名古屋校彫刻

観る力・感じる力・造る力。

彫刻の魅力の一つは、私達の生きている空間に実在していることです。
自分の思考やイメージから、感覚と身体を使ってそのものを実在させてみたい、そんな欲求の証が作品だと思います。
ここでは、一人ひとりの実感を大切にしながら可能性を広げ、未来につながる表現の始まりとして、大学進学とその先に続く制作の基礎となる、観る力・感じる力・造る力をはぐくんでいきます。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通学)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

彫刻本科では高卒生を対象に、一人ひとりの創造者としての感性や姿勢をはぐくみながら、芸大・美大合格をめざしてデッサンと塑造を軸に学んでいきます。豊富な入試情報とモチーフを用いた幅広いカリキュラムで、立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで対応します。

  • 1学期は、さまざまなモチーフや素材を使いデッサンや立体制作を通じて表現するうえで必要な観察力を身につけていきます。また発想・思考する力も各課題を通じて磨き、彫刻への理解と制作意欲の向上に力を注ぎます。
  • 2学期は、これまでの成果を再確認しながら、入試に即した課題・模試などを通じてテーマをより明確にし、個々の観察力と表現力の幅を広げ、深めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、入試に向けての時間対応と観察の精度の向上を追及しながら、判断力と表現力のグレードを上げていきます。志望校合格ラインを見据え、個々の持ち味を最大限に生かした対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●石膏デッサン
●石膏像模刻
●クロッキー
●素描
●静物塑造
●首像塑造
●動物塑造
●構成塑造
●工芸科合同授業
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~自己判断からの実践で表現力を磨く~
●自由制作
●首像塑造
●石膏デッサン
●構成塑造
●素描
●動物塑造
●石膏像模刻
●工芸科合同授業
●コンクール

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

専科

  • 専科
  • 専科

主に高3生を対象に、観察することを基本にしてデッサン力、塑造力の向上、制作を通じて彫刻への理解と表現する楽しさを大切にしたカリキュラムが展開していきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~自然観察と制作する姿勢を身につける~
●素描
●静物塑造
●自画像
●人体デッサン
●石膏デッサン
●石膏像模刻
●動物塑造
●構成塑造
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●自由制作
●石膏印象取り
●石膏デッサン
●構成塑造
●動物塑造
●首像塑造
●コンクール

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

遠方のため平日の通塾が困難な高3生を対象に、専科に準じた内容を効率よく学んでいきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~自然観察と制作する姿勢を身につける~
●素描
●静物塑造
●自画像
●石膏デッサン
●石膏像模刻
●動物塑造
●構成塑造
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●自由制作
●石膏デッサン
●構成塑造
●動物塑造
●首像塑造

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

早期から本格的に彫刻を学びたい高2生を対象に、専科に準じた内容を効率よく学んでいきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
全体保護者会
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
愛知芸大公開実技模試
3

【1学期】[彫刻表現Ⅰ]~自然観察と制作する姿勢を身につける~
●素描
●静物塑造
●自画像
●石膏デッサン
●石膏像模刻
●動物塑造
●構成塑造
●コンクール

夏期講習

【2学期】[彫刻表現Ⅱ]~観察力の向上と彫刻的要素の理解~
●自由制作
●石膏デッサン
●構成塑造
●動物塑造
●首像塑造

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

閉じる

彫刻の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

溝口 さつきさん

溝口 さつきさん

東京芸術大学
彫刻科

旭丘高校出身

日々の生活は充実していますか?楽しくて、嬉しくて、眠くて、苦しくて、悔しくて、そんなことがいっぱいだと思います。たまには立ち止まっても、進むことをやめないでください。転ぶときは前に転びましょう。支えてくれる人が必ず周りにいるはずです。私にはその人達がいてくれたからこの今があります。

門井 陽平さん

門井 陽平さん

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

金沢美術工芸大学
彫刻専攻

起工業高校出身

僕は入塾して初めてのコンクールで最下位から始まりました。しかしそれでへこたれることなく、毎回の授業で意識を高く持ち、目標を掲げることで実力をつけていくことができました。技術を学ぶのではなく、その像の成り立ちや魅力を感じる力を養うことでその人にしかない良さが生まれると思います。自分の感じたことを素直に表現することが、合格へ近づく道だと思います。

田中 亜衣美さん

田中 亜衣美さん

現役合格

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

名古屋大学教育学部附属高校出身

河合塾には、無料体験から参加して木炭の芯の抜き方から教えていただき、未知の何かに挑むような気持ちで入塾しました。どんな質問をすれば良いかさえ分からなかったので、他の人に指導している先生の話や独り言までも盗み聞きしてました。母から「楽しそうに予備校に通うとか変だよ」と言われましたが、楽しんで通えればそれ以上の幸せはないと思います。

大西 健太さん

大西 健太さん

現役合格

武蔵野美術大学
彫刻学科

多摩美術大学
彫刻学科

松蔭高校出身

普通科の高校で運動部を引退まで続けていた僕は、周りの美術科の高校生や浪人生よりかなり出遅れていました。けれどその分、刺激も多くて、自分よりレベルの高い人々と切磋琢磨できるとても良い環境だったと思っています。美術を志すのが遅かったと悔やまずに、ただ前だけを見ていられたのも河合塾のおかげだと思います。

OB・OGからのメッセージ

鈴木 一太郎 さん 彫刻家/名古屋大学付属中学校非常勤講師/金城学院中学校・高等学校非常勤講師

愛知県立芸術大学 彫刻専攻卒業
2007年度 彫刻本科
加納高校出身

鈴木 一太郎 さん

鈴木 一太郎 さん

高校を卒業し浪人生活をどうするか考えていたときに、河合塾の先生に誘っていただいたときのことを覚えています。今でも自分には美術の才能がないと思うことがあるのですが、当時は特に思い悩んでいました。
河合塾で学んだことは、作品をつくるうえで重要なことは才能ではなく、自分が何を考えていて何を表現したいのかということを知ることです。一緒に学んだ仲間や、先生たちの個性が強烈で、考え方や感じ方が自分と全然違うことに驚きました。一人ひとりがこんなに違うのなら、他人と才能を競っていても仕方がないと思い、自分自身の中にある本当に表現したい思いを深く見つめることができるようになりました。
そうして自分のやりたいことを追求するために作品をつくるようになると、自然と技術が身についていく実感がありました。そのときに身につけた技術に今でも助けられることがたくさんあり、その重要性を強く感じます。厳しくも親身に、そして温かく見守りながら指導してくださった先生たちに本当に感謝しています。
僕は今でも自信がありません。受験に向けて自分に自信が持てない人もいると思います。しかし、あなたが思っている以上に他人はあなたに興味がありません。他人と比べることをせずに、自分を見つめてみてください。

指導スタッフ紹介

若手からベテランまで、厳しさあり、優しさあり、笑いありの経験豊富なスタッフです。さまざまな課題を通じて、丁寧な指導を行い、志望大学合格までサポートします。

●レギュラー講師
粟野 禎之 東京芸大彫刻卒/今村 三木男 東京芸大大学院彫刻修/岡田 晃典 東京芸大大学院彫刻修
●招待講師
成田 麻美子 東京芸大彫刻在籍/溝口 さつき 東京芸大彫刻在籍
●チューター
並木 久矩 愛知芸大彫刻在籍
(2016年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00