名古屋校デザイン・工芸

実績のチカラ、確かな指導力。

一人ひとりの夢を叶えるために、より高いステージへ強力にサポートします。
経験や実績を積む各専門分野の優秀な講師陣による指導や徹底分析した豊富なカリキュラム。
将来の目標や志望校に合わせた適切なアドバイスによる高い実技レベルの習得や、伸びやかに制作に打ち込める実技環境が得られるなど、志望校合格を確実にするための万全な態勢がここにはあります。

  • 本科[高卒生]
  • 平日専科[高3生・高卒生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

デザイン・工芸専攻本科クラスは将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高卒生のための昼間1日6時間クラスです。

  • 1学期初めは全員で造形の基礎をデッサン、色彩、立体課題、デザイン・工芸に関する各種レクチャーと体験を通して、各自の志望を固めていきます。5月途中から将来と大学の志望動向でデザインと工芸に分かれます。
  • 2学期初めは塾生作品展、その後は各大学別の実技模試に向け対策をしていきます。
  • 3学期および入試直前期は、各自の入試内容と日程を検討、考慮し、個別の受験対策を行います。

[デザインコース]
将来デザインの分野で仕事をしていきたいと考えている人達のコースです。デザイン志望者の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策はもちろん、その他全国の大学に対応しています。デッサン、色彩構成、立体構成の基礎づくりを全員で、各大学の対策はグループまたは個別で行います。どの大学にも必要な基礎力を身につけられ、同じクラス内で各大学の対策ができるのでさまざまな併願受験も心配いりません。

将来の主な仕事:広告(CM、ポスター、新聞・雑誌・WEB広告、フライヤーなど)、C.I.(企業やショップをトータルにデザイン)、ブック・エディトリアル(本の装丁や編集)、サイン(標識、案内、指示、地図など)、パッケージ(商品の包装パッケージ、CDジャケットなど)、小型グラフィック(カレンダー、POP、販促物など)、イラストレーション、絵本、ゲーム、キャラクターデザイン、写真、WEB、映像(ミュージックビデオ、TV番組の企画・映像、映画)、乗り物(車、バイク、飛行機など)、家電・機器(電化製品、デジタル家電、OA機械など)、インテリア(家具、照明)、テキスタイル(染織、織物)、ファッション(服飾、装飾品)、クラフト(ジュエリー、家具、食器など)、雑貨(日常生活用品)、文房具、玩具(ゲーム、おもちゃなど)、バス・トイレタリー用品(住宅などの水回り空間や器具など)、医療器具・機器、スポーツ用品、テーブルウェア(食卓用器具)、ランドスケープ(都市空間、造園空間)、建造物、室内計画(住空間、商業空間)、舞台美術(演劇、TV番組・映画セットなど)、ディスプレイ(展示、陳列)、アート、教職など

[工芸コース]
今の時代に希薄となりつつある“手のぬくもり” を大切にした“ものづくりの精神” を養いながら、大学入試で求められる造形感覚と深い観察力をもとにした実技力の向上をめざし、どんな課題にも柔軟に対応できる力を身につけていきます。

主要大学:東京芸術大学(工芸)、愛知県立芸術大学(陶磁)、金沢美術工芸大学(工芸)、多摩美術大学、武蔵野美術大学、女子美術大学
卒業後の主な進路:陶芸家、ジュエリー作家、染織作家、漆芸作家、クラフト作家、造形作家、金属造形作家、七宝作家、鋳金家、造幣局員、プロダクトデザイナー、テキスタイルデザイナー、ジュエリーデザイナー、グラフィックデザイナー、クラフトデザイナー、インテリアデザイナー、七宝デザイナー、大学教員、文化財保存修復の研究者、デザイン事務所経営、ジュエリー会社経営、デザイン・印刷会社勤務、陶芸教室主宰、彫金教室主宰、鋳金教室主宰、教育研究機関の指導者など幅広い分野で活躍する多くの人材が生まれています。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
東京芸大工芸科公開実技模試(新宿校で実施)
第3回全統マーク模試
東京芸大デザイン科公開実技模試(新宿校で実施)
愛知芸大デザイン公開実技模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[基礎・基本]~観察力と基本表現力の育成~
●デザイン・工芸分野紹介
●デザイン・工芸合同課題
●デザイン・工芸クラス分け
●制作道具・素材の扱い方
●デッサン基礎・基本
●色彩構成基礎・基本
●立体構成基礎・基本
●ゼミ(図法、色彩、立体・空間)
●表現力研究(リサーチ)
●志望校・専攻別対策
●他専攻合同課題
●校外授業(美術館見学など)

