名古屋校油絵

同じ志をもって。

受験時期の頑張りを一生忘れることはありません。隣で描くあの顔、この顔はライバルというより同じ目的を持った同士のような存在です。そんな彼らとともに得るのは、この時期、この場所だけにある絵画経験であり、それは人生のかけがえのない宝となるでしょう。
絵を描き続ける姿勢やどこまでも良いを追求する純粋さ、描くことでこの世界を、そして絵画そのものを見つめること。油絵専攻の講師たちは君たちの合格のため全力でバックアップします。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

本科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。毎年、変化する入試出題に必要な臨機応変な対応力と絵画表現を豊かにイメージする力を大切にし、描く力はもちろん、作品に奥行きを与える考える力を最大限に引き上げます。学生一人ひとりの制作経験や資質を生かした指導と、次の絵につながる丁寧な講評を通して合格へと導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心に素描、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、制作期間を長く取った素描・油彩課題を、個人指導と講評により長所を引き出し、自らの絵のイメージをかたちにします。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題と入試を意識した制作により、試験日にピークを合わせ合格をめざします

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス
  • 愛知芸大クラス

本科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。愛知芸大入試に直結した課題や、素描・油彩のバランスを考えたカリキュラムと、一人ひとりの弱点の自覚を促し次の制作につながる適切なアドバイスにより、描写力や表現力を養成します。愛知芸大の入試出題傾向や合格基準、入試結果詳細を知りつくした講師スタッフが合格へと導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までに必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題と入試を意識した制作により、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

金沢美大・他公立大クラス

  • 金沢美大・他公立大クラス
  • 金沢美大・他公立大クラス

金沢美大・他公立大クラスは、金沢美術工芸大学、広島市立大学、尾道市立大学、筑波大学など、入試で石膏デッサンや人物油彩が課される大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。対象となる物体(石膏像や人体)の構造や形態の成り立ち、細部の質の違いなどを見てとる観察力と理解力を養い、画面上に表すための対象のとらえ方を学び、合格水準の描く力を育成します。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、石膏デッサン、人物油彩制作を交互にくり返し、観察力と造形力を徹底的に深めていきます。また、後半は併願する他の国公立大学のクラスとの合同課題制作もおこないます。
  • 3学期および入試直前期は、試験時間内での制作で完成度を上げ、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
入試説明
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画、素描・油彩Ⅰ]~基礎造形力強化~
●素描、油彩基礎課題(石膏、静物、人物、想定)
●東京、愛知、金沢 各クラス別授業
●大型素描モチーフ

夏期講習

【2学期】[絵画、素描・油彩Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●東京、愛知、金沢 各クラス別授業
●素描、油彩基礎強化課題
●素描、油彩表現力強化課題(石膏、静物、人物、風景、想定)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

専科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。初めての実技入試にも自信をもって臨めるよう、密度の高いカリキュラムを組み丁寧な指導を進めていきます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、近年の芸大に特徴的な素描課題や、発想と表現の関係性を探る油彩課題で各人の構想力・表現力を強化します。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス
  • 愛知芸大クラス

専科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。対象を見る力をしっかり養い、個々の適性や進度を踏まえた指導により合格に導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までに必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
入試説明
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画、素描・油彩Ⅰ]~基礎造形力強化~
●素描、油彩導入課題
●東京、愛知、金沢 各クラス別授業
●素描・油彩基礎課題(石膏、静物、人物、想定)

夏期講習

【2学期】[絵画、素描・油彩Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●東京、愛知、金沢 各クラス別授業
●素描、油彩基礎強化課題
●素描、油彩表現力強化課題(石膏、静物、人物、風景、想定)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

専科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。初めての実技入試にも自信をもって臨めるよう、密度の高いカリキュラムを組み丁寧な指導を進めていきます。日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、近年の芸大に特徴的な素描課題や、発想と表現の関係性を探る油彩課題で各人の構想力・表現力を強化します。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス

専科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。対象を見る力をしっかり養い、個々の適性や進度を踏まえた指導により合格に導きます。日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までに必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
入試説明
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画、素描・油彩Ⅰ]~基礎造形力強化~
●素描、油彩導入課題
●東京、愛知、金沢 各クラス別授業
●素描・油彩基礎課題(石膏、静物、人物、想定)

