名古屋校スターティング ポイント

スターティング ポイント ~基礎専攻から美大へ!

いつから始めればいいんだろう…??

このような疑問や不安を感じる人はとても多いのではないでしょうか。
スタートは人それぞれですが、早く始めることの最大のメリットは、いろいろな課題を経験できることです。
一見すると受験とは関係がないように見えるかもしれませんが、その経験は、将来の方向性を決める際にも、美大進学後にも、生涯を通じて必ず皆さんの役に立ちます。基礎専攻から始めて、見事合格を果たした生徒さんの成長の軌跡とともに、ご本人と受験時の担当講師にも振り返ってもらいました。

内藤 丈晴さん

内藤 丈晴さん

愛知/安城高校

基礎高1・2年専攻
↓
日本画高2日曜専科
↓
日本画専科
↓
日本画本科
↓
東京芸術大学

僕は早い時期から日本画の受験対策をしていました。基礎高の先生が親切に相談に乗ってくださったおかげで早い時期から受験対策をすることができました。

小田 理子さん

小田 理子さん

愛知/名古屋南高校

基礎高1・2年専攻
↓
デザイン・工芸平日専科
↓
愛知県立芸術大学
現役合格

基礎高で幅広い課題を、さまざまな画材で挑戦する機会があったため、自分に合った画材が分かり、自分のやりたいことがどんどん明確になっていきました。

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

作品

日本画 宮川翠先生

日本画 宮川翠先生
内藤くんは高校1年生という、とても早い時期から日本画専科に在籍し、驚いたことを覚えています。彼は自宅課題も取り組み、モチーフの片づけ、アトリエ掃除など積極的に行動してくれました。東京芸大の入試では石膏2体が床に置かれ変則的な出題でしたが、大胆で安定感のある像の入れ方は秀逸であり、やりきっています。彼は絵を観に行ったり、参考作品をよく眺めていました。良い絵にしようという気持ちが強かったです。

閉じる

作品

デザイン・工芸 田邉沢子先生

デザイン・工芸 田邉沢子先生
小田さんは常にアンテナを張り、おもしろそうなことに興味津々。何事にも積極的にチャレンジしていました。そのエネルギッシュな行動力は作品にも現れ、受験対策を楽しんでいたように思います。元々の体質である興味や探究心を、早くから形に表すことができていた数多くの体験は、悩むより実践。その経験は心身が満たされて自信にもつながっていたのでしょう。思い立ったが吉日。好奇心や経験は価値ある宝となりますね。

閉じる

青木 聖弥さん

青木 聖弥さん

愛知/豊橋南高校

基礎高1・2年専攻
↓
油絵高2日曜専科
↓
油絵日曜専科
↓
油絵本科
↓
愛知県立芸術大学

元々デザイン科に進学したいと思っていましたが、基礎高で色々なことに挑戦して自分が本当にやりたいことは何かを見つけることができました。

平山 英資さん

平山 英資さん

愛知/愛知みずほ大学瑞穂高校

基礎高1・2年専攻
↓
彫刻専科
↓
彫刻本科
↓
多摩美術大学
武蔵野美術大学

僕は2年生の3学期から基礎高に入りました。短い期間でも色々な科の体験をすることができて、その中で自分の興味のある専攻を見つけて受験に向かいました。

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

作品

油絵 伊藤衣毬先生

油絵 伊藤衣毬先生
高校1年生から塾に通ってバリエーション豊富な課題の数々をこなしてきた青木くん。頭の中にあるイメージを表現するために、彼はいつも目の前の絵に向かっていました。しかし技術不足で克明に描き切ることができず、苦心することもしばしば。本科生の1年間は高い完成度を導ける描写力を鍛えました。入試本番でも自分の仕事を見つめ続けて、誰に言われるでもない完成へのイメージをたぐり寄せた結果が合格へとつながっています。

閉じる

作品

彫刻 岡田晃典先生

彫刻 岡田晃典先生
彫刻専科では量と空間のことを学びながら、自身の発想やユーモアを作品に生かす楽しさを少しずつ見つけてくれました。本科でより本格的な制作を通して観察力を養い、自分のリアリティーを自覚し可視化するなかで造形力を高めていくことができました。どんなときも朝早くから、もくもくと作品に向かってきたからこそ、作者のやさしい眼差しは魅力的な形を生み、印象的な雰囲気を見る人に伝えるまで成長してくれたと思います。

閉じる

加藤 里菜さん

加藤 里菜さん

愛知/名古屋南高校

基礎高1・2年専攻
↓
京都市芸大専科
↓
京都市芸大本科
↓
京都市立芸術大学
名古屋芸術大学

「美大に入りたい!」という漠然とした気持ちで基礎高に入っても、さまざまな課題をこなしていく中で自ずと自分のやりたいことを見つけることができました。

  • 詳細を見る

作品

京都市芸大 竹森千晴先生

京都市芸大 竹森千晴先生
加藤さんのデッサンは高3時から仕上がりの印象が硬く、不自然になる傾向があり、取り組むべき課題は多かったと思います。本人もその点を意識しながら一つひとつの課題に地道に取り組んでいました。
高3時にもがいた結果が本科で開花し、夏以降は安定して高いレベルの作品づくりができるようになっていきました。基礎科時から本人の中に蓄積していた経験値や、苦手なものにも立ち向かい続ける意欲・姿勢があったからこそ合格をつかみ取ることができたと思います。

閉じる

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 10:00~18:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)