夏期講習

【2学期】[発展・応用・実践]~観察力と表現力の強化・探究~
●デッサン強化
●色彩構成強化
●立体構成強化
●表現力強化(リサーチ)
●クラス内実技コンクール
●公開実技模試
●志望校・専攻別対策
●推薦入試対策(個別指導)
●他専攻合同課題
●ゼミ・演習
●自由制作(塾生作品展)
●校外授業(大学・美術館見学)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [月~金]17:30~20:30

平日専科

  • 平日専科
  • 平日専科

デザイン・工芸平日専科は、将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高3生・高卒生のための1日3時間、月曜から金曜まで週5日の夜間クラスです。実技の経験を増やして実技力をもっと上げたい平日夜に通塾できる人に適しています。道具の使い方や専門知識を基礎から学ぶこともできるので、初心者の人でも安心して受講できます。

  • デザイン・工芸志望の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策はもちろん、その他全国の大学に対応しています。
  • 1学期初めは物事の観察をもとにデッサン、色彩、立体作品をつくりながら今後必要になる造形の基礎力を身につけます。また、講師およびデザイナー、工芸家、現役大学生を招いて各分野の紹介を含め進路指導をしていきます。5月途中から将来や大学の志望動向などでデザインと工芸に分かれ、専門的な基礎実技力を学んでいきます。
  • 2学期では造形の基礎が身についてきたこの時期に塾生作品展の制作や各種研究課題に取り組み、表現力の幅や個性を磨きます。また各種実技模試を積み重ねながら各大学入試への対応力を身につけます。
  • 3学期および入試直前期には入試内容や日程を充分検討した個別の受験対策を行っていきます。
  • 週末には基礎力養成や志望別入試対策など、さまざまな内容のコースを用意している土曜ゼミ講座を組み合わせることにより、各自の目的に合わせた補強ができます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
東京芸大工芸科公開実技模試(新宿校で実施)
第3回全統マーク模試
東京芸大デザイン科公開実技模試(新宿校で実施)
愛知芸大デザイン公開実技模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[基礎・基本]~基本知識の習得と観察力の育成~
●デザイン・工芸分野紹介
●デザイン・工芸合同課題
●デザイン・工芸クラス分け
●制作道具・素材の扱い方
●基本からのデッサン
●基本からの色彩構成
●基本からの立体構成
●ゼミ(図法、色彩、立体・空間)
●表現力研究(リサーチ)
●志望校・専攻別対策
●大学紹介

夏期講習

【2学期】[発展・応用・実践]~観察力の強化と表現力の育成~
●デッサン強化
●色彩構成強化
●立体構成強化
●表現力強化(リサーチ)
●クラス内実技コンクール
●公開実技模試
●志望校・専攻別対策
●推薦入試対策(個別指導)
●ゼミ・演習
●自由制作(塾生作品展)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

デザイン・工芸日曜専科は、将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高3生・高卒生対象で、日曜のみの7.5時間クラスです。遠方からの通塾や、平日は学科の時間に充てたい人などに適しています。主に1日完結で課題を制作します。また自宅課題を併用し、復習または予習をし学習効果をあげます。道具の使い方や専門知識を基礎から学ぶこともできるので初心者の人でも安心して受講できます。

