名古屋校油絵

ここが作家のいしずえ

油絵専攻は、これまでにアーティストはもちろん、イラストレーター、デザイナー、漫画家、陶芸家など、さまざまな分野の作家を輩出してきました。絵画を描き、学ぶことは、世界の見方の幅や奥行きを知るスタート地点です。講師との、自分との、仲間との、そして絵との対話。アトリエでの対話はすべて作家の礎になります。指導講師は、自身もそのように学び思考し実践してきた経験を生かし、君たちの作家としてのスタートを全力でバックアップします。

  • 本科[高卒生]
  • 専科[高3生・高卒生]
  • 高2専科[高2生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]
  • 高2日曜専科[高2生]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

本科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。毎年、変化する入試出題に必要な臨機応変な対応力と絵画表現を豊かにイメージする力を大切にし、描く力はもちろん、作品に奥行きを与える考える力を最大限に引き上げます。学生一人ひとりの制作経験や資質を生かした指導と、次の絵につながる丁寧な講評を通して合格へと導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心に素描、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、制作期間を長く取った素描・油彩課題を、個人指導と講評により長所を引き出し、自らの絵のイメージをかたちにします。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題と入試を意識した制作により、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス
  • 愛知芸大クラス

本科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。愛知芸大入試に直結した課題や、素描・油彩のバランスを考えたカリキュラムと、一人ひとりの弱点の自覚を促し次の制作につながる適切なアドバイスにより、描写力や表現力を養成します。愛知芸大の入試出題傾向や合格基準、入試結果詳細を知りつくした講師スタッフが合格へと導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎造形力と描写力向上をめざします。6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までに必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題と入試を意識した制作により、試験日にピークを合わせ合格をめざします。

金沢美大クラス

  • 金沢美大クラス
  • 金沢美大クラス

金沢美大クラスは、金沢美術工芸大学・広島市立大学など、入試で石膏デッサンや人物(自画像)、静物油彩が課される大学を第一志望に考える高卒生対象のクラスです。入試で評価される観察力による描写力をつけていくために、基礎的な物の見方と、デッサンや油彩における技術的な訓練を通して高度なレベルの造形力を身につけていきます。また他大学も併願する人のための対策カリキュラムも実施していきます。

  • 1学期は、石膏像や静物、人物モチーフを中心にデッサン、油彩の基礎的な物の見方や描き方を学び基礎造形力向上をめざします。
  • 2学期は、高度なレベルのデッサン力をつけていきながら人物(自画像)、静物油彩を制作していきます。また、併願する大学の対策も始めていきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験時間内での制作で完成度を上げ、試験へと備えていきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

専科・東京芸大クラスは、東京芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。初めての実技入試にも自信をもって臨めるよう、密度の高いカリキュラムを組み丁寧な指導を進めていきます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、近年の芸大に特徴的な素描課題や、発想と表現の関係性を探る油彩課題で各人の構想力・表現力を強化します。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス
  • 愛知芸大クラス

専科・愛知芸大クラスは、愛知県立芸術大学を第一志望とする高校3年生や、本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。対象を見る力をしっかり養い、個々の適性や進度を踏まえた指導により合格に導きます。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までの必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

金沢美大クラス

  • 金沢美大クラス

専科・金沢美大クラスは、金沢美術工芸大学・広島市立大学など、入試で石膏デッサンや人物(自画像)、静物油彩が課される大学を第一志望に考える高校3年生や本科に通うことができない高卒生を対象にしたクラスです。入試で評価される観察力による描写力をつけていくために、基礎的な物の見方と、デッサンや油彩における技術的な訓練を通して高度なレベルの造形力を身につけていきます。

  • 1学期は、石膏像や静物、人物モチーフを中心にデッサン、油彩の基礎的な物の見方や描き方を学び基礎造形力向上をめざします。
  • 2学期は高度なレベルのデッサン力をつけていきながら人物(自画像)、静物油彩を制作していきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験時間内での制作で完成度を上げ、試験へと備えていきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [火~金]17:30~20:30 [日]9:30~18:00

高2専科

  • 高2専科
  • 高2専科

高2専科は、油絵科受験を志望する高校2年生を対象にしたコースです。美術科高校に通う経験者から、これからデッサンや油絵を始める初心者まで、各人の制作経験年数や枚数に応じて丁寧に指導を進めていきます。先輩である高3生や高卒生と一緒に制作することで、技術力も含め、より高度なデッサンや油絵の勉強をすることができます。また各人の志望校を決定するための入試説明会を実施し、最新の入試情報を提供していきます。

  • 1学期・2学期は、高校3年生と同じアトリエで、東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢美大クラスの課題を交互に制作します。各クラスでオーソドックスな描写系課題や言葉をもとにした発想系課題など、さまざまな課題を制作することができます。これにより技術はもとより柔軟な思考や表現の幅を身につけ、早期より油絵科受験の準備をすることができます。
  • 3学期は志望に応じたクラスでの制作となります。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

