新宿校基礎高1・2共通基礎を学びながら、進路選択と受験対策ができるカリキュラム!東京芸大現役合格も!

  • 高1・2生

授業の様子

設置クラス

月・水2日専科 [月・水]17:30~20:30 デッサンから色彩・立体まで、幅広い基礎力を身につけるカリキュラムを用意しています。
各曜日内で、デッサン課題のみを受講することも可能です。又、平日夜間(3日・2日)の設置クラスで、曜日選択がご都合と合わない場合は、入塾後にご相談ください。
月・木2日専科 [月・木]17:30~20:30
火・木2日専科 [火・木]17:30~20:30
火・金2日専科 [火・金]17:30~20:30
月・水・金3日専科 [月・水・金]17:30~20:30
土曜専科 [土]14:30~20:30

高1・2からの早期の受験対応も万全です
志望する専攻が決まっている方は、早期受験対応として、各専攻の専科(高2・3生対象)を受講できます。
年度の途中でも入塾可能
個別面談も随時受け付けます。

自分らしく受験に向かっていくために。1・2年生の今だからこそ学べることに徹底的に取り組もう。

デザイン、絵画、彫刻…さまざまな専門分野の講師陣が、道具の使い方から作品制作の考え方まで、一人ひとり丁寧に指導します。

学習のポイント

まずは基礎を学びながら納得のいく進路選択をしましょう

美術やデザインに興味があるけれど、自分がどの分野に向いているのかをすぐに決められない方も多いものです。
河合塾美術研究所では、さまざまな専攻課題を試しながら、進路選択ができるカリキュラムを用意しているので、まずは基礎を学びはじめてから、じっくり進路を選べます。

志望専攻が決まっている場合は早期からの受験対応が可能

志望専攻が決まっている方は、専攻別課題にも取り組みます。受験科を担当する専門分野の講師が指導します。高2生は、各専攻の専科(高2・3生対象)に入塾することもできます。《1学期~冬期講習まで。詳しくはお問い合わせください。》

カリキュラム

共通基礎を学びながら、進路選択と受験対策ができるカリキュラム

1学期

すべてにつながる共通基礎を丁寧に学ぶ

・デッサンの基礎・光ゼミ
・色彩ゼミ:色彩のしくみを理解し、絵具の使い方を学ぶ
・立体ゼミ・クロッキー:構造を把握する力、ボリュームに対する感覚を養う
・デッサンコンクール(公開):高1・2のみの実技で、自分の位置を知る
・三者面談

2学期

コンクールや専攻課題に挑戦

・自画像コンクール
・細密ゼミ:観察力・造形力をつける
・逆光ゼミ:明暗の組み立てをクロッキーで体得
・自分の視点や興味を掘り下げる特別課題
・専攻ゼミ:希望進路の専攻課題をレベルアップ
・期末石膏デッサン
・三者面談

3学期

高2生:進路選択・専攻別課題
高1生:基礎課題や大作制作

・進路相談:受験や将来のことを相談しよう
・専攻ゼミ:高2生は進路の最終確認
・基礎専攻の最後に大作に挑戦
・石膏デッサンコンクール:多数の参加者の中で実力を試そう
・期末総合コンクール・石膏デッサン:受験対策に備えて実践感覚を鍛えよう
・進級説明会

現役合格のポイント = 時間の有効利用

学校と両立できる全6クラスを開設

部活動との兼ね合いや通学時間に合わせたクラスが選択できます。
複数のクラスを組み合わせて受講することで、さらなる実力アップも可能です。
基礎専攻では、デッサンから、色彩、立体まで幅広くさまざまな課題に取り組み、受験の基礎となる総合的な実技力を養います。
各曜日内で、デッサン課題のみを受講することも可能です。又、平日夜間(3日・2日)の設置クラスで、曜日選択がご都合と合わない場合は、入塾後にご相談ください。

