名古屋校油絵

同じ志をもって。

受験時期の頑張りを一生忘れることはありません。隣で描くあの顔、この顔はライバルというより同じ目的を持った同士のような存在です。そんな彼らとともに得るのは、この時期、この場所だけにある絵画経験であり、それは人生のかけがえのない宝となるでしょう。
絵を描き続ける姿勢やどこまでも良いを追求する純粋さ、描くことでこの世界を、そして絵画そのものを見つめること。油絵専攻の講師は君たちの合格のため全力でバックアップします。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

油絵本科は高卒生を対象にしたコースです。学生各自の制作経験、志望大学に応じて丁寧に指導を進めていきます。第一志望大学合格へと導くため、5月中旬から東京芸術大学を第一志望にしたクラス(東京芸大クラス)と愛知芸術大学や他の公立大学を第一志望にしたクラス(愛知芸大・公立大学クラス)の2つのクラスに分かれ、おのおののカリキュラムに沿って制作を行います。併願する大学によりますが、多摩美術大学や武蔵野美術大学などの関東私大を第一志望にする学生は東京芸大クラスで制作します。

  • 1学期は、基本的な課題を中心に個々の問題点を明らかにし、5月中旬からクラス別の制作が始まり、多様な課題制作に並行し、デッサントレーニング期間に集中的に問題点を解消します。また銅版画ゼミを行います。
  • 2学期は、夏期講習後、3週間にわたり大作を制作し、1学期、夏期講習で身につけた造形力を更に伸ばします。空間表現を軸に素描、絵画表現(油彩)の研究を積み重ねます。
  • 3学期および入試直前期は、より入試を意識した課題を制作しながら試験日にピークを合わせ、合格をめざします。

愛知芸大・公立大学クラス

  • 愛知芸大・公立大学クラス
  • 愛知芸大・公立大学クラス

油絵本科愛知芸大・公立大学クラスでは、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、広島市立大学、尾道市立大学などの大学への入試に向けて対策を行うクラスです。基本的なモノを見る力を養い、各大学の入試に向けてそれぞれの表現力を磨きます。

  • 1学期は、5月中旬に愛知芸大・公立大学クラスに分かれてから、静物、人物(コスチューム、裸婦)、石膏などの課題に繰り返し取り組み、観察力を深めていきます。
  • 2学期は、見て描くことと並行して、作品の発想や構成、密度といった造形性を意識するさまざまな演習に取り組みます。また同時に素描の描写力を強化し、入試に即した課題、模試にも取り組んでいきます。
  • 3学期および入試直前期は、制作時間、課題内容を入試に設定し制作を行っていきます。各自のテーマをさらに深く掘り下げ、どのように表現し入試に対応していくのか、一人ひとりの資質を大切に受験に向けて対策を行っていきます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画、素描・油彩Ⅰ]~基礎造形力強化~
●東京、愛知・公立大 各クラス別課題
●素描、油彩基礎課題(石膏、静物、人物、想定)
●塑造、版画ゼミ授業

夏期講習

【2学期】[絵画、素描・油彩Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●東京、愛知・公立大 各クラス別課題
●素描、油彩基礎強化課題
●素描、油彩表現力強化課題(石膏、静物、人物、風景、想定)

冬期講習・3学期 [志望校別対策]

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

油絵専科は、高校3年生、本科に通えない高卒生を対象にしたコースです。初めての実技入試にも自信をもって臨めるよう、密度の高いカリキュラムを組み、丁寧な指導を進めていきます。
5月中旬から、第一志望により東京芸大クラスと愛知芸大・公立大学クラスに分かれ、おのおののカリキュラムに沿って制作していきます。

  • 1学期は、主要大学の特徴的な入試課題の制作、各大学の入試説明、面接などを通してクラス分けし、個々の資質を見いだす課題の合間にデッサントレーニング期間を設け、基本的な素描力を養成します。
  • 2学期の前半は、一次通過を目標に素描強化を徹底します。後半は、絵画表現(油彩)の組み立てを研究し、さまざまな課題を制作します。
  • 3学期および入試直前期は、より入試を意識した課題制作を行い試験日にピークを合わせ、現役合格をめざします。

愛知芸大・公立大学クラス

  • 愛知芸大・公立大学クラス
  • 愛知芸大・公立大学クラス

油絵専科の、愛知芸大・公立大学クラスは、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学などの公立大学を第一志望とする高校3年生や本科に通えない高卒生を対象としたクラスです。年間を通し対象を見る力をしっかり養いながら、各大学の入試内容に必要な表現力を個々の適性や進度を踏まえながら指導し現役合格をめざします。

  • 1学期は、石膏、人物、静物、風景などをモチーフに基本的な観察力と描く力を身につけていきます。各大学の入試説明も行います。
  • 2学期は、ドローイングや研究ゼミ、個別課題なども行い対象の見方や感じ方、表現力に幅を広げながら併願校なども具体的にしていきます。
  • 3学期および入試直前期は、各志望大学で予想される課題内容や試験時間の中で対応力、個々の絵の方向性、完成度を上げていきます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画、素描・油彩Ⅰ]~基礎造形力強化~
●素描、油彩導入課題
●東京、愛知・公立大 各クラス別課題
●素描・油彩基礎課題(石膏、静物、人物、想定)

