名古屋校スターティング ポイント

スターティング ポイント ~基礎専攻から美大へ!

いつから始めればいいんだろう…??

このような疑問や不安を感じる人はとても多いのではないでしょうか。
スタートは人それぞれですが、早く始めることの最大のメリットは、いろいろな課題を経験できることです。
一見すると受験とは関係がないように見えるかもしれませんが、その経験は、将来の方向性を決める際にも、美大進学後にも、生涯を通じて必ず皆さんの役に立ちます。基礎専攻から始めて、見事合格を果たした生徒さんの成長の軌跡とともに、ご本人と受験時の担当講師にも振り返ってもらいました。

北畠 宗典さん

北畠 宗典さん

愛知/熱田高校

基礎高1・2年専攻
↓
油絵専科
↓
油絵本科
↓
東京芸術大学・
多摩美術大学・
東京造形大学

通い始めた頃はどう描いて良いか分からず、緊張ばかりしていましたが先生方の適切なアドバイスと体験ゼミなどのさまざまな制作を通して作品をつくる楽しみや難しさを知ることができました。

南雲 梨花さん

南雲 梨花さん

愛知/起工業高校

基礎高1・2年専攻
↓
日本画専科
↓
日本画本科
↓
東京芸術大学

高2の冬に入塾し、その頃まで石膏デッサンは一回もしたことがなかったので何もわかりませんでした。だから、専科に進む前に基礎的なことを学び基礎が分かったうえで受験を始められたので良かったです。

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

作品

油絵 小谷浩士先生

油絵 小谷浩士先生
「おもしろい絵」を楽しく描くためにはどうすれば良いのか。彼は常にこのことを思索していたと思います。現役時の受験に失敗し浪人を始めたときの目標は「描写力」でした。基礎的な技術力をつけるための修行を積み重ね、その後は彼のユーモラスな発想と描写力をいかした絵を次から次へと描き続け、その勢いで受験期に突入。私大から東京芸大へとホップステップジャンプ合格!と疾走したのでした。

閉じる

作品

日本画 宮川翠先生

日本画 宮川翠先生
南雲さんは基礎科を経て、高3の4月から日本画専科に在籍しました。その前に春期講習も受講し、着彩を初めて経験しました。ものの色や光に対する表現が素直で美しい作品を描く生徒でした。第1志望が東京芸大になり、入試が近づくにつれ、努力し、自宅課題や自分の最大限の力を出せるには、と研究をしました。塾での数年間で彼女は人間的にも成長したと感じます。

閉じる

今川 理恵さん

今川 理恵さん

愛知/名古屋南高校

基礎高1・2年専攻
↓
彫刻専科
↓
愛知県立芸術大学
現役合格

基礎科は本格的な受験の前に基礎が学べるとても良い環境です。「美術を学びたい」という漠然とした考えの私に、デッサンやさまざまな専攻の課題を通して方向性を決めるきっかけを与えてくれました。

倉地 杏実さん

倉地 杏実さん

愛知/安城学園高校

基礎高1・2年専攻
↓
デザイン・工芸平日専科
↓
愛知県立芸術大学
現役合格

何もわからない状態から、先生方に丁寧に教えていただき周りの子達に刺激を受け実力をつけていくことができました。また、基礎科でさまざまな体験をさせていただいたことが今の私をつくり出していると思います。

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る

作品

彫刻 岡田晃典先生

彫刻 岡田晃典先生
いつも粘り強く制作に取り組み「うまくいかないのも楽しいんです!」と、どんなときも作品に向き合う姿勢は基礎専攻でいろいろな素材に触れ、つくる本当の喜びを体験していたからでしょう。彫刻専攻で観察力をつけながら量・空間の理解を深めていきました、それ以上に何度も繰り返しアプローチし彼女の両手から得た制作感覚や触覚感が確かな表現となり大きな成長へとつながっていったと思います。

閉じる

作品

デザイン・工芸 倉田明佳先生

デザイン・工芸 倉田明佳先生
デザイン専攻で大切なことは客観的な判断力です。元気で明るい笑顔が印象的だった倉地さんは、2学期ではまだ技術的にも荒さが目立つところもありましたが、周りの人からさまざまなことを学んでいく中で丁寧な観察力を養っていきました。自分の良さを生かしながらも、それを発揮できるような適切な判断ができるようになったことが現役合格に結びついたのではないでしょうか。

閉じる

岡 桜子さん

岡 桜子さん

愛知/桜花学園高校

基礎高1・2年専攻
↓
京都芸大専科
↓
京都市立芸術大学
現役合格

基礎科ではデッサンの基礎をじっくり学ぶことができます。京都芸大の試験には石膏の出題はありませんが、石膏を通してものの見方や考え方を学ぶことができました。

  • 詳細を見る

作品

京都芸大 井手窪真季先生

京都芸大 井手窪真季先生
岡さんは初めて会ったときからものの印象をよく捉えた絵を描いていました。ものを素直に観て感じるということを基礎専攻でさまざまな課題を経験するうちに身につけていたようです。少し恥ずかしがり屋な彼女ですが実技に対してはとても意欲的で、技術的なことも確実に吸収していきました。彼女の元々持つ素直な感覚と、楽しみ悩みながら一年間学んだものが結びつき合格へつながったのだと思います。

閉じる

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 10:00~18:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)