名古屋校彫刻

表現を楽しみ感度を磨く

彫刻とは素材に直接手を触れ、自分のイメージや考えを存在させる芸術です。観察を通して美しさを知り、実感することで見えない内側にも大切な意味を学びます。ここでは一人ひとりの可能性を広げながら大学進学と先につながる制作活動を見据え、表現を楽しみ、ともに感度を磨いていきます。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 高2専科[高2生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

彫刻本科では高卒生を対象に、一人ひとりの創造者としての感性や姿勢をはぐくみながら、芸大・美大合格をめざしてデッサンと塑造を軸に学んでいきます。豊富な入試情報とモチーフを用いた幅広いカリキュラムで、立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで対応します。

  • 1学期は、さまざまなモチーフや素材を使いデッサンや立体制作を通じて表現するうえで必要な観察力を身につけていきます。また発想・思考する力も各課題を通じて磨き、彫刻への理解と制作意欲の向上に力を注ぎます。
  • 2学期は、これまでの成果を再確認しながら、入試に即した課題・模試などを通じてテーマをより明確にし、個々の観察力と表現力の幅を広げ、深めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、入試に向けての時間対応と観察の精度の向上を追及しながら、判断力と表現力のグレードを上げていきます。志望校合格ラインを見据え、個々の持ち味を最大限に生かした対策を行います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

専科

  • 専科
  • 専科

彫刻専科では主に高3生を対象に、観察することを基本にしてデッサン力、塑造力の向上、制作を通じて彫刻への理解と表現する楽しさを大切にしたカリキュラムが展開していきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

高2専科

  • 高2専科
  • 高2専科

彫刻高2専科では本格的に彫刻を学びたい高2生を対象に、観察することを基本にしてデッサン力、塑造力の向上、制作を通じて彫刻への理解と表現する楽しさを大切にしたカリキュラムが展開していきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

彫刻日曜専科は、遠方のため平日の通塾が困難な高3生を対象に、専科に準じた内容を効率よく学んでいきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

彫刻高2日曜専科は、遠方のため平日の通塾が困難な高2生を対象に、専科に準じた内容を効率よく学んでいきます。立体表現に興味を持つ初心者から経験者まで、個々のキャリアに応じた丁寧な指導を行います。

  • 1学期は、自然観察をテーマにデッサン・塑造の基礎を時間をかけてじっくりと学び、木炭・粘土などの素材に慣れ親しみながら制作する喜びと姿勢を身につけていきます。
  • 2学期は、入試に即した課題に取り組みながら必要な要素を学び感覚を磨いていきます。そしてその中で個々が実感したことを大切にして、彫刻への興味と意識を高めていきます。
  • 3学期および入試直前期では、志望校に合わせた課題で経験を積み、観察力はもとより時間の中での判断力と表現力のさらなるレベルアップを図ります。個々の持ち味を生かし、入試本番で最大限の力が発揮できるよう丁寧に対策を行います。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

彫刻の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

水谷 優芳さん

水谷 優芳さん

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

武蔵野美術大学
彫刻学科

飯野高校出身

浪人を河合塾で過ごして、これだけは譲れないこと、自分が自分で心から正しいと思えることを明確にして、絶対に貫き通すことが一番大事だと思いました。親しい人にその信念を否定されると折れそうになることもありますが、そうした自分の信念を貫けられれば、できてくる作品にもパワーが生まれると思います。河合塾では、技術などより制作に対する態度や心持について考える機会をくれたので、ここに来てよかったなと思います。

塚本 陽万里さん

塚本 陽万里さん

金沢美術工芸大学
彫刻専攻

武蔵野美術大学
彫刻学科

多摩美術大学
彫刻学科

名古屋大学教育学部附属高校出身

基礎力だけでなく大学に入ってから生かせる力もついたと感じます。受験のための日々の制作に対し、先生方は入試対策に固執しすぎず各々の感性で評価してくださいました。その刺激から明日の制作に対する意欲が湧いてきたと思います。また人数が少ないことから全員の講評が丁寧で、自分以外の作品から学ぶことも多く楽しかったです。受験対策だけじゃない美術との付き合い方も学ぶことができた貴重な2年間だったと思います。

