名古屋校油絵

ここが作家のいしずえ

河合塾油絵専攻は、これまでにアーティストはもちろん、イラストレーター、デザイナー、漫画家、陶芸家など、さまざまな分野の作家を輩出してきました。絵画を描き、学ぶことは、世界の見方の幅や奥行きを知るスタート地点です。モチーフとの、自分との、仲間との、そして講師との対話。アトリエでの対話はすべて作家の礎になります。指導講師は、自身もそのように学び思考し実践してきた経験を生かし、君たちの作家としてのスタートを全力でバックアップします。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 高2専科[高2生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

本科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。毎年、変化する入試出題に必要な臨機応変な対応力と絵画表現を豊かにイメージする力を大切にし、描く力はもちろん、作品に奥行きを与える考える力を最大限に引き上げます。学生一人ひとりの制作経験や資質を生かした指導と、次の絵につながる丁寧な講評を通して合格へと導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心に素描、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、制作期間を長く取った素描・油彩課題を、個人指導と講評により長所を引き出し、自らの絵のイメージをかたちにします。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題と入試を意識した制作により、試験日にピークを合わせ合格をめざします

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス
  • 愛知芸大クラス

本科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。愛知芸大入試に直結した課題や、素描・油彩のバランスを考えたカリキュラムと、一人ひとりの弱点の自覚を促し次の制作につながる適切なアドバイスにより、描写力や表現力を養成します。愛知芸大の入試出題傾向や合格基準、入試結果詳細を知りつくした講師スタッフが合格へと導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までに必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題と入試を意識した制作により、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

金沢美大・広島市立大クラス

  • 金沢美大・広島市立大クラス
  • 金沢美大・広島市立大クラス

金沢美大・広島市立大クラスは、金沢美術工芸大学、広島市立大学、筑波大学など、入試で石膏デッサンや人物油彩が課される大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。対象となる物体(石膏像や人体)の構造や形態の成り立ち、特徴や部分の違いなどを見ることができる観察力を養い、空間と対象の関係を、描写を通じて理解し、合格水準の描ける力を育成します。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、石膏デッサン、人物油彩制作を交互にくり返し、観察力と造形力を徹底的に深めていきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験時間内での制作で完成度を上げ、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
入試説明
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画、素描・油彩Ⅰ]~基礎造形力強化~
●素描、油彩基礎課題(石膏、静物、人物、想定)
●東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢・広島クラス 志望校別授業

夏期講習

【2学期】[絵画、素描・油彩Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●東京、愛知、金沢・広島 各クラス別授業
●素描、油彩基礎強化課題
●素描、油彩表現力強化課題(石膏、静物、人物、風景、想定課題など)
●新宿校合同コンクール

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

専科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。初めての実技入試にも自信をもって臨めるよう、密度の高いカリキュラムを組み丁寧な指導を進めていきます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、近年の芸大に特徴的な素描課題や、発想と表現の関係性を探る油彩課題で各人の構想力・表現力を強化します。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス
  • 愛知芸大クラス

専科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。対象を見る力をしっかり養い、個々の適性や進度を踏まえた指導により合格に導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までに必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

金沢美大・広島市立大クラス

  • 金沢美大・広島市立大クラス

専科・金沢美大・広島市立大クラスは、金沢美術工芸大学や広島市立大学、筑波大学など、入試で石膏デッサンや人物油彩が課される大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。石膏、人物を繰り返し描き、入試に必要な基礎力を確実につけていきます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本課題を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、さまざまな石膏像、人物モデルをじっくりと繰り返し描き、描ける自信と実力を上げていきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験と同じ制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
入試説明
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画、素描・油彩Ⅰ]~基礎造形力強化~
●素描、油彩導入課題
●東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢・広島クラス 志望校別授業
●素描・油彩基礎課題(石膏、静物、人物、想定)

夏期講習

【2学期】[絵画、素描・油彩Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●東京、愛知、金沢・広島 各クラス別授業
●素描、油彩基礎強化課題
●素描、油彩表現力強化課題(石膏、静物、人物、風景、想定課題など)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

高2専科

  • 高2専科
  • 高2専科

高2専科は、油絵科受験を志望する高校2年生を対象にしたコースです。美術科高校に通う経験者から、これからデッサンや油絵を始める初心者まで、各人の制作経験年数や枚数に応じて丁寧に指導を進めて行きます。先輩である高3生や高卒生と一緒に制作することで、技術力も含め、より高度なデッサンや油絵の勉強をすることができます。また各人の志望校を決定するための入試説明会を実施し、最新の入試情報を提供していきます。

  • 1学期・2学期は、高校3年生と同じアトリエで、東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢美大・広島市立大クラスの課題を交互に制作します。各クラスでオーソドックスな描写系課題や言葉をもとにした発想系課題など、さまざまな課題を制作することができます。これにより技術はもとより柔軟な思考や表現の幅を身につけ、早期より油絵科受験の準備をすることができます。
  • 3学期は志望に応じたクラスでの制作となります。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
全体保護者会
入試説明
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
愛知芸大公開実技模試
3