  • デザイン・工芸志望の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策を中心に対応しています。
  • 1学期初めは物事の観察をもとにデッサン、色彩、立体作品をつくりながら今後必要になる造形の基礎力を身につけます。また、講師およびデザイナー、工芸家、現役大学生を招いて各分野の紹介を含め進路指導をしていきます。5月途中から将来や大学の志望動向などでデザインと工芸に分かれ、専門的な基礎実技力を学んでいきます。
  • 2学期では各種実技模試に向けての実技を中心に対策し、模試を積み重ねながら各大学入試への対応力を身につけます。
  • 3学期および入試直前期には入試内容や日程を充分検討した個別の受験対策を行っていきます。
  • 週末には基礎力養成や志望別入試対策などさまざまな内容のコースを用意している土曜ゼミ講座を組み合わせることにより、各自の目的に合わせた補強ができます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
東京芸大工芸科公開実技模試(新宿校で実施)
第3回全統マーク模試
東京芸大デザイン科公開実技模試(新宿校で実施)
愛知芸大デザイン公開実技模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[基礎・基本]~基本知識の習得と観察力の育成~
●デザイン・工芸分野紹介
●デザイン・工芸合同課題
●デザイン・工芸クラス分け
●制作道具・素材の扱い方
●基本からのデッサン
●基本からの色彩構成
●基本からの立体構成
●ゼミ(図法、色彩、立体・空間)
●表現力研究(リサーチ)
●志望校・専攻別対策
●大学紹介
※日曜専科は自宅課題があります

夏期講習

【2学期】[発展・応用・実践]~観察力の強化と表現力の育成~
●デッサン強化
●色彩構成強化
●立体構成強化
●表現力強化(リサーチ)
●クラス内実技コンクール
●公開実技模試
●志望校・専攻別対策
●推薦入試対策(個別指導)
●ゼミ・演習
●自由制作(塾生作品展)
※日曜専科は自宅課題があります

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

デザイン・工芸の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

赤松 修さん

赤松 修さん

東京芸術大学
デザイン科

多摩美術大学
統合デザイン学科

名東高校出身

高め合い、励まし合う仲間がいなかったら乗り越えられなかったと思います。当日は一人で戦うのが受験ですが、それまでともに頑張るのが同じ塾の仲間です。辛いときは無理せず仲間や先生方を頼ってください。仲間は大切です。

大瀧 琴美さん

大瀧 琴美さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

清水南高校出身

自信が持てなかったり、劣等感に苛まれたりするとき、いかに自分を立て直すか。不安を前向きな気持ちに転換できるかが大事だと思いました。家族や先生、友人、自分のことを想ってくれている人のことを忘れずに。

水野 理沙さん

水野 理沙さん

金沢美術工芸大学
視覚デザイン専攻

多摩美術大学
メディア芸術コース

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科

名古屋女子大学高校出身

受験期に苦労したことは、自分の作品を冷静に見ることだと思います。今でもそれができているわけでは無いので、これからも頑張らなくてはいけないことだと思います。これから美大を受けようと思っている方、頑張ってください!!!

岡 真奈美さん

岡 真奈美さん

東京芸術大学
デザイン科

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

多摩美術大学
統合デザイン学科

京都造形芸術大学
情報デザイン学科

桑名高校出身

遠いところから毎日通わせてくれた両親に本当に感謝しています!長い通塾時間は構成を考えたり、学科の対策をして過ごしました。うまい人達に囲まれて課題ができたおかげで自分なりに成長できたと思います。

島吉 信之介さん

島吉 信之介さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

長久手高校出身

受験対策をするうえで良い作品を見て学ぶことも大事ですが、自分自身を知ることも同じかそれ以上に大切なことです。
自分は何が好きか、何が得意か、今何ができるのか。自身を知ることが合格につながったと思います。

門脇 さやかさん

門脇 さやかさん

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

多摩美術大学
情報デザインコース

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科

武蔵野美術大学
基礎デザイン学科

知立東高校出身

全然うまくいかなかったり、不安で眠れなかった時期もありましたが、先生や親の支えもあり無事合格することができました。いろいろ悩むこともあると思いますが、悩んだ先につかめる物もあるはずです。学科も大変ですが頑張ってください。

森實 隆史さん

森實 隆史さん

東京芸術大学
デザイン科

享栄高校出身

志望校に向けて浪人することを見守ってくれた父に感謝しています。自分を合格へ導いてくれた先生方、同じ目標に向けてともに努力した塾の仲間達に感謝しています。最も楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました!

