名古屋校スターティング ポイント

スターティング ポイント ~基礎専攻から美大へ!

いつから始めればいいんだろう…??

このような疑問や不安を感じる人はとても多いのではないでしょうか。
スタートは人それぞれですが、早く始めることの最大のメリットは、いろいろな課題を経験できることです。
一見すると受験とは関係がないように見えるかもしれませんが、その経験は、将来の方向性を決める際にも、美大進学後にも、生涯を通じて必ず皆さんの役に立ちます。基礎専攻から始めて、見事合格を果たした生徒さんの成長の軌跡とともに、ご本人と受験時の担当講師にも振り返ってもらいました。

今井 菜々美さん

今井 菜々美さん

愛知/一宮西高校

基礎高1・2年専攻
↓
日本画専科
↓
日本画本科
↓
東京芸術大学
京都芸術大学

普通科高校だったけど基礎高でいろんな科の体験ができたので、早めに自分の興味がある専攻と出会って美術や受験と向き合っていくことができたのが良かったです。

成田 帆花さん

成田 帆花さん

愛知/旭丘高校

基礎高1・2年専攻
↓
彫刻高2日曜専科
↓
彫刻専科
↓
愛知県立芸術大学
金沢美術工芸大学
武蔵野美術大学
多摩美術大学
現役合格

迫ってくる受験がとても怖かったのですが、基礎高での課題はそれだけに縛られないもので、提示される課題を楽しむための実力について考えることができました。専攻を決める最後のひと押しも基礎高の課題でした。

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

作品

日本画 宮川翠先生

日本画 宮川翠先生
今井さんは基礎高での経験を踏まえ、2年からは日本画専科に入り、ここで基礎的なモチーフの捉え方や考え方、表現方法などの土台をしっかりと身につけました。もともとモチーフの色の美しさや形の安定感はありましたが完成度を高めるため本科になると授業はもちろん、自宅課題も真摯に取り組み、時間を見つけては手を動かしました。積み重ねてきた経験や努力は最後、自分を後押ししてくれます。

閉じる

作品

彫刻 岡田晃典先生

彫刻 岡田晃典先生
高2の春から彫刻専攻での制作が始まりました。自分の感じ方に率直で、立体作品では独特な作風が強く印象に残っています。幼いころからの造形遊びや基礎専攻でさまざまな素材に触れる経験を大切にしてきたからでしょう。彫刻制作やデッサンを通して、観察力を養い物事の素性や秩序を学びます。同時に自身の特性を知り磨くことで、個性的で共感しうる作品性へと良さを広げ成長してくれたと思います。

閉じる

水谷 遥さん

水谷 遥さん

愛知/千種高校

基礎高1・2年専攻
↓
油絵専科
↓
愛知県立芸術大学
現役合格

入塾するまでは鉛筆や水彩絵具でしか描いたことがなかったので、基礎高でいろいろな画材や素材を知り、実際に使って感触を確かめられたことは、良い経験になりました。

久野 みのりさん

久野 みのりさん

愛知/桜台高校

基礎高1・2年専攻
↓
デザイン・工芸平日専科
↓
東京芸術大学
現役合格

高2の春から入り、最初の頃は行きたい科もまったく決まっていなかったけれど、先生の影響や基礎高での課題を通してだんだん自分のやりたいことがわかるようになりました。

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

作品

油絵 田島秀彦先生

油絵 田島秀彦先生
美しいハーフトーンの色彩と、絵の具の豊かな表情が水谷さんの持ち味でした。高2の12月に制作した風景油彩にも、その片鱗がうかがえます。伸びやかなストロークや筆致のリズムなど、この絵をみていると描くことの純粋な喜びが伝わってきますね。油絵専科に入り、実際の入試で求められる作画や思考と自分が描きたいものとのギャップに悩む時期もありました。最終的には、本来の持ち味である美しい色彩と描きの魅力を最大限に利用しながら試験に挑みました。

閉じる

作品

デザイン・工芸 若林速人先生

デザイン・工芸 若林速人先生
基礎高から、モチーフを立体的に捉える姿勢が徐々に定着してきたようで、像のボリューム感も感じる力強い作品が描けていました。木炭や鉛筆といった色んな描画材に触れる中で得た経験と、最後までモチーフに寄り添い素直に表現し続ける姿勢が現役合格へとつながったようです。素材に寄り添って制作することは工芸科にとって大切な要素ですので、芸大入学後も素敵な作品を生み出してくれるでしょう。

閉じる

曽和 美月さん

曽和 美月さん

愛知/豊田南高校

基礎高1・2年専攻
↓
京都市芸大日曜専科
↓
京都市芸大本科
↓
京都市立芸術大学

普通科の高校生だった私にとって基礎高は、美術、それも幅広い分野の課題に取り組める最高のチャンスの場であり、美術についてさらに興味を持つきっかけとなりました。

  • 詳細を見る

作品

京都市芸大 井手窪真季先生

京都市芸大 井手窪真季先生
曽和さんは色彩や立体の課題に比べてデッサンは不得意でした。正確な形どりや繊細な表現は苦手で、本科になってからも長い間苦労していましたが、基礎専攻の頃から培われた強く勢いのある描写力を持っていました。そして、うまくいかない日々が続いてもめげずに自分の欠点を一つひとつ克服することで、完璧とは言わないまでも試験直前には以前と比べようもないほどに上達し、彼女は合格まで漕ぎ着けました。

閉じる

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 10:00~18:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)