名古屋校油絵

ここが作家のいしずえ

河合塾油絵専攻は、これまでにアーティストはもちろん、イラストレーター、デザイナー、漫画家、陶芸家など、さまざまな分野の作家を輩出してきました。絵画を描き、学ぶことは、世界の見方の幅や奥行きを知るスタート地点です。モチーフとの、自分との、仲間との、そして講師との対話。アトリエでの対話はすべて作家の礎になります。指導講師は、自身もそのように学び思考し実践してきた経験を生かし、君たちの作家としてのスタートを全力でバックアップします。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 高2専科[高2生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

本科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。毎年、変化する入試出題に必要な臨機応変な対応力と絵画表現を豊かにイメージする力を大切にし、描く力はもちろん、作品に奥行きを与える考える力を最大限に引き上げます。学生一人ひとりの制作経験や資質を生かした指導と、次の絵につながる丁寧な講評を通して合格へと導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心に素描、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、制作期間を長く取った素描・油彩課題を、個人指導と講評により長所を引き出し、自らの絵のイメージをかたちにします。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題と入試を意識した制作により、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス
  • 愛知芸大クラス

本科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。愛知芸大入試に直結した課題や、素描・油彩のバランスを考えたカリキュラムと、一人ひとりの弱点の自覚を促し次の制作につながる適切なアドバイスにより、描写力や表現力を養成します。愛知芸大の入試出題傾向や合格基準、入試結果詳細を知りつくした講師スタッフが合格へと導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までに必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題と入試を意識した制作により、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

金沢美大クラス

  • 金沢美大クラス
  • 金沢美大クラス

金沢美大クラスは、金沢美術工芸大学、広島市立大学、筑波大学など、入試で石膏デッサンや人物油彩が課される大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。対象となる物体(石膏像や人体)の構造や形態の成り立ち、特徴や部分の違いなどを見ることができる観察力を養い、空間と対象の関係を、描写を通じて理解し、合格水準の描ける力を育成します。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、石膏デッサン、人物油彩制作を交互にくり返し、観察力と造形力を徹底的に深めていきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験時間内での制作で完成度を上げ、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

専科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。初めての実技入試にも自信をもって臨めるよう、密度の高いカリキュラムを組み丁寧な指導を進めていきます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、近年の芸大に特徴的な素描課題や、発想と表現の関係性を探る油彩課題で各人の構想力・表現力を強化します。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス
  • 愛知芸大クラス

専科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。対象を見る力をしっかり養い、個々の適性や進度を踏まえた指導により合格に導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までの必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

金沢美大クラス

  • 金沢美大クラス

専科・金沢美大クラスは、金沢美術工芸大学や広島市立大学、筑波大学など、入試で石膏デッサンや人物油彩が課される大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。石膏、人物を繰り返し描き、入試に必要な基礎力を確実につけていきます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本課題を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、さまざまな石膏像、人物モデルをじっくりと繰り返し描き、描ける自信と実力を上げていきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験と同じ制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

高2専科

  • 高2専科
  • 高2専科

高2専科は、油絵科受験を志望する高校2年生を対象にしたコースです。美術科高校に通う経験者から、これからデッサンや油絵を始める初心者まで、各人の制作経験年数や枚数に応じて丁寧に指導を進めて行きます。先輩である高3生や高卒生と一緒に制作することで、技術力も含め、より高度なデッサンや油絵の勉強をすることができます。また各人の志望校を決定するための入試説明会を実施し、最新の入試情報を提供していきます。

  • 1学期・2学期は、高校3年生と同じアトリエで、東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢美大クラスの課題を交互に制作します。各クラスでオーソドックスな描写系課題や言葉をもとにした発想系課題など、さまざまな課題を制作することができます。これにより技術はもとより柔軟な思考や表現の幅を身につけ、早期より油絵科受験の準備をすることができます。
  • 3学期は志望に応じたクラスでの制作となります。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本課題を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、近年の芸大に特徴的な素描課題や、発想と表現の関係性を探る油彩課題で各人の構想力・表現力を強化します。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までの必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