稲葉 雪乃さん

稲葉 雪乃さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

多摩美術大学
統合デザイン学科

名古屋芸術大学
デザイン領域

多治見北高校出身

今までやってきたことを信じて入試に挑めたことが合格につながったのかなと思います。一日一日の小さな積み重ねは少しずつ私の力になっていました。(…と信じています)河合塾でやってきたことに自信を持ち、これからも頑張ります。

岡本 大輝さん

岡本 大輝さん

多摩美術大学
プロダクトデザイン専攻

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

名古屋大学教育学部附属高校出身

講評の記録を残して読み返したり、興味関心があったり綺麗だと思うものを収集していました。両方とも先生に言われたことですがやってよかったと思います。一番大事なことは仕事の丁寧さだと思います。頑張ってください。

神谷 朱音さん

神谷 朱音さん

東京芸術大学
デザイン科

豊橋東高校出身

家族や友人、先生方をはじめとする多くの人達が応援してくれて、河合塾で学べたこと。自分は恵まれていました。ここで教わったことを心中大事にして大学でも精進します。本当にありがとうございました。

高橋 直希さん

高橋 直希さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

愛知高校出身

いろいろな課題を通して、自分らしさを模索することができ、充実した1年間を河合塾では過ごすことができました。先生方のアドバイスやサポートのおかげです。とても感謝しています。

加藤 愛香さん

加藤 愛香さん

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

多摩美術大学
統合デザイン学科

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科

聖霊高校出身

不器用で飲み込みが悪く苦労したこともありましたが、合格に行き着くまでの過程が私にとって有意義なもので、これから先も必ず役に立つだろうと思っています。努力しないと始まりません!応援しています。

鷲見 茜さん

鷲見 茜さん

東京芸術大学
工芸科

南山国際高校出身

河合塾は和気あいあいとしつつ、真剣に制作に打ち込めるとても良い環境でした。先生方は私達のことを良く見ていてくれて、相談すれば必ずためになる言葉が返ってきます。河合塾美術研究所で本当に良かったです。楽しかったです。

吉野 真央さん

吉野 真央さん

東京芸術大学
工芸科

金城学院高校出身

河合塾の仲間たちと常に上をめざし、切磋琢磨するなかで成長できたと思います。先生方はときに厳しかったけど、これからの自分のためになるアドバイスをたくさんいただきました!先生と自分を信じて頑張ってください!

藤中 康輝さん

藤中 康輝さん

東京芸術大学
工芸科

高卒認定

自分は入試前の時間を楽しんで過ごせた気がする。もちろん苦悩や不安は多かったけれど、試験中なぜか落ちる気がしなかったのは、家族、友人、恋人、そして先生方が力を授けてくれたからだと思う。

益田 玲さん

益田 玲さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

愛知淑徳高校出身

結果に一喜一憂することが多かったのですが、失敗をどう生かすかを考えたほうが次につながると気づいてからは、気持ちの切り替えが早くなり、より冷静に判断できるようになったことが大きかったです。

箱木 絢音さん

箱木 絢音さん

金沢美術工芸大学
環境デザイン専攻

多摩美術大学
劇場美術デザインコース

東邦高校出身

将来どんなことがしたいのか、どんなことで活躍したいのか、そういったところで大学を選びました。自分のやりたいことを先生に説明してみてください。きっとあなたが心から入学したいと思える大学を教えてくれるはずです。

