名古屋校美術総合・京都芸大

『美術』への道しるべ。

美術を志そうとする人は、まず美術の幅をいろいろと体験することです。
その中で、さまざまなものの観方や感じ方、捉え方や考え方、興味や探究心が生まれ、そこから、自分が志す描き手やつくり手などの「美術の道」が見え始めるのです。
当専攻では、美術の共通基礎を学ぶと共に、絵画・彫刻・工芸・デザイン・映像など、すべての分野が同居する中で、一人ひとりが可能性を探り、自分の道に向かいます。

  • 総合コース 本科[高卒生]・専科[高3生・高卒生]
  • 京都芸大コース 本科[高卒生]・専科[高3生・高卒生]・高2日曜専科[高2生]

設置クラス

総合 本科 高卒生 [月~水](9:30~16:30) [日](9:30~18:00)
総合 専科 高3生・高卒生 [月~水](17:30~20:30) [日](9:30~18:00)
総合 平日専科 高3生・高卒生 [月~水](17:30~20:30)
総合 日曜専科 高3生・高卒生 [日](9:30~18:00)

総合コース

  • 総合コース
  • 総合コース

これから美術を初歩から始めようとしている人、今は何に向いているか分からず迷っている人、あるいは、やりたいことが複数だったり、美術全般を勉強したい人など幅広く対応していくコースです。志望分野や志望大学、年齢、実技経験の有無は問いません。まずは美術の体験と基礎学習を中心に、一人ひとりの個性や資質に合った目標づくりと受験対策を進めていきます。
対象となる美術分野は、日本画、洋画、版画、彫刻、アニメーション、マンガ、デザイン、工芸、ファッション、建築、舞台美術、先端美術、こども美術、医療美術、修復美術などで、自己推薦入試や社会人入試、帰国子女入試などの特殊な入試対策も行います。
授業では、美術を知ることを基盤として、各種講義とデッサン、着彩、色彩表現、立体造形などの実技を行っていきます。進路決定のための分野・大学紹介や、他専攻での体験授業も実施します。2学期以降は、それぞれの志望に合わせた授業内容を個別に設定し、推薦型選抜、一般選抜に向かって対策を進めていきます。

共通課題

授業Close UP
野外制作 〈海辺での空間造形〉

美術体験〈日本画〉

浜辺で拾い集めた物や砂を使ったインスタレーション体験です。
毎年10月の祝日に行う恒例授業で、新舞子海岸に行き、海を背景とした広い空間の中、それぞれがその場で感じたこと、表現したいことを大切にしながら、3~4人のグループで制作しました。

自由制作
(塾生作品展出品作品)

自由制作

2学期始めの2週が制作期間です。
生徒一人ひとりが趣向を凝らし、自分たちの可能性に向き合います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

京都芸大 本科 高卒生 [月~水](9:30~16:30) [日](9:30~18:00)
京都芸大 専科 高3生・高卒生 [月~水](17:30~20:30) [日](9:30~18:00)
京都芸大 平日専科 高3生・高卒生 [月~水](17:30~20:30)
京都芸大 日曜専科 高3生・高卒生 [日](9:30~18:00)
京都芸大 高2日曜専科 高2生 [日](9:30~18:00)

京都芸大コース

  • 京都芸大コース
  • 京都芸大コース

京都市立芸術大学のすべての専攻を主にして京都の私立大学や他の併願大学も含めて入試対策を進めていくコースです。
京都市立芸術大学は、美術学校として日本最古の長い歴史の中で豊富な経験と優れた実績を有しています。現在の美術学部は美術科(日本画、油画、彫刻、版画、構想設計)、デザイン科(ビジュアル・デザイン、環境デザイン、プロダクト・デザイン)、工芸科(陶磁器、漆工、染織)、総合芸術学科(総合芸術学)の4学科(12専攻)から成り立っていますが、専攻の選択は入学後2回生以降に行います。
入試での実技課題は全科共通で「描写」「色彩」「立体」の3つです。入試の基盤となるのは「物をよく観て描く」「自由に色を使う」「自由に形をつくる」という最も基本的なものです。 授業では観察することを中心に、美術の知識や実技に関する各種講義、基本演習、表現体験などを通して基礎実技力と表現感覚を育て、入試に必要な実技力と対応力を幅広く養成していきます。

