名古屋校デザイン・工芸

実績のチカラ、確かな指導力。

一人ひとりの夢を叶えるために、より高いステージへ強力にサポートします。
経験や実績を積む各専門分野の優秀な講師陣による指導や徹底分析した豊富なカリキュラム。
将来の目標や志望校に合わせた適切なアドバイスによる高い実技レベルの習得や、伸びやかに制作に打ち込める実技環境が得られるなど、志望校合格を確実にするための万全な態勢がここにはあります。

  • 本科[高卒生]
  • 平日専科[高3生・高卒生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

デザイン・工芸専攻本科クラスは将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高卒生のための昼間1日6時間クラスです。

  • 1学期初めは全員で造形の基礎をデッサン、色彩、立体課題、デザイン・工芸に関する各種レクチャーと体験を通して、各自の志望を固めていきます。5月途中から将来と大学の志望動向でデザインと工芸に分かれます。
  • 2学期初めは塾生作品展、その後は各大学別の実技模試に向け対策をしていきます。
  • 3学期および入試直前期は、各自の入試内容と日程を検討、考慮し、個別の受験対策を行います。

[デザインコース]
将来デザインの分野で仕事をしていきたいと考えている人達のコースです。デザイン志望者の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策はもちろん、その他全国の大学に対応しています。デッサン、色彩構成、立体構成の基礎づくりを全員で、各大学の対策はグループまたは個別で行います。どの大学にも必要な基礎力を身につけられ、同じクラス内で各大学の対策ができるのでさまざまな併願受験も心配いりません。

将来の主な仕事:広告(CM、ポスター、新聞・雑誌・WEB広告、フライヤーなど)、C.I.(企業やショップをトータルにデザイン)、ブック・エディトリアル(本の装丁や編集)、サイン(標識、案内、指示、地図など)、パッケージ(商品の包装パッケージ、CDジャケットなど)、小型グラフィック(カレンダー、POP、販促物など)、イラストレーション、絵本、ゲーム、キャラクターデザイン、写真、WEB、映像(ミュージックビデオ、TV番組の企画・映像、映画)、乗り物(車、バイク、飛行機など)、家電・機器(電化製品、デジタル家電、OA機械など)、インテリア(家具、照明)、テキスタイル(染織、織物)、ファッション(服飾、装飾品)、クラフト(ジュエリー、家具、食器など)、雑貨(日常生活用品)、文房具、玩具(ゲーム、おもちゃなど)、バス・トイレタリー用品(住宅などの水回り空間や器具など)、医療器具・機器、スポーツ用品、テーブルウェア(食卓用器具)、ランドスケープ(都市空間、造園空間)、建造物、室内計画(住空間、商業空間)、舞台美術(演劇、TV番組・映画セットなど)、ディスプレイ(展示、陳列)、アート、教職など

[工芸コース]
今の時代に希薄となりつつある“手のぬくもり”を大切にした“ものづくりの精神”を養いながら、大学入試で求められる造形感覚と深い観察力をもとにした実技力の向上をめざし、どんな課題にも柔軟に対応できる力を身につけていきます。

主要大学:東京芸術大学(工芸)、愛知県立芸術大学(陶磁)、金沢美術工芸大学(工芸)、多摩美術大学、武蔵野美術大学、女子美術大学
卒業後の主な進路:陶芸家、ジュエリー作家、染織作家、漆芸作家、クラフト作家、造形作家、金属造形作家、七宝作家、鋳金家、造幣局員、プロダクトデザイナー、テキスタイルデザイナー、ジュエリーデザイナー、グラフィックデザイナー、クラフトデザイナー、インテリアデザイナー、七宝デザイナー、大学教員、文化財保存修復の研究者、デザイン事務所経営、ジュエリー会社経営、デザイン・印刷会社勤務、陶芸教室主宰、彫金教室主宰、鋳金教室主宰、教育研究機関の指導者など幅広い分野で活躍する多くの人材が生まれています。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
東京芸大工芸科公開実技模試(新宿校で実施)
第3回全統マーク模試
東京芸大デザイン科公開実技模試(新宿校で実施)
愛知芸大デザイン公開実技模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[基礎・基本]~観察力と基本表現力の育成~
●デザイン・工芸分野紹介
●デザイン・工芸合同課題
●デザイン・工芸クラス分け
●制作道具・素材の扱い方
●デッサン基礎・基本
●色彩構成基礎・基本
●立体構成基礎・基本
●ゼミ(図法、色彩、立体・空間)
●表現力研究(リサーチ)
●志望校・専攻別対策
●他専攻合同課題
●校外授業(美術館見学など)