【1学期】[絵画基礎Ⅰ]~基礎実技力育成~
●素描、油彩導入課題(用具の使い方、描き方、絵の見方)
●専科・日曜専科各クラスとの合同課題
●素描、油彩(石膏、人物、静物、想定)

夏期講習

【2学期】[絵画基礎Ⅱ]~基礎造形力育成~
●専科・日曜専科各クラスとの合同課題
●素描、油彩(石膏、人物、静物、想定課題など)

冬期講習

【3学期】[絵画表現基礎Ⅱ]~絵画表現力育成~
●基礎造形力の確認と表現への試み

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、近年の芸大に特徴的な素描課題や、発想と表現の関係性を探る油彩課題で各人の構想力・表現力を強化します。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までに必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

金沢美大・広島市立大クラス

  • 金沢美大・広島市立大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本課題を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、さまざまな石膏像、人物モデルをじっくりと繰り返し描き、描ける自信と実力を上げていきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験と同じ制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
入試説明
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画、素描・油彩Ⅰ]~基礎造形力強化~
●素描、油彩導入課題
●東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢・広島クラス 志望校別授業
●素描・油彩基礎課題(石膏、静物、人物、想定)

夏期講習

【2学期】[絵画、素描・油彩Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●東京、愛知、金沢・広島 各クラス別授業
●素描、油彩基礎強化課題
●素描、油彩表現力強化課題(石膏、静物、人物、風景、想定課題など)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

高2日曜専科は、油絵科受験を志望する高校2年生を対象にしたコースです。美術科高校に通う経験者から、これからデッサンや油絵を始める初心者まで、各人の制作経験年数や枚数に応じて丁寧に指導を進めて行きます。先輩である高3生や高卒生と一緒に制作することで、技術力も含め、より高度なデッサンや油絵の勉強をすることができます。また各人の志望校を決定するための入試説明会を実施し、最新の入試情報を提供していきます。

  • 1学期・2学期は、高校3年生と同じアトリエで、東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢美大・広島市立大クラスの課題を交互に制作します。各クラスでオーソドックスな描写系課題や言葉をもとにした発想系課題など、さまざまな課題を制作することができます。これにより技術はもとより柔軟な思考や表現の幅を身につけ、早期より油絵科受験の準備をすることができます。
  • 3学期は志望に応じたクラスでの制作となります。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
全体保護者会
入試説明
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
愛知芸大公開実技模試
3

【1学期】[絵画基礎Ⅰ]~基礎実技力育成~
●素描、油彩導入課題(用具の使い方、描き方、絵の見方)
●専科・日曜専科各クラスとの合同課題
●素描、油彩(石膏、人物、静物、想定)

夏期講習

【2学期】[絵画基礎Ⅱ]~基礎造形力育成~
●専科・日曜専科各クラスとの合同課題
●素描、油彩(石膏、人物、静物、想定課題など)

冬期講習

【3学期】[絵画表現基礎Ⅱ]~絵画表現力育成~
●基礎造形力の確認と表現への試み

閉じる

油絵の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

岩井 悠辰 さん

岩井 悠辰 さん

武蔵野美術大学
油絵専攻

東京造形大学
絵画専攻領域

東海高校出身

美術受験はかなりたいへんな試験です。何もわからずに挑むと大概失敗します。だからまず、基本として描くことから始めてください。基本として、素直に観察して、それらに合わせて描材を支持体の上に、しっかり重ねること。ヘタウマでもかまいません。やれば画として構成することができるから。

清水 祥平 さん

清水 祥平 さん

東京芸術大学
油画専攻

栄徳高校出身

私はあまり自分を出せないタイプの人間でした。そのタイプの方がもしいたら、伝えておきたいことがあります。それは、不安からくる手の入れ方はたいてい失敗するよ。ということです。何が良くて何が良くないのか分かってくるまでは時間がかかりますが、自分が必要だと信じた仕事をしましょう。ここまでやってはダメかなとか、こうしないとダメかもといった不安が一番の敵です。自分を信じましょう。好きにやっていいんです。

林 可奈葉 さん

林 可奈葉 さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

春日井西高校出身

私は3年河合塾にいました。現役は先生に従うまま過ぎ去り、一浪目はわかることが増え、二浪目は力を使う幅が増えました。私はここまで時間がかかってしまいましたが、すべて意味があったと思います。関東の美大も受けることで、かなり視野が広がりました。がんばり過ぎないで、たまには遊んだりバイトしたり、アウトプット・インプットが大事です。自分の好きなことを大事に進んでください。

古池 麻衣 さん

古池 麻衣 さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

椙山女学園高校出身

現役生の方へ。芸大受験は甘くないです。浪人に1年時間を注ぎ込みたくないのであれば、SNSをひかえ、質の良い筆を買って1年間全力で励むことをおすすめします。辛い時ほど成長していることも知っておいたほうがいいです。これから浪人する方へ。浪人は秋が一番辛いと思います。ただ、努力したことは必ず後から実力となって返ってきます。あと、楽しいです。全力で応援してます!!