廣島 空衣さん

廣島 空衣さん

現役合格

東京芸術大学
彫刻科

武蔵野美術大学
彫刻学科

多摩美術大学
彫刻学科

旭丘高校出身

練習としての制作で一番大切なのは、自分と向き合うことだと思っています。辛くて息詰まる時も、成長が見えて嬉しい時も、現実から逃げそうな時も、その場の自分自身と向き合って考えることをやめなければ、必ず前に進めると思います。試験で大学に選んでもらうためにまず自分で自分のことを知って向き合って、本番で最大限の自分を見せられるようにするといいと思います。

山﨑 拓弥さん

山﨑 拓弥さん

現役合格

武蔵野美術大学
彫刻学科

愛知県立芸術大学
彫刻専攻

金沢美術工芸大学
彫刻専攻

旭丘高校出身

昨年はいろいろあったので河合塾に通った期間は例年より短かったですが、充実していたように思います。制作が日課にならない程度に新鮮な心持でいられる人は強いと感じました。新しいことをするのが一番楽しさに直結していると思うので、日々の発見を促してくれる先生たちがいる環境は成長するうえでありがたいものでした。皆さんも楽しく頑張ってください!

OB・OGからのメッセージ

土井 彩香さん 大理石彫刻家

東京芸術大学 大学院美術研究科彫刻専攻修了
多摩美術大学 彫刻学科卒業
2008-2010年度 彫刻本科
高円高校出身

土井 彩香さん

土井 彩香さん

小学生の頃から絵を描くのが好きで将来は絵描きになるんだと思っていました。高校の授業ではデッサン以外に油絵、日本画、デザイン、彫刻の授業を受けなんと彫刻の授業では石を彫るという変わった高校でした。他を知らないので石を彫ることに疑問はありませんでした。
ほとんど形にすることはできませんでしたが体育会系の私は身体を動かしてつくることが好きなんだなと感じました。同時に石を打ったときの音や感覚がずっと忘れられずこの年に私は、(難しい事は考えず)石を絶対彫っていこうと決めました。デッサンしかやってこなかった私は彫刻科の受験に落ち、縁のあった河合塾に行きました。
河合塾では私は決して良い生徒ではありませんでした。それでも甘い私に本気で厳しく向かい合ってくれたこと、永遠に落ち込む私を励ましてくれた講師陣や同期の仲間たちに数え切れないほど救われました。
第一志望には落ちましたが負けたとは思いませんでした。自分はもうどこの大学に行っても大丈夫だという自信がありました。こういう気持ちは大切だと思います。
どこに行こうと強い気持ちが自分を支えてくれます。大学ではとにかくがむしゃらに外に出ても一人で頑張れるようにあらゆることに取り組みました。
大学院はいろいろな葛藤で東京芸大を選びました。居心地がいい場所から新環境へ移るのは辛いことが多いですがいい選択でした。大学の良し悪しでは無くて自分の行動、気持ちが重要です。あとちょっとの勇気も。
この選択の甲斐あってご縁のあった岐阜の石材加工会社のご好意で一角を借り、石の彫刻家として活動しています。夢が叶ったという感覚はありませんが賢明にコツコツと楽しく作家人生を生き抜いていきたいです。
河合塾でのことはいまだに思い出しては助けられることがあります。あのときわからなくてもジワジワと効いてくるのがなんとも不思議です。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

若手からベテランまで、厳しさあり、優しさあり、笑いありの経験豊富なスタッフです。さまざまな課題を通じて、丁寧な指導を行い、志望大学合格までサポートします。

●レギュラー講師
粟野 禎之 東京芸大彫刻卒/今村 三木男 東京芸大大学院彫刻修/岡田 晃典 東京芸大大学院彫刻修
●招待講師
阿部 多為 愛知芸大彫刻在籍
●チューター
示崎 麻紀 愛知芸大彫刻在籍
(2021年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)