夏期講習

【2学期】[絵画、素描・油彩Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●東京・愛知・公立大 各クラス別課題
●素描、油彩基礎強化課題
●素描、油彩表現力強化課題(石膏、静物、人物、風景、想定)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

遠距離などの理由で専科に通えない高3生、および高卒生を対象にしています。課題制作数は専科の半分ですが、専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。
5月中旬から、第一志望により東京芸大クラスと愛知芸大・公立大学クラスに分かれ、おのおののカリキュラムに沿って制作していきます。

  • 1学期は、主要大学の特徴的な入試課題の制作、各大学の入試説明、面接などを通してクラス分けし、個々の資質を見いだす課題の合間にデッサントレーニング期間を設け、基本的な素描力を養成します。
  • 2学期の前半は、一次通過を目標に素描強化を徹底します。後半は、絵画表現(油彩)の組み立てを研究し、さまざまな課題を制作します。
  • 3学期および入試直前期は、より入試を意識した課題制作を行い試験日にピークを合わせ、現役合格をめざします。

愛知芸大・公立大学クラス

  • 愛知芸大・公立大学クラス

愛知芸大・公立大学クラスは、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学などの公立大学を第一志望とする高校3年生や本科に通えない高卒生を対象としたクラスです。年間を通し対象を見る力をしっかり養いながら、各大学の入試内容に必要な表現力を個々の適性や進度を踏まえながら指導し現役合格をめざします。日曜専科では高校などの個別状況も考慮し課題を作成していきます。

  • 1学期は、石膏、人物、静物、風景などをモチーフに基本的な観察力と描く力を身につけていきます。各大学の入試説明も行います。
  • 2学期は、ドローイングや研究ゼミ、個別課題なども行い対象の見方や感じ方、表現力に幅を広げながら併願校なども具体的にしていきます。
  • 3学期および入試直前期は、各志望大学で予想される課題内容や試験時間の中で対応力、個々の絵の方向性、完成度を上げていきます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画、素描・油彩Ⅰ]~基礎造形力強化~
●素描、油彩導入課題
●東京、愛知・公立大 各クラス別課題
●素描・油彩基礎課題(石膏、静物、人物、想定)

夏期講習

【2学期】[絵画、素描・油彩Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●東京・愛知・公立大 各クラス別課題
●素描、油彩基礎強化課題
●素描、油彩表現力強化課題(石膏、静物、人物、風景、想定)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~対応力を身につけ、完成度を高める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

油絵高2日曜専科は、油絵科受験を志望する高校2年生を対象にしたコースです。美術科高校に通う経験者から、デッサンや油絵をこれから始める初心者まで、各自の制作経験年数や枚数に応じて丁寧に指導を進めていきます。先輩の高校3年生や高卒生と混ざって制作することで、技術力も含め、より高度なデッサンや油絵の勉強をすることができます。また各自の志望校を決定していくための入試説明会を実施し、最新の入試情報を提供していきます。

  • 1学期、2学期は、高校3年生や高卒生と同じアトリエで、東京芸大クラスと愛知芸大・公立大学クラスの課題を交互に制作します。おのおののクラスでオーソドックスな描写課題や言葉をもとにした発想課題など、さまざまな課題を制作することできます。これにより技術はもとより柔軟な思考や表現の幅を身につけ、早期より受験の準備をすることができます。
  • 3学期は、第一志望に応じたクラスでの制作となります。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
全体保護者会
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
愛知芸大公開実技模試
3

【1学期】[絵画基礎Ⅰ]~基礎実技力育成~
●素描、油彩導入課題(用具の使い方、描き方、絵の見方)
●専科・日曜専科各クラスとの合同課題
●素描、油彩(石膏、人物、静物、想定)

夏期講習

【2学期】[絵画基礎Ⅱ]~基礎造形力育成~
●専科・日曜専科各クラスとの合同課題
●素描、油彩(石膏、人物、静物、想定)

冬期講習

【3学期】[絵画表現基礎Ⅱ]~絵画表現力育成~
●基礎造形力の確認と表現への試み

閉じる

油絵の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

北原 睦美 さん

北原 睦美 さん

東京芸術大学
油画専攻

旭丘高校出身

私は1年を通して息抜きばかりしていました。勝手で適当な私でしたがそんな私の絵のこと、考え方なども理解してご指導してくださった先生方には本当に感謝しています。それだけでなく親や塾関係者の方々など多くの人の支えがあり、このような環境の中で浪人生活が送れたことにも感謝の気持ちでいっぱいです。1年間ありがとうございました。