夏期講習

【2学期】[発展・応用・実践]~観察力と表現力の強化・探究~
●デッサン強化
●色彩構成強化
●立体構成強化
●表現力強化(リサーチ)
●クラス内実技コンクール
●公開実技模試
●志望校・専攻別対策
●推薦入試対策(個別指導)
●他専攻合同課題
●ゼミ・演習
●自由制作(塾生作品展)
●校外授業(大学・美術館見学)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [月~金]17:30~20:30

平日専科

  • 平日専科
  • 平日専科

デザイン・工芸平日専科は、将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高3生・高卒生のための1日3時間、月曜から金曜まで週5日の夜間クラスです。実技の経験を増やして実技力をもっと上げたい平日夜に通塾できる人に適しています。道具の使い方や専門知識を基礎から学ぶこともできるので、初心者の人でも安心して受講できます。

  • デザイン・工芸志望の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策はもちろん、その他全国の大学に対応しています。
  • 1学期初めは物事の観察をもとにデッサン、色彩、立体作品をつくりながら今後必要になる造形の基礎力を身につけます。また、講師およびデザイナー、工芸家、現役大学生を招いて各分野の紹介を含め進路指導をしていきます。5月途中から将来や大学の志望動向などでデザインと工芸に分かれ、専門的な基礎実技力を学んでいきます。
  • 2学期では造形の基礎が身についてきたこの時期に塾生作品展の制作や各種研究課題に取り組み、表現力の幅や個性を磨きます。また各種実技模試を積み重ねながら各大学入試への対応力を身につけます。
  • 3学期および入試直前期には入試内容や日程を充分検討した個別の受験対策を行っていきます。
  • 週末には基礎力養成や志望別入試対策など、さまざまな内容のコースを用意している土曜ゼミ講座を組み合わせることにより、各自の目的に合わせた補強ができます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
東京芸大工芸科公開実技模試(新宿校で実施)
第3回全統マーク模試
東京芸大デザイン科公開実技模試(新宿校で実施)
愛知芸大デザイン公開実技模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[基礎・基本]~基本知識の習得と観察力の育成~
●デザイン・工芸分野紹介
●デザイン・工芸合同課題
●デザイン・工芸クラス分け
●制作道具・素材の扱い方
●基本からのデッサン
●基本からの色彩構成
●基本からの立体構成
●ゼミ(図法、色彩、立体・空間)
●表現力研究(リサーチ)
●志望校・専攻別対策
●大学紹介

夏期講習

【2学期】[発展・応用・実践]~観察力の強化と表現力の育成~
●デッサン強化
●色彩構成強化
●立体構成強化
●表現力強化(リサーチ)
●クラス内実技コンクール
●公開実技模試
●志望校・専攻別対策
●推薦入試対策(個別指導)
●ゼミ・演習
●自由制作(塾生作品展)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

デザイン・工芸日曜専科は、将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高3生・高卒生対象で、日曜のみの7.5時間クラスです。遠方からの通塾や、平日は学科の時間に充てたい人などに適しています。主に1日完結で課題を制作します。また自宅課題を併用し、復習または予習をし学習効果をあげます。道具の使い方や専門知識を基礎から学ぶこともできるので初心者の人でも安心して受講できます。

  • デザイン・工芸志望の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策を中心に対応しています。
  • 1学期初めは物事の観察をもとにデッサン、色彩、立体作品をつくりながら今後必要になる造形の基礎力を身につけます。また、講師およびデザイナー、工芸家、現役大学生を招いて各分野の紹介を含め進路指導をしていきます。5月途中から将来や大学の志望動向などでデザインと工芸に分かれ、専門的な基礎実技力を学んでいきます。
  • 2学期では各種実技模試に向けての実技を中心に対策し、模試を積み重ねながら各大学入試への対応力を身につけます。
  • 3学期および入試直前期には入試内容や日程を充分検討した個別の受験対策を行っていきます。
  • 週末には基礎力養成や志望別入試対策などさまざまな内容のコースを用意している土曜ゼミ講座を組み合わせることにより、各自の目的に合わせた補強ができます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
東京芸大工芸科公開実技模試(新宿校で実施)
第3回全統マーク模試
東京芸大デザイン科公開実技模試(新宿校で実施)
愛知芸大デザイン公開実技模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[基礎・基本]~基本知識の習得と観察力の育成~
●デザイン・工芸分野紹介
●デザイン・工芸合同課題
●デザイン・工芸クラス分け
●制作道具・素材の扱い方
●基本からのデッサン
●基本からの色彩構成
●基本からの立体構成
●ゼミ(図法、色彩、立体・空間)
●表現力研究(リサーチ)
●志望校・専攻別対策
●大学紹介
※日曜専科は自宅課題があります

