名古屋校デザイン・工芸

更なる高みをめざそう。

一人ひとりの夢を叶えるために、より高いステージへ強力にサポートします。経験や実績を積む各専門分野の優秀な講師陣による指導や徹底分析した豊富なカリキュラム。将来の目標や志望校に合わせた適切なアドバイスによる高い実技レベルの習得や、伸びやかに制作に打ち込める実技環境が得られるなど、志望校合格を確実にするための万全な態勢がここにはあります。

  • 本科[高卒生]
  • 平日専科[高3生・高卒生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

デザイン・工芸本科は、将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高卒生のための昼間1日6時間クラスです。

  • 1学期初めは全員で造形の基礎課題をデッサン・色彩・立体と行い、デザイン・工芸に関する各種レクチャーと体験を通して、各自の志望を固めていきます。5月くらいから将来と大学の志望動向でクラスが分かれます。
  • 2学期では塾生作品展を行います。表現力の幅や個性を磨きながら、各種実技模試を行い大学入試に向け対応力を身につけていきます。
  • 3学期および入試直前期は、各自の入試内容と日程を検討、考慮し、個別の受験対策を行います。
  • 1学期、2学期には基礎力養成や志望別入試対策など、さまざまな内容の『土曜ゼミ』が開講されます。目的に合わせて授業と組み合わせることにより、実技の補強ができます。

[デザインコース]
将来デザインの分野で仕事をしていきたいと考えている人達のコースです。デザイン志望者の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策を主に行います。観察に基づく基礎造形力を身につけ、豊かな感性を磨きます。

将来の主な仕事:広告(CM、ポスター、新聞・雑誌・WEB広告、フライヤーなど)、C.I.(企業やショップをトータルにデザイン)、ブック・エディトリアル(本の装丁や編集)、サイン(標識、案内、指示、地図など)、パッケージ(商品の包装パッケージ、CDジャケットなど)、小型グラフィック(カレンダー、POP、販促物など)、イラストレーション、絵本、ゲーム、キャラクターデザイン、写真、WEB、映像(ミュージックビデオ、TV番組の企画・映像、映画)、乗り物(車、バイク、飛行機など)、家電・機器(電化製品、デジタル家電、OA機械など)、インテリア(家具、照明)、テキスタイル(染織、織物)、ファッション(服飾、装飾品)、クラフト(ジュエリー、家具、食器など)、雑貨(日常生活用品)、文房具、玩具(ゲーム、おもちゃなど)、バス・トイレタリー用品(住宅などの水回り空間や器具など)、医療器具・機器、スポーツ用品、テーブルウェア(食卓用器具)、ランドスケープ(都市空間、造園空間)、建造物、室内計画(住空間、商業空間)、舞台美術(演劇、TV番組・映画セットなど)、ディスプレイ(展示、陳列)、アート、教職など

[工芸コース]
工芸とは、実用的な造形物に芸術的な意匠を施し、機能性と美しさを融合させた芸術のことであり、主に手作業により作品を生み出していくのが特徴です。「素材との出会い」という原点を大切にしながら、素材選び、発案、デザイン、制作、仕上げまですべての工程を自らが行っていきます。日本古来の伝統的な技法を生かし、生活を豊かにする質の高いものづくりをめざします。そのため、大学での勉強において特に重要となるものは、各素材の特徴を引き出すための知識と、高度な技術の習得です。工芸コースでの受験勉強を通して、“ものづくり” の基礎を習得するとともに今の時代に希薄となりつつある “手のぬくもり” を大切にした “ものづくりの精神” を養っていきます。

