名古屋校デザイン・工芸

さあ、憧れの舞台へ。

一人ひとりの夢を叶えるために、より高いステージへ強力にサポートします。経験や実績を積む各専門分野の優秀な講師陣による指導や徹底分析した豊富なカリキュラム。将来の目標や志望校に合わせた適切なアドバイスによる高い実技レベルの習得や、伸びやかに制作に打ち込める実技環境が得られるなど、志望校合格を確実にするための万全な態勢がここにはあります。

  • 本科[高卒生]
  • 平日専科[高3生・高卒生]
  • 日曜専科[高3生・高卒生(遠方から通塾)]

設置クラス

授業日 [月~金]9:30~16:30

本科

  • 本科
  • 本科

デザイン・工芸本科は、将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高卒生のための昼間1日6時間クラスです。

  • 1学期初めは全員で造形の基礎課題をデッサン・色彩・立体と行い、デザイン・工芸に関する各種レクチャーと体験を通して、各自の志望を固めていきます。5月くらいから将来と大学の志望動向でクラスが分かれます。
  • 2学期では塾生作品展を行います。表現力の幅や個性を磨きながら、各種実技模試を行い大学入試に向け対応力を身につけていきます。
  • 3学期および入試直前期は、各自の入試内容と日程を検討、考慮し、個別の受験対策を行います。
    1学期、2学期には基礎力養成や志望別入試対策など、さまざまな内容の『土曜ゼミ講座』が開講されます。目的に合わせて授業と組み合わせることにより、実技の補強ができます。

[デザインコース]
将来デザインの分野で仕事をしていきたいと考えている人達のコースです。デザイン志望者の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策を主に行います。観察に基づく基礎造形力を身につけ、豊かな感性を磨きます。

将来の主な仕事:広告(CM、ポスター、新聞・雑誌・WEB広告、フライヤーなど)、C.I.(企業やショップをトータルにデザイン)、ブック・エディトリアル(本の装丁や編集)、サイン(標識、案内、指示、地図など)、パッケージ(商品の包装パッケージ、CDジャケットなど)、小型グラフィック(カレンダー、POP、販促物など)、イラストレーション、絵本、ゲーム、キャラクターデザイン、写真、WEB、映像(ミュージックビデオ、TV番組の企画・映像、映画)、乗り物(車、バイク、飛行機など)、家電・機器(電化製品、デジタル家電、OA機械など)、インテリア(家具、照明)、テキスタイル(染織、織物)、ファッション(服飾、装飾品)、クラフト(ジュエリー、家具、食器など)、雑貨(日常生活用品)、文房具、玩具(ゲーム、おもちゃなど)、バス・トイレタリー用品(住宅などの水回り空間や器具など)、医療器具・機器、スポーツ用品、テーブルウェア(食卓用器具)、ランドスケープ(都市空間、造園空間)、建造物、室内計画(住空間、商業空間)、舞台美術(演劇、TV番組・映画セットなど)、ディスプレイ(展示、陳列)、アート、教職など

[工芸コース]
工芸とは、実用的な造形物に芸術的な意匠を施し、機能性と美しさを融合させた芸術のことであり、主に手作業により作品を生み出していくのが特徴です。「素材との出会い」という原点を大切にしながら、素材選び、発案、デザイン、制作、仕上げまですべての工程を自らが行っていきます。日本古来の伝統的な技法を生かし、生活を豊かにする質の高いものづくりをめざします。そのため、大学での勉強において特に重要となるものは、各素材の特徴を引き出すための知識と、高度な技術の習得です。工芸コースでの受験勉強を通して、“ものづくり” の基礎を習得するとともに今の時代に希薄となりつつある “手のぬくもり” を大切にした “ものづくりの精神” を養っていきます。