金沢美大クラス

  • 金沢美大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本課題を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、さまざまな石膏像、人物モデルをじっくりと繰り返し描き、描ける自信と実力を上げていきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験と同じ制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

高2日曜専科は、油絵科受験を志望する高校2年生を対象にしたコースです。美術科高校に通う経験者から、これからデッサンや油絵を始める初心者まで、各人の制作経験年数や枚数に応じて丁寧に指導を進めて行きます。先輩である高3生や高卒生と一緒に制作することで、技術力も含め、より高度なデッサンや油絵の勉強をすることができます。また各人の志望校を決定するための入試説明会を実施し、最新の入試情報を提供していきます。

  • 1学期・2学期は、高校3年生と同じアトリエで、東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢美大クラスの課題を交互に制作します。各クラスでオーソドックスな描写系課題や言葉をもとにした発想系課題など、さまざまな課題を制作することができます。これにより技術はもとより柔軟な思考や表現の幅を身につけ、早期より油絵科受験の準備をすることができます。
  • 3学期は志望に応じたクラスでの制作となります。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

油絵の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

上原 咲歩さん

上原 咲歩さん

多摩美術大学
油画専攻

愛知県立芸術大学
油画専攻

旭丘高校出身

現役時代は愛知コース、浪人時代は東京コースでしたが、2つのコースを通して自分に合う考え方を見つけられてよかったと思っています。東京コースで自分がなにを描きたいのかをずっと聞かれたことはこれからも忘れません。受験のための絵でも自分の描きたい絵を描くことが一番の近道で、どんな結果であれ自分の納得できるものになると思います。

関戸 みなさん

関戸 みなさん

武蔵野美術大学
油絵専攻

東京造形大学
絵画専攻領域

愛知高校出身

2年間東京クラスで頑張って、辛いこともたくさんあったけど、先生や友達に恵まれて最後まで乗り切ることができました。塾生作品展では楽しく描けた絵が評価されたことがうれしかったです。辛いこともたくさんあると思いますが、楽しく頑張ってください!

川越 友晴さん

川越 友晴さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

大同大学大同高校出身

合格することが一番大切なことだと考えていた自分は1浪目で不合格がわかったとき、何もする気になれませんでした。同じ日、高校時代所属していた吹奏楽部のコンサートに行き、彼らの一生懸命な姿に感動し、合格することばかり考えていた自分でしたが、来年は自分が納得できるような一年を送ろうと思いました。100%に少しでも近い努力を。

岡本 晏奈さん

岡本 晏奈さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

武蔵野美術大学
油絵専攻

向陽高校出身

試験当日に何があっても動揺しない自信と、多少のアクシデントがあっても問題ないような経験を積んでいればよいと思います。愛知県立芸術大学は今年、一次試験で定規の使用が禁止になりました。試験監督に注意されて焦ったとしても、きちんと仕事ができれば問題ありません。当日に自信をもって絵を描けるように、一年間真面目に頑張ってください。

青山 啓佑さん

青山 啓佑さん

金沢美術工芸大学
油画専攻

武蔵野美術大学
油絵専攻

東京造形大学
絵画専攻領域

時習館高校出身

鏡を見て自分について考え、自画像を描いてみましょう。解剖学的なことも学び、考えて描いていましたが、それ以上にシワやばいなとか、髪型ダサいなということを考えて描いた方がリアルに近づきました。アカデミックな技術は確実に力になりますが、絵をよくするのは自分の好きや興味関心です。自分の好きを何より大切にして過ごしてください!