主要大学:東京芸術大学(工芸)、愛知県立芸術大学(陶磁)、金沢美術工芸大学(工芸)、多摩美術大学、武蔵野美術大学、女子美術大学
将来の主な仕事:陶芸家、ジュエリー作家、染織作家、漆芸作家、クラフト作家、造形作家、金属造形作家、七宝作家、鋳金家、造幣局員、プロダクトデザイナー、テキスタイルデザイナー、ジュエリーデザイナー、グラフィックデザイナー、クラフトデザイナー、インテリアデザイナー、七宝デザイナー、大学教員、文化財保存修復の研究者、デザイン事務所経営、ジュエリー会社経営、デザイン・印刷会社勤務、陶芸教室主宰、彫金教室主宰、鋳金教室主宰、教育研究機関の指導者など

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [月~金]17:30~20:30

平日専科

  • 平日専科
  • 平日専科

デザイン・工芸平日専科は、将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高3生・高卒生のための1日3時間、月曜から金曜まで週5日の夜間クラスです。実技の経験を増やして実技力をもっと上げたい平日夜に通塾できる人に適しています。道具の使い方や専門知識を基礎から学ぶこともできるので初心者の人でも安心して受講できます。

  • デザイン志望者の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策を主に行います。
  • 1学期初めは物事の観察をもとにデッサン・色彩・立体課題を行いながら今後必要になる造形の基礎力を身につけます。また講師およびデザイナー、工芸家、現役大学生を招いて各分野の紹介を含め進路指導をしていきます。5月くらいから将来と大学の志望動向でクラスが分かれ、より専門的な基礎実技力を学んでいきます。
  • 2学期では塾生作品展を行います。表現力の幅や個性を磨きながら、各種実技模試を行い大学入試に向け対応力を身につけていきます。
  • 3学期および入試直前期は、各自の入試内容と日程を検討、考慮し、個別の受験対策を行います。
  • 1学期、2学期には基礎力養成や志望別入試対策など、さまざまな内容の『土曜ゼミ』が開講されます。目的に合わせて授業と組み合わせることにより、実技の補強ができます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

デザイン・工芸日曜専科は、将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高3生・高卒生のための日曜のみの7.5時間クラスです。遠方で平日に通うことが難しい人に適しています。主に1日完結で課題を制作します。また自宅課題を併用し、復習や予習をし学習効果をあげます。道具の使い方や専門知識を基礎から学ぶこともできるので初心者の人でも安心して受講できます。

  • デザイン志望者の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策を主に行います。
  • 1学期初めは物事の観察をもとにデッサン・色彩・立体課題を行いながら今後必要になる造形の基礎力を身につけます。また講師およびデザイナー、工芸家、現役大学生を招いて各分野の紹介を含め進路指導をしていきます。5月くらいから将来と大学の志望動向でクラスが分かれ、より専門的な基礎実技力を学んでいきます。
  • 2学期では塾生作品展を行います。表現力の幅や個性を磨きながら、各種実技模試を行い大学入試に向け対応力を身につけていきます。
  • 3学期および入試直前期は、各自の入試内容と日程を検討、考慮し、個別の受験対策を行います。
  • 1学期、2学期には基礎力養成や志望別入試対策など、さまざまな内容の『土曜ゼミ』が開講されます。目的に合わせて授業と組み合わせることにより、実技の補強ができます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

デザイン・工芸の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

清水 領真さん

清水 領真さん

東京芸術大学
デザイン科

多摩美術大学
プロダクトデザイン専攻

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

東京造形大学
インダストリアルデザイン専攻領域

中村高校出身

幼い頃からものをつくることが好きで専門的に勉強したいと、芸大をめざして河合塾に来ました。周りのレベルに圧倒されましたが、負けず嫌いだった私は追いつき追い抜きたいと思い、日々努力することができました。

川崎 羽菜さん

川崎 羽菜さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

緑高校出身

受験の直前まで思うような結果が出ず、不安で押し潰されそうになっていました。それでも講師の皆さんは最後まで親身になって指導してくださり、自分ができること、やるべきことが明確になり合格できました。

