名古屋校スターティング ポイント

スターティング ポイント ~基礎専攻から美大へ!

いつから始めればいいんだろう…??

このような疑問や不安を感じる人はとても多いのではないでしょうか。
スタートは人それぞれですが、早く始めることの最大のメリットは、いろいろな課題を経験できることです。
一見すると受験とは関係がないように見えるかもしれませんが、その経験は、将来の方向性を決める際にも、美大進学後にも、生涯を通じて必ず皆さんの役に立ちます。基礎専攻から始めて、見事合格を果たした生徒さんの成長の軌跡とともに、ご本人と受験時の担当講師にも振り返ってもらいました。

瀧井 ひなのさん

瀧井 ひなのさん

愛知/聖霊高校

基礎高1・2年専攻
↓
彫刻高2日曜専科
↓
彫刻専科
↓
東京芸術大学
現役合格

私は高1の夏から基礎科、高2の春から彫刻専攻に入りました。基礎科で粘土で立体をつくることで彫刻への楽しさを知ることができました。今も楽しく制作をしています。

岩田 夏奈さん

岩田 夏奈さん

愛知/日本福祉大学付属高校

基礎高1・2年専攻
↓
デザイン・工芸平日専科
↓
デザイン・工芸本科
↓
東京芸術大学

私は基礎科に行くことによって、自分のやりたいことや知りたいことについて考える時間ができ、工芸科に進むことを決めることができました。

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

作品

彫刻 岡田晃典先生

彫刻 岡田晃典先生
瀧井さんのあっけらかんと明解で完結感のある作品は、いつも新鮮に現場の雰囲気を伝えてくれます。そして、多くの課題を通して観察力を育てながら、木炭を触覚的に扱うことで生まれる美しいハーフトーンをしっかり形にするまで、感覚と技術を磨いてくれました。基礎科で制作を楽しみ、いろいろな素材を積極的に触れる体験をしてきたからこそ成長し続けてくれたと思います。今後の制作も楽しみ、自分の世界をますます広げていってください。

閉じる

作品

デザイン・工芸 加藤佑一先生

デザイン・工芸 加藤佑一先生
岩田さんは高校生の頃から独自のセンスを感じさせる生徒でした。そして2年間の浪人生活の中では、日々の課題から技術力を養うだけではなく、さまざまなジャンルに対して興味を持つことで、自身の世界観や価値観を広げるように努力していました。自分の理想と表現が噛み合わず苦心した時期もありましたが、独自の答えを求め続けた強い姿勢が、東京芸大合格という素晴らしい結果に結びついたと思います。

閉じる

中根 光駿さん

中根 光駿さん

愛知/桜台高校

基礎高1・2年専攻
↓
油絵専科
↓
愛知県立芸術大学
現役合格

知識不足と経験不足で何がしたいのか、何が得意なのかも分からなかった僕は基礎科に入ってぼんやりとその二つをとらえることができました。その経験が受験の原動力にもなりました。

唐木 唯衣さん

唐木 唯衣さん

愛知/半田高校

基礎高1・2年専攻
↓
日本画専科
↓
日本画本科
↓
愛知県立芸術大学

私は高校1年生のときから基礎科に通っていました。その中で体験した日本画がとても印象に残っています。専攻を決めるきっかけになりました。

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

作品

油絵 宮坂恵子先生

油絵 宮坂恵子先生
中根君は基礎科で制作を始めた頃から独自の視点でものをとらえ、その世界観を表現しようと取り組んできました。油絵専科に進んでからは、日々の課題に取り組むなかで技術力が向上すると同時に絵画への思考も深まり、より複雑な表現が可能となりました。また、日常からさまざまなことや物へ興味関心をもち、作家や作品に関する知識も積極的に深めていきました。彼の探求心や意欲性が合格を引き寄せました。

閉じる

作品

日本画 宮川翠先生

日本画 宮川翠先生
唐木さんは明るく、出題されたものを自分らしく挑戦する気持ちのある人でした。毎回成功することは難しいですが、自分はどう描きたいのか、気持ちが高まるモチーフの構成や、色使いを工夫するなど意欲的に制作に取り組んでいました。高校2年生から日曜専科にしばらく在籍した後、専科になりましたが、3年生になる頃には着実に基礎力がついてきていました。本科では確かな観察と技術が必要なところに適切に扱えるようになりました。大学でも自分なりの表現を楽しく研究していくことでしょう。

閉じる

井指 真那花さん

井指 真那花さん

愛知/名古屋西高校

基礎高1・2年専攻
↓
京都市芸大日曜専科
↓
京都市立芸術大学
名古屋芸術大学
現役合格

基礎科では経験したことのないさまざまな技法に触れることができ、たくさんの人の作品を見ることができます。自分のやりたいことや得意なことを学びながら大学を早いうちからじっくりと選ぶことができるのは基礎科から通うメリットだと思います。

  • 詳細を見る

作品

京都市芸大 竹森千晴先生

京都市芸大 竹森千晴先生
井指さんは実技経験が少なかったものの、本人の素直な感性を作品に出力することが上手な方でした。受験生の中には過度に他人と自分を比較して、落ち込んだり弱気になる人もいますが、彼女はブレずに自分を成長させることもできていた印象です。技術面も一つひとつの課題を確実に積み上げ、高3の冬期から直前期には講評で上位に選ばれることも多くなり、本番も力を出し切って現役合格をつかみ取りました。

閉じる

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 10:00~18:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)