松井 唯さん

松井 唯さん

金沢美術工芸大学
油画専攻

阿久比高校出身

本科生は毎日が制作で、どんなに絵を描くことが好きでも正直苦しいと感じるときがありましたが、今思えば一番実力が身につき、自身の制作やアートに対し、改めてキチンと向き合うことができる貴重な時間でした。大学に入学してからも、この気持ちや経験は決して忘れることはありません。現在の制作にも生かされていると実感しています。

杉下 睦実さん

杉下 睦実さん

現役合格

武蔵野美術大学
油絵専攻

名古屋女子大学高校出身

私は河合塾美術研究所に基礎高・油絵専攻と3年通い、自己推薦で武蔵野美術大学を受験しました。その際、河合塾の先生に自己アピール文や持参作品のアドバイスをいただいたり、親身になって相談に乗っていただきました。そして無事合格することができました。いろいろな面でたくさんのサポートをしていただき、本当にありがとうございました!

村瀬 匠さん

村瀬 匠さん

現役合格

愛知県立芸術大学
油画専攻

豊明高校出身

僕は高校2年生の頃から油絵科で描いていました。初めは絵を描くことが楽しくありませんでしたが、ある程度枚数をこなしていくにつれ、絵を描くのが楽しくなり、積極的に制作に取り組めるようになりました。入試直前は先生にあれこれ言われ絵が硬くなりがちですが、入試本番で描く絵も硬くならず最大限楽しんで絵を描くことが大事です。

廣瀬 皓大さん

廣瀬 皓大さん

現役合格

金沢美術工芸大学
油画専攻

愛知総合工科高校出身

入塾したての頃は改善点もよく見え、1枚ごとに自分の絵が良くなっていくのがわかりました。枚数を重ねるにつれ、改善点がわかりづらくなり、上達のペースが落ちます。そういったときは河合塾の先輩が残した作品や先生のアドバイスを参考にして自分に足りないことを見つけることができます。しっかり自分と向き合ってあきらめずに頑張ってください。

OB・OGからのメッセージ

玉山 拓郎さん 美術作家/多摩摩美術大学非常勤講師

東京芸術大学 大学院美術研究科絵画専攻油画研究分野修了
2008年度 油絵専科
多治見北高校出身

玉山 拓郎さん

現在、作家として活動する傍ら、多摩美術大学に非常勤講師として勤めています。
河合塾に通っていたのはもう10年以上前になりますが、あの頃、この場所で過ごした時間は、たしかに今の活動の下敷きになっています。受験を乗り越えるための術を学んだ、技術的なスキルを得た、もちろんそれもありますが、それ以上に大切な、当時の今その時が自分にとってとても重要なひとつの始まりであることを教えてもらいました。(正確に言うと長い作家人生への準備の始まり、かもしれないけれど。)それは自分が今後どんな未来をどのように生きていくのかを真剣に考える、ということでもあります。
当たり前のことですが、大学に入ることがゴールではありません。
いざ大学に入っても、その先に活動を続けられている人は正直少ないです。つくり続けることは簡単だろうと思います。しかし、作家として独立した責任と立場を強く持って活動していくのは決して易しいものではありません。そのうえで、つくり続けていくこと。そのためのきっかけと自信を、この場所で持つことができました。
講師の方々は先生であり作家としての先輩でもあります。振り返ると、まだ始まったばかりの自分の作家人生のプロローグで、そういった人たちと出会えたことは素晴らしいことだったと思います。そしてこの出会いは自分がつくり続けていれば、同じようにいつまでも続いていくものです。先生を信じて、そして自分を信じて、頑張ってください。まだまだこれからです。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

一人ひとり。人と絵との対話を指導の入口とし、合格という出口と出発点をめざし、実技指導はもちろん人生相談まで幅広く。いろんなタイプの先生達です。

●レギュラー講師
浅野 桃子 東京芸大大学院博士課程修/小谷 浩士 愛知芸大大学院油画修/大勝 純一 東京芸大大学院油画修/田島 秀彦 愛知芸大大学院油画修/登山 博文 愛知芸大大学院油画修/宮坂 恵子 愛知芸大大学院博士課程修
●招待講師
伊藤 衣毬 愛知芸大油画在籍
●チューター
林 可奈葉 愛知芸大油画在籍/前川 宗睦 名古屋芸大大学院洋画修/三浦 紗和子 愛知芸大油画在籍
(2019年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)