築在籍
●チューター
齊藤 大二 名古屋造形大大学院洋画修
(2018年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)