共通課題

授業Close UP
美術体験〈日本画〉

美術体験〈日本画〉

プロの日本画家の指導による絵画制作実習です。
絵を描く過程のおもしろさを実感できるように、和紙のどうさびき、地塗り、箔貼り、揉み紙技法による絵面づくりを体験しながら、岩絵具などの日本画の画材を使って好きなものを描きました。

自由制作
(塾生作品展出品作品)

自由制作

2学期始めの2週が制作期間です。
生徒一人ひとりが趣向を凝らし、自分たちの可能性に向き合います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

美術総合・京都芸大の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

佐藤 志織さん

佐藤 志織さん

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科

京都美術工芸大学
工芸領域

京都造形芸術大学
ビジュアルコミュニケーションデザインコース

暁高校出身

この専攻はさまざまな志望分野の人たちが集まっているので自分の志望以外の分野から学べることがたくさんあります。個別の対策も先生方が真摯に対応してくださるし、他のクラスの人たちとは違った個性のある作品ができると思います。毎回、自分が納得できる作品をつくろう、制作を楽しもうという気持ちを忘れずに、第一志望合格に向けて頑張ってください!

磯野 貴一さん

磯野 貴一さん

金沢美術工芸大学
工芸科

春日井高校出身

美術総合では、基礎を叩き込まれました。受験でトリッキーな課題が出たとき、教えられた基礎をフル活用して合格できました。基礎があるかどうかで作品は大きく変わると思います。色の使い方、きれいで魅力的な構図、いろいろなことを教えてもらえるところが美術総合のいいところだと思います。あと、センター試験は死ぬほど大事です。

鵜飼 紘基さん

鵜飼 紘基さん

現役合格

京都市立芸術大学
美術科

多治見高校出身

画塾と言われると堅苦しく思われがちですが、河合塾美術研究所は先生と気軽に会話ができ、先輩・後輩の壁を越えてコミュニケーションがとれます。最初は友達ができるか心配でしたが、すぐにできて一緒に戦う仲間が心の支えになりました。それぞれの友達がそれぞれ独特な感性を持っているので毎日が発見の連続です。河合塾で本当に良かったです。

中村 美月さん

中村 美月さん

現役合格

京都市立芸術大学
工芸科

春日井南高校出身

形がとれなくて、ただひたすら形がとれなくて、最後まで形がとれなくて、試験の時も形がとれなかったけど、受かりました。皆さんも形がとれるように頑張ってください。私も形をとれるようにこれからも頑張ります。

OB・OGからのメッセージ

小笠原 理惠さん ゲームデザイナー・イラストレーター

京都市立芸術大学 構想設計専攻卒業
2014年度 京都芸大専科
旭丘高校出身

小笠原 理惠さん

小笠原 理惠さん

構想設計専攻では従来の芸術のジャンルとはまた違った手段で、ヒトとのかかわり、そして社会、自然などを拾い上げて表現してゆく、といったことを研究しています。その中で、私は手描きアニメーションで「記憶という情報」を中心にした作品づくりをしていました。さまざまなことに挑戦したいと思える環境下だったので、在学中にイラストである賞をいただいてから、書籍などのイラストレーターのお仕事もフリーでやり始め、今はまたそれとも別のゲーム会社に就職して、3Dやゲームエンジンをいじったりしています。ご覧の通り好き勝手やっている感じです。
ただそんな私も受験時代はすごく思考や行動が固く、なかなか惹かれるものを見つけ出せずにいました。そこへ「もっと挑戦していい」と感じられたのは、河合塾の京都芸大コースでたくさんの人や幅広い作品たちに触れ合って、揉まれてからなのかもしれません。また、そのときの貪欲に理想を探した経験は、いまだに「まだやれる」と意識を持つための大切な指標になっているのだと思います。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

多方面の分野から集結したプロの美術家たちです。
確かな実績を元に皆さんの夢を全力でサポートします。

●レギュラー講師
井手窪 真季 京都芸大美術卒/河合 歩美 愛知芸大デザイン在籍/竹森 千晴 愛知芸大大学院彫刻修/藤野 直也 愛知芸大大学院日本画修
●招待講師
土屋 さおり 京都芸大デザイン在籍
●チューター
佐久間 七海 愛知芸大彫刻在籍/鈴木 涼平 愛知芸大彫刻在籍/安田 圭 愛知芸大デザイン在籍
(2019年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)