夏期講習

【2学期】[発展・応用・実践]~観察力の強化と表現力の育成~
●デッサン強化
●色彩構成強化
●立体構成強化
●表現力強化(リサーチ)
●クラス内実技コンクール
●公開実技模試
●志望校・専攻別対策
●推薦入試対策(個別指導)
●ゼミ・演習
●自由制作(塾生作品展)
※日曜専科は自宅課題があります

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

デザイン・工芸の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

山本 真梨子さん

山本 真梨子さん

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

多摩美術大学
メディア芸術コース

多摩美術大学
統合デザイン学科

野田学園高校出身

合格できるビジョンが見えず落ち込んだ時期もありましたが、やりきることができました。先生方、家族、そばで支えてくれた祖父母、仲間達のお陰です。受験させてもらえる恵まれた環境に感謝し、最後まで諦めずに頑張ってください。

渡邊 莉世さん

渡邊 莉世さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科

武蔵野美術大学
空間演出デザイン学科

高志高校出身

私の受験生活は楽しいものでした。自分の夢を叶えるために努力した1年はすばらしかったです。素敵な先生・先輩方、仲間達と受験を越えられたことは、大きな財産となりました。支えてくれた家族には感謝しきれません。

土井 綾子さん

土井 綾子さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

名古屋芸術大学
デザイン領域

半田高校出身

うまくいかないことだらけで、講評の後泣いていたこともたくさんあります。でも、とにかく諦めませんでした。合格したい大学のためだったら何だってやってやる!実技に自信がなくても自分の努力には自信を持ってください。

菊井 海さん

菊井 海さん

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

東邦高校出身

入試対策以外での制作やリサーチはとても重要なことですが、あまりにも脱線しすぎると痛い目に合うので、まずやるべきことに向き合うことが一番重要です。僕はそれを身をもって知りました。

大沼 真奈美さん

大沼 真奈美さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

豊田北高校出身

受験期は課題文に悩み過ぎず、要領良く作業することに努めました。作業のペース配分は人それぞれです。あまり他人を気にせず、自分にとって一番効率の良いペースで作品を仕上げていけばいいと思います。

喜多 美友さん

喜多 美友さん

金沢美術工芸大学
視覚デザイン専攻

多摩美術大学
統合デザイン学科

横須賀高校出身

自分の苦手な所はもちろんですが、自分が自信を持って使える武器を持つことで、作品をつくるときの迷いがなくなります。私は受験のとき、自分が得意な技法があったおかげで、自信を持って落ち着いて取り組むことができました。

日野澤 佑美さん

日野澤 佑美さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

名古屋造形大学
グラフィックデザインコース

愛知工業大学名電高校出身

制作していく中で、自分の作品を客観的にふり返り、自分の好きなもの、伸ばしていきたいと思える長所を見つけることが大切だと思います。自分が積み重ねてきた努力を信じてやりきれば、結果は必ずついてきます!

上田 朝也さん

上田 朝也さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

名古屋造形大学
アニメーション・CGコース

加納高校出身

受験期は自分との戦いでした。自分の限界を知り、その中で受かるためにどうするべきか常に考えました。悩むことは悪いことじゃないので存分に悩んでください。自分で考えることをやめないことが大事です。

後藤 由芽さん

後藤 由芽さん

東京芸術大学
デザイン科

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

多摩美術大学
統合デザイン学科

岐阜北高校出身

合格するのに時間はかかってしまいましたが、自分にとって必要な時間であったと思います。これからもあきらめず粘って、落ち着いて丁寧に、何より楽しく生きていきます。

岡 つくしさん

岡 つくしさん

東京芸術大学
工芸科

日進西高校出身

私が合格できたのは素敵な先生方と一緒に頑張ってきた友人と家族のおかげです。ありがとうございました。自信がなくなるときもあると思いますが、最後は、今まで頑張ってきた自分を信じて受験に臨むことが大事だと思います。

チンサプン ヨキさん

チンサプン ヨキさん

東京芸術大学
工芸科

名古屋西高校出身

幸い一次合格はしたものの一番得意なデッサンがダメだったので半ばあきらめモードでしたが、自分が制作可能かつ拘りポイントも組み込めるものは意識し、気楽に二次を受けたのが良い結果につながったのではないかと思います。

