新宿校先端芸術表現自分に正直な表現で受かる!

  • 本科[高卒生]
  • 専科 [高2・3生]

設置クラス

授業日 [月・火・水・日] 月・火・水 9:30~16:30
日 9:30~18:00(日曜日は本科専科合同授業)

先端芸術表現科を目指すなら

  • 先端芸術表現科を目指すなら
  • 先端芸術表現科を目指すなら

アートは、愛

平面、立体、写真、映像、音楽、身体、インスタレーション、プロジェクト…ジャンルの垣根を取っ払って、新たな表現、新たなアートと社会のあり方を模索し続けて来た先端芸術表現科。
なぜ、新たな表現を求め、枠をはみ出し、社会へと訴えるのか?
アートへの愛、生きることへの愛、それを誰かに伝え、分かち合いたい衝動がほとばしるからです。
ひとりではできないことも、人が集まればできます。
笑顔で、抱擁で、握り拳で、言葉で、困惑で、叫びで、涙で、魂の歌で…器用でも不器用でも、あなたの愛の形を見せてください。

学習のポイント

「受験とは何か」をしっかり認識する

1次試験(素描または小論文)、2次試験(総合実技)、個人資料ファイル、学科。先端芸術表現科の試験内容は、いったいどういう意味で課されているのか? それを理解しないと受験に呑まれます。
画一的なカリキュラムではなく、個々人の得意・不得意に応じた課題により、納得して受験に臨む力を養います。

自分が本当にしたいことを正直に表現する

「受験」「合格」がゴールではありません。世界は広い。いま、私やあなたが見ている現代アートは、世界のほんのわずかな部分です。「試験で問われている風な現代アート風な作品」に囚われてはいけません。自分だけの表現を目指すべきです。
一方、自分が本当に何をしたいかを理解するのは困難です。そのための試行錯誤の場として河合先端を活用してください。

カリキュラム

カリキュラム

美大学科

閉じる

設置クラス

月曜・火曜・日曜専科 [月・火・日] 月・火 17:30~20:30
日 9:30~18:00(日曜日は本科専科合同授業)
日曜専科 [日] 日 9:30~18:00

先端芸術表現科を目指すなら

  • 先端芸術表現科を目指すなら
  • 先端芸術表現科を目指すなら

アートは、愛

平面、立体、写真、映像、音楽、身体、インスタレーション、プロジェクト…ジャンルの垣根を取っ払って、新たな表現、新たなアートと社会のあり方を模索し続けて来た先端芸術表現科。
なぜ、新たな表現を求め、枠をはみ出し、社会へと訴えるのか?
アートへの愛、生きることへの愛、それを誰かに伝え、分かち合いたい衝動がほとばしるからです。
ひとりではできないことも、人が集まればできます。
笑顔で、抱擁で、握り拳で、言葉で、困惑で、叫びで、涙で、魂の歌で…器用でも不器用でも、あなたの愛の形を見せてください。

学習のポイント

「受験とは何か」をしっかり認識する

1次試験(素描または小論文)、2次試験(総合実技)、個人資料ファイル、学科。先端芸術表現科の試験内容は、いったいどういう意味で課されているのか? それを理解しないと受験に呑まれます。
画一的なカリキュラムではなく、個々人の得意・不得意に応じた課題により、納得して受験に臨む力を養います。

自分が本当にしたいことを正直に表現する

「受験」「合格」がゴールではありません。世界は広い。いま、私やあなたが見ている現代アートは、世界のほんのわずかな部分です。「試験で問われている風な現代アート風な作品」に囚われてはいけません。自分だけの表現を目指すべきです。
一方、自分が本当に何をしたいかを理解するのは困難です。そのための試行錯誤の場として河合先端を活用してください。