主要大学:東京芸術大学(工芸)、愛知県立芸術大学(陶磁)、金沢美術工芸大学(工芸)、多摩美術大学、武蔵野美術大学、女子美術大学
将来の主な仕事:陶芸家、ジュエリー作家、染織作家、漆芸作家、クラフト作家、造形作家、金属造形作家、七宝作家、鋳金家、造幣局員、プロダクトデザイナー、テキスタイルデザイナー、ジュエリーデザイナー、グラフィックデザイナー、クラフトデザイナー、インテリアデザイナー、七宝デザイナー、大学教員、文化財保存修復の研究者、デザイン事務所経営、ジュエリー会社経営、デザイン・印刷会社勤務、陶芸教室主宰、彫金教室主宰、鋳金教室主宰、教育研究機関の指導者など

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [月~金]17:30~20:30

平日専科

  • 平日専科
  • 平日専科

デザイン・工芸平日専科は、将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高3生・高卒生のための1日3時間、月曜から金曜まで週5日の夜間クラスです。実技の経験を増やして実技力をもっと上げたい平日夜に通塾できる人に適しています。道具の使い方や専門知識を基礎から学ぶこともできるので初心者の人でも安心して受講できます。

  • デザイン志望者の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策を主に行います。
  • 1学期初めは物事の観察をもとにデッサン・色彩・立体課題を行いながら今後必要になる造形の基礎力を身につけます。また講師およびデザイナー、工芸家、現役大学生を招いて各分野の紹介を含め進路指導をしていきます。5月くらいから将来と大学の志望動向でクラスが分かれ、より専門的な基礎実技力を学んでいきます。
  • 2学期では塾生作品展を行います。表現力の幅や個性を磨きながら、各種実技模試を行い大学入試に向け対応力を身につけていきます。
  • 3学期および入試直前期は、各自の入試内容と日程を検討、考慮し、個別の受験対策を行います。
  • 1学期、2学期には基礎力養成や志望別入試対策など、さまざまな内容の『土曜ゼミ講座』が開講されます。目的に合わせて授業と組み合わせることにより、実技の補強ができます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

設置クラス

授業日 [日]9:30~18:00

日曜専科

  • 日曜専科
  • 日曜専科

デザイン・工芸日曜専科は、将来デザインや工芸の分野で活動していくために芸大・美大に進学したい高3生・高卒生のための日曜のみの7.5時間クラスです。遠方で平日に通うことが難しい人に適しています。主に1日完結で課題を制作します。また自宅課題を併用し、復習や予習をし学習効果をあげます。道具の使い方や専門知識を基礎から学ぶこともできるので初心者の人でも安心して受講できます。

  • デザイン志望者の中で特に人気の高い東京芸術大学、愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の対策を主に行います。
  • 1学期初めは物事の観察をもとにデッサン・色彩・立体課題を行いながら今後必要になる造形の基礎力を身につけます。また講師およびデザイナー、工芸家、現役大学生を招いて各分野の紹介を含め進路指導をしていきます。5月くらいから将来と大学の志望動向でクラスが分かれ、より専門的な基礎実技力を学んでいきます。
  • 2学期では塾生作品展を行います。表現力の幅や個性を磨きながら、各種実技模試を行い大学入試に向け対応力を身につけていきます。
  • 3学期および入試直前期は、各自の入試内容と日程を検討、考慮し、個別の受験対策を行います。
  • 1学期、2学期には基礎力養成や志望別入試対策など、さまざまな内容の『土曜ゼミ講座』が開講されます。目的に合わせて授業と組み合わせることにより、実技の補強ができます。

カリキュラム

カリキュラム

閉じる

デザイン・工芸の生徒作品

生徒作品一覧

合格者からのメッセージ

籔 杏奈さん

籔 杏奈さん

東京芸術大学
デザイン科

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

多摩美術大学
統合デザイン学科

東京造形大学
グラフィックデザイン専攻領域

千種高校出身

先生からのアドバイスで自分の癖や欠点に気づくことができました。自分の絵に対して客観的にアドバイスしてくれる先生の存在は大きいです。素直に受け止め一つひとつ改善していくことが成長につながると思います。

大山 真実さん

大山 真実さん

金沢美術工芸大学
環境デザイン専攻

静岡文化芸術大学
デザイン学科

名古屋女子大学高校出身

河合塾で過ごした一年は本当に楽しかったです!大好きな先生と大好きな制作の時間で本当に楽しい一年でした。合格で満足することなく、自分のなりたいものになる努力、探究心を持って生きていきます!