神谷 冬也さん

神谷 冬也さん

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

東京造形大学
グラフィックデザイン専攻領域

名古屋芸術大学
デザイン領域

刈谷北高校出身

河合塾には美大をめざす生徒がたくさん在籍しています。最初はさまざまな構成、表現、考え方に圧倒されてばかりでしたが、先生は的確に指導してくれるので勉強になることばかりです。この経験を大学で生かしていきたいです。

中山 遥斗さん

中山 遥斗さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻
(総合型選抜)

鹿児島工業高等専門学校出身

河合塾で実技の能力だけでなく、デザインというものの考え方や価値観に触れることができました。この1年は一瞬で過ぎていきましたが、私の人生に影響を与える密度の濃い1年になりました。

川端 鈴奈さん

川端 鈴奈さん

金沢美術工芸大学
製品デザイン専攻

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

豊田西高校出身

成果がでなくてつらいときもあったけど、友達と支え合いながら楽しむことができました。高3の時、とても迷って美術系に進むことに決めましたが後悔していません。河合塾で過ごした2年間はとてもいい日々でした。

浅井 ひなさん

浅井 ひなさん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

名古屋南高校出身

知識も実力もなく、圧倒されっぱなしでしたが、絶対に負けたくない!と意志を強く持ち、着実に合格に近づくことができました。私の強みを引き出し、導いてくれた先生、夢を応援してくれた家族にとても感謝しています。

磯貝 應介さん

磯貝 應介さん

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

多摩美術大学
プロダクトデザイン専攻

東京造形大学
インダストリアルデザイン専攻領域

旭丘高校出身

河合塾ではデザインを基礎から学ぶことができ、受験だけではなく将来に生かすことができる力が身につくと思います。先生から言われたことをすべて聞くことが合格の近道だと思います。頑張ってください。

森 比奈乃さん

森 比奈乃さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

加納高校出身

浪人した一年は精神的に苦しい時期が続き、自分の作品に素直に向き合えないことが多く、最後まで伸び悩んでいました。受験の直前まで講師の皆さんが寄り添ってアドバイスしてくださりとても励みになりました。河合塾で学んだことを大事にして大学生活も頑張っていきたいです。

保坂 優菜さん

保坂 優菜さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

東北芸術工科大学
グラフィックデザイン学科

巻高校出身

私は課題で先生からアドバイスされたこと、失敗したこと、うまくいったことを忘れないようにメモして、次の課題ではどう取り組むかイメージしながら制作していました。失敗を恐れず次に生かしていけば、その先につながると思います!

福岡 桜子さん

福岡 桜子さん

金沢美術工芸大学
工芸科

愛知県立芸術大学
陶磁専攻

岡崎城西高校出身

将来何をしたいのか、どうやって生きていきたいのかを深く考え、自分と向き合う日々でした。うまくいかないこともありましたが、先生方や友達、そして両親に支えられ最後まで闘い、自分で自分を褒めてあげられる、そんな濃い経験をすることができました。

内藤 楓乃さん

内藤 楓乃さん

金沢美術工芸大学
工芸科

東北芸術工科大学
美術科

多摩美術大学
工芸学科

加納高校出身

河合塾で良かったことは、先生方が親身に指導してくださる点と、高め合える友達ができたことです。直前期、無意識に技術が先行しセオリー重視で良い絵が描けなかったとき、先生の「最後は自分との戦いだよ」という言葉は自分の支えになりました。

中島 優さん

中島 優さん

愛知県立芸術大学
陶磁専攻

旭丘高校出身

河合塾では実際に大学に通う学生講師からの指導もあり、多くのライバルと競える場で、自分の直したい癖や伸ばしたい魅力に気づき、そのための勉強ができる環境でした。冷静に考える時間をつくり、自分の良いところを信じてやり切ることが大事だと思います。

浦口 果歩さん

浦口 果歩さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

旭丘高校出身

何か悩むことがあれば自分から進んで聞くことが大切だと思います。できることをできると思い込まないこと、どうすればうまく応用できるかいつも考えていたことで本番も落ち着いて対応できたと思います。