山根 想楽さん

山根 想楽さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻
<自己推薦入試>

名古屋国際高校出身

美術が好きだという気持ちは最大の武器です。自分なりのやり方で一歩ずつやればいいと思います。大学で一緒になってこのメガネを見つけたらよろしくお願いします。

坂井 紫津さん

坂井 紫津さん

現役合格

多摩美術大学
工芸学科

春日井高校出身

合格できたのは、先生方のサポートと切磋琢磨できる友達がいたおかげです。高校との両立は苦でしたが、とても濃厚な時間でした。他の人の考えを聞くことと自分のやりたいことをやり遂げることは常に大事な気がします。

谷澤 真央さん

谷澤 真央さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

菊里高校出身

最後まであきらめず、向上心を持ち続けて自分の作品をより良いものにしようと頑張ってください。先生はみなさんの味方です。気軽に話しかけて、どんどん吸収していってください。

関 友香子さん

関 友香子さん

現役合格

静岡文化芸術大学
デザイン学科

多摩美術大学
テキスタイルデザイン専攻

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

武蔵野美術大学
空間演出デザイン学科

女子美術大学
ヴィジュアルデザイン専攻

旭丘高校出身

河合塾ではたくさんのライバルが、毎回かっこいい作品をつくってきます。それらと比べて、自分の作品に足りないものと勝てる何かを見つけることが大事だと私は思います。最後の最後まで試行錯誤し続けてください。

長谷川 彰宏さん

長谷川 彰宏さん

現役合格

東京芸術大学
デザイン科

津西高校出身

"教授が高得点をつけるものは何か"は最優先事項ではありません。そこにとらわれると自分を見失い、手段と目的がぼやけ、先が見通せなくなります。試験は自分の長所をアピールする場なのだと割りきることが肝心に思います。

竹内 芳奈さん

竹内 芳奈さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

松蔭高校出身

美大をめざしているのなら、できるだけ早くから対策を始めた方がいいと思います。河合塾では他の人の作品をたくさん見て刺激がもらえ、先生方は一人ひとりにしっかりとアドバイスしてくれます。河合塾で勉強してよかったです。

猪子 紗英さん

猪子 紗英さん

愛知県立芸術大学
陶磁専攻

金沢美術工芸大学
工芸科

春日井高校出身

うまくなることに気を取られてしまいがちですが、本当に強いのはやりたいことや自分らしさが伝わってくる絵だと思います。最終的に必要なのは自分で判断して自分で決める力をつけること、迷ったら離れる!

若尾 陸利さん

若尾 陸利さん

現役合格

金沢美術工芸大学
視覚デザイン専攻

多治見北高校出身

河合塾では、周りの塾生のうまさに圧倒され不安になっていましたが、その環境こそが自分を高めてくれる場だったのだと改めて思います。面白いアイデアは誰もが持っていて、それをベストに表現する方法を教えてもらいました。

元場 葵さん

元場 葵さん

東京芸術大学
工芸科

豊橋東高校出身

合格することが目的になりがちですが、それを目的として頑張るときと、合格した先に自分がどうありたいか、何をしたいかを強く意識するとき、両方の意志を強くもって頑張ってください。

本田 紗くらさん

本田 紗くらさん

現役合格

静岡文化芸術大学
デザイン学科

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

豊橋東高校出身

通塾の電車でスケッチしたり、授業で描いたモチーフを見かけたら講評で言われたことを思い出したり、常に描くことを意識していました。分からないことは先生方に質問することをお勧めします。本番は自分の努力を信じて頑張ってください!