東京芸大クラス

  • 東京芸大クラス
  • 東京芸大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、近年の芸大に特徴的な素描課題や、発想と表現の関係性を探る油彩課題で各人の構想力・表現力を強化します。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

愛知芸大クラス

  • 愛知芸大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。専科同様のカリキュラムの流れで進みますので、いつでも専科にコース変更が可能です。

  • 1学期は、石膏像や静物モチーフ、人物モデルなど基本的な課題制作を中心にデッサン、油彩の基礎力向上をめざします。各大学の入試説明を行い、6月中旬から第一志望によるクラス別の授業が始まります。
  • 2学期は、愛知芸大実技模試をはさみ、素描、油彩を実践的に強化し、入試時期を見据えたこの時期までの必要なレベルまで力をつけます。
  • 3学期および入試直前期は、予想される課題や試験と同制作時間内で入試への対応力を上げ、合格をめざします。

金沢美大クラス

  • 金沢美大クラス

日曜専科は、遠距離などの理由で専科に通えない高3生および高卒生を対象にしています。

  • 1学期は、石膏像や静物、人物モチーフを中心にデッサン、油彩の基礎的な物の見方や描き方を学び基礎造形力向上をめざします。
  • 2学期は高度なレベルのデッサン力をつけていきながら人物(自画像)、静物油彩を制作していきます。
  • 3学期および入試直前期は、試験時間内での制作で完成度を上げ、試験へと備えていきます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

高2日曜専科

  • 高2日曜専科
  • 高2日曜専科

高2日曜専科は、油絵科受験を志望する高校2年生を対象にしたコースです。美術科高校に通う経験者から、これからデッサンや油絵を始める初心者まで、各人の制作経験年数や枚数に応じて丁寧に指導を進めていきます。先輩である高3生や高卒生と一緒に制作することで、技術力も含め、より高度なデッサンや油絵の勉強をすることができます。また各人の志望校を決定するための入試説明会を実施し、最新の入試情報を提供していきます。

  • 1学期・2学期は、高校3年生と同じアトリエで、東京芸大クラス、愛知芸大クラス、金沢美大クラスの課題を交互に制作します。各クラスでオーソドックスな描写系課題や言葉をもとにした発想系課題など、さまざまな課題を制作することができます。これにより技術はもとより柔軟な思考や表現の幅を身につけ、早期より油絵科受験の準備をすることができます。
  • 3学期は志望に応じたクラスでの制作となります。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

油絵の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

本田 奈々さん

本田 奈々さん

東京芸術大学
油画専攻

加納高校出身

河合塾で1年浪人する中で「自分が何を表現したいのか」を考えるきっかけを先生方がくださいました。うまくいかないとき、描けなくなったとき、先生方が指導してくださったおかげで自分に何が必要なのかを見つけることができました。入試本番、とにかく「目の前の絵を良くする」ことだけ考え、周りの仲間とともにやり抜くことができました。

伊藤 奏美さん

伊藤 奏美さん

東京芸術大学
油画専攻

東邦高校出身

地方は不利だと言われますが、むしろ東京よりも人が少なく余裕のある指導が受けられるので河合塾でよかったと思います。これから東京芸術大学を受験する学生の方には、図書コーナーの活用をおすすめします。何から学べばいいかわからないときの助けになるはずです。本を読めると学科でも成果が出るようになるので一石二鳥だと思います。

圡屋 朱織さん

圡屋 朱織さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

松蔭高校出身

どんなに模試の結果が悪くても、切り替えて次の絵を頑張るのが大事。それでも引きずるようなら、次の絵はまったく違う絵を描くのもいいと思う。ムシャクシャして描いた絵が、意外といいものになったりする。今描いている絵にあきたのなら、一回その絵は忘れて、忘れた頃にまた戻ってきたらいい感じになると思う。

近藤 寛喜さん

近藤 寛喜さん

愛知県立芸術大学
油画専攻

武蔵野美術大学
油絵専攻

東京造形大学
絵画専攻領域

富田高校出身

自分のやっている仕事、思考を「良い」と思えば、合格は近くなると感じます。そしてそれは客観性のある中で思うことが大切です。河合塾には、豊富な参考作品、ともに描く人たちの絵、先生のアドバイス等、「自分(のレベル)」を精査できるものがたくさんあります。ぜひ自分を俯瞰して、地に足つけて、自分のペースで受験に挑んでください。

安井 苑乃さん

安井 苑乃さん

金沢美術工芸大学
油画専攻

名古屋造形大学
美術表現領域

同朋高校出身

現役生の時、絵に対して何か一つの大きな正解があると思っており、枠にはまった考えばかりして、絵が良くなっていきませんでした。浪人生になり、周りに当てはまることでも、必ずしも自分に当てはまるとは限らないと知ることができました。心にゆとりを持って自分に必要なものを冷静に取捨選択することが大切だと思います。すべて自分のペースで!