大無田 拓海さん

大無田 拓海さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

大府東高校出身

自分の好きなことをして楽しむことと客観的な視点を持って冷静になることのバランスが大切だと思いました。多くの受験生と学ぶことで周りと比べて自分を知り、多くの講師から考え方を聞けるのが良かったと思います。

岡野 真依さん

岡野 真依さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

加納高校出身

一番よかったと思うことはいつも一緒に頑張る仲間がいてくれたことです。仲間がいることが日々の支えでした。河合塾で出会える仲間は普通に生きてて出会えない特別な人たちだと思うので、出会いを大切にしてほしいです。

劉 優さん

劉 優さん

東京芸術大学
デザイン科

名古屋大学教育学部附属高校出身

描けずに落ち込みもしましたが、悩んでも仕方ないので切り替えて次に臨むのがいいと思います。なぜ美術の道をめざしたのか、大学で何をしたいのか。初心を忘れず自分の芯を強くもってください。何があっても大丈夫です。

倉田 健杜さん

倉田 健杜さん

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

多摩美術大学
統合デザイン学科

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科

東京造形大学
グラフィックデザイン専攻領域

南山高校(男子部)出身

与えられた時間を目一杯有効なものにしたいと思うようになってからは、先生の言葉から学んだことが濃厚なものに感じられました。自分の美学と先生方の言葉を信じていけば心配はないです。

松本 晴子さん

松本 晴子さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

常滑高校出身

納得する作品がつくれないときもありましたが、制作後は自分の作品を客観的に見直して“次はこうしよう”など作品と向き合う時間をつくりました。入試本番も最後の1秒までどうすれば良くなるか考えてみてください。

伊藤 那奈香さん

伊藤 那奈香さん

多摩美術大学
テキスタイルデザイン専攻

多摩美術大学
環境デザイン学科

武蔵野美術大学
空間演出デザイン学科

東京造形大学
テキスタイルデザイン専攻領域

中央国際高校出身

好きなデザインや絵を作品に生かすことで楽しみながら制作できました。手が遅く苦労しましたが、そのことに折り合いをつけつつ、できることを増やせたのが良かったです。自分の強みと弱みを知ることが大切だと思います。

清武 美桜さん

清武 美桜さん

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

名古屋南高校出身

先生や仲間に囲まれ本当に成長できました。たくさんのことができなければいけないと焦っていたときもありましたが、最後には自分にできること、得意なことを伸ばせばよいと教えていただきました。それが大事だと思います。

髙須 瑞穂さん

髙須 瑞穂さん

東京芸術大学
工芸科

安城南高校出身

河合塾には高校3年生から通っていました。河合塾の先生や友達のおかげで合格することができたと思います。ちゃんとよく考えて一つひとつの課題を大事にしていけば早く合格できると思います。

新美 える結さん

新美 える結さん

金沢美術工芸大学
工芸科

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

名古屋国際高校出身

受験中に重要視したのは、先生方のアドバイスを自分なりに理解し、そのとき何を考えアドバイスをくれたのかを考えることです。先生方がくれた言葉の中で「良いな」と思う部分を取り入れると成長につながると思います。

安達 充徳さん

安達 充徳さん

愛知県立芸術大学
陶磁専攻

起工業高校出身

浪人時代、自分を大きく変えてくれたのは「悔しさ」との出会いでした。何度やってもできないとき、思い切り流した悔し涙のレンズを通して見た石膏像はとても神秘的でした。初めて感動してワクワクした時のことを思い出しながら頑張ってください。

伊藤 優さん

伊藤 優さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

名古屋芸術大学
デザイン領域

名古屋造形大学
グラフィックデザインコース

桜台高校出身

昔から根拠のない自信はあったが、実際どんな作品が良い作品なのかも、どうやってつくればいいのかも習うまではまったく知らなかったから、河合塾に通ってよかったと思う。河合塾は自信に根拠を与えてくれた場所だと思う。