OB・OGからのメッセージ

山田 だりさん イラストレーター/東京芸術大学美術学部 デザイン科・教育研究助手

東京芸術大学大学院 美術研究科デザイン専攻修了
2006年度 デザイン・工芸専科/2007年度 デザイン・工芸本科
菊里高校出身

山田 だりさん

山田 だりさん

小学生の頃から、時間割のすべてが図工の授業だったら良いなと思っていたので芸大に行きました。高校2年のときまで、大学は3年間だと思っていたので、4年間あると知りとても喜んだのを覚えています。結局、大学院まで進み、助手で大学に残って9年目です。
受験生のころ、将来やりたいことが決まっておらず、デザイン科に入学しました。いろいろなことができると思ったからです。入学後は立体、映像、空間作品もつくりましたが、結局今は小さいころから描いていたイラストを仕事にしています(とても幸せです)。美術への門を開いてくれた河合塾にはとても感謝しています。
最近は「何をやりたいか」より「どう生きたいか」という言葉を大切にしています。受験で辛いとき、何かのきっかけになればと思います。ともあれ、周りの大人たちを見ているとこの業界は本当に体力勝負なので、からだを大切に、頑張ってください!

樋口 拓さん 東京芸術大学美術学部 工芸科陶芸研究室 教育研究助手

東京芸術大学大学院 美術研究科工芸専攻陶芸分野修了
2006年 デザイン・工芸専科/2007年 デザイン・工芸本科
長久手高校出身

樋口 拓さん

樋口 拓さん

現在、東京芸術大学工芸科の助手として勤務する傍ら、陶芸の制作、発表を行っています。「陶芸=やきもの」は、うつわといった用途として身近に存在するものから、オブジェなどアートの側面を持つおもしろい素材だと考えています。また、やきものを素材として見たときに、人の手では決してつくることのできない自然の表情を、土や、その表面を覆う釉薬から感じとることができます。
僕は、そのやきものの持つ自然の表情にとても魅力を感じており、うつわやオブジェを通して伝えられるよう制作しています。自身の感性や価値観に従って制作するためには、素材に素直に向き合い、自分自身の考えを持つことが必要になります。
芸大がある上野に限らず、東京という街は芸術においても情報量が豊かです。さまざまなものを見て感じとることができると同時に、同じように自分自身の表現を発信して提供することができます。河合塾にいた頃は芸大でやきものを制作しているとは夢にも思いませんでしたが、受験勉強といえども絵を描いたり粘土でつくったりする楽しさは今も忘れることはありません。

指導スタッフ紹介

● 指導スタッフ
安藤 剛紫 東京芸大大学院デザイン修/池田 夏乃 愛知芸大デザイン在籍/内田 亘 東京芸大大学院デザイン在籍/梅村 晴香 東京芸大大学院映像在籍/及川 珠貴 多摩美大グラフィックデザイン在籍/大瀧 琴美 愛知芸大デザイン在籍/奥山 真帆 多摩美大グラフィックデザイン在籍/川本 光成 名古屋造形大デザイン卒/倉田 明佳 東京芸大大学院デザイン在籍/佐藤 誠高 東京芸大大学院デザイン修/島吉 信之介 愛知芸大デザイン在籍/鈴木 智亜貴 東京芸大大学院工芸在籍/関口 貴仁 東京芸大大学院工芸修/竹内 芳奈 愛知芸大デザイン在籍/田邉 沢子 名古屋造形大デザイン卒/中島 帆乃夏 愛知芸大デザイン在籍/濱野 佑樹 東京芸大大学院工芸修/益田 玲 愛知芸大デザイン在籍/松尾 萌 東京芸大工芸在籍/三嶋 さつき 愛知芸大デザイン在籍/宮本 夏帆 金沢美工大環境デザイン在籍/村瀬 裕之 多摩美大環境デザイン卒/山田 賀代 東京芸大大学院工芸在籍/山根 想楽 愛知芸大デザイン在籍/山本 葵 多摩美大グラフィックデザイン在籍/若林 速人 東京芸大大学院工芸修/脇田あすか 東京芸大大学院デザイン在籍
● チューター
大野 鮎美 愛知芸大油画卒/小池 喬 愛知芸大油画卒/谷澤 陽佑 名古屋芸大造形科卒/山田 貴文 愛知教育大大学院美術分野修
(2016年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00