今 菜摘さん

今 菜摘さん

金沢美術工芸大学
油画専攻

千種高校出身

私は河合塾に入ってはじめて、美術と生きていく方々がどんな人たちなのか、美大入試がどんなものなのかを知りました。美術のことを何も知らない私にとって、河合塾での経験は、今後を生きていく大事な基礎となりました。

矢野 央祐さん

矢野 央祐さん

現役合格

東京芸術大学
油画専攻

岡崎西高校出身

普通科高校から美術系大学をめざそうと思うと、学校のカリキュラムだけでは不十分でした。河合塾に入ったことで、本格的な受験対策を受けることができたり、同じ大学をめざす仲間と出会うことができました。この環境の中でたくさんの刺激を受けたことが自分自身をより成長させることにつながりました。河合塾で学ぶことができて良かったです。

藤本 知大さん

藤本 知大さん

現役合格

愛知県立芸術大学
油画専攻

刈谷北高校出身

2年間、基礎科からはじめて油画専科では絵について深く学ぶことができました。また、絵以外にも、同級生や先生方と関わることで人としても学べることが多くありました。受験というプレッシャーの中、さまざまな苦悩が生まれてきますが、悩み続けて自分なりの答えを見つけてください。答えが違ったということも多々ありますが考え続けることが大切だと思います。

久野 鈴乃さん

久野 鈴乃さん

現役合格

金沢美術工芸大学
油画専攻

旭丘高校出身

河合塾に入って一番思ったことは、環境が凄く良いということでした。アトリエにいる全員が同じ石膏像を見て黙々と集中して描いていて、紙に木炭をのせる音だけが聞こえるのが凄く落ち着きました。先生方の教えも、自分で分かっていることでなく気づいていなかったことを的確に指導してくださるので、描くたびに大幅に成長できたように思います。

OB・OGからのメッセージ

別所 洋輝さん 画家・高等学校美術科教諭

愛知県立芸術大学 油画専攻卒業
2000-2001年度 油絵本科
加納高校出身

別所 洋輝さん

私は今、自分の母校でもある高校の美術科で油画を教えています。大学を離れてはや15年が経ちましたが、日々高校生と油絵具にまみれながら教え、また教えられることもありながら制作と発表を続けています。
河合塾には浪人した2年間、お世話になりました。現役での受験で打ちのめされ、尖りに尖った自分は河合塾に通い始めましたが、偉そうなこと言ったり、先生の言うこと聞かなかったり、浪人生なのに作家みたいな態度だったろうと、思い返せば恥ずかしくなります。
そんな自分でも、ビル群の中にありながらゆっくり流れるアトリエの空気と、個性豊かな先生方にしっかりと受け入れてもらえた場所だったと感謝しています。浪人生ですから、毎日毎日絵を描きます。毎日が「探検」でした。いろいろなハードルをクリアしながら目的地にたどり着く日もあれば、道に迷って1日終わる日も。終わることができず遅くまで居残って出口を探したり、気分を変えるために今池あたりまで散歩したり・・・。

その時間の中で、思い返せば一緒に過ごした友人との会話や作品がヒントになったり、先生のアドバイスがきっかけになったり、あのアトリエの濃い時間がとても大事だったと感じています。
河合塾での2年間、高校生でも大学生でもない時間の中で、ひたすらに探り続けました。大学合格という結果以上に、表現者として生きていくための価値観やプライドを得ることができたのだろうと思います。
自分のやりたいことにひたすらに打ち込める時は人生でそう多くはありません。また、社会が大きく変化をする今だからこそ、表現すること、その手段をもつことはとても重要になると思います。表現を楽しみ、追求し、そして没頭してください。必ず、今は見えないものが見え、そして自分らしい生き方につながると思っています。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

一人ひとり。人と絵との対話を指導の入口とし、合格という出口と出発点をめざし、実技指導はもちろん人生相談まで幅広く。いろんなタイプの先生達です。

●レギュラー講師
浅野 桃子 東京芸大大学院博士課程修/小谷 浩士 愛知芸大大学院油画修/大勝 純一 東京芸大大学院油画修/田島 秀彦 愛知芸大大学院油画修/宮坂 恵子 愛知芸大大学院博士課程修
●招待講師
伊藤 衣毬 愛知芸大大学院油画在籍/三浦 紗和子 愛知芸大大学院油画修/中条 友也 愛知芸大油画在籍/山本 さつき 筑波大総合造形卒
●チューター
岡本 晏奈 愛知芸大油画在籍/林 可奈葉 愛知芸大油画在籍/前川 宗睦 名古屋芸大大学院洋画修
(2021年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)