門脇 春風さん

門脇 春風さん

現役合格

金沢美術工芸大学
環境デザイン専攻

名古屋高校出身

講師の方たちが優しく丁寧に教えてくださり、少しずつできることが増えていき自信が持てるようになりました。技術的なことだけでなく、精神的にも成長を感じ、本当に入ってよかったと思います。

中西 咲月さん

中西 咲月さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

四日市高校出身

愛知芸大は学科の点数配分が高いので、冬期講習の授業後は毎日自習室で学科の勉強をしていました。実技はもちろん一番重要だけど、学科も手を抜かないことも合格につながると思います。

大須賀 ひなたさん

大須賀 ひなたさん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

静岡文化芸術大学
デザイン学科

岡崎西高校出身

遅く入塾したので間に合わないかもと思ってましたが、なんとか今年受かりたいと思い、先生の言ったことを書き留めたり、帰る電車の中で色彩を考え直したりして努力しました。あきらめないことは大事だと実感しました。

鶴田 奈那さん

鶴田 奈那さん

現役合格

武蔵野美術大学
空間演出デザイン学科

名古屋芸術大学
デザイン領域

新城東高校出身

周りの意欲や環境に不安になりながらも新しい発見の連続でした。そしてもっと良い作品をつくりたいという気持ちを奮い立たせてくれる場所だったと思います。丁寧に指導していただき安心して受験に挑むことができました。

赤塚 結衣さん

赤塚 結衣さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

京都芸術大学
キャラクターデザイン学科

津西高校出身

明確に指導してくださる先生ばかりで、のばす所や練習しなければいけない所がよくわかりました。時間をかけて、考えて制作していると少しずつできることは増えていきます。夢に向かって邁進してください。

小田 理子さん

小田 理子さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

名古屋南高校出身

自分らしさや、やりたいことを第一に続けていきました。それと同時に自分のクセを理解し、先生や友達のアドバイスを受けて直していくことで、自分のやりたいことが作品に素直に出てくるようになっていったと思います。

富山 紫月さん

富山 紫月さん

現役合格

愛知県立芸術大学
陶磁専攻

名古屋芸術大学
美術領域

聖霊高校出身

「無理だ」「できるわけがない」とネガティブな気持ちになっている時よりも、「できる」「大丈夫だ」と前向きになっている方が、本当にそれが実現する可能性が確実に高くなると思います。自分を信じて、自信を持って頑張ってください。

田中 敦子さん

田中 敦子さん

現役合格

多摩美術大学
統合デザイン学科

愛知淑徳高校出身

デッサンをしたことがなく、6月から開講というコロナ禍での異例に、現役合格はムリじゃないかと思っていました。しかし先生が一から教えてくださり、描けるようになって見える世界も変わりました。大学生活が楽しみです!

OB・OGからのメッセージ

脇田 あすかさん アートディレクター・グラフィックデザイナー

東京芸術大学 大学院美術研究科デザイン専攻修士課程修了
東京芸術大学 デザイン科卒業
2010年度 デザイン・工芸平日専科/2011年度 デザイン・工芸本科
愛知淑徳高校出身

脇田 あすかさん

脇田 あすかさん

中高学生のころ、まわりに合わせてだんだんとお洒落なものが気になって、お小遣いでいろんな雑貨やお洋服を手にして、もっともっと素敵なものがほしい、素敵なものをつくってみたい、と思っていました。ノートの表紙や友達に渡す手紙を可愛くするために、飾りの絵を描いたり文字のあしらいを考えたりするのが楽しくて、そういう何気ないありふれた気持ちがデザインの道を志したキッカケです。
今、当時は名前も知らなかった「アートディレクター」「グラフィックデザイナー」という職業として活動しています。河合塾に入ってから、そういう仕事があることを知りました。先生や同期にたくさんのデザイナーの名前を教えてもらったとき、目の前の世界がぶわっと開けた気がしました。
塾で毎日のように絵を描き、ものをつくること、そしてそれを他の人に見せて意見をもらえることは、本当に稀有な経験でした。つくることは家で1人でもできるけど、同じ気持ちを持つ仲間たちとそれを応援してくれる先生がいるのは本当に最高の環境です。大人になってから簡単に得られるものではありません。
受験生活は楽しいことばかりではないけど、頑張った経験はずっとずっと自分を支えてくれます。あのとき頑張れた自分ならもっと頑張る、と自分を鼓舞してます。これからもずっとずっと、デザインを続けていくつもりです。

