名古屋校日本画

自分の可能性と向き合う。

「日本画」という言葉から、皆さんはどんなイメージを描きますか?
日本の風土や自然観、心情や感性。日本画の顔料や墨、和紙といった素材。皆さんが何に興味を持ち、どんな絵を描いていくのか…。日本画はそんなさまざまな可能性に応えてくれます。
日本画専攻では、物をよく観察することを大切にし、基礎から応用へと段階的に身につけていきます。自分の可能性と向き合う1年は、一生の記憶に残る充実したものとなるでしょう。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生]
  • 日曜専科[高3生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

今年から初めて芸大・美大にチャレンジする初心者から、よりハイレベルな大学をめざす経験者まで、一人ひとりの個性や実力に応じたカリキュラムを行います。観察力と描写力から生まれる「写生力」を身につけることを目標として、石膏デッサンや静物着彩などの基本的な課題から、ゼミや屋外スケッチ、自分たちでモチーフを考える特別課題など幅広いカリキュラムを通して学んでいきます。それらのベーシックな力を、定期的に行われる一人一卓静物着彩やコンクールを通して確認していきましょう。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画表現Ⅰ]~基礎造形力強化~
●ガイダンス
●クラス分けコンクール
●各種ゼミ(構図、計測、絵具など)
●屋外スケッチ授業
●美術館見学
●東山動植物園スケッチ
●東京芸大公開実技模試(一次対応)
●1学期末コンクール(石膏デッサン、静物着彩)

夏期講習

【2学期】[絵画表現Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●日本画制作(岩絵具、和紙使用)
●東京芸大公開実技模試(二次対応)
●生徒がモチーフを考える静物着彩
●愛知芸大公開実技模試
●推薦入試対策(個別指導)
●屋外スケッチ授業
●デイキャンプ
●一人一卓静物着彩
●名古屋校・新宿校合同コンクール
●2学期末コンクール(石膏デッサン、静物着彩)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~絵で表現することを深める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30[日]9:30~18:00

専科

  • 専科
  • 専科

主に高校3年生を対象としています。1学期は観察力を身につけること、そして絵具などの道具の扱い方を学んでいきます。2学期は日本画受験で出題頻度の高い石膏デッサン、人物着彩、静物着彩を中心に、見えている世界をどのように画面で表現するかを学びます。また実技模試を通して実戦的なアプローチも習得していきます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画表現Ⅰ]~基礎造形力強化~
●ガイダンス
●制作用具の紹介と扱い方
●基礎からの静物デッサン
●基礎からの石膏デッサン
●基礎からの人物着彩
●静物着彩特訓週間
●屋外スケッチ授業

夏期講習

【2学期】[絵画表現Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●日本画制作(岩絵具と向き合う)
●石膏デッサン:基礎から応用へ
●静物着彩:基礎から幅広い表現へ
●人物着彩:基礎から応用へ
●愛知芸大公開実技模試
●屋外スケッチ授業
●推薦入試対策
●大学別対策課題
●水彩ゼミ課題
●名古屋校・新宿校専科合同コンクール(静物着彩)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~絵で表現することを深める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

主に専科に通塾できない高校3年生を対象としています。授業は、写生の基礎となる観察力を学び、また観察で得た情報を素直に表現する姿勢を身につけます。静物デッサン、石膏デッサン、人物着彩、静物着彩をバランスよく制作し、それぞれの課題のポイントを基礎からじっくり学んでいきます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
第1回全統マーク模試
全体保護者会
第2回全統マーク模試
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
大学入試センター試験出願
愛知芸大公開実技模試
第3回全統マーク模試
全統センター試験プレテスト
3

大学入試センター試験
修了会
【1学期】[絵画表現Ⅰ]~基礎造形力強化~
●ガイダンス
●制作用具の紹介と扱い方
●基礎からの静物デッサン
●基礎からの石膏デッサン
●基礎からの人物着彩
●静物着彩特訓週間
●屋外スケッチ授業

夏期講習

【2学期】[絵画表現Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●日本画制作(岩絵具と向き合う)
●石膏デッサン:基礎から応用へ
●静物着彩:基礎から幅広い表現へ
●人物着彩:基礎から応用へ
●愛知芸大公開実技模試
●屋外スケッチ授業
●推薦入試対策
●大学別対策課題
●水彩ゼミ課題
●名古屋校・新宿校専科合同コンクール(静物着彩)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~絵で表現することを深める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

直前講習

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

高校2年生を対象としています。授業は、写生の基礎となる観察力を学び、また観察で得た情報を素直に表現する姿勢を身につけます。静物デッサン、石膏デッサン、人物着彩、静物着彩をバランスよく制作し、それぞれの課題のポイントを基礎からじっくり学んでいきます。

カリキュラム

1

入塾ガイダンス
全体保護者会
2

保護者会(三者面談)
塾生作品展
愛知芸大公開実技模試
3

【1学期】[絵画表現Ⅰ]~基礎造形力強化~
●ガイダンス
●制作用具の紹介と扱い方
●基礎からの静物デッサン
●基礎からの石膏デッサン
●基礎からの人物着彩
●静物着彩特訓週間
●屋外スケッチ授業