石川 未桜さん

石川 未桜さん

金沢美術工芸大学
工芸科

愛知県立芸術大学
陶磁専攻

旭丘高校出身

中学生の頃、画塾の先生に「大学受験なら大手に行った方が良い」と言われ、河合塾に入塾しました。大人数の中で刺激を受けて課題に取り組み、技術も心も成長できました。自分より自分のことを考えてくれる先生達がいます。

米山 玲さん

米山 玲さん

現役合格

愛知県立芸術大学
陶磁専攻

常滑高校出身

学校以外の場で頑張ることがあること、頑張る仲間がいることで、この一年たくさん成長できたと思います。受験は結果が出るものなので、楽しいことばかりではありませんが、自分で進路を決めるのはとても良い経験になりました。

熊崎 めいさん

熊崎 めいさん

現役合格

東京芸術大学
デザイン科

安城南高校出身

いろいろな人をヒヤヒヤさせる一年でしたが、ちょっとわがままを言ってもやりたいことはやってみるものだと感じました。試してみなければ分からないことがこれからもたくさん出てくると思うので、チャレンジし続けたいです。

高木 梨帆さん

高木 梨帆さん

現役合格

金沢美術工芸大学
製品デザイン専攻

多摩美術大学
プロダクトデザイン専攻

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

四日市高校出身

美大受験は読解力が大切だと思います。出題者はどこを大切に描いて欲しいのか、何を大切にデザインして欲しいのか、意図を読み始めて納得のいく作品をつくれるようになれました。先生の話もしっかり読みとってください。

野田 里咲子さん

野田 里咲子さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

明和高校出身

上達しないことに焦りや悔しさを感じることもありましたが、悔し泣きできるほど夢中になれるものに出会えて本当に良かったと思います。壁にぶつかっても別の突破口や、自分にしかできないことを見つけるのが大切だと思います。

中井 美冴さん

中井 美冴さん

現役合格

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

多摩美術大学
プロダクトデザイン専攻

愛知工業大学名電高校出身

美大を志した頃、経験もなく周りに圧倒されてばかりでした。通い続けるうちに少しずつ描けるようになり、楽しめるようになりました。大事なのは講評をきちんと聞くこと、続けることだと思います。楽しんで頑張ってください。

石川 菜々子さん

石川 菜々子さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

名古屋芸術大学
デザイン領域

昭和高校出身

講評のたびに落ち込んで、絵が好きだと言っていた自分を疑いました。それでも最後までやり切れたのは、私を見捨てずにアドバイスをくださった先生と仲間のおかげです。やりたいことに向き合える機会を与えてくださりありがとうございました。

渡邉 泰成さん

渡邉 泰成さん

愛知県立芸術大学
陶磁専攻

起工業高校出身

河合塾はレベルの高い仲間がたくさんいて、お互いに刺激し合って自分を高めていける良い環境だったと思います。先生たちも授業外でも親身に接してくれて受験するにあたって大切なことをいろいろ教わることができました。

北園 大和さん

北園 大和さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

津島東高校出身

他人と同じことをしていても合格できません。自分ができるいろいろな能力をどこまで伸ばせるか、そういうオリジナルな自分が大切です。見て、楽しくなるような色彩、立体をめざすのです。

戸村 安那さん

戸村 安那さん

現役合格

武蔵野美術大学
空間演出デザイン学科

女子美術大学
ファッションテキスタイル表現領域

豊橋東高校出身

高3春の時点で美術の知識は、ほぼゼロでした。それでも先生に言われたことを意識しているうちにうまくなってきました。経験がない人もやっているうちに自信がついてくると思うので楽しんで頑張ってください!!

渡辺 菜緒さん

渡辺 菜緒宏さん

現役合格

金沢美術工芸大学
視覚デザイン専攻

豊橋東高校出身

受験期はとても辛いものだと思います。しかし、私にとっては人とのつながりを強く感じる期間でもありました。緊張や焦りで辛く、泣けてくることもあると思います。それでも私には成功を願ってくれている人たちがいると思うと頑張れました。

小原 知恵さん

小原 知恵さん

現役合格

多摩美術大学
工芸学科

京都造形芸術大学
総合造形コース

津西高校出身

日曜専科は作品をつくる機会が少ないので、毎回の授業を、目標を立てて取り組むよう心がけました。試験直前は、かなり不安でしたが、授業で教えていただいた一つひとつが自信につながり、楽しく挑戦することができました。

夏目 茉美さん

夏目 茉美さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

豊橋東高校出身

塾に行く前に資料を集めたり、早めに教室に行きモチーフを観察したり、授業をより価値のあるものにしようと努力しました。講評会でもしっかりメモをとり、授業の最後まで気を抜かなかったことが合格につながったと思います。