学校と両立できる全6クラスを開設

閉じる

生徒作品

生徒作品一覧

基礎専攻現役生にインタビュー

伊藤 薫 さん 平日クラス

伊藤 薫 さん

東京・都立芦花高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 体験授業で河合塾なら楽しく勉強ができそうだと感じたから
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • デッサンはいつやっても勉強になります。楽しかった授業は細密模刻
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 美大を目指す人は学校では少ないけれど、塾で同じ目標を持った友達がができて心強いこと
  • 4学校との両立はできていますか?
  • 学校でも美術部に入って、美術の勉強に力を注いでいます
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 何人かの友達ができました。数人で一緒に話しながら帰ることもあります
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 様々な進路を目指す生徒が混ざって授業をするので、意見交換などをするとためになります
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • プロダクトデザインについての勉強に興味があります

神谷 咲良 さん 平日クラス、デザイン工芸専攻 土曜専科

神谷 咲良 さん

東京・頌栄女子学院高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • すぐ近くの別の学習塾に友達が通っていたから
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 楽しかったのは細密模刻、ためになったのはデッサン
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 制作中に見える風景が変わったこと
  • 4学校との両立はできていますか?
  • 通う前と変わらずできている
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 制作中、アドバイスに従ったら、仕上がりが格段に良くなったこと
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 基礎力を抜かりなく、楽しみながら積み上げられるところ
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • モチーフとモチーフの質の違い

武田 拓海 さん 土曜専科

武田 拓海 さん

東京・成蹊高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 家や学校から近く、通いやすかったから。また、校舎がとてもきれいだったから
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 楽しかったのはデッサン。すべての課題が、ためになっていると感じる
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 先生や講師の方々が丁寧に的確なアドバイスをくださること
  • 4学校との両立はできていますか?
  • 土曜日だけのコースなのでできていると思う
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 他の塾生の集中力と技術力の高さ
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 本当に美術、デッサンの“基礎”から学ぶことができるところ
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • 海外の若いアーティストの作品などをSNSを通して見ること

畑中 セリン さん 土曜専科

畑中 セリン さん

東京・女子美術大学付属高校

  • 1ずばり河合塾を選んだ理由は?
  • 家から近くて通いやすかったから
  • 2一番楽しかった・ためになった課題は?
  • 楽しかったのは粘土を使う課題で、ためになったのは自由課題です
  • 3河合塾に入塾してよかったことは?
  • 的確なアドバイスをしてくださるので、早く上達できること
  • 4学校との両立はできていますか?
  • できています
  • 5河合塾に通って感動したことは?
  • 先生が優しいこと
  • 6あなたにとって「基礎専攻」の魅力は?
  • 私はどの専攻にするか迷っているので、色々なことを試せるところが魅力だと思います
  • 7今一番興味があることは何ですか?
  • ファッションデザイン、または服を作ること

OB・OGからのメッセージ

戸袋 結珠音 さん

戸袋 結珠音 さん

東京芸術大学
デザイン科

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科
基礎デザイン学科

東京・桐朋女子高校

基礎専攻時代のよかったこと:

私は高校2年生の秋頃に基礎専攻に入りました。周りに比べ通い始めるのが遅く不安でしたが、先生方は一人ひとりに合わせて丁寧に教えてくださるため、楽しく通うことが出来ました。また部活が忙しく塾との両立ができるか不安に思っていましたが、先生に相談して授業に参加する時間など臨機応変に対応してくださったため、どちらの活動にも集中することができました。


芸大合格の極意

一つひとつ分析することが大切だと思っています。自分の作品を作り終わったら必ず良いところと改善点を分析すると、やるべき事が明確になるので前に進むことが出来るし、気持ち的にも楽になります。試験時間が長い美大受験では、メンタルを一定に保つこともとても大事です。制作中に上手くいかず、どうすればいいかわからなくならない為にも予習復習は毎日やりました。また、他の人の講評もしっかり聞くと、自分の作品に生かせることが多くあるので、より効率的にステップアップ出来ると思います。