小西 航生 さん

小西 航生 さん

武蔵野美術大学
油絵専攻

多摩美術大学
油画専攻

東京造形大学
絵画専攻

旭野高校出身

私は絵を描くとき考え込み、手が止まることが多々ありましたが、河合塾では自分のペースを保って描くことができたので、多くの作品を仕上げ成長につなげることができました。先生方が自分の絵の長所を見つけて、考え方の指針を指導してくださったので、自分で考えて描く力を伸ばすことができ、自由で自分らしい作品を作る原動力になったと思います。

磯村 実希 さん

磯村 実希 さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

工芸高校出身

なぜ絵を描いているのか悩むことは何度もあったけど、そうやって気分が落ち込んだときに美術館に行ったり、画集を見ているとやっぱり芸術に触れているのが心地いいなって。その気持ちを大切にしていたからの結果だったと思います。私は時間がかかりましたが、自分の気持ちや自分の絵を信じて見失わないようにしていたら結果がついてくるのかな。

上野 望 さん

上野 望 さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

浜松江之島高校出身

私は一人暮らしで浪人生活をしていました。アルバイトをしながら勉強、塾と大変で体調を崩したり、自信を失くしたりしてあまり塾に行けない時もありましたが、先生方が私の強みや興味のありそうな画家の作品などを教えてくださり、少しずつ「頑張ろう」という気持ちになることができました。親身になって一人ひとり指導してくださる先生のおかげで合格することができました。

西本 樹生 さん

西本 樹生 さん

現役合格

愛知県立芸術大学
油画専攻

高蔵寺高校出身

基礎高1・2年ではさまざまな専攻の先生の話を聞くことができ、美術といっても本当に幅広いということを知りました。3年生からは油絵専科で、さまざまなモチーフや絵に対する先生の熱い指導のおかげで毎日が刺激的で楽しかったです。愛知県立芸術大学に合格できたのは、あきらめずに努力したことと、ずっと付き添っていただいた先生方、河合塾のおかげです。

酒井 玲美 さん

酒井 玲美 さん

現役合格

武蔵野美術大学
油絵専攻

知立東高校出身

美大受験に向けて、辛いこともありましたが、己に打ち勝つことが大事だと感じました。守っているだけでは何の進歩もありません。いろいろなことに挑戦して、自分の視野を広げ、感性を磨くことが良い制作につながったと思います。美術館や展覧会に積極的に足を運び、さまざまな分野からの刺激を得ることはとても大事です。周りの圧力に負けないで、自分を貫いてください。

OB・OGからのメッセージ

横山 奈美さん 画家

愛知県立芸術大学大学院 油画専攻修了
2003年度 基礎高1・2年専科/2004年度 油絵専科/2005年度 油絵本科
聖マリア女学院高校出身

横山 奈美さん はじめまして。私は現在、画家として制作活動をしています。時々高校の講師や、大学の非常勤講師の仕事もしています。画家と聞いてもピンとこない人もいると思います。河合塾美術研究所に入る前の私も、画家の道を選ぶとは思ってもいませんでした。
中学・高校ではとても内気で何にも熱中できなかった私に、河合塾美術研究所は少し自信を与えてくれた場所でした。描くごとに手応えがあり、もちろんうまく描けなくて涙を流したこともありましたが、自分が納得できる作品ができたときは高揚感があったことを覚えています。先生方は、頻繁にアドバイスするよりもその生徒が自分で気づくまで待ってくれたり、答えは言わないけれど答えに辿り着けるような一言を仰ってくれました。私にはその答えを自分で探すスタイルがとても合っていて、基礎的なことを学びつつ、自分の好きな色、描き方、質感などこだわりを持つことができました。それが自信につながったのだと思います。
現在は一つのシリーズとして静物画を描いています。それは、大学のときに絵画の技法や描画材など試してみて、予備校で描いた静物画を油彩で描くという私の絵画の原点にもう一度戻ってみようと思ったのがきっかけでした。予備校での作品が原点だと思えたのも、ただ習い事として絵を描いていたのではなく、自主的に作品として取り組めていたからだと思います。河合塾美術研究所で、ぜひ譲れないこだわりを見つけて欲しいです。大学ではそのこだわりがとても大切になってきます。画家になっても同じです。自分で納得できる作品を描けるようお互い頑張りましょう!

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

一人ひとり。人と絵との対話を指導の入口とし、合格という出口と出発点をめざし、実技指導はもちろん人生相談まで幅広く。いろんなタイプの先生達です。

●レギュラー講師
小谷 浩士 愛知芸大大学院油画修/近藤 佳那子 愛知芸大大学院油画修/大勝 純一 東京芸大大学院油画修/登山 博文 愛知芸大大学院油画修/冨谷 悦子 東京芸大大学院版画修/柗尾 貴光 愛知芸大大学院油画修
●招待講師
大野 不動 愛知芸大油画在籍/宮坂 恵子 愛知芸大大学院博士課程在籍/山下 宏子 東京芸大油画在籍
●チューター
石黒 小百合 愛知芸大油画在籍/前川 宗睦 名古屋芸大大学院洋画修/三浦 紗和子 愛知芸大油画在籍
(2016年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00