名古屋校油絵

ここが作家のいしずえ

油絵専攻は、これまでにアーティストはもちろん、イラストレーター、デザイナー、漫画家、陶芸家など、さまざまな分野の作家を輩出してきました。絵画を描き、学ぶことは、世界の見方の幅や奥行きを知るスタート地点です。講師との、自分との、仲間との、そして絵との対話。アトリエでの対話はすべて作家の礎になります。指導講師は、自身もそのように学び思考し実践してきた経験を生かし、君たちの作家としてのスタートを全力でバックアップします。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 高2専科[高2生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

本科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。毎年、変化する入試出題に必要な臨機応変な対応力と絵画表現を豊かにイメージする力を大切にし、描く力はもちろん、作品に奥行きを与える考える力を最大限に引き上げます。学生一人ひとりの制作経験や資質を生かした指導と、次の絵につながる丁寧な講評を通して合格へと導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心に素描、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、制作期間を長く取った素描・油彩課題を、個人指導と講評により長所を引き出し、自らの絵のイメージをかたちにします。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題と入試を意識した制作により、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス
  • 愛知芸大クラス

本科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。愛知芸大入試に直結した課題や、素描・油彩のバランスを考えたカリキュラムと、一人ひとりの弱点の自覚を促し次の制作につながる適切なアドバイスにより、描写力や表現力を養成します。愛知芸大の入試出題傾向や合格基準、入試結果詳細を知りつくした講師スタッフが合格へと導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までに必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題と入試を意識した制作により、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

金沢美大クラス

  • 金沢美大クラス
  • 金沢美大クラス

金沢美大クラスは、金沢美術工芸大学、広島市立大学、筑波大学など、入試で石膏デッサンや人物油彩が課される大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。対象となる物体(石膏像や人体)の構造や形態の成り立ち、特徴や部分の違いなどを見ることができる観察力を養い、空間と対象の関係を、描写を通じて理解し、合格水準の描ける力を育成します。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、石膏デッサン、人物油彩制作を交互にくり返し、観察力と造形力を徹底的に深めていきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験時間内での制作で完成度を上げ、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

専科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。初めての実技入試にも自信をもって臨めるよう、密度の高いカリキュラムを組み丁寧な指導を進めていきます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、近年の芸大に特徴的な素描課題や、発想と表現の関係性を探る油彩課題で各人の構想力・表現力を強化します。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス
  • 愛知芸大クラス

専科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。対象を見る力をしっかり養い、個々の適性や進度を踏まえた指導により合格に導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までの必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

金沢美大クラス

  • 金沢美大クラス

専科・金沢美大クラスは、金沢美術工芸大学や広島市立大学、筑波大学など、入試で石膏デッサンや人物油彩が課される大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。石膏、人物を繰り返し描き、入試に必要な基礎力を確実につけていきます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本課題を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、さまざまな石膏像、人物モデルをじっくりと繰り返し描き、描ける自信と実力を上げていきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験と同じ制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

高2専科

  • 高2専科
  • 高2専科

高2専科は、油絵科受験を志望する高校2年生を対象にしたコースです。美術科高校に通う経験者から、これからデッサンや油絵を始める初心者まで、各人の制作経験年数や枚数に応じて丁寧に指導を進めていきます。先輩である高3生や高卒生と一緒に制作することで、技術力も含め、より高度なデッサンや油絵の勉強をすることができます。また各人の志望校を決定するための入試説明会を実施し、最新の入試情報を提供していきます。

  • 1学期・2学期は、高校3年生と同じアトリエで、東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢美大クラスの課題を交互に制作します。各クラスでオーソドックスな描写系課題や言葉をもとにした発想系課題など、さまざまな課題を制作することができます。これにより技術はもとより柔軟な思考や表現の幅を身につけ、早期より油絵科受験の準備をすることができます。
  • 3学期は志望に応じたクラスでの制作となります。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、近年の芸大に特徴的な素描課題や、発想と表現の関係性を探る油彩課題で各人の構想力・表現力を強化します。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までの必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