久保田 麻莉 さん

久保田 麻莉 さん

金沢美術工芸大学
油画専攻

飯野高校出身

基礎的な技術を測られる試験内容であるために、同じ種の課題を繰り返しトレーニングしていく、ということが苦痛に感じられる瞬間が何度かありました。同じ人物課題や石膏デッサンをただ淡々とこなすだけではなく、一回ごとの制作を新鮮に捉えることが必要だったのだと今は思います。浪人中、同大学をめざす人達と一緒に、自分の中で競いながらそのトレーニングをこなしていけたことは、新鮮さを忘れない手助けに大きくなったと思いました。

川原 浩平 さん

川原 浩平 さん

金沢美術工芸大学
油画専攻

旭野高校出身

毎日を健康に生き、目の前の制作に集中しましょう。まわりはいろいろ言いますが、他人の感覚では描けません。受験は地獄ですが、地獄を地獄と言うだけでは二流です。繰り返しになりますが、どうか健康に気をつけて。

長縄 さやか さん

長縄 さやか さん

現役合格

武蔵野美術大学
油絵専攻

名古屋大学教育学部附属高校出身

私は推薦で合格したので一般試験のことはわかりませんが、1番大切なのは自分の全力を信じることだと思います。油絵科は他学科に比べて強い精神力が必要です。河合塾では技術はもちろん絵に対する姿勢を見つめ直すことができました。行き詰まることもあると思いますが、描いてきた分得るものは必ずあります。自分に自信を持って頑張ってください。

林 玲翔 さん

林 玲翔 さん

現役合格

愛知県立芸術大学
油画専攻

旭丘高校出身

油画専攻において美大・芸大受験で求められるものは決してうまさや技術だけではないと思います。私はこの1年で思考力を鍛えました。河合塾の先生方はいろいろなヒントを与えてくれます。描く環境がたくさんあるなかで、河合塾を選んだなら、ただ描くだけで1年を終えるのはもったいないと思います。周りに流されず、強い意志を持って自分らしく頑張ってください。

鐸木 優奈 さん

鐸木 優奈 さん

金沢美術工芸大学
油画専攻

安城高校出身

自分の弱点を常に意識し、少しずつでも解決していくことを一番大事にして取り組みました。精度を上げつつ表現の幅を広げることにはとても苦労しましたが、先生方が親身になってアドバイスしてくださり、成長することができました。課題や問題点、先生からの意見を冷静に落ち着いて整理すること、肩の力を抜くことで技術的にも精神的にも強くなれたと思います。

OB・OGからのメッセージ

町田 帆実さん 多摩美術大学 大学院2年

多摩美術大学 油画専攻卒業
2009年度 基礎中学専科 / 2011年度 基礎高1・2年専科 / 2012年度 油絵専科
旭丘高校出身

町田 帆実さん

皆さんこんにちは。私は多摩美術大学を卒業し、現在は多摩美術大学大学院に通っています。
高校生の頃の私は、デッサンが好きでした。目の前のものをそのまま写し取ることが得意で、周りからも褒められていました。そんな中、河合塾の先生から言われた「うますぎてつまらない」という言葉に、衝撃を受けました。ここが私のスタートラインだったと思います。そこから私は悩み続け、ほかの塾生の作品を観察したりしながら、さまざまなアプローチを続けました。そして見つけたのが、モチーフと、記憶の中の景色を組み合わせて描くことでした。私の記憶を題材に描くことで、写実描写のようなうまさはなくても、私にしか描けない作品になったと思います。私が受験した年の多摩美術大学の実技試験では、モチーフが無く、課題文のみでした。記憶を描くことを発見できていたおかげで、写し取る対象が無くても、落ちついていつも通りの絵を描くことができました。現在でも記憶を描くことについて研究し、作品制作を行っています。「シェル美術賞2017」でグランプリを受賞した「食事」(写真参照)も、日々の食事の記憶を描いた作品です。
河合塾ではたくさんの作品を制作し、たくさんのアドバイスをもらうことができます。しかし私は、それらすべてを達成する必要はないと思っています。考えるためのきっかけや、成長の足がかりにして、自分の力で進んでいくことが大切です。先生とコミュニケーションを取りながら、たくさんの新しい学びに刺激を受け、可能性を広げることで、自分だけの絵を探して欲しいと思います。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

一人ひとり。人と絵との対話を指導の入口とし、合格という出口と出発点をめざし、実技指導はもちろん人生相談まで幅広く。いろんなタイプの先生達です。

●レギュラー講師
浅野 桃子 東京芸大大学院博士課程修/小谷 浩士 愛知芸大大学院油画修/大勝 純一 東京芸大大学院油画修/田島 秀彦 愛知芸大大学院油画修/登山 博文 愛知芸大大学院油画修/宮坂 恵子 愛知芸大大学院博士課程修
●招待講師
伊藤 衣毬 愛知芸大油画在籍
●チューター
林 可奈葉 愛知芸大油画在籍/前川 宗睦 名古屋芸大大学院洋画修/三浦 紗和子 愛知芸大油画在籍
(2018年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)