夏期講習

【2学期】[絵画、素描・油彩Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●東京、愛知、金沢 各クラス別授業
●素描、油彩基礎強化課題
●素描、油彩表現力強化課題(石膏、静物、人物、風景、想定)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

高2日曜専科は、油絵科受験を志望する高校2年生を対象にしたコースです。美術科高校に通う経験者から、これからデッサンや油絵を始める初心者まで、各人の制作経験年数や枚数に応じて丁寧に指導を進めて行きます。先輩である高3生や高卒生と一緒に制作することで、技術力も含め、より高度なデッサンや油絵の勉強をすることができます。また各人の志望校を決定するための入試説明会を実施し、最新の入試情報を提供していきます。

  • 1学期・2学期は、高校3年生と同じアトリエで、東京芸大クラスと愛知芸大クラスの課題を交互に制作します。各クラスでオーソドックスな描写系課題や言葉をもとにした発想系課題など、さまざまな課題を制作することができます。これにより技術はもとより柔軟な思考や表現の幅を身につけ、早期より油絵科受験の準備をすることができます。
  • 3学期は志望に応じたクラスでの制作となります。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
全体保護者会
入試説明
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
愛知芸大公開実技模試
3

【1学期】[絵画基礎Ⅰ]~基礎実技力育成~
●素描、油彩導入課題(用具の使い方、描き方、絵の見方)
●専科・日曜専科各クラスとの合同課題
●素描、油彩(石膏、人物、静物、想定)

夏期講習

【2学期】[絵画基礎Ⅱ]~基礎造形力育成~
●専科・日曜専科各クラスとの合同課題
●素描、油彩(石膏、人物、静物、想定)

冬期講習

【3学期】[絵画表現基礎Ⅱ]~絵画表現力育成~
●基礎造形力の確認と表現への試み

閉じる

油絵の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

田中 慧 さん

田中 慧 さん

多摩美術大学
油画専攻

武蔵野美術大学
油絵専攻

高田高校出身

私は、高校卒業後から絵を描き始めたのですが、ありがたいことに1年で多摩美術大学に合格することができました。先生方や、教務の方々にはとても感謝しています。私自身、あまり積極的に人とコミュニケーションをとれないので、先生の方から話しかけてくれたり、ご指導してくれたりしたことは、とても助かりました。先生方はいつでも力になってくださいます。

都築 明日香 さん

都築 明日香 さん

多摩美術大学
油画専攻

東京造形大学
絵画専攻

安城東高校出身

2年生や現役のときの週に1回、学校終わりの塾とは違い、私の生活の一部として自分のペースで制作に向き合うことができました。自分に引き寄せたり、時には忘れてパーっと遊んだり、そういった「かけひき」のような生活が私にとっては一番過ごしやすい環境でした。自分のベストなタイミングやペースを見失うことなく、生活することが大切だと思います。

水谷 彩乃 さん

水谷 彩乃 さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

東邦高校出身

私の浪人生活は最後の1週間まで悲惨でした。私の場合、油絵が本当に進まず、中途半端な物ばかりでした。自分を分析する力がない私は、最後の3課題前に言われた先生からの一言で自分をまとめることができ、1人では解決することができなかった問題を解決することができました。最後まであきらめなかったことも、私を成長させてくれたことの一つです。

前島 好貴 さん

前島 好貴 さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

多摩美術大学
油画専攻

刈谷北高校出身

長い間、河合塾美術研究所で絵を描き続けてきましたが、その中で感じた大事なことがあります。それは「受験生として受かる絵を描こうとするのではなく、表現者として責任を持った制作をする」ということです。責任を持つ、というのはわからないことをそのままにせず、わかるための努力をして一枚一枚を完成させていくということです。そうすればおのずと結果もついてきます。

井口 美咲 さん

井口 美咲 さん

現役合格

愛知県立芸術大学
油画専攻

旭丘高校出身

私は、受験前日までずっと自分の絵に自信が持てずにいましたが、直前講習のとき、先生方に「やりたいように自分が気に入る絵を描いてこい」と言われました。そのとき何かが吹っ切れ、現在は大学で制作をさせていただいてます。受験生の皆さん、たくさん悩むと思いますが自分の持っている「好き」は忘れず、諦めずに伸ばしていってください。

