名古屋校基礎中学

感動を表現する喜び。

芸術の本質は見えるものを再現するのではなく、見えるようにすることだ(パウル・クレー)。
基礎中学専攻では、デッサンの基礎から多彩な造形活動や楽しいレクチャーを通して、創造力や豊かな感性を育て、美術の素晴らしさを学びます。
また、美術系高校入試に向け、実技対策の個別指導、進学説明会、保護者面談などを通して、確実な個人指導で志望校合格をめざします。

  • 受験コース[中3生]
  • デッサンコース[中1~3生]
  • 造形コース[中1~3生]

設置クラス

土曜午前専科 土曜 9:30~13:30
土曜午後専科 土曜 14:30~18:30
日曜専科 日曜 9:30~13:30

受験コース

  • 受験コース
  • 受験コース

授業紹介

授業風景

授業風景

デッサンに必要な基礎を石膏像や多彩なモチーフを使って学んでいきます。基礎的なポイントを繰り返し実習することで、デッサンに大切な表現技術を身に付けていきます。

手のデッサン

手のデッサン

手のデッサンは受験などにも出題されるほど大切なモチーフです。自分の手を描くことは自分自身を見つめる大切な時間です。骨格や筋肉、表情などは大いなる学びとなるでしょう。

個別講評

個別講評

個人の特性にあった指導を重視し、的確なアドバイスができるよう「個別講評タイム」を使って授業を行います。

全体講評会

全体講評会

制作終了後、完成した作品を一人ひとり評価し、これからの課題を個別に伝えます。仲間の講評も非常に大切なものです。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

土曜午前専科 土曜 9:30~13:30
土曜午後専科 土曜 14:30~18:30
日曜専科 日曜 9:30~13:30

デッサンコース

  • デッサンコース
  • デッサンコース

授業紹介

手の鉛筆デッサン指導

手の鉛筆デッサン指導

楽しく簡単なモチーフから描いていきます。鉛筆だけでなく、多彩な画材を使ってデッサンの基礎や表現方法を学んでいきます。

クロッキー講評会

クロッキー講評会

人体クロッキーの講評会です。同じモデルさんでも描き手によってさまざまな形で表現されます。感じたものを素早く表現していくクロッキーはとても楽しい活動です。

モノクロームデッサン

モノクロームデッサン

モノクロームで描くデッサンです。白チョークで白を調節しながら描き起こしていきます。ぼかしたり、線で描き込んだり、鉛筆とは違った表現が体験できます。

石膏デッサン

石膏デッサン

石膏像というハードなモチーフにも取り組みます。古代ギリシャ・ローマの美しい像を描くことで、美の基礎であるバランス、リズム、ムーブマンなどを感じ取っていきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

土曜午前専科 土曜 9:30~13:30
土曜午後専科 土曜 14:30~18:30
日曜専科 日曜 9:30~13:30

造形コース

  • 造形コース
  • 造形コース

授業紹介

手の塑造実習

手の塑造実習

立体造形授業の一環として手の塑造実習を行いました。モチーフ(手)そのものの骨格を踏まえた構造の理解や量感の捉え方などを学びます。

人体クロッキー

人体クロッキー

短い時間で、即興で描く描画方法です。時間を短縮することで全体を大まかに捉える訓練です。人体では重心がどのように置かれているか、筋肉の流れやポーズの印象が大切です。

油彩画実習

油彩画実習

造形コースは、あらゆる領域の表現活動を行います。デッサンはもちろんのこと、油彩画・日本画・彫刻・デザイン・工芸などのジャンルからカリキュラムが組み立てられています。

油彩画講評会

油彩画講評会

ヨーロッパからの彩色技術である油彩画は、水彩画とはまるで違った性質を持っています。顔料を樹脂で練って絵の具にしたもので、何百年も耐えられる画材です。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

基礎中学の生徒作品

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

絵画、立体、デザイン、工芸の各領域のベテラン講師たちが丁寧に分かりやすく指導します。受験コースは多くの美術系高校の合格者を輩出しています。

●レギュラー講師
片山 章子 愛知芸大大学院彫刻修/木村 節治 愛知芸大大学院油画修/三宅 世梨菜 東京芸大大学院日本画修
●チューター
浅野 雅姫 愛知芸大油画在籍/今川 聖也 愛知芸大デザイン在籍/夏目 茉美 愛知芸大デザイン在籍
(2020年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)