實渕 諒さん

實渕 諒さん

現役合格

金沢美術工芸大学
製品デザイン専攻

豊田西高校出身

進路決定が遅かったため、実技の経験不足や知識不足を不安に思っていましたが、背中を押してくれた先生や親、河合塾の的確なサポートもあり、本番では自分の持っている力を出しきることができてうれしかったです。

須藤 友梨香さん

須藤 友梨香さん

現役合格

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

半田高校出身

毎日美術の勉強ができてとても楽しかったです。講評ノートづくりや制作のための資料集めは早くから始めたらよかったと後悔しています。入試では学科も助けてくれます。限界までセンター試験で出し尽くすといいと思います。

佐野 唯月さん

佐野 唯月さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

天白高校出身

塾では集中して一つひとつの課題をこなそうと心がけていました。思うようにいかなくて辛くてどれだけ落ち込んでも、昨日の自分よりは成長していると信じて努力すれば合格できると思います。

鈴木 しおりさん

鈴木 しおりさん

現役合格

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科

多摩美術大学
統合デザイン学科

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

名古屋女子大学高校出身

河合塾ではたくさんのことを学びました。講評では、他の人の作品を見て良いところを学び、自分の作品に生かすにはどうしたら良いか考えるようになりました。塾で学んだことが今でも役立っています。先生方、ありがとうございました。

小川 日夏太さん

小川 日夏太さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻

名古屋学芸大学
デザイン学科

郡上高校出身

たくさんの学生がいて上手な先輩たちとも関わる機会が多く、いろいろな刺激を受けることができるのが良いところだと思います。正直に意見を言ってくれる友達や先輩がいることが上達に大きく関わってくると思います。

田端 七彩さん

田端 七彩さん

現役合格

愛知県立芸術大学
デザイン専攻
(自己推薦)

松阪高校出身

「結局、一番伝えたいことは何?」作品制作のうえで、私が大切にしている言葉です。それが明確でないまま制作すると、納得できない気持ちになります。制作につまずいたら、まずはこの問いに向き合ってみてください。

天春 孝裕さん

天春 孝裕さん

現役合格

金沢美術工芸大学
工芸科

暁高校出身

現役合格できた最大の要因はメンタルだと思います。受験前の自信がないときでも、いかに自分を発揮し作品に昇華できるかが鍵になります。弱気なときは自分の好きなもの、癒しに触れてリラックスすることが重要です。

鹿島 萌由さん

鹿島 萌由さん

現役合格

愛知県立芸術大学
陶磁専攻

四日市高校出身

河合塾を選んだ理由は、ともに学ぶ仲間がたくさんいるからです。その中で多くの刺激を受けました。とても素晴らしいことですが、忘れないでほしいのは「自分らしさ」です。オリジナルを求めることを大切にしてほしいです。

OB・OGからのメッセージ

山口 直哉さん 株式会社ハット 映像ディレクター

東京芸術大学 デザイン科卒業
2006年度 基礎高1・2年専科/2007年度 デザイン・工芸専科/2008年度 デザイン・工芸本科
松蔭高校出身

山口 直哉さん

山口 直哉さん

私はCMなどの広告を中心に映像ディレクターをやっています。今までにパナソニックやECCなどのCMや、ケンタッキーフライドチキンなどのWEBムービーを監督しました。私が卒業した東京芸大デザイン科は、グラフィックデザインや空間デザインはもちろん、絵画や映像まで幅広く学べる学科です。絵描きになりたくて芸大をめざしたのですが、在学中に課題でつくった短編映画をきっかけに映像づくりにハマり、今の仕事につきました。人生を変える予想外な出会いがあったのが、芸大に入ってよかったと思うところです。芸大美大をめざす皆さんにお伝えしたいのが、受験でつけたデッサン力が今後大きな財産になるということです。デッサン力とは、モチーフらしさをよく観察し理解し表現する力だと思います。映像ディレクターも、役者さんなど被写体の魅力を読み取り、最大限に引き出す力が求められます。そんな時は、デッサン力が手助けしてくれます。受験では先の見えない日々に悩みまくると思いますが、とても意味のある日々なので大切に全力でやりきってください。30過ぎの私も相変わらず日々悩んでいますが、受験でつけた力が根拠のない自信となり、前に進めています。ともに頑張りましょう!