楢井 真琴 さん

楢井 真琴 さん

現役合格

愛知県立芸術大学
油画専攻

飯野高校出身

地元の美術科高校に通っていましたが、河合塾美術研究所は合格のための対策などがしっかりしているので、その人に合わせた受験での戦い方を教えてくれるという点で、私にとって欠かせない存在でした。先生のアドバイスをしっかり聞いて、その意図をかみくだいて次の作品に生かしていけば、一枚一枚の作品の成長が増えて、直前でも伸びることができると思います。

OB・OGからのメッセージ

三瓶 玲奈さん 画家

東京芸術大学大学院 美術研究科絵画専攻油画修了
2008-2009年度 基礎高1・2年専科 / 2010年度 油絵専科
椙山女学園高校出身

三瓶 玲奈さん

三瓶 玲奈さん

皆さんこんにちは。私は現在、東京都を拠点に画家として活動しています。
いまから、予備校で学んだドローイングを通して起こった出来事について、少し書こうと思います。当時の油絵専科では、一人につきコピー用紙を五百枚とパーティションを一枚与えられて、二週間弱ドローイングをする課題がありました。私はマッチ棒をモチーフに選び、主にアクリル絵の具で制作をしました。ドローイングをすることはほぼ初めての経験でしたが、その二週間、描く手が止まらなかったことを今でも覚えています。描き終わった絵が積み上がっていくたびに、先生はすべてのドローイングに目を通してくださったことも、さらにやる気につながりました。最終的に、その課題で描いたドローイングは五百枚を超えて、それでも描き足りないと感じていました。その感覚は、私にとって初めてのものでした。今思い返してみると、あれは私の人生で初めての「制作」であったのではないかと思います。
大学入学当初は、予備校の同じクラスから一緒に進学した人はおらず、しばらく友達もできないまま、最初に出された『自由制作』という課題に向き合う日々でした。予備校で印象深かったドローイングをやってみようと、紙を大量に用意して、テーマを決めて、アトリエの壁際でひたすら描いていました。数日してそのドローイングを後ろの壁に貼り始めると、同級生が数名、それを見て声をかけてくれました。自分の制作に興味を持ってもらえたことが何より嬉しかったし、当時思った言葉そのままで言うと、「名古屋の予備校は小さな世界などではなくて、大学にも、東京にも、つながっているんだ。」と勇気になりました。そして大学院を修了した今、それは過去も未来も通して、世界ともつながっていると感じます。
受験ではさまざまなプレッシャーに襲われたり、実力が足りなかったり出し切れなかったり、絵を描く歓びを上回る辛さも経験するかもしれません。自分をどう見せたいかということを考えることもあると思います。そんな時こそ、ぜひ目の前にあるモチーフとその絵をよく見て、大切にしてください。大げさかもしれませんが、そのモチーフと対面できるのは人生であと何回あるかを考えてみてください。似たものはあっても、まったく同じものを描けることは何度もあることではありません。私も、皆さんも、いつだって一生に一度の制作をしています。
自分を信じて、目の前の絵を完成させていきましょう。そしていつか皆さんとお互いの作品を通して会えることを、心より楽しみにしています。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

一人ひとり。人と絵との対話を指導の入口とし、合格という出口と出発点をめざし、実技指導はもちろん人生相談まで幅広く。いろんなタイプの先生達です。

●レギュラー講師
大野 不動 愛知芸大油画在籍/小谷 浩士 愛知芸大大学院油画修/大勝 純一 東京芸大大学院油画修/田島 秀彦 愛知芸大大学院油画修/登山 博文 愛知芸大大学院油画修/宮坂 恵子 愛知芸大大学院博士課程修
●招待講師
伊藤 衣毬 愛知芸大油画在籍/山下 宏子 東京芸大油画在籍
●チューター
前川 宗睦 名古屋芸大大学院洋画修/三浦 紗和子 愛知芸大油画在籍
(2017年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)