鈴木 寛乃 さん

鈴木 寛乃 さん

現役合格

武蔵野美術大学
油絵学科

多摩美術大学
油画学科

東京・香蘭女学校高等科

基礎専攻時代のよかったこと:

私は高2の春頃から約一年間基礎専攻でお世話になりました。入塾した当初は鉛筆の削り方すら分からない状態でしたが、先生方が一から丁寧で適切な指導をして下さったので、安心して通うことができました。また、基礎専攻ではタームごとに様々な進路専攻を体験できるので、自分の目指したい進路を見つける良いきっかけになると思います。


現役合格の極意

どんな形であれ、作品を一つひとつしっかりと描き上げることが大切だと思います。そこから自分の弱点や強みを知ることで、目標設定や問題の解決に繋がると思います。また、帰り道や自宅でも常にイメージトレーニングをしたり、講評や画集などで他の人の作品を見て新たな視点を吸収して、自分の武器を増やしていくことも大事です。

大森 舜真 さん

大森 舜真 さん

現役合格

東京芸術大学
建築科

武蔵野美術大学
建築学科

多摩美術大学
環境デザイン学科

東京・本郷高校

基礎専攻時代のよかったこと:

私は高校2年生くらいの時に約1年間基礎専攻に所属していました。当時は「デッサンを通じて普段は気にしていないような細部までじっくりモノを見る」という行為が面白いな、くらいの気持ちで通っていました。高校3年生になり建築専攻に入って、「基礎専攻で学んだ内容が生きてるな」と感じたのを覚えています。どこに進むにしても基礎専攻で学ぶ内容は必ず役立つと思います。


芸大現役合格の極意

美術予備校に通う最大のメリットは他の生徒の作品を見れたり考えていることを聞いたりすることができる、というところだと思います。あとは分野を絞らずに色々なものをじっくり見るのが良いと思います。全然関係無さそうな情報が案外役に立ったりすることがあったりもしました。出力するためには入力が必要なので(特に私はアウトプットするのが苦手なので)とりあえずなんでも吸収するつもりで頑張るのが良いと思います。

合格者の保護者にインタビュー

東京芸術大学 合格 大森 舜真 さんのお父さまの声

  • Q芸大美大に進路を決めた経緯について
  • もともと建築関係に関心をもっていましたが、構造系が中心の工学部は自分に合わないと思っていたようです。高1の6月に東京芸大のオープンキャンパスに行き、ここでデザインを中心とした建築を学びたいという意志が固まったようでした。
  • Q河合塾に通われて、いかがでしたか?
  • 高2で基礎コースから始めたので、正直、現役受験には間に合わないのではないかと思いました。しかし、講師の方から基礎的なデッサン力を身に付けることが重要だとの説明を受け、本人も納得して取り組めたようです。両親ともに美大受験の知識もなく、芸大建築の受験対策情報も乏しかったため、先生方に実践的なアドバイスをいただくことができ、大変ありがたかったです。
  • Q芸大美大を受験する保護者の方にアドバイスは?
  • 美術館や博物館にはよく一緒に行っていましたが、目にした情報が知らず知らずのうちに蓄積され、アイデアの引き出しを増やした面があったのではないかと思います。建築の場合、やはり通常の勉強も一定程度必要で、実技にかける時間を確保するためには、準備に計画性も求められ、そうした見通しを子どもと話し合うのは大切だと思います。
  • Q保護者から見た芸大合格のポイントとは?
  • やはり、「ここに行きたい」という本人の意志の強さに尽きます。専門的な指導は河合塾美術研究所にお任せする一方で、モチベーションの維持、実技と勉強の時間配分でしょうか。実技では、心が手の動きに直結する姿が見て取れたので、最後はいい精神状態で臨めるよう、食事と睡眠も大切だと感じました。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-327-414 受付時間 10:00~18:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)