OB・OGからのメッセージ

上町 達也さん secca inc. 代表取締役

金沢美術工芸大学 製品デザイン専攻卒業
2001年度 デザイン・工芸本科
可児高校出身

上町 達也さん

上町 達也さん

金沢美大を卒業後、カメラメーカーで7年デザイナーとして勤務した後、secca inc.を設立しました。seccaは“つくれる”クリエイターが集まり、世に届けたいモノをお互いの技術や解釈を共有し合いながら形にしています。個の考えを尊重し、群でしか到達できない領域まで作品価値を高めることを目標とし、手掛ける作品はアートピースから器や楽器など、活動の領域は年々広がっています。私の信念は「好きなことでしか人を幸せにすることはできない」です。ただし、当然単に好きなだけでは駄目です。相手にとって有意義な価値を提供するプロとしての思考と技能が必要なのです。そのためにはやはり基礎がなくてはなりません。私にとっての基礎は河合塾で学んだ「デッサン力」です。デッサン力を私は「観察力と描写力」と定義しており、すべての対象に適応することができます。今皆さんが頑張っていることは受験に合格するという通過地点の手段としてだけではなく、生涯役に立つ大切な基礎づくりでもあるため、毎日挑戦して、失敗して、自分の感性を磨いてほしいと思います。将来何かの形で一緒に仕事をしましょう。

近藤 正之さん 東北新社企画演出部ディレクター

東京芸術大学 デザイン科卒業
2006年度 基礎高1・2年専科 / 2007年度 デザイン・工芸専科 / 2008-2009年度 デザイン・工芸本科
天白高校出身

近藤 正之さん

近藤 正之さん

現在、東北新社の企画演出部で中島信也、vivisionの児玉裕一を師事した後、ディレクターとして仕事をしています。主にCM、MVなどの企画や監督などをやっています。芸大は3年まで幅広くデザインを学べますがその中でも映像があります。デザインなのに映像?と思いますが、デザイン志向を持ったディレクターというのも広告やMVの世界ではとても需要があります。最近の芸大では箭内道彦さんのゼミでMVをつくったりする授業などもあり映像を学べる機会も増えてます。受験は辛いです。おそらく、人生で一番泣いた時期だと思います。芸大の一次で落ちた日、Y君が歌った「笑えれば」が毎日、私を励ましてくれました。デッサンで石膏像の印象が似なくても着彩の描写がへたくそでも粘土の角が全然きれいにでなくてもコンクールの点数低くても笑い飛ばせばいいねん。こんなにうまくいかんのならこの先、きっとうまくいく日あるんよ。そう言い聞かせて過ごしていました。どんなに過酷でも最後に笑えるときがくると思います。体調管理だけはしっかりして思う存分やりきってください。悔いのないように。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

● 指導スタッフ
安藤 剛紫 東京芸大大学院デザイン修/安藤 良輔 愛知芸大デザイン卒/内田 亘 東京芸大大学院デザイン在籍/及川 珠貴 多摩美大グラフィックデザイン在籍/奥山 真帆 多摩美大グラフィックデザイン在籍/加藤 佑一 東京芸大博士課程工芸在籍/川本 光成 名古屋造形大デザイン卒/倉田 明佳 東京芸大大学院デザイン在籍/佐藤 誠高 東京芸大大学院デザイン修/鈴木 智亜貴 東京芸大博士課程工芸在籍/鈴木 ももこ 愛知芸大デザイン在籍/関口 貴仁 東京芸大大学院工芸修/高田 颯平 愛知芸大デザイン在籍/田邉 沢子 名古屋造形大デザイン卒/中嶋 草太 愛知芸大陶磁在籍/中島 帆乃夏 愛知芸大デザイン在籍/濱野 佑樹 東京芸大大学院工芸修/松尾 萌 東京芸大工芸在籍/三嶋 さつき 愛知芸大デザイン在籍/宮本 夏帆 金沢美工大環境デザイン在籍/村瀬 裕之 多摩美大環境デザイン卒/森 敏郎 多摩美大プロダクトデザイン卒/山根 想楽 愛知芸大デザイン在籍/山本 葵 多摩美大グラフィックデザイン在籍/山本 奏太 愛知芸大デザイン在籍/若林 速人 東京芸大大学院工芸修/脇田 あすか 東京芸大大学院デザイン在籍
● チューター
大野 鮎美 愛知芸大油画卒/小池 喬 愛知芸大油画卒/谷澤 陽佑 名古屋芸大造形科卒/山田 貴文 愛知教育大大学院美術分野修
(2017年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)