金沢美大クラス

  • 金沢美大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本課題を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、さまざまな石膏像、人物モデルをじっくりと繰り返し描き、描ける自信と実力を上げていきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験と同じ制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

高2日曜専科は、油絵科受験を志望する高校2年生を対象にしたコースです。美術科高校に通う経験者から、これからデッサンや油絵を始める初心者まで、各人の制作経験年数や枚数に応じて丁寧に指導を進めていきます。先輩である高3生や高卒生と一緒に制作することで、技術力も含め、より高度なデッサンや油絵の勉強をすることができます。また各人の志望校を決定するための入試説明会を実施し、最新の入試情報を提供していきます。

  • 1学期・2学期は、高校3年生と同じアトリエで、東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢美大クラスの課題を交互に制作します。各クラスでオーソドックスな描写系課題や言葉をもとにした発想系課題など、さまざまな課題を制作することができます。これにより技術はもとより柔軟な思考や表現の幅を身につけ、早期より油絵科受験の準備をすることができます。
  • 3学期は志望に応じたクラスでの制作となります。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

油絵の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

石渡 勇之介さん

石渡 勇之介さん

武蔵野美術大学
油絵専攻

岡崎高校出身

私は冬ごろになってようやく自分で納得しながら絵が描けるようになりました。それまでは自分の考えたことに自信が持てず、エスキースを描くこともままならない状態でした。しかし、自分が考えたこと、感じたことを否定する必要はなく、それらを伝えるために絵を描けばいいと先生に教えてもらったおかげで大学合格できるまで自分のレベルを上げることができました。河合塾には考え方を学ぶために来るのが有意義です。

村上 初雪さん

村上 初雪さん

武蔵野美術大学
油絵専攻

愛知教育大学附属高校出身

河合塾の先生方はみなさん優しくて時には厳しくてどんなときでもたくさん支えになっていただきました。先生と話したこと一つひとつがすべて私の今の絵につながっています。浪人したことで一年目には気づけなかった自分の弱み、そして強みを発見することができました。これらすべてを抱えて新しい環境で頑張ります。残念ながら志望大学には届きませんでしたが今まで支えてくださった皆さんありがとうございました。

山口 大空さん

山口 大空さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

旭丘高校出身

浪人を重ねて自分が大事だと思ったのは、それまでの武器や絵の方向性に固執せず、絵を色々な方向へ振っていくことで新しい考え方やより良い方法を探し続けることです。当然それですぐにうまくいくことはほとんどありませんでしたが、自分にとっては似たタイプの作品を描き続けるよりも大きく成長できたように思います。制作を続けていく中で自分の作品に「このままでいいのか」と問い続けていくと良いと思います。

上手 菜々美さん

上手 菜々美さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

旭丘高校出身

先生の言っていることがわからなかったら、わからないって言いましょう。なんとなく頷いても大体理解できていません。反発することもときには必要です。ですが、直前・1日目の夜は素直に聞いておきましょう。その頃にはなるほどと思うようになりますし、自分が理解できるように先生が話してくれるようになります。あくまで私の場合なので、自分に合う塾との付き合い方を探していけば良いと思います。

遠藤 花佳さん

遠藤 花佳さん

金沢美術工芸大学
油画専攻

刈谷東高校出身

私は一夜漬けができないタイプで、1年を通して余力を残しながら課題に取り組みました。河合塾にはいろいろな先生がいるのでひとつの考え方に集中しすぎず勉強できました。アルバイトや息抜きもしながら本番に合わせていけると良いと思います。この1年のことはずっと忘れません。

青嶌 なつ美さん

青嶌 なつ美さん

金沢美術工芸大学
油画専攻

武蔵野美術大学
油絵専攻

浜松江之島高校出身

芸術科のある高校に通っていましたが、高校3年間で学んだことよりも多くの技術・知識をこの1年間で学ぶことができました。河合塾で1年浪人ができて本当によかったと思っています。ありがとうございました。