カリキュラム

カリキュラム

美大学科

閉じる

先端芸術表現の生徒作品

生徒作品一覧

東京芸術大学先端表現科合格者インタビュー

平間 ミーナ さん 高卒認定

  • Q平間さんはなんで先端を受けたの?
  • 高校を中退し、居場所がなくてバイトをしながらふらふらとしていた。高卒認定は受けたけど、なんのために大学に行くのか分からず、進学するのは諦めていた。一方で表現することには興味があって、親の勧めで先端を知って、ここなら面白そうだなと思い、受けることにした。
  • Q河合塾はどうだった?
  • とにかく自由。先生も生徒も刺激的。楽しい。河合塾は、集団生活が苦手な私でもすごく居心地が良かった。
    自分に本気で向き合ってくれて、受け入れてくれて、引き出してくれる場所だなと思った。退屈だった毎日が刺激的になって、生きていくことに前向きになった。
  • Q思い出に残る制作、なに?
  • ある場所で、放尿するパフォーマンスをしたこと。バレたら捕まるんじゃないか?って本当に焦った。手伝ってくれた両親が、もうすぐ二十歳の娘の尿を必死に拭き取ってるのがおかしかった。
  • Q試験をどう考えてた?
  • 制作については、試験とは全く思ってなかったかもしれない。今の自分は本当に何をしたいのか?を優先した。
    作品を作ることに関しては、受験生と思ってはダメだと思ってたかも。
    藝大の先生は、「受験生」が欲しいんじゃなくて、将来有望な人が欲しいと思っていたから、受かることをゴールにしちゃダメだという意識はあった。
  • Q一次試験、二次試験、個人資料ファイル、学科、それぞれ心がけたことは?
  • 一次試験 ◯質問にちゃんと答えようとする姿勢は大事。インパクトのある話ができたら教授に覚えてもらえるなぁとは思ってましたが、聞かれた質問に答えてなかったら問題外だと思うので。一番大事なのは、やる気を見せること。
    二次試験 ◯自分が得意なことをするしかないですよね。私の試験はドローイングでしたけど、私は絵は全然描けないから絵のうまさじゃ勝負できない。けど、私には勢いがあると思ったから、描く時間をあえて制限して、短い時間で勢いで衝動的に描いた。
    面接 ◯超強気で行った。聞かれたことに関しては、不安は見せなかった。弱気で何言ってるかわからないって人よりも、なんだかこの人堂々としてるじゃないか、面白そうだな、学校入れたらなんかやってくれそうだなって人の方が教授は取るだろうなって。
    個人資料ファイル ◯文章はほとんど読んでもらえないと思っていた。100人近い人のファイルを目にした時、相当気にならないと文章読まなくないですか?だから、まずビジュアルで惹きつける。そして、インパクトがあるような印象的な一文を大きく見せる。読まれなくても気になってもらえれば、オッケーって感じですね。
    学科 ◯勉強で落とされたら嫌だから、秋ぐらいから特に集中的に自分ができることはした。
  • Q大学はどう?
  • お友達ができて楽しいです。いろんなことを経験できて、飽きなくていいです。ただ、先端は何かに特化してる学科じゃないから、自分で頑張んないと何にもなれないと思っている。将来の自分につながるヒントのようなものをたくさん与えてくれるけど、それらを自分から積極的に掴みに行かないとなんともならない気がする。
  • Qなぜ受かったと思う?
  • 受験を楽しんだから? あと、受験で学校に受かることをゴールにしないようにしたからかな。受かっている先端生を見ていて必要だと思ったことは、人が求めていることを把握して、それに応えられること。そして、自分の個性を見せられる人。理解能力と、自分の見せ方、それを言語化できることかな。

姥 凪沙 さん 東京・都立総合芸術高校

  • Q姥さんが先端受験した経緯は?
  • 先端を知ったきっかけは、現役時代、高校の先生が作家の片山真理さんを教えてくれたことでした。しかし、多くの挫折があり、進路に迷った私は、結局、先端受験をしませんでした。自分が身体障害者であり、受験対策にはハンディキャップがあり、誰も障害者が芸大受験する方法を教えてくれなかったからです。絵を描くことしかしてこなかった私は、将来に絶望を感じました。
    1年後、大幅な進路変更を経て、社会福祉の大学へ進みました。大学生活はそれなりに充実していました。しかし、自分の中のなにかが欠けたような、心はいつもどこか空っぽでした。そして、現役で先端へ受かった高校の同じクラスの友達を思い出しました。会って相談して、彼女の「やりゃいいじゃん!」に乗ってみることにしました。
    大学に通いながらの受験でしたが、コロナ社会になり、遠隔授業になったため、頑張れば自分の時間を作れました。2足のわらじは、それなりにしんどさはありましたが、なにより自分の好きなことが出来る環境があります。ただただ、美術に戻れたことが嬉しかったです。
  • Q河合塾は来てどうだった?
  • ここなら、私を分かってくれるだろうという期待がありました。その通りでした。理解しようと努力してくれる河合生と先生たちでした。はじめて、自分の隠した本音や背負ってきたことをぶつけることができました。私は自己表現が下手だから、表現者になりたいんだなと気づきました。
  • Qつらかったこと、うれしかったことは?
  • つらかったことは、受験していることを父には隠していたことです。うれしかったことは、母が受験を許可してくれて河合に通わせてくれたことです。受験間近にはメンタルサポートもしてくれました。私のようなとても家庭が上手くいっているとは言えない人間は、家族の中に一人でいいから、自分の絶対的な味方を作ることが重要です。自分に運の風を吹かせるためには、まず、自分の環境を見直すことが大切です。土台があってこそ、努力が実を結ぶんだと思います。
  • Q転機となった作品は?
  • 拷問器具「アイアン・メイデン」を模した装置とパフォーマンス作品「現蓑(アラワレミノ)」です。はじめて自分の家族の問題を作品にしました。妹と母に記録写真を見せて作品説明をすると、二人は、なにかを受け止めたようでした。家族が目を逸らし続けていた家庭環境はガラリと変わりました。私は家庭環境を変え、人の立場を変えてしまいました。作品にある力を思い知りました。
  • Q制作での紆余曲折は?
  • 私は自分より大きなものを作ったことがありませんでした。先生たちから、作ってみよう!と提案を受けて、作り始めました。平面から立体に起こすギャップを私1人では埋められなかったと思います。実験的に始めてみる紆余曲折の大切さも学びました。
  • Q試験の思い出は?
  • 私は、プレッシャーにとことん弱いため、受験直前は、何もかも上手くいかず、メンタルが崩れ落ちていました。1次試験前日にみんなの前で隠しきれないくらい泣いたのを覚えています。
  • Q大学に入ってどう? 河合でやったこと活きてます?
  • めちゃくちゃ活きてます!!特に、最初の頃のゼミ式課題が、大学の1週間・2週間単位である実技課題に似ています。おかげで、焦ることは無かったです。むしろ、河合の経験が活きてると、実感できました。
  • Q姥さんどんなアーティストになりたい?
  • 人と人が繋がれるきっかけを作れるような表現者!

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)