岩本 依留羽さん 長岡造形大学教務補助職員

東京芸術大学 大学院美術研究科工芸専攻鋳金領域修了
2009年度 基礎高1・2年専科/2010年度 デザイン・工芸平日専科/2011年度 デザイン・工芸本科
千種高校出身

岩本 依留羽さん

岩本 依留羽さん

数年前東京芸術大学を修了し、現在長岡造形大学にて大学職員として働いています。大学では授業準備など、学生の皆さんの補助をしながら、学生さん達に刺激を受けつつ、作家としても自分自身の作品の制作、展示等行っております。
実際、学生の皆さんが作品制作をしている現場に一緒にいると、新しいアイデアであったり、なかなか自分の中からは出てこない発想であったりと、逆に学生の皆さんから学びつつ、仕事でありながらも充実した生活を送っております。
そんな今現在の私も、高校生の頃から河合塾に通い、受験勉強という名の作品制作を毎日必死に乗り越えて頑張っていたときがありました。受験勉強は辛く、苦しいものだと思います。しかし自分は、受験勉強でありながら、毎日作品づくりができる生活に満足していました。苦しいときはもちろんありましたが、総じて河合塾にいた期間というものは充実し楽しかった、と言い切れるものでした。
苦しくも楽しい期間があったからこそ、今の自分があり、自分でも思いがけない場所にて作品制作を行える環境にいられることを大変ありがたく感じております。
これからの人生、どんなことにも苦しさや辛さが付き纏うと思います。それでもポジティブに頑張ってみると、自分が想像していたよりももっと楽しい世界が広がるはずです。

指導スタッフ紹介

指導スタッフ紹介

ベテラン講師から現役大学生講師まで、それぞれに経験を積んだ講師がたくさん!
さまざまな志望に対応した指導をしています。

●講師
安藤 剛紫 東京芸大大学院デザイン修/安藤 良輔 愛知芸大デザイン卒/大沼 真奈美 愛知芸大デザイン在籍/奥澤 華 東京芸大工芸卒/奥山 真帆 多摩美大グラフィックデザイン在籍/小栗 佑果 東京芸大工芸在籍/加藤 あずさ 東京芸大デザイン在籍/加藤 佑一 東京芸大博士課程工芸在籍/川本 光成 名古屋造形大デザイン卒/小西 祐矢 愛知芸大デザイン在籍/佐藤 誠高 東京芸大大学院デザイン修/高田 颯平 愛知芸大デザイン在籍/竹島 萌 愛知芸大デザイン在籍/田邉 沢子 名古屋造形大デザイン卒/田原 奈緒 東京芸大工芸卒/中嶋 草太 愛知芸大陶磁在籍/野田 怜眞 東京芸大大学院工芸在籍/濱野 佑樹 東京芸大大学院工芸修/松本 晴子 愛知芸大デザイン在籍/元場 葵 東京芸大工芸在籍/森 敏郎 多摩美大プロダクトデザイン卒/籔 杏奈 東京芸大デザイン在籍/山根 想楽 愛知芸大デザイン在籍/山本 真梨子 多摩美大グラフィックデザイン在籍/劉 優 東京芸大デザイン在籍/若林 速人 東京芸大大学院工芸修/渡邊 莉世 愛知芸大デザイン在籍
●チューター
小池 喬 愛知芸大油画卒/谷澤 陽佑 名古屋芸大造形科卒/山田 貴文 愛知教育大大学院美術分野修/山本 絃美 愛知芸大油画在籍
(2019年12月現在・50音順)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-591-109 受付時間 AM10:00~PM6:00

電話でのお問い合わせ
(受付時間10:00~18:00)