長沼 あかりさん

長沼 あかりさん

現役合格

愛知県立芸術大学
油画専攻

武蔵野美術大学
油絵専攻

豊田西高校出身

何が悪かったか、良かったかを日頃考え、明確にすることで1年を通してとても成長することができました。先生方が私たち生徒一人ひとりのことを真剣に考え、指導、相談してくださり、とてもありがたかったです。友人兼ライバルとの授業は楽しかったです。1年間という短い時間でしたが、価値のある貴重な時間を過ごすことができたと思います。

持田 真奈さん

持田 真奈さん

現役合格

武蔵野美術大学
油絵専攻

暁高校出身

私は日曜専科で河合塾に1年間お世話になりました。この1年間、とても多くの良い刺激をもらい、技術的にも人間的にも成長させてもらいました。この環境で学んだことは一生の宝物になると思います。先生方や仲間のおかげで自分の絵の強みなどを見つけられ、本当に感謝しています。1年間、ご迷惑も大変かけましたがありがとうございました!

松岡 琢未さん

松岡 琢未さん

現役合格

金沢美術工芸大学
油画専攻

木曽川高校出身

河合塾で、1年間金沢美術工芸大学に合格するために、ほぼ毎日絵に時間を費やしました。先生方も生徒もいろいろな人がいおもしろかったです。先生方には志望校に受かるための的確なアドバイスをしていただいて、本当に助かりました。受験本番の石膏デッサンは、光が本当に強くて逆光位置がすごく難しいので、苦手な位置をたくさん練習することをおすすめします。

OB・OGからのメッセージ

平井 晴香さん 画家

東京芸術大学 大学院美術研究科絵画専攻油画修了
愛知県立芸術大学 油画専攻卒業
1999-2000年度 基礎中学専科/2001-2002年度 基礎高1・2年専科/2003年度 油絵専科
名古屋大学教育学部附属高校出身

平井 晴香さん

私はドイツのベルリンでフリーランサーとしてアーティスト活動をしています。自身の表現を求めて、愛知から東京、さらにはドイツと活動の場を変えてきました。絵を描き続けることだけを考えて、気づいたら海外にいるという感じですが、ここに来るまでには、本当にたくさんの方々にアドバイスや応援をいただき、お世話になりました。
20年近く前になりますが、河合塾には中学生の頃から通っていて、多くの時間を過ごしています。今でもコンタクトを取らせていただいている先生がいらっしゃいますが、当時の先生の言葉は時に難解で、高校生の私には読み解けないこともありました。先生方はアーティストとしての先輩でもあります。アーティストとして制作をするようになって、あの時の先生の言葉がようやく理解できた気がします。
河合塾で学ぶことも、大学で学ぶことも、それぞれに美術で生きていくための糧となります。つくり続けることで、出会ったり、解るということが、この世界にいる喜びかもしれません。つくり続けることは簡単ではないですが、焦らずたくさんのことを吸収し続けてください。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

一人ひとり。人と絵との対話を指導の入口とし、合格という出口と出発点をめざし、実技指導はもちろん人生相談まで幅広く。いろんなタイプの先生達です。

●レギュラー講師
浅野 桃子 東京芸大大学院博士課程修/小谷 浩士 愛知芸大大学院油画修/大勝 純一 東京芸大大学院油画修/田島 秀彦 愛知芸大大学院油画修/登山 博文 愛知芸大大学院油画修/宮坂 恵子 愛知芸大大学院博士課程修
●招待講師
伊藤 衣毬 愛知芸大油画在籍/三浦 紗和子 愛知芸大大学院油画在籍/中条 友也 愛知芸大油画在籍/山本 さつき 筑波大総合造形卒
●チューター
岡本 晏奈 愛知芸大油画在籍/林 可奈葉 愛知芸大油画在籍/前川 宗睦 名古屋芸大大学院洋画修
(2020年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)