名古屋校日本画

自分の可能性と向き合う。

「日本画」という言葉から、皆さんはどんなイメージを描きますか?
日本の風土や自然観、心情や感性。日本画の顔料や墨、和紙といった素材。皆さんが何に興味を持ち、どんな絵を描いていくのか…。日本画はそんなさまざまな可能性に応えてくれます。
日本画専攻では、物をよく観察することを大切にし、基礎から応用へと段階的に身につけていきます。自分の可能性と向き合う1年は、一生の記憶に残る充実したものとなるでしょう。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生]
  • 高2専科[高2生]
  • 日曜専科[高3生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

今年から初めて芸大・美大にチャレンジする初心者から、よりハイレベルな大学をめざす経験者まで、一人ひとりの個性や実力に応じたカリキュラムを行います。観察力と描写力から生まれる「写生力」を身につけることを目標として、石膏デッサンや静物着彩などの基本的な課題から、ゼミや屋外スケッチ、自分たちでモチーフを考える特別課題など幅広いカリキュラムを通して学んでいきます。それらのベーシックな力を、定期的に行われる一人一卓静物着彩やコンクールを通して確認していきましょう。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30[日]9:30~18:00

専科

  • 専科

高校3年生を対象としています。1学期は観察力を身につけること、そして絵具などの道具の扱い方を学んでいきます。2学期は日本画受験で出題頻度の高い石膏デッサン、静物着彩を中心に、見えている世界をどのように画面で表現するかを学びます。また実技模試を通して実戦的なアプローチも習得していきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30[日]9:30~18:00

高2専科

  • 高2専科
  • 高2専科

高校2年生を対象としています。1学期は観察力を身につけること、そして絵具などの道具の扱い方を学んでいきます。2学期は日本画受験で出題頻度の高い石膏デッサン、静物着彩を中心に、見えている世界をどのように画面で表現するかを学びます。また実技模試を通して実戦的なアプローチも習得していきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

主に専科に通塾できない高校3年生を対象としています。授業は、写生の基礎となる観察力を学び、また観察で得た情報を素直に表現する姿勢を身につけます。静物デッサン、石膏デッサン、静物着彩をバランスよく制作し、それぞれの課題のポイントを基礎からじっくり学んでいきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

主に専科に通塾できない高校2年生を対象としています。授業は、写生の基礎となる観察力を学び、また観察で得た情報を素直に表現する姿勢を身につけます。静物デッサン、石膏デッサン、静物着彩をバランスよく制作し、それぞれの課題のポイントを基礎からじっくり学んでいきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

日本画の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

岩本 茉奈実さん

岩本 茉奈実さん

愛知県立芸術大学
日本画専攻

名城大学附属高校出身

私は普通科の高校からいきなり日本画専攻に入塾しましたが、何も分からない自分に道具の使い方から丁寧に教えてくださいました。周囲とのレベルの差に落ち込むことも多かったですが、コツコツ努力した結果が絵に現れてくれる喜びや、先生方が温かく相談にのってくださるおかげで毎日通い続けることができました。無理に自分を追い詰めすぎず、自分なりに努力し続けられれば結果はついてくると思います!応援しています。

松葉 三鈴さん

松葉 三鈴さん

東京芸術大学
日本画専攻

東邦高校出身

私はメンタルが弱いタイプで、制作中にアクシデントが起こると焦ったり集中力が切れてしまうことが多く、仕事が粗くなって終わってしまいました。先生たちと面談を重ねたり制作していく中で、焦らないようにするよりも焦っていても崩れないくらいの基盤を固めることに徹しました。自分のその弱さと向き合うこと、そして今自分が最もやるべきことを考えるきっかけをくれたのが河合塾の先生方でした。

OB・OGからのメッセージ

鈴木 靖代さん 日本画家・愛知県立芸術大学 模写制作班従事

愛知県立芸術大学 日本画前期博士課程修了
2005-2006年度 基礎高1・2年専科/2007年度 日本画専科/2008-2009年度 日本画本科
名古屋西高校出身

鈴木 靖代さん

鈴木 靖代さん

現在、私は日本美術院に所属し作家活動をさせていただきながら、NHKの講師や模写の活動に携わらせていただいております。
河合塾美術研究所に入塾したきっかけは、塾のウィンドウに飾られている作品を見て同じ歳の学生がこんなに描けるようになるのだと思い、高校1年生のときに基礎専攻に入塾しました。漠然とうまくなりたいと思っていたのが、しっかりと目標を持ち始めたのは、先生方にさまざまなジャンルの展示につれていっていただいたときでした。そのなかに今私が所属している日本美術院の展示があり、初めて現代の日本画と言うものに触れ、絵画にはさまざまな表現方法があると知りました。それからは私も日本画を描くために、画壇の先生が所属する大学の受験を見据えて意欲的に取り組むことができたと思います。先生や先輩にはいろいろな作家活動をされている方がいるので、直接お話が聞けたことはとても励みになりました。進路で悩んだときに経験された方の言葉は今でも忘れません。
また先生だけでなく、同じ目標を持った仲間がいる環境はとても勉強になりました。多くの受講生の作品を見ることができたり、卒業生の方のデモンストレーションを見ることができ、基本だけでなくいろいろな技法を知ることができました。ただ教えられたことだけをするのではなく、見て学ぶ力ということも鍛えられたように思います。
努力して成長しないことは無いと思います。進んでいないように感じるのでしたらそれは周りも同じように成長しているからだと思います。他人と比べると落ち込むこともあるかもしれませんが、必ず前に進んでいるので、自分を信じてやりたいことを第一にやりきってください。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ写真

ベーシックな指導から各自の個性を生かしたゼミまで、さまざまなカリキュラムを実現するスタッフです。
過去10年間で東京芸大33名、愛知芸大74名の合格者を輩出しています。

●レギュラー講師
稲垣 洋介 東京芸大大学院日本画修/植田 浩 愛知芸大大学院日本画修/加藤 千奈 東京芸大大学院日本画修/木曽 浩太 愛知芸大大学院油画修/橘 泰司 愛知芸大大学院日本画修/成田 吉毅 多摩美大大学院日本画修/宮川 翠 東京芸大大学院日本画修
●招待講師
三田 尚弘 東京芸大博士課程日本画修
●チューター
篠﨑 和真 愛知芸大日本画在籍/南 彩莉 愛知芸大日本画在籍/山口 大空 愛知芸大油画在籍
(2021年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)