夏期講習

【2学期】[絵画表現Ⅱ]~絵画表現力の強化~
●日本画制作(岩絵具と向き合う)
●石膏デッサン:基礎から応用へ
●静物着彩:基礎から幅広い表現へ
●人物着彩:基礎から応用へ
●愛知芸大公開実技模試
●屋外スケッチ授業
●推薦入試対策
●大学別対策課題
●水彩ゼミ課題
●名古屋校・新宿校専科合同コンクール(静物着彩)

冬期講習

【3学期】[志望校別対策]~絵で表現することを深める~
入試に向けて、それぞれの志望大学に応じた課題の対策を行います。
入試本番を間近に控え実践力を強化します。

閉じる

日本画の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

山田 卓人さん

山田 卓人さん

東京芸術大学
日本画専攻

加納高校出身

河合塾で一番良かったことは、多くの先生が違った言葉でアドバイスしてくれることです。最初は理解できなかったり、整理できないときがありました。でも先生は確実に上達できる言葉をくれます。それを自分の言葉に変換し、積み重ねることで自分の武器を見つけることができます。僕はその武器を試験で100%発揮できたので合格できたと思います。

松川 華子さん

松川 華子さん

現役合格

広島市立大学
日本画専攻

名古屋芸術大学
日本画コース

西尾東高校出身

私はずっと運動部で活動して、2年生の進路調査で美術に進むことに決めたので、周りの人達より少し遅いスタートでしたが、こうして合格できました。大切なのは分からないことは先生に積極的に聞いて、自分でしっかり納得してから次に進むことだと思います。始めるのが遅くても十分間に合うと思うので、これから美術に進もうと思っている方も頑張ってほしいです。

OB・OGからのメッセージ

赤尾 真代 さん イラストレーター

東京芸術大学 日本画専攻卒業
1999年度 基礎高1・2年専科/2000年度 日本画専科/2001年度 日本画本科
金城学院高校出身

赤尾 真代 さん

2007年に東京芸大の日本画専攻を卒業し、会社員を経て今はフリーランスのイラストレーターとして活動しております。
大学の4年間は本当にあっという間で、今は日本画をまったく描いていないせいか当時どんな授業を受けて講評会で何を言われていたか、ほとんど忘れてしまいました。ですが、それよりも短い河合塾時代に言われたこと、学んだことは驚くほど体に染み着いています。毎日ひたすら絵を描いて山ほど指導される日々は、ありそうで無いとても充実した時間でした。
河合塾を卒業してもう10年以上経ちますが、今でも仕事中絵を描いていると
「赤尾~ちょっと下がって」
「ここアリさん歩いていけるかい?」
「自分が教授だったらこの絵合格させるの?」
などと先生の声が聞こえます。あっ引いて見ないと…と我に返り、アリを歩かせ、教授になって審査しています。
イラストレーターは画家と違い、注文主がいてその希望通りに描くという仕事がほとんどです。フリーランスなので「なんでも描きます」とは言うものの、予想もつかない媒体やさまざまなタッチ等あらゆる要求に応えるのはとても大変で、毎回てんやわんやしながら描いています。表現方法をいろいろと変えるには、基礎の土台がしっかりしていることが不可欠です。河合塾で学ぶことは大学入試のための技術と思われがちですが、振り返ってみれば本当に学んでいたものは、大学卒業後も一生使えるこの土台づくりだったなと思います。
そして、土台づくりと共にやればやっただけ身になることを実感できたのも貴重な経験でした。社会に出て、世の中にはなんだか凄い人達が思った以上にたくさんいて途方に暮れてしまいますが、この時叩き込まれて必死でつくった土台の上で、今後も必死にもがこうと思います。いつも親身にサポートしてくださった先生方や周りの環境、両親に改めて感謝しています。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ写真

ベーシックな指導から各自の個性を生かしたゼミまで、さまざまなカリキュラムを実現するスタッフです。過去10年間で東京芸大33名、愛知芸大100名以上の合格者を輩出しています。

●レギュラー講師
稲垣 洋介 東京芸大大学院日本画修/植田 浩 愛知芸大大学院日本画修/木曽 浩太 愛知芸大大学院油画修/橘 泰司 愛知芸大大学院日本画修/成田 吉毅 多摩美大大学院日本画修/本地 裕輔 愛知芸大大学院日本画修/宮川 翠 東京芸大大学院日本画修
●招待講師
加藤 千奈 東京芸大大学院日本画修/久保田 木都 東京芸大日本画在籍/三田 尚弘 東京芸大大学院日本画修/中西 真由香 愛知芸大日本画在籍/古山 結 東京芸大大学院日本画在籍
●チューター
河合 亮平 愛知芸大大学院日本画修/鈴木 博稀 愛知芸大日本画在籍/外山 諒 愛知芸大日本画在籍
(2016年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00