野田 怜眞さん 金沢卯辰山工芸工房研修者 兼、作家

東京芸術大学 大学院美術研究科工芸専攻修士課程修了
東京芸術大学 工芸科卒業
2013年度 デザイン・工芸平日専科/2014年度 デザイン・工芸本科
起工業高校(現:一宮起工科高校)出身

野田 怜眞さん

野田 怜眞さん

私の作品は興福寺の阿修羅と同じ“脱活乾漆”という日本古来の漆芸技法で制作をしています。
漆芸(うるし)というと黒や朱の器を想像するかもしれませんね。現在は研究が進み自由な造形と鮮やかな色彩表現が可能なんです。
現代の人々に伝わりやすい形で日本漆芸の魅力を伝えられたらと思っています。
作家活動を続けていて大切なことは、モチーフや素材が決まった後にイメージ通りの作品を生み出せるかどうかです。
モチーフを的確に認識できる目。イメージした形をつくる道具、手の動かし方。そして他人が見たときにどう受け取るかを常に意識しています。その基礎を培えたのが予備校での課題です。
制作と講評を繰り返して審美眼、技術、客観視を身につけることができました。
ただ予備校の頃を思い出すと決して楽しかったとは言えません。正解の無い美術だからこそ、自分の固定観念を常に疑いながら制作しなければなりません。ストレスは多いと思いますが、それに打ち勝つ自信を持って日々新しい“気付き”を探し続けてください。
みなさんが志望校に合格できることを願っています!

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

ベテラン講師から現役大学生講師まで、それぞれに経験を積んだ講師がたくさん!
さまざまな志望に対応した指導をしています。

●講師
阿部 任宏 愛知芸大大学院日本画修/安藤 剛紫 東京芸大大学院デザイン修/安藤 良輔 愛知芸大デザイン卒/飯島 秀彦 愛知芸大デザイン在籍/大無田 拓海 愛知芸大デザイン在籍/大沼 真奈美 愛知芸大大学院デザイン在籍/小栗 佑果 東京芸大工芸在籍/加藤 あずさ 東京芸大デザイン在籍/加藤 佑一 東京芸大博士課程工芸修/川本 光成 名古屋造形大デザイン卒/黒宮 成美 東京芸大デザイン在籍/小西 祐矢 愛知芸大大学院デザイン修/佐藤 誠高 東京芸大大学院デザイン修/鷲見 茜 東京芸大工芸卒/竹島 萌 愛知芸大デザイン在籍/田邉 沢子 名古屋造形大デザイン卒/中川 未子 東京芸大デザイン在籍/中嶋 草太 愛知芸大大学院陶磁在籍/濱野 佑樹 東京芸大大学院工芸修/松本 晴子 愛知芸大デザイン在籍/籔 杏奈 東京芸大デザイン在籍/山根 想楽 愛知芸大デザイン在籍/山本 真梨子 多摩美大グラフィックデザイン在籍/若林 速人 東京芸大大学院工芸修/渡辺 千晶 東京芸大デザイン在籍/渡邊 莉世 愛知芸大デザイン在籍
●チューター
近藤 康太 名古屋造形大建築デザイン卒/谷澤 陽佑 名古屋芸大造形科卒/山田 貴文 愛知教育